宅建試験!初心者のための一発合格サイト

宅建士試験(宅地建物取引士資格試験)初受験やリベンジの方に、短期・中期・長期での宅建学習方法、独学学習・過去問学習のコツ、受験テクニック、学習サポートなど、宅建受験から合格後の宅建取引士証登録迄、幅広く総合的に紹介したブログです。 【Yahooカテゴリー登録サイト】

◎ブログ最新ニュース
●平成30年宅建士試験を受験される方へ。
まずは、こちらの電子書籍よりお読みください。
『宅建独学者へ!!絶対攻略のための43のヒント』
   ↓     ↓
 http://blog.takken-get.com/archives/52260849.html

●中高年独学の方に参考になる電子書籍紹介
『宅建絶対合格!40代以上の必勝崖っぷち戦略』
   ↓     ↓
 http://goo.gl/mzuA1Z

●まずは、漫画で概要をつかむ
『平成30年宅建受験対策入門書としての活用』
   ↓     ↓
 http://blog.takken-get.com/archives/52260619.html

宅建

今年宅建をリベンジされる方へ。

どうですか?

あなたは、どんな今年の宅建受験構想を練っていますか?

中には、もうスタートを切っている方もいると思います。
鉄は熱いうちに打て!

その鉄則通り、昨年の悔しい結果をばねに奮闘をスタートしたことは、
素晴らしいことです。

ただ、ここで大切なポイントがあります。
ただ、この時期の学習はがむしゃらに急ぐだけがいいわけではありません。
しっかりと自分の昨年の結果を分析し、
自分の今の状況、不足している点を把握することです。

内的な面、外的な面、考えてみてください。
安易に、予備校に流されるままに申し込む。
これはいい結果につながりません。

目的をはっきりとさせて、
自分が予備校など申し込むもので自分が学習できるかを想定してください。

こういう面から、どうしてよいか?わからない方は、
早めにご相談ください。

宅建直前期にあわてて相談を受けても手遅れです。
直前期には直前期のやり方を結果的には処方することになりますが、
効き目は人それぞれです。

中には、手の施しようがないケースもあります。
でも、諦めなければ合格確率はゼロではありません。
直前期は、特にメンタル面が左右されます。
その時点でのその方にとっての最善を尽くすことになります。
後は、合格圏内に飛び込むかどうかは、
その方の踏ん張りが要求されます。

そういう直前期の状況を何度もみてきています。


ですから、ご縁があって今このブログを見ているあなたには、
そうなってほしくはないのです。

そのためには、しっかりと自分の状況を把握することがとても大事なのです。

分析の仕方は、自分の昨年やってきたことを時系列に思いだしてください。
できれば、紙に書いていった方がわかりやすいですね。

学習方法、学習スタイル、学習時間、インプット・アウトプットの時間など・・
宅建の中味も分析してくださいね。
権利関係、宅建業法、法令上の制限など・・・

メール相談・カウンセリング相談を受けた方には、
シートを使って分析のお手伝いをします。

自分の性格、学習環境なども影響を受けます。

そういう学習に関連することを洗いざらいだした上で、
考えていくのです。

自分でわからなかったら、周りの人に聞いてみるのもいいですね。
ただし、資格学習経験がない方には聞かない方がいいです。
聞くのなら、資格学習経験者に聞いてください。

経験者なら、その方が歩んだ道のりがあります。
あなたにとって参考になる面もあるでしょう。

予備校の講師の方に聞くのもいいです。
ただし、予備校としがらみが強い方は、
間接的な意見としては期待できないかもしれません。

学習環境は十人十色。
全く同じ学習方式をそのままあてはめるには無理があります。

固定された学習方式は、それだけまとまっていますが、
学習時間が安定しない・・
決まった時間に学習できない・・・
そういう方にはアレンジが必要です。

そのアレンジをするのが、宅建学習アドバイザーとしての役目です。

独学だけでなく、予備校や独立系の塾を活用される方も相談して下さいね。

学習方法を考えるには、1月か2月が最適です。
3月、4月になると時期的に横一線になるので、
先行する有利さは消えます。

今の時期であれば、学習という枠にとらわれずに考えることがやりやすいです。
じっくりと権利関係とむきあうこともできます。
法令上の制限を、もっと大枠で考える時間がとれます。
実際の現場を取り入れての、イメージができるのです。

法令上の制限を苦手にする方が結構います。
特に女性の方が多いです。

短期で知識だけを詰め込もうとすると、無理があります。
街並みのイメージをうまくつかうのです。
マップをうまく使うのです。
こういうことは特に独立系塾にうまい方がいます。
(誰とは特に言いませんが・・・プロレス好きなOさんです)

こういうイメージで入ると法令上の制限が好きになります。
そうなると法令上の制限のわからないの壁がとれて、しめたものです。
一旦、壁を作って知識だけを直前期に押し込んでも
効果はでにくいのです。
ちょっとひねられると、作問者の仕掛けにやられてしまいます。

是非、学習相談活用してくださいね。


本日も読んで頂いたことに感謝、 ブログへの応援1クリックお願いします。
↓   ↓
人気ブログランキングへ


こちらもあわせて応援お願いします。
↓  ↓
にほんブログ村 資格ブログへ
にほんブログ村


今年、宅建を初受験されるあなた。

あなたの今の状況はいかがですか?

受けるつもりだけど、テキストなどの準備はこれから・・・
受けたいけれど、まだ迷っている・・・
受けるかどうかわからない・・・

こんな方もまだ意外と多いと思います。

それが宅建にとっての1月であるこの時期の一般的な状況です。


1月のこの時期に初受験の方で、
学習に邁進している方がいるとしたら、かなり意識の高い方です。

普通はまだ、ぼんやりしている方が多いのが実情です。

本格的に宅建受験を志し、
学習を開始するのはもっとあとです。

一番多いのは4月です。

ということは、逆に考えれば、
今からしっかりと学習戦略を考えて、
計画的に実行できていけば、間違いなく合格できます。

それが宅建試験です。

しかし、合格できない方も実際はでます。
それは何故か?

実行が完全にできない。
学習方法がまちがっている。
いろんなものに手を出し過ぎる。
模擬試験の活用を間違っているなどなど・・・

やり方を間違わなければ・・・
仮に間違ったとしても早めに軌道修正できれば・・・

合格できます。

今、それをわかっているあなたは・・
意識できているあなたは・・・
間違いなく合格に一番近い位置にいます。

逆にいうと、チャンスなんです。

折角のチャンス、逃さないでくださいね。

チャンスを活かすも潰すも・・・あなた次第です。

自分にあった学習法をセレクトしていきましょう。
そのためには、自分の性格、自分の学習環境、
これからのあなたが置かれる立場、
月日を追って考えてくださいね。

今年は、去年のように大きなスポーツイベントはありません。
それでも、あなたなりのイベントはあるはずです。

イベントは、考えようによっては学習時間を減少させる要因になります。

そのため、事前に想定して学習計画を組み立てていくのです。

安易に予備校に入学する。
これでも駄目です。

しっかりと自分のこれからの置かれる状況を考えて組み立てて
いきましょう。

折角のチャンスをしっかりと考えましょうね。

やり方がわからない方は、相談ください。

本日も読んで頂いたことに感謝、 ブログへの応援1クリックお願いします。
↓   ↓
人気ブログランキングへ


こちらもあわせて応援お願いします。
↓  ↓
にほんブログ村 資格ブログへ
にほんブログ村


中高年になってからの新規の学習取組を考える場合、
ネガティブに考えてしまう方もいると思います。

若いころのように記憶力が落ちた。

これはよく耳にすることです。

脳の短期貯蔵庫に記憶する場合は、そうかもしれません。

有名なエビングハウスの忘却曲線のように、
期間が経てばたつほど忘れていく。

これは仕方のないことです。

何度繰り返して覚えても、すぐ忘れてしまう。

若いころに比べると、忘却曲線の傾きがもっときつくなっている可能性はあります。

では、どうするか?

できるだけ間隔をあけすぎずに、復習をすること。
1週間空けてよりも3日間、
3日間よりは翌日に。

これにより、忘却曲線をゆるやかにできます。

また、その翌日にも更にもう1回復習する。

復習する時間は、段階に応じて短時間でできてきますので、
慣れてくると学習への負担は減ります。


また、短期貯蔵庫にいれないで長期貯蔵庫に入れる方法です。

ゴロ合わせもその一つですが、
中高年にとってはエピソード記憶がベストだと考えます。

いろんな経験をしてきている中高年ですから、
いろんなエピソードをお持ちです。
そのエピソードを学習と組み合わせるのです。

イメージの結び付け・・・
イメージの連鎖・・・
連想での更なる派生など

今回は記憶のことだけをとりあげましたが、
他にもたくさん中高年の武器はあります。

中高年を歳をおったネガティブ的に考えるのではなく、
歳とともにさらなる知識武装がされた。

こういう風にポジティブに考えてください。
ポジティブに考えた方が健康によいのは間違いありません。

中高年の武器については、以下の電子書籍でまとめています。
宅建絶対合格!40代以上の必勝崖っぷち戦略
    〜中高年の武器を120%発揮する17の手法〜


今後の取組のヒントにしてください。

本日も読んで頂いたことに感謝、 ブログへの応援1クリックお願いします。
↓   ↓
人気ブログランキングへ


こちらもあわせて応援お願いします。
↓  ↓
にほんブログ村 資格ブログへ
にほんブログ村


過去宅建テキストで、売上トップを連続させているものは何でしょうか?

それは、「らくらく宅建塾」です。

しかし、ここ3年はその傾向がやぶれ、アマゾンでは『スッキリ』や『宅建士の教科書』の後塵を仰いでいます。
それでも、大手書店に行けば山積みにされていますので、書籍全体としては宅建分野の中でトップにいる可能性が高いと感じます。

棚に入っていても一番目線の高さにあう、
目立つ位置に手に取りやすいように配置されていますので・・・

また、宅建テキストの量が少ない書店でも、
必ずといっていいほど置いてあるのがこの宅建塾ですね。

いいところに配置されているから売れる。
売れるからまた書店に置かれる量も増える。
だから、また売れる。
完全に売れるスパイラルの図式になっています。


「らくらく宅建塾」について、
この宅建ブログを開設以来かかさず毎年手に取る私です。
正直なところ毎年感じることですが、それほど変わり映えはしていません。

でも売れる。

これを超えるテキストの登場を期待した結果、
前述のスッキリや宅建士の教科書が善戦している状況です。

出版社の書店戦略の影響も大きいので、
なかなか良いだけでは宅建塾の部数を凌駕できないのが現実なのかもしれません。


宅建塾の感想としては、

1.大変見やすい(文字間隔、行間隔、文字の大きさ、余白)
2.手にとって読んでみると、独学でもできるのではないかの安心感がある。
3.図解が豊富
4.内容がポイントをおさえて、コンパクトにまとまっている
5.権利関係がわかりやすい
6.語呂合わせがユニーク
7.マンガ版を先に利用すると効果的

宅建初心者にとっては・・・
特に法律関係が初めての方にとっては・・・
または、宅建が資格試験で初めてのチャレンジの方にとっては・・・
一番、とっつきやすい宅建テキストだとは思います。

一方、マイナス面はどうでしょうか?

1.テキストの知識量が少なすぎる
2.内容が浅いので、宅建試験をなめてかかると危険
3.持ち運びが不便
4.3冊の問題集と組み合わせ、及び一問一答集などプラス教材使用は必須


私自身が受験時は、「らくらく宅建塾」は選びませんでした。

第一の理由は電車での学習が主体になることと、
読みやすいので逆にあえて敬遠しました。

独創的な学習を好むAB型の気質にはあいませんでした。

また、その時のフィーリングもありますよね。

今現在、「らくらく宅建塾」を、受験生目線でみると、
まとまり感はあると思います。

これだけ販売部数が安定しているのですから・・・

知識量の少なさや内容の質の浅さの不安については、
過去問集とセットで購入してやっていけばある程度の対応はできると思います。

テキストの知識不足を過去問より補充する。
よって宅建塾シリーズでそろえる。
それに、違う過去問集や一問一答集など、自分の力量や環境にあわせて
プラスセレクトしていく。

宅建塾をテキストに選ぶ場合は、これが一番最良です。

器用な方は、他の過去問と組合せてもユニークでOKです。

マンガ版もありますので、法律系が初めての方は利用してみてください。
4コマ、3コマ漫画+文章の構成です。

また、宅建塾を検討している人が宅建塾にするかどうかの判断基準として、
このマンガ宅建塾をまず買ってみるのもいいでしょう。

その上で判断しても遅くはないです。






本日も読んで頂いたことに感謝、 ブログへの応援1クリックお願いします。
↓   ↓
人気ブログランキングへ


こちらもあわせて応援お願いします。
↓  ↓
にほんブログ村 資格ブログへ
にほんブログ村


今年の宅建試験を意識しながら、
まだ受験決意が固まらない方はいますか?

丁度新年は、決意を固めるには丁度良い時期です。
受験決意は早ければ早い方がベターです。
宅建の受験決意をされる方の多くは4月です。
(中には、6・7月の方もいます)

それでは、正直遅すぎます。

先手必勝、やはり決意は早い方がいろいろと準備段取りができます。

その準備段取りが大事なのです。

仕事は、段取り8割といいますが、
段取りよければいざ実行に移した場合にスムーズに物事が流れていくのです。

そのために、準備ができる早めに受験決意をしてくださいね。

さて、準備として何をなすべきか?
その一つの方法としてマンガシリーズで宅建の概要を知る。

宅建に対しての抵抗感を取り除いておく。
あなたの脳を法律系学習をする地ならしをしておく。
そういう事に利用してください。

マンがシリーズ近年の定番とはいえばこれです。

『2018年版 マンガ宅建士 はじめの一歩』



今はゲーム世代になりますが、
マンガもゲーム世代の方にはとっつきやすいと思います。

電子書籍版もあります。

活用のコツとしてはマンガで知識を習得するというよりも、
アウトラインを感覚でつかんでもらえれば、結果オーライです。

中には、それ以上使いこなす方もいますが、
それはおまけとして考えていいです。

そして新しいマンガシリーズも増えています。

まずは宅建塾をテキストに使う方には便利な
『2018年版 マンガ宅建塾』



4コマ、3コマ漫画+文章の構成です。
4コマ漫画が好きな人や、
宅建塾を使われる人が入門編として使うのはいいとおもいます。

また、うかるシリーズからも出でています。

『うかる! マンガ宅建士入門 2018年度版 (日経の「うかる」シリーズ)』



ユーキャンからも出ています。

『2018年版 U-CANの宅建士 まんが入門 (ユーキャンの資格試験シリーズ) 』



楽学からも登場しています。
『2018年版 楽学宅建士 マンガ入門 (楽学宅建士シリーズ)』




漫画のストーリー性が強いです。

また日建からもでています。
『これだけ まんが宅建士[宅建業法編] (日建学院「宅建士一発合格! 」シリーズ)』
『これだけ まんが宅建士[権利関係編] (日建学院「宅建士一発合格! 」シリーズ)』
『これだけ まんが宅建士[法令・税その他編] (日建学院「宅建士一発合格! 」シリーズ)』









マンガシリーズは何も宅建初受験者の方だけに、あるわけではありません。

リベンジの方がアウトラインを総整理する意味で活用するのも
有効だと思いますよ。

今は宅建試験までそれなりの期間があります。

それだけにアウトラインを総枠で整理することは、
これから知識や理解を埋め込んでいく中で、
効率的に配置されていきます。

パソコンでクラスタ整理をかけますが、
あの感覚と一緒です。

あなたの引き出しに上手に整理していくために、
その引き出しをまずは整理整頓することから始める。

そんな感覚です。
マンガはマンガとして利用価値があります。
今の時期だからこその利用価値です。

法律系が苦手な方、
マンガが好きな方、
学習が久しぶりな方など、
まずはマンガであなたの脳から法律の違和感・嫌悪感を、
取り除くことも大事です。

苦手意識のままで学習を開始すると、
どうしても効率は落ちます。

わかるものでもわかりにくくなります。

法律は楽しいもの・・・
こう捉えることができればしめたものです。

一度手にとってみてはいかがですか?

マンガといって、決してあなどってはいけません。
活用次第では、切れ味するどいあなたの戦力になるはずです。


本日も読んで頂いたことに感謝、 ブログへの応援1クリックお願いします。
↓   ↓
人気ブログランキングへ


こちらもあわせて応援お願いします。
↓  ↓
にほんブログ村 資格ブログへ
にほんブログ村


↑このページのトップヘ