今日のテーマは宅建学習脳についてです。

宅建学習脳?

別に難しいことではありません。
あなたの今の脳の状態が宅建学習を行うにふさわしいかどうかです。

宅建を学習しているのに、土地や建物に興味がわかない。
新聞で民法に関する記事をみかけても読もうとしない。
折角、宅建主任者と接する機会ができたのに活用しようとしない。
ネガティブ・マイナスに考えて、切り開いていこうとしない。

脳は宅建学習をするためにだけ、利用するわけではありません。
でも、宅建学習をする場合は、宅建に関することに敏感なアンテナを
張っておくことが必要です。

不思議と情報や知識というのは、アンテナを張っていれば、
入ってきますし、自分の目に触れやすくなるのです。

そうすると、単にテキストや過去問だけでやる学習だけではなく、
日々の生活が学習につながっていくのです。

ここが大事です。

学習は、何も机や電車や図書館やコーヒーショップなどで
やるだけではありません。

日々の生活の中に学習のチャンスがあるのです。
ここにあなたの目がいくか?
好奇心や興味を示すかで、学習の能率は2倍にも3倍にも10倍にも
膨れ上がります。

学習時間=学習の成果と考えているだけだと能率はあがりません。

学習時間×学習の捉え方で学習の成果が違ってきます。
例えば学習の捉え方が普通である1であれば変わりませんが、
2になり、3となれば違ってきますよね。

そして、学習の絞込みや学習のポイントを更に掛け算することによって、
効率は全然違ってきます。

ここが大事なんですよ。

特にリベンジの方。
昨年と同じような調子でやらないでくださいね。
複数年受験に陥り易くなります。

現状の壁を打破するのは、別にそれほど難しいことではないのです。


最後に宅建学習相談のお知らせです。
希望される方はいませんか?

特に、リベンジの方は学習の仕方を悩んでいるよりも相談した方が早いです。
ドトールみたいなカフェでもいいですし、ホテルのロビーでもOKです。
お茶代はご負担していただくことになりますが、その分得られるものは多いですよ。

また、私がよくセミナーをやっています九段下のビルの1コーナーのシートを借りて
実施することもできます。
シート代が有料とはなりますが、じっくりと人の目を気にせず話せますよ。

客観的なアドバイスは、解決につながりますので、
是非、この機会を利用ください。



本日もブログを読んでいただきありがとう。感謝をこめて・・
↓   ↓
人気ブログランキングへ


ダブルで必勝宅建合格祈願!
↓  ↓
にほんブログ村 資格ブログへ
にほんブログ村