宅建試験!初心者のための一発合格サイト

宅建士試験(宅地建物取引士資格試験)初受験やリベンジの方に、短期・中期・長期での宅建学習方法、独学学習・過去問学習のコツ、受験テクニック、学習サポートなど、宅建受験から合格後の宅建取引士証登録迄、幅広く総合的に紹介したブログです。 【Yahooカテゴリー登録サイト】

◎ブログ最新ニュース
●3ヶ月学習に役立つ電子書籍です
『宅建取引士試験!合格を一発で決めよう!!: 3ヶ月で合格を勝ち取るための王道学習戦略』
   ↓     ↓
 http://blog.takken-get.com/archives/52279384.html

●中高年独学の方に参考になる電子書籍紹介
『宅建絶対合格!40代以上の必勝崖っぷち戦略』
   ↓     ↓
 http://goo.gl/mzuA1Z

●1ヶ月学習をアレンジしての活用も有効的です
『宅建士試験に1ヶ月独学で合格する方法(2017年版)』
   ↓     ↓
 https://www.amazon.co.jp/dp/B072JDF2J3

●メンタルも重要です。
 合格者から元気をもらおう!
『宅建合格!全受験生に贈る心からの応援歌〜不安・心配に打ち勝とう』
   ↓     ↓
   http://p.tl/p69w

●宅建無料メルマガ新規購読者募集中!
詳細と申込はこちらから
  ↓   ↓
 http://blog.takken-get.com/archives/52272722.html

宅建

宅建学習を頑張るあなたへのエール

その6回目です。

平日の学習いかがですか?

電車学習の人にとっては、朝や夜のポジショニングによっては学習しにくい場所もあります。

学生さんが休みに入ったので、朝も多少は今までよりすいているように感じます。
ただ、時間帯によっては混んでいると思いますので、時間帯を選ぶことがポイントです。

ここは電車の時間を早めるなど工夫してくださいね。

朝早めることは確かに辛いことですが、人間はそれなりに環境に適応できる生き物です。

自分は無理と決め付けるよりも試してみる価値はあります。

自分は夜型だと思っている人でも、実際は朝型に向いていたという新発見をできる方もいることと思います。

自分の認識とは別な傾向になることもあるようです。

是非、工夫してみてください。

さて今現在テキストでのインプット学習をされている方、順番にテキストを消化していくことより、まず概要の項目を一通りみてから始める方が大枠がつかめるので、脳の認知度も早くなるように思います。

特に資格学習の初心者の方、試してみてください。

今はアウトプット学習一色の方、たまには必要な項目のみテキストに立ち返ることも必要です。

苦手なAランクの該当項目のテキストを3回連続で読み返してみる。

そして問題を解いてみる。

不思議に違和感が薄れるはずです。

あなたの脳が慣れていけば、最初感じる違和感もとれていくはずです。

恋愛でもそうですね。
第一印象が悪くても、後で好意を抱くことも往々にしてよくあります。

学習のある項目も嫌い嫌いにせず、意識的に好き好きと思ってみてください。

たとえ好きになれずとも、違和感がない普通の意識にはなれるはずです。

それでは、週の中日で気も緩みがちになりますが、頑張っていきましょう。

頑張って!!

このブログではそんなあなたを最後の最後まで応援しています。

平成30年宅建合格を目指して、ブログへの応援1クリックお願いします。
↓   ↓
人気ブログランキングへ


ダブルで宅建合格祈願、応援クリックお願いします。
↓  ↓
にほんブログ村 資格ブログへ
にほんブログ村


あなたにとって、モチベーションどうですか?

必死に維持されている方もいれば、それほど意識していない方もいると思います。

リベンジされる方にとっては、以前宅建受験の大義名分がありますので大丈夫と書きました。

とはいえその気持ちを維持できなければ、宅建学習をやめようと思えばいつでもやめられ怖さも常につきまといます。

そのために要所要所での自分へのプレゼントを設定するように紹介しました。
(実利を自分の身近に感じさせる)

理想だけでは、モチベーションが途絶える可能性があるからです。

また、気持ちの持ち方、学習のやり方でも大きく違ってきます。

学習は苦しいもの。
苦しみぬいてやるもの。
宅建試験合格まで苦しくとも頑張る。

見事な根性論です。

ですが・・・これでは、息がつまってしまいます。

この夏場を乗り切るにハードルを高くしすぎです。

宅建学習は苦しいもの。
   ↓
   NO
   ↓
宅建学習は楽しいもの。
       ⇒これでこそ、学習です。

苦しみ抜いた学習で宅建試験には合格できるかもしれませんが、先がありません。

あなたには、いろんな意味で、今後も多方面な学習をやっていってほしい。

そう考えると、やはり学習は楽しいものでなくてはいけません。

独学は誰からも強制を受けませんので、楽しんでこそ真の学習です。

是非この感覚をリベンジされるあなただからこそ、身につけて宅建に臨んでほしいのです。

宅建だけ合格して燃え尽きないで下さい。

それを願うのみです。

目の前の目標は確かに宅建合格かもしれませんが、あなたの人生はまだまだ先があります。

宅建だけを見据えないでほしいのです。

宅建はあなたの長い人生の中での一場面です。

気持ちを楽に臨みましょう。

肩の力を抜いてみましょう。

頑張りやのあなただからこそ、大丈夫です。

平成30年宅建合格を目指して、ブログへの応援1クリックお願いします。
↓   ↓
人気ブログランキングへ


ダブルで宅建合格祈願、応援クリックお願いします。
↓  ↓
にほんブログ村 資格ブログへ
にほんブログ村


宅建平日学習への休日学習からのバトン続編

それでは、第5回目のスタートです。

首都圏では暑い日が続いています。

こういう状態の中での急な暑さは、やはり体調を壊しやすくなります。

あなたも健康には注意しましょうね。

急な暑さに水のがぶ飲み、ましてやビールのがぶ飲みはやめましょうね。

リズムをこわすもとになりますから・・・

さて本日の宅建学習いかがでしたか?

予定通りでしたか?

学習はどうしても積み重ねになります。

安定した積み重ねが理想ですが、多少山あり谷ありでも後で振り返るとよく頑張ったなと、逆に達成感を実感できるものです。

ですから、順調にいかなくても、悲観する必要はありません。

短期で言えば、この3か月未満のトータルの中でどうだったか
ですから・・・

結果的には何度も言うようですが、宅建試験当日にどう成果を発揮できるかです。

そのための助走期間であることは間違いありません。

まずは、今晩をあなたなりに終え、明日火曜日につないでいきましょう。

今日の日を大切に!

平成30年宅建合格を目指して、ブログへの応援1クリックお願いします。
↓   ↓
人気ブログランキングへ


ダブルで宅建合格祈願、応援クリックお願いします。
↓  ↓
にほんブログ村 資格ブログへ
にほんブログ村


インターネットでの平成30年度宅建試験申込受付速報について、
今週中には不動産適正推進機構から発表されるとおもいます。

どれくらいでしょうか?

ちなみに、
平成19年は、40,769人
平成20年は、43,707人
平成21年は、45,713人
平成22年は、45,501人
平成23年は、47,065人
平成24年は、51,105人
平成25年は、52,777人
平成26年は、55,434人
平成27年は、58,200人
平成28年は、54,743人
平成29年は、58,678人

一昨年は、前年を下回りましたが、翌年盛り返しました。

最終的な郵送を含めた全体の申込数は、今年はどうなるでしょうか?

ちなみに、
インターネット・郵送全体での申込者数は、
平成19年が260,633人
平成20年が260,591人
平成21年が241,944人
平成22年が228,214人
平成23年が231,596人
平成24年が236,350人
平成25年が234,303人
平成26年が238,242人
平成27年が243,155人
平成28年が245,742人
平成29年が258,511人

宅建士試験として4回目になりますので・・・
流石に落ち着くかもしれませんが、翌年は民法改正の絡みがあるので、
かけこみ受験が増えるかもしれませんね。
東京オリンピックもありますし・・・

平成21年の最終的な受験者数は、
195,515人
受験率 80.8%

最終的には、この中から、
34,918人の方が合格の栄冠を勝ち取ることになりました。
合格率17.9%。
脅威の高合格率でした。

平成22年の最終的な受験者数は、
186,542人
受験率 81.7%
合格者数 28,311人
合格率 15.2%

平成21年に比べると大幅に厳しい結果となりました。
合格基準点も久しぶりの36点でしたので・・・

平成23年の最終的な受験者数は、
188,572人
受験率 81.4%
合格者数 30,391人
合格率 16.1%

誤記問題で、問49が全員正解となり、
その影響もあってか2年連続の36点になりました。
2年連続の36点。

平成24年の最終的な受験者数は、
191,169人
受験率 80.9%、
合格者数 32,000
合格率16.7%。

平成25年の最終的な受験者数は、
186,292人
受験率 79.4%
合格者数 28,470人
合格率15.3%で、前年より合格者数が減ったのは残念でした。

平成26年の最終的な受験者数は、
192,029人
受験率 80.6%
合格者数 33,670人
合格率17.5%で、主任者試験の最後にふさわしく多少大盤振る舞いの結果でした。

平成27年は宅建士試験の最初の年でした。
194,926人
受験率 80.2%
合格者数 30,028人
合格率15.4%で、難易度もあがりました。
宅建士として抑えた形になりました。

そして平成28年は、
198,463人
受験率 80.8%
合格者数 30,589人
合格率15.4%で、合格率は変わらなかったものの難易度は再び下がりました。

そして昨年平成29年は、
209,354人
受験率 81.0%
合格者数 32,644人
合格率15.6%で、若干前年をうわまわりました。

リベンジの方、絶対に頑張りましょうね。

さて今年の合格者ですが、どの程度になるでしょうか?

私の個人的見解としては、横ばいになると思います。

仮に合格率がどうなろうとも、
あなたが、ボーダーラインを超える点数を確保することが必達になります。

余裕での合格発表を迎えるためにも、今のひと踏ん張りです。

絶対に、今年はあなたが合格する番ですよ。

是非平成30年度は、あなたがこの栄冠を勝ち得てくださいね。

栄冠を勝ち得るための最低条件が、まずは宅建受験申込を完了し受理されること。

平成30年度宅建試験申込も本日を含め、後15日となりました。

大半の方は申込み完了されていると思いますが、ついつい忘れていた方、月末の郵便局も混んでいます。

昼休みにすまそうと思っていて、予想以上に混んでいて、昼休みの時間切れとなるとアウトですよ。

夕方は小さい郵便局は、早く閉まります。(17時頃)

遅くとも今週末までにはすませましょうね。

写真や申込の不備で受理されなかったら、それでアウトですよ。

事前準備はパーフェクトにしてから、郵便局に行ってください。

もちろん支払いは、ATMでやっちゃ駄目ですよ。

必ず窓口でしてください。

郵便局での支払いは15時で終わりです。
(銀行と一緒)

でもコンビニならOKですからね。

支払いをすませ、証明書を受験申込書に必ず貼る事。

すごく当たり前のことを、この時期に書きます。
それは毎年、必ずと言っていいほど、あわてんぼうやさんが出てきます。
だから言っているのです。
耳を塞がないでくださいね。

油断したら、我が身ですよ。

最終日に手続きをした私だからこそ、あわや受験できなかったかもしれない私だからこそ、その気持ちがよくわかるのです。

落ち着いて対処しましょうね。

封をするまえに、必ずもう1回確認してくださいね。

人間誰しもうっかりミスはありますが、この大事な場面では絶対やっては駄目です。

最低限の受験権利は、確実にすませましょう。

平成30年宅建合格を目指して、ブログへの応援1クリックお願いします。
↓   ↓
人気ブログランキングへ


ダブルで宅建合格祈願、応援クリックお願いします。
↓  ↓
にほんブログ村 資格ブログへ
にほんブログ村


本日より、3ヶ月学習サポートコーナーの開講です。

6ヶ月学習サポートコーナーと同じように毎週日曜日午後としています。

今年は、3ヶ月学習用としての電子書籍も販売しておりますので、
あわせて活用すると、より効果的です。


さてサポートに入ります。

3ヶ月学習のあなたは、インプット学習が現在のメインですね。

ここでいえることは、他の方の学習ペースは気にせず、自分自身の今のスケジュールだけをみて、学習を進めてください。

他の人の状況を気にしだすと、あせりが生じます。

3ヶ月学習をしているあなたには、絶対あせりは禁物です。

3ヶ月間、自分自身に集中することが大事です。

自分自身との闘いです。

今のあなたはインプット中心ですから、アウトプットの声が聞こえてきても、インプットでいいんです。

いずれ、嫌おうなしにアウトプット一色になります。

それまでは、まずは、インプット。
次に、インプット+アウトプットの併行学習でいいんです。

最終的に宅建試験本番の時に、あなたの実力がどうなっているかが大事になります。

たとえ今の実力がどうであれ、今後の公開模試の結果がどうであれ、合格されている方はそれなりにいます。

今は周りは気にしないで、とにかく自分自身の今の学習に邁進しましょう。

平成30年宅建合格を目指して、ブログへの応援1クリックお願いします。
↓   ↓
人気ブログランキングへ


ダブルで宅建合格祈願、応援クリックお願いします。
↓  ↓
にほんブログ村 資格ブログへ
にほんブログ村


↑このページのトップヘ