宅建試験!初心者のための一発合格サイト

宅建士試験(宅地建物取引士資格試験)初受験やリベンジの方に、短期・中期・長期での宅建学習方法、独学学習・過去問学習のコツ、受験テクニック、学習サポートなど、宅建受験から合格後の宅建取引士証登録迄、幅広く総合的に紹介したブログです。 【Yahooカテゴリー登録サイト】

◎ブログ最新ニュース
●宅建無料メルマガ新規購読者募集中!
詳細と申込はこちらから
  ↓   ↓
 http://blog.takken-get.com/archives/52272722.html

●平成30年宅建士試験を受験される方へ。
まずは、こちらの電子書籍よりお読みください。
『宅建独学者へ!!絶対攻略のための43のヒント』
   ↓     ↓
 http://blog.takken-get.com/archives/52260849.html

●中高年独学の方に参考になる電子書籍紹介
『宅建絶対合格!40代以上の必勝崖っぷち戦略』
   ↓     ↓
 http://goo.gl/mzuA1Z

●まずは、漫画で概要をつかむ
『平成30年宅建受験対策入門書としての活用』
   ↓     ↓
 http://blog.takken-get.com/archives/52260619.html

宅建について知る

4月の第一週が終わろうとしています。
この時期になると、折角芽生えた向学心が早くもしりすぼみになっていく方を、
時折みかけます。
時折というよりも・・・かなり高い確率かもしれません。
その傾向は、年々増加しています。
あなたは大丈夫ですか?

飽きやすいから・・・それも言えるでしょうが、それだけではないです。

毎日の生活に流されていっている・・・
このとらえ方の方があっていますね。

そしてその流れは、どんどんと大きくなり、ついには学習を完全ストップしてしまう。
こうなると、宅建直前期に一から立て直しになります。

5月からやるさ!
→まず厳しいでしょう

6月からやるさ!
→中にはできる方もいますが、暑くなり、梅雨の蒸し暑さ、梅雨寒もあります
 強い決意と覚悟がないと難しいでしょう。

7月から・・・
⇒これが妥当です。

なぜなら、宅建の受験申込が始まるからです。

私も実は、7月から始めた落ちこぼれです。(笑)

だから、学習開始をずるずると先延ばししていく方の気持ちがよくわかるのです。
4月に学習スタートのチャンスを手にしていたのに放棄した。
気がつけば7月の受験申込が始まっていた。
学習を始めなくてはいけない・・・
この思いでの学習スタートでした。

6ヵ月学習は宅建学習での王道の期間です。
その機会をあなたは今、手にしています。

であるならば、是非、この機会をチャンスととらえ実行に移してください。

6月から学習する、7月から学習するのもいいですが、7月からの学習は3ヵ月学習であり短期決戦です。
そのため、学習を集中して取り組む時間、細切れ時間、隙間時間の寄せ集めなので、努力を要します。
当然、メンタル面でも解けない問題、なかなか飲みこめない知識などあるとあせります。

あせれば、学習能率は落ちます。
そして、悪循環へ・・・

あなたはそうなりたいですか?

なりたくないですよね。

私としても、こうして今ご縁があるあなたには、そうなってほしくはない。
余裕とゆとりをもって学習を進めてほしいのです。

短期決戦もいいですが、コツコツ型の方が強いです。
安定感があります。
短期決戦でももちろん合格できますが、可能性や合格確率は必然的にさがります。

今のチャンスを逃さないようにしましょう。

本日も読んで頂いたことに感謝、 ブログへの応援1クリックお願いします。
↓   ↓
人気ブログランキングへ


こちらもあわせて応援お願いします。
↓  ↓
にほんブログ村 資格ブログへ
にほんブログ村


この宅建ブログでは、いろんな学習法を紹介しています。

王道的なものから、ユニークな発想のものまでエトセトラです。。

◎カテゴリー『いろんな宅建学習法について紹介

何度も書いていますが、
宅建学習を最終的に構築していくのはあなた自身になります。

あなたの学習スタイルを考えるきっかけに、参考になってもらえればという考えで書かれています。

巷では、学習法の本が数多く販売されています。
ネット上でもいろんな教材が販売されています。

大手書店にいくと、目移りするほどいろんな学習法の本があります。

内容をさらっとみても、それほど、斬新な内容ではなく、基本は同じように感じます。

学習法の本は、一つ一つとれば、どれもこれも大切なポイントを押さえていますが、それを自分の学習に当てはめて全てからいいとこどりをする。
これはなかなか難しいことと思います。

また自分で沢山の学習法の本を読むと、逆に頭でっかちとなり、学習そのもののスピードが落ちるような気もします。

学習の基本は、シンプル・イズ・ザ・ベスト

これにつきます。

難しくしては絶対に駄目です。

簡潔にすることです。

学習は、簡潔にして継続してこそ意味があります。

継続させるためには、シンプルにすることです。

凝りに凝った学習より、基本を主軸におくこと。

これにつきます。

基本重視の学習の方が、多くの方には効果がでやすいです。

ユニークな学習は、合う人、合わない人が必ずでます。

ある方にとっては素晴らしいやり方でも、
別な方にとっては大変やりにくいやり方であったりします。

宅建学習のシンプル化。

是非、意識してみてください。

最後に中高年の方にとって、お勧めなのがこちらの電子書籍です。
中高年として武器を最大限利用する方法を紹介しています。

宅建絶対合格!40代以上の必勝崖っぷち戦略


わずか123円です。


本日も読んで頂いたことに感謝、 ブログへの応援1クリックお願いします。
↓   ↓
人気ブログランキングへ


こちらもあわせて応援お願いします。
↓  ↓
にほんブログ村 資格ブログへ
にほんブログ村


今回は、宅建資格・宅建試験についてあらためて再認識したいと思います。

宅建初受験される方にとって、
当然の如く、自分が受験する資格について知っておくことは大事なことです。


Q.宅地建物取引士とは、どんな資格ですか?

《A》宅地建物取引士(略称宅建取引士)とは、
   宅地建物取引士証の交付を受けた者のことで、
   宅地・建物の売買や賃貸の契約を締結するに際して、
   契約が成立するまでの間に、重要事項等の説明等を行う
   国家資格になります。

   昭和33年に、宅地建物の公正な取引が行われることを目的と
   して創設された資格です。

   宅地建物取引業者は、事務所ごとに、省令で定める数の成年者
   である専任の取引士を置かなければならないとしています。
   (宅地建物取引業法第15条第1項)
   原則として、「事務所」等に関しては業務に従事する者5人に
   1人の割合で取引士が必要です。

   平成27年4月1日に、宅地建物取引主任者から宅地建物取引士に
   名称変更になりました。
    

Q.宅地建物取引士しかできない業務はありますか?

《A》専任業務があります。
   宅地・建物の売買や賃貸の契約を締結する際に、
   ―斗彁項の説明をする
   ⊇斗彁項説明書に記名・捺印する
   7戚鷭颪悗竜名・捺印する。


Q.宅地建物取引士へなる道のりは?

《A》平成29年であれば、10月15日(日)に実施された試験で
   合格すること。(発表日は、11月29日でした。)
   平成30年であれば、まだ予定の段階ですが、
   10月21日(日)に試験実施、合格発表は12月5日になります。
   (正式な告示は、6月になります。)


   実務経験が必要な期間ない方は、実務講習(通信・スクーリング)
   を受けて修了試験に合格する必要があります。
   その後、資格登録申請⇒宅地建物取引士証交付申請へと進み
   ます。
   早い方ですと、1月中に宅建士証を手にされた方もいらっしゃ
   います。


詳細は、電子書籍
を読んでください。


いろんな角度から宅建に関することをQ&A方式にて説明しています。

一通り読むだけでも、
あなたが挑戦する相手(宅建試験)をよく知ることができますし、
受験前〜合格発表にいたるまでの一貫した流れが、
宅建テキストの巻頭での説明文や
通信講座などのガイドブックでの説明よりも、
より受験生に近い立場での内容が把握できると思います。


この知識を知るだけでも、
何も知らない方より間違いなく大いに有利ですよ。

宅建、宅建試験を知った上で今後のスケージュール、
展開方法を立てることは、より実戦的なものに必然的になっていきますし、
学習途上でのモチベーション維持の意識面、気持ちの面においても
重要なことになります。

相手を知ること。

実行してくださいね。

本日も読んで頂いたことに感謝、 ブログへの応援1クリックお願いします。
↓   ↓
人気ブログランキングへ


こちらもあわせて応援お願いします。
↓  ↓
にほんブログ村 資格ブログへ
にほんブログ村


↑このページのトップヘ