宅建試験!初心者のための一発合格サイト

宅建士試験(宅地建物取引士資格試験)初受験やリベンジの方に、短期・中期・長期での宅建学習方法、独学学習・過去問学習のコツ、受験テクニック、学習サポートなど、宅建受験から合格後の宅建取引士証登録迄、幅広く総合的に紹介したブログです。 【Yahooカテゴリー登録サイト】

◎ブログニュース
1) 最新ニュース
 ●不動産業界へ転職のためのエージェント紹介
  登録は無料、詳細はこちらの記事へどうぞ
   ↓  ↓
  http://blog.takken-get.com/archives/52298837.html

2) 各種メルマガ紹介
 ●『一木秀樹の中高年支援マガジン☆未来を切り開く方法』
  まぐまぐより毎週金曜日発行
  購読費 550円/月
  詳細と申込はこちらから
   ↓    ↓
  https://www.mag2.com/m/0001688139.html

 ●『インスタグラマーへの道』(無料)
  インスタグラムでもっと楽しもう!
 ※詳細と登録はまぐまぐサイトにて。
    ↓    ↓
  https://www.mag2.com/m/0001688339.html

 ●ネクストチャレンジ『ワンツリーサークル』(無料)
  いろんなチャレンジを応援します。
 ※詳細と申込はこちらから
    ↓    ↓
  http://blog.takken-get.com/archives/52296419.html

 ●宅建学び塾『ウィナー』(無料)
  宅建受験生必須のメルマガです。ブログと合わせて購読で効果発揮!
 ※詳細と申込はこちらから
    ↓    ↓
  http://blog.takken-get.com/archives/52296418.html

宅建

今回は、集中力について考えてみます。

あなたは集中力がある方ですか?
学習を始めてすぐに集中できる方ですか?
学習環境を選ばずに気にせずに集中できる方ですか?

私の場合は以前は静かで・・・個室で・・・
夜の環境でなければなかなか集中できないタイプでした。

電車の中で学習なんて・・・・とんでもない・・・

しかし、今はすぐに集中できるタイプに変わりました。
環境を気にせず、すぐに集中スイッチを入れます。

ある意味慣れも大切ですが、まずはそういう風に意識的にもっていくことが大事です。

意識的にちょっとした空き時間に学習をしてみる。
その学習を繰り返していくうちに、徐々に集中できる時間帯を増やしていきます。

自然に短時間に学習しようとすることで、集中力がついていくのです。
それに、短時間集中は知識の定着も案外いいような気がします。

具体的な根拠はありませんが、感覚的にそうかんじます。

短時間集中という動作が、潜在意識への記憶の植え付けにつながっているのかもしれません。
自然にスラスラと覚えた知識が、あらゆる場面で引っ張りだせるようになる気がします。

これが、試験本番では効力を発揮します。

宅建試験本番では、いろんなタイプの問題が出ます。
当然のごとく、目新しいパターンの問題、個数問題、組合せ問題など、過去問にはないパターンも出ます。

平成24年も平成25年もそうでしたね。
平成27年もそうでした。
これに泣かされて思わぬ結果になった方もいます。
(ここ数年はないですが、今年は民法改正でありえます)

そんな時にこそ効果百倍となるのです。

問題と格闘しながらも一気に集中して、選択肢を1肢づつ紐解いていく → 正解ゲット
こんなことが現実におきるのです。

その力がついていきます。

よく試験の自己採点の結果、試験結果の感触はまるでだめだったけど採点してみると・・・結構正解している。
(今年の試験結果でもいえたことです)

そういう成果につながっていくのです。

試験には万全で臨んだけど・・・結果が・・・

こんな方ほど、是非この短時間での集中力を鍛えて下さい。

空き時間にさあ学習といってすぐにできない人は、集中する時間を意識的に作るようにしてください。

自分には無理だと思った時点で、もう何もできなくなります。

人間はやればそれなりに適応する生き物です。

やらないから・・・
やろうとしないから・・・
継続しないから・・・
諦めるから・・・・

できない。

できる自分に変えていきましょう。

夜1時間学習をしているのであれば、まずは、そのうちの10分でもいいのです。
意識して集中する雰囲気を作ってください。

いつも試験では一夜漬け、夏休みの宿題をかたづけるのは夏休み終了3日前。
だから私には無理です。

いえいえ何をおっしゃいます。
そんなあなたこそ、集中力を如何なく発揮できる素質素養があります。

土壇場で発揮するその力の一部を毎日に、ほんのちょっと振り分けるだけでいいのです。

いつしか、あなたは自然に集中できる人になっているはずです。
集中して、短時間高能率の学習を目指してみてください。
まずは、意識して始めることからです。

あなたにも、きっとできる。
絶対に、絶対にできます。

ブログ応援ありがとう、1クリックお願いします。
↓   ↓
人気ブログランキングへ


ダブルで応援クリックお願いします。
↓  ↓
にほんブログ村 資格ブログへ
にほんブログ村


時代は刻々と変化します。
日本も先進国ですが、IT分野にかけては・・・遅れていると思います。

製造分野では強いのですが、上位を握るシステム・ソフト系は海外勢に牛耳られている現状です。
日本の官公庁関連の対応も遅れている状況です。

さて、宅建学習ではアナログ試験が続いている以上はアナログ学習を私も基本的には重視していました。
サラリーマンとしては長く機械での自動化に取り組んでいましたので、日本の資格試験の実態をなげいている立場ではありました。

そんな中で、オンライン講座を各予備校が取り入れていましたが、やはり餅屋は餅屋。
オンラインを得意とする会社が対応する方が私は今までとは違う面白さがあると思います。

そんな会社がこちらです。

資格試験のオンライン学習サービス資格スクエア

宅建資格講座においても着々と実績を拡大しています。
e-learningを活用した未来問パックもいいですね。

十分効率よく学習できると思います。

(講座内容)
インプット講座(約50時間)
アウトプット講座(約40時間)
直前対策講座(約10時間)
未来問(2,3回目)(問題・解答・解説)  

費用も77,000円と格安です。
利用価値は高いと思いますよ。
講座学習を検討中の方は是非申込してみてください。

今なら、77,000円 → 69,300円になります。

チャンスですね。




合格のためのスリム学習・・・
なんだか宮嵜さんとの考え方に近いですね。

と思ったら、なんとタイアップしていましたね。

毎週土曜日、民法改正の動画をYouTubeの資格スクエア公式チャンネルで流すようです。
是非、活用ください。


ブログ応援ありがとう、1クリックお願いします。
↓   ↓
人気ブログランキングへ


ダブルで応援クリックお願いします。
↓  ↓
にほんブログ村 資格ブログへ
にほんブログ村


この時期に紹介している本です。

民法について一番お勧めできる本です。
ちまたでは「民法改正がわかった!」の方がよく読まれていますが、概念論を知っておくことも必要です。

民法改正がわかった
田中 嗣久
法学書院
2019-04-01


学習というよりも、民法の現状や将来の展開について知ることができます。
まだの方は、是非読んでほしいと思います。

本のタイトルは、『民法改正


契約のルールが百年ぶりに変わる?

私も民法とはそんな古い法律だったのかを初めて知ったことになります。

そして、ついにその民法が変わることになりましたね。

以下法務省のサイトより引用です。

平成29年5月26日,民法の一部を改正する法律(平成29年法律第44号)が成立しました(同年6月2日公布)。
民法のうち債権関係の規定(契約等)は,明治29年(1896年)に民法が制定された後,約120年間ほとんど改正がされていませんでした。
今回の改正は,民法のうち債権関係の規定について,取引社会を支える最も基本的な法的基礎である契約に関する規定を中心に,社会・経済の変化への対応を図るための見直しを行うとともに,民法を国民一般に分かりやすいものとする観点から実務で通用している基本的なルールを適切に明文化することとしたものです。
今回の改正は,一部の規定を除き,平成32年(2020年)4月1日から施行されます

各種PDFがアップされています。
ダウンロードして目を通すことも大事です。

■ 法律 【PDF】
■ 新旧対照条文 【PDF】
■ 改正の概要 【PDF】
■ Q&A 【PDF】
■ 説明資料
  −主な改正事項(1〜22) 【PDF】 
  −重要な実質改正事項(1〜5) 【PDF】 
  −経過措置 【PDF】

今年の試験に直接的に関係してきますので、注意して重要です。

私自身、民法との最初の出会いは悪い印象でした。

確かに宅建試験を始める方の最初の壁に、民法はなるケースが高いですね。
その現在の民法が生まれたのは前述のとおりなんと1896年(明治29年)。

19世紀末の日本が近代国家として西洋諸国と伍していくために国家戦略の一環として制定されています。

ちょうど一昨年に坂の上の雲が放映されていましたが、そんな時代に生まれたものだといった方がわかりやすいと思います。

特に、この本『民法改正』で取り上げている内容は契約法に関する部分です。

契約はいろんな場面で登場しますし、いろんな様態も現代では登場しています。

流石に100年以上前に作られたものでは当てはまらないものが出てくるのは必然だと感じます。

日本がモデルとした民法はフランス民法であり、解釈に関してはドイツ民法の影響を受けているようです。

本書によると、著者の知人の弁護士や裁判官に改正の話をすると嫌がられる方もいるようです。

解釈でうまくまわっている現状もあるわけですから・・
せっかく条単位で覚えているのが無駄になる・・・

また先般の会社法の改正のように条文の中の文字数が増え、対応に苦慮した経験を踏まえ反対される意見も多いようです。

ただ、一般市民の立場にたつべきだと書かれているこの著者の意見には賛成です。
大企業には法務の専門部署があり、大手の論理から見れば不要かもしれません。
またベテランの法曹関連の方からみれば、改正は不要なのかもしれません。
しかし実態に即さないものがこの本を読んだ後に、多々あることを実感できました。

これから法律関係の仕事に進まれる方は、是非グローバルな視点を必ずもってほしいですね。

ヨーロッパ諸国で民法が現実に則して改正されている流れの中で、日本だけが旧態依然に固執することは子供達の未来のために決していいことではありません。
幸い日本の法曹界は、世界にも誇れる水準にあるようです。

事実カンボジアの民法について、日本の民法学者が深く関与し現在に則した立派な民法を作られているようです。

よって今回の改正によって、一部が現実路線に近い内容になるはずです。
その方が将来的に役立つ内容になります。

この本を書かれた方は、内田 貴さん。

東京大学法学部教授を経て、2007年10月より法務省経済関係民刑基本法整備推進本部参与になられている方です。

安定した東大教授の職を捨て、自らいばらの道に飛び込んだ情熱の熱い方だと推測します。

専門は民法学です。

是非今、宅建試験学習において民法にアレルギーを感じている方こそ読んでみてください。

民法の背景や今後の課題を知ることは、民法がより身近に感じられ今後の学習意欲が増すとともに、理解がより深まるとことと思います。
(単にテキストだけで得る知識だけでなく、将来的なことを視野に入れて読んでもらえればと思います)

ただし興味をもったからといってのめりこまないでくださいね。
もし、のめりこむ場合は宅建試験の民法とは切り離して考えてください。

宅建試験の民法は、宅建試験用として別物でとらえてください。

でないと・・・深みにはまります。

宅建試験本番において、民法をより正確に解くことに時間を割きすぎると他の項目の対応がおろそかになります。

民法が満点であっても、得点配分の多い宅建業法を多く落とせば不合格です。

この割り切りが成否を分けます。
あなたにとって、上記の恐れがあるもののやはり私はお勧めしたい本です。

ブログ応援ありがとう、1クリックお願いします。
↓   ↓
人気ブログランキングへ


ダブルで応援クリックお願いします。
↓  ↓
にほんブログ村 資格ブログへ
にほんブログ村


スクーリング(演習)・修了試験を終了された方が増えてくる時期です。
既に、宅建資格登録申請に進まれている方もいます。

今回はこれから宅建資格登録申請を迎える方のために、手続きの仕方について紹介します。

宅建資格登録申請のコツは、なんと言っても無駄なく効率よく準備・段取りを進めていきましょう

手続きでのポイントは、いろんな書類がありますのでその全体概要を理解してください。
中には日頃、聞きなれない書類が出てきます。
事前にどんな書類が必要なのかは、知っておくことが大切です。

仕事では、準備・段取りが実際の仕事を進めていく上で大事ですが、手続きにおいても、準備・段取りをしていればあとはそれに従っての進行だけになるので、スムーズな手続きが出来ます。

必要書類や以下のリンクよりご覧になってください。

参考にして手続きを効率よく進めて下さい。
(費用については、変更になっている場合もありますのでご注意ください。)


ブログ応援ありがとう、1クリックお願いします。
↓   ↓
人気ブログランキングへ


ダブルで応援クリックお願いします。
↓  ↓
にほんブログ村 資格ブログへ
にほんブログ村


宅建リベンジ受験の方、今のあなたの状況はいかがですか?

学習を再開している人・・・
学習計画がこれからの人・・・
まだ昨年の結果をひきずっている人・・・
一旦宅建はおいて、違う資格にチャレンジしている人・・・

人それぞれの状況ですね。

何度もいうようですが、自分の分析をしないで、昨年と同じ調子に概略的な計画をなんとなくたてて進めるのはとても危険です。

ましてや計画なしに進めるのはもっと危険です。

下手に昨年の学習経験があるので、ともすればその延長上で考えてしまうことでしょう。
結果も延長上になると思って・・・

ここに大きな落とし穴があります。

なんとなくのスタートは、なんとなく結果に終わり易いのです。
そのなんとなくの結果も同じ1・2点差で泣く結果に終わり易い。

本来なら昨年より得点が伸びて不思議でもないのに・・
今年は難易度が上がったから・・・

逆に難易度が下がったら合格基準点があがりますが、結果は思ったようにあがっていない・・・

これは、残念ながら毎年見る光景です。

ですから、自分の昨年の結果を踏まえた分析をすることをお薦めしています。

その上で、今の己を知り、宅建試験日までの自分の合格学習ストーリーを考えていく。
自分単位にするのは、おかれている環境が人それぞれだからです。
一般的にテキストにおまけでついている計画はそのままあなたにはあてはまりません。

あなたなりの計画をつくる必要があります。

計画には長期計画、中期計画、短期計画があります。

長期は今からであれば、2〜10月までの長期スパン。
中期は3ヵ月単位、例えば、2〜4月、5〜7月、8〜10月。
短期は1ヵ月単位です。

短期はある程度、項目をくぎっていきますが、長期は大まかでいいです。

中期では予備日をもうけることも大事です。
きゅうくつに詰め込んだ計画はひずみや無理がでてきます。
そのために予備日を設けるのです。

短期は日々の達成・未達成をみていきますので、項目内で区切っていきます。

例えば、権利関係の1項目ずつ。
長い項目は2回、3回に区切っていいです。

そして、最初は分野全体をさっと流し読みをすることも大事です。
やるべきことのアウトラインをざっとつかんでから、1項目ずつつぶしていきます。

やる順番は優先度の高い項目です。
出る順であれば1ページ目からでいいです。
テキストによっては、ランダムに進めるのも方法です。
大事であり得点源につなげやすい借地借家法からはじめるのもいいです。
間違っても抵当権などからしないでくださいね。
学習が嫌になってしまいます。

最後に計画を立てるまえに、やっておく大事なことがあります。
それは、あなたの学習の相棒になるテキストや問題集です。

昨年のものをそのまま流用するのか?
新規に買い直すのか?
それとも必要なものを買い足すのか?

これも自分の性格、昨年の学習結果、今年の利用方法や学習計画によって変わってきます。

ただし、昨年それなりに学習し、あなたのテキストか問題集にあなたの足跡(いろんな追加の知識を追記しているなど)がある場合は、そのまま流用するのを勧めています。

ただし、それを流用しにくい方は過去問だけを変えてください。
テキストと問題集の組合せを間違っている方がなかにはいます。
その場合は、変えてください。

このあたりのことがわからない場合はセミナーに来て下さいね。


ブログ応援ありがとう、1クリックお願いします。
↓   ↓
人気ブログランキングへ


ダブルで応援クリックお願いします。
↓  ↓
にほんブログ村 資格ブログへ
にほんブログ村


↑このページのトップヘ