宅建試験!初心者のための一発合格サイト

宅建士試験(宅地建物取引士資格試験)初受験やリベンジの方に、短期・中期・長期での宅建学習方法、独学学習・過去問学習のコツ、受験テクニック、学習サポートなど、宅建受験から合格後の宅建取引士証登録迄、幅広く総合的に紹介したブログです。 【Yahooカテゴリー登録サイト】

◎ブログニュース
1)人気ブログランキングとブログ村ランキングはこちらに設置しました。
 宅建士試験合格目指して応援お願いします。
   ↓   ↓
 https://blog.with2.net/link/?366700

2)過去の宅建士合格体験記はこちらです。
   ↓   ↓
 http://blog.takken-get.com/archives/cat_50050014.html

3)マガジン紹介
●宅建独学ペースメーカーマガジン登録受付中
 初月無料です。
 単発記事を読むことも可能です。
 学習のモチベーション維持に活用下さいね。
   ↓    ↓
 https://note.com/iccyan/m/m6591c7db5979

宅建

令和6年宅建士試験の実施内容が6月7日に公告されますね。

特に大きく変わるわけではないので気にしない・・・
その通りです。

でも、折角の公告です。
うまく活用しましょうね。

今、学習が順調にいっていない方、学習すらまだ始めていない方は特にです。
学習をまだ始めていない方は、絶対にこの公告を大事にしてくださいね。

日本人は節目節目を大事にします。
また、何かの行動を起こす場合にきっかけに活用したりします。

そのきっかけが・・・・この令和元年宅建試験実施内容の公告です。

このきっかけを利用していつやるか?

今でしょう。
今しかない。
今行動するしかありません。

明日、考えよう。
明日から始めようでは駄目なのです。

今すぐ決意する。
今すぐ土日の学習計画を組む。

今すぐ書店にいきテキストを見る。
今すぐアマゾンにてテキストを購入する。

こういうアクションをすぐできることが必要です。

折角の公告というきっかけです。

もし、このきっかけを逃すと・・・
次は宅建試験申込開始である7月になります。

申込開始が始まるとそわそわしてきますので、落ち着いて学習計画をたてにくくなります。

私と同じように短期集中しての学習が必要になりますよ。
(7月からスタート)
あなたは爆発的に集中しての学習ができますか?
6月学習スタートは、まさに少し学習に幅をもたせられるラストチャンスと言えます。

是非、このラストチャンスを活かしてくださいね。
最後にもう一度聞きます。
学習開始がまだの方、いつやりますか?

今です。
今しかありません。

最初は、概要をざっと眺めるだけでもいいのです。
マンガの宅建本からスタートでもいいですよ。

行動しましょう。

ここのところ毎年のことですが、この宅建ブログではメンタル面に関する記事が多くなっています。

それは何故か?

この時期になると不安に思う方が増えてくるのです。
そのために励ましやエールなどの記事を意図的に大目にしています。

宅建について学習の中味について解説してくれるサイトは沢山あります。
がしかし、メンタル面を支えてくれるブログはあまりないと思います。

貴重な資格ブログ?

そういうこともありこの宅建ブログでは、メンタル的なサポートを重視して日々記事をアップしています。
ただ如何せん、この時期に出会える方はほんの一握りの方達です。
大半の多くの方との出会いは宅建試験直前期であり、宅建試験後になります。
宅建試験後の出会いの中では、その時期にしか開設していない特設提示板と勘違いされる方もあり、残念な思いがあります。
そういう中で今出会えているあなたとのご縁を大切にしたいですね。

宅建合格発表日には多くの方からの合格コメントが寄せられます。
特に今の時期やそれ以前からともに歩いてきた方のコメントには私の心に残ります。

大変うれしい限りです。
ありがとう。

頑張って記事更新をした苦労が報われる瞬間です。
人の喜びが我がことの喜びに心の底から思えるのです。

だからこそ、読者であるあなたとの喜びをわかちあえるのです。
人に尽くしたことは必ず自分に返ってくる。
しかも倍以上の喜びとなって・・・

今年あなたが絶対に合格を勝ち得て11月26日に、喜びのコメントを書かれることを私は今から信じています。

さてもうすぐ梅雨のシーズン、暑い日・やや肌寒い日など、寒暖の差が激しくなります。
体調を崩され風邪をひく方を例年見かけます。

気をつけてくださいね。
気力は健康に通じます。
自分に負けないことが体調維持につながり、今後の本格的な暑さを吹き飛ばすあなたのパワーとなります。

今からが宅建学習の本番・ヤマ場を迎えていきます。
ここからが本当の勝負です。

夏を征するものが宅建を征す。
夏に負けないでくださいね。
夏を征することは大きなあなた自身の宅建実力アップにつながっていきます。

今から実力を大きく伸ばす方は、そんな人です。
このブログを読まれているあなたならそれができるはずです。
実力を伸ばせるはずです。

夏にまけるな!
勝利をつかめ!!
あなたならできる。

今回は、合格発表に関することについて紹介します。

○合格発表時の合否の確認方法
 ●合格発表は、以下の確認方法があります。
  ・不動産適正取引推進機構のホームページに一定期間掲載されます。
   (合格者の受験番号、合格基準点、正解番号)

    令和5年は、11月21日9:30から掲載されました。
    ※受験者番号での確認になります。
    *受験者の合否、解答内容、採点結果、合格者番号の問合せには対応してもらえません。

    ・地方新聞の中には、合格者名を載せられるところがあります。
   こちらは、逸早く合否を知ることとなります。

  ・過去、週刊住宅オンラインが日付が合格発表日になった途端速報を流していましたが、廃業し、今は、住宅新報が流しています。
   すっかり定番化しました。
   ツイッターなどで速報を流します。
   

○合格証書の届く日
 ・合格発表日に、簡易書留郵便にて、発送されます。
  早い人だと当日届きますが、遅い人だと、数日後になります。

  毎年のことながら、合格を確認できたのに、合格証書が届かないと心配される方がいらっしゃいます。
  まず、よほどのことがないかぎりは届きます。

○不合格の場合の通知
 ・不合格の場合は、通知はありません。

  資格試験によっては、通知がある資格もありますが、宅建試験はありません。
  そのため、合否の確認はご自身で行ってください。

  万が一、合格していて、何かの手違いで合格証書がきてないということもないとは言えないので・・・・
  それと、自己採点では、合格基準点以下だったのみ、合格していた人も毎年必ずいますから・・・
  (いい方のマークミスですね。)

○不合格になった場合の心配・不安
 ・今から、不合格のことを考えてはいけません。
  今は、合格することだけを考えてください。

  残念な結果にならないように、今この時を頑張りましょう。
  今できることを、精一杯、全力を尽くしてください。

○私の経験
 私は、合否の確認をせず、合格証書が届くまで待ちました。
 あることを境に、合格を確信したのです。
 (答えは、私の合格体験記を読んでもらえれば、わかります。)

 一歩間違えれば、不合格の側に廻っていました。
 結果は紙一重です。

 でも、どちら側に行くかでは雲泥の差になります。
 1年後に再受験するまでは、長い戦いになります。
 わずか1点差でその明暗が分かれるのです。

 リベンジされた方は、毎年、苦労して、努力して、頑張ってリベンジ合格されています。
 あなたは、合格発表当日、どっちの側に立っていたいですか?

 もちろん、合格した側ですよね。

 そうなれるように、今このときをしっかりと頑張りましょう。
 今の努力、頑張りは報われますよ。
 土壇場の頑張りは、誰でもやることですから、当たり前のことになります。

 肝心なのは本格的な夏を迎える今ですよ。

今回のテーマは、計画見直しになります。
あなたの宅建学習計画の進捗状況はいかがですか?

順調ですか?
それとも、遅れ気味ですか?

宅建試験まで後4ヶ月ちょっとあります。
まだまだ修正は可能な時期ですが、リベンジする立場によってはその考え方は多少違ってきます。

◎初リベンジの方へ
おそらく順調な方が多いと思います。
悪くとも多少遅れている程度ではないでしょうか?
今からの4ヶ月の学習計画を総点検してみて、もう一度見直す時期に来ています。
まず最初に思い出してほしいのが昨年の合格発表日の屈辱です。

悔しい気持ち忘れていませんか?
もし忘れていたとしたら、悔しい気持ちを今一度思い出してください。
思い出せましたか?

あたたは今この悔しい気持ちがあれば、この4ヶ月のモチベーションを維持していくことができます。
学習につまずきそうになった時、去年の悔しさを思い出すようにしてください。

そして、誓ってください。

『絶対、今年一発でリベンジする』

そう、この一発でリベンジするが大事なのです。
リベンジは必ず一発で果してください。
これがリベンジの鉄則です。
あなたは初受験の方よりまだ優位性が続いています。
最後までその優位性を活かして、先行逃げ切りで最後まで突っ走ってください。

◎リベンジ2回目の方へ
心配しています。
下手に、宅建試験に慣れっこになっていませんか?
妙に落ち着いたりしていませんか?

おそらく、学習が遅れ気味になっている方が多いと思います。
昨年の初リベンジのときと比べてどうでしょうか?

普通なら、一番進んでいるはずなのに・・・
リベンジが2回目になると、一番気持ちの問題が大きいです。

気持ちの問題で2回目の宅建リベンジのハードルを自分自身で上げていっている傾向にあります。
妙に落ち着いた気持ちのままでは、宅建初受験の1回目や初リベンジの2回目と同じ徹を踏むことになります。

また、自分自身が作った新たな敵と戦うことになります。
自らが宅建試験を難しくしていかないことです。
3回目受験である今年、絶対に決めてしまいましょう。

◎3回目以上の方へ
一番心配しています。
心に余裕がありすぎませんか?

少し厳しいことを言います。
今のままでは、今年のリベンジはありえません。
4回目・5回目のリベンジが約束されてしまいます。

今のままでは・・・
気持ちを切り替えるには、限界の時期にきています。
下手な宅建試験の受験経験があなたの気持ちに、妙な余裕をもたせています。
下手な宅建知識があなた自身に妙な安心感をもたせています。

まだ何とかなる。
まだまだ何とかなる。

しかしです。

『光陰矢のごとし』

時間はどんどん消化されていきます。
迷っている時期でもありません。
折角のあなたの受験経験・宅建知識を無駄なものにするのも、有効な手段に変えるのも全てあなた次第なんです。

他の誰でもありません。
あなた自身です。

人のせいにしていませんか?
人に甘えていませんか?
自分自身を悲劇のヒーローやヒロインにしていませんか?
自分を駄目だ駄目だと追い込んでいませんか?
あなたは、決して駄目ではありません。

私は駄目だと自覚しているあなたこそ、大きく挽回できるチャンスがあると信じます。
生まれ変われる大きな力をもっているのです。
宅建で何度も辛酸をなめたあなたなら・・
あなたならできるはずです。

今年の宅建受験が自分にとってのファイナルとして、計画を見直してみてください。
不退転の覚悟が必要です。

計画を立て直したその後は、言い訳は無用です。

基本を中心とした学習に専念してください。
法改正くそくらえです。
下手な慣れない問題への準備も必要ありません。

あなたに今一番必要なことは、宅建初受験の頃のようながむしゃらな気持ちです。
目をとじて、あの頃の自分を思い出してください。

どうですか?
思い出せましたか?

そして今年の自分の合格、イメージしてください。
さあ悩んでいる暇はありませんよ。
悩んでいる暇があったら、隙間時間・細切れ時間に過去問を1問また1問です。
基本と継続これだけで十分です。
あなたらになら絶対にできる!

今からの時期もっとも大事な事があります。
宅建学習法や学習のコツよりも更に更に大事なことです。
それは何かといいますと、自分との闘い『自己管理』です。

またしても自己管理?
昨日読んだばっかりだよ・・・
そう嘆く方もいるかもしれません。

でも大事なことなので、今日はより突っ込んで書きます。
宅建初受験の方にとっては本当に大事だからです。

さて自己管理⇒直訳すると、自己を管理すること。
これが、簡単なようで一番難しいことです。
自分のことは誰よりも自分がよくわかっています。
それだけに難しい。
毎日の生活の中では、いろんなことが起きます。

突破的なことも起きます。
何もなければないで、気が抜けたりします。
忙しければ忙しいでそれを自分自身への勉強をしない言い訳にできます。
そんな中で宅建学習を維持していくことは、大変なことは今学習しているあなたにはよくわかるはずです。

自己管理は誰のせいでもなく、自分の責任になります。

よく子供が、「なんで○時に起こしてくれなかったの?」と親に言いますが、子供だから許されることです。
(大人になっても言う方もいるとは思いますが・・・)

自己管理が自己責任であることを、私達は改めて肝に命じておく必要があります。

さて、自己管理の中には、私は大きく分けて三つあると思います。
1.時間管理
2.精神面
3.健康面

1)時間管理
時間管理は、1日単位・1週間単位・1ヶ月単位といった区切りで、自分でやることを決めて自分自身でルール化を行います。
時間管理の一番難しい点は、突発な用事で予定の時間に学習できない時、どうするかにあります。
その日のうちに挽回する。⇒これが、鉄則です。
  
でも現実には、そうもいかないときがよくあります。
その場合は、その翌日に挽回する。
それでも駄目なら、その翌日の翌日の中で挽回する。
それでも駄目なら、その週の中で挽回する。
それでも駄目なら、その月の中で挽回する。

基本は、早め早めに先手先手で挽回することが大事です。

2)精神面
精神面はある意味、一番重要です。
精神面が緩んでくると時間管理もいい加減になり、病気にもなりやすくなります。

いわゆるモチベーションを維持するには、まさにこの精神面をなんとかしないことにはうまくいきません。
自分の今の学習の目標が何であるかを明確にし、(もちろん、令和2年宅建士試験合格)常に自分の念頭において、取り組んでください。

3)健康面
最後はもちろんこれです。
健康面です。
なんといっても体が資本です。
健康は病気になってはじめて、そのありがたみがわかります。

試験直前に体をこわしたり、ましてや試験当日に風邪などひけば苦戦の大きな要因になります。
健康には、十分に気をつかいましょう。

試験直前まで絶好調でも、宅建試験当日、体調不良で実力を出せずに終わる。
これほど悲惨なことはありません。

でも現実にはありえることです。
油断大敵です。

一人一人が自己管理をすることによって、自分のためにもなり、また人のためにも間接的になると思います。
いいムード、いい運気は好循環するものだからです。

↑このページのトップヘ