宅建試験!初心者のための一発合格サイト

宅建士試験(宅地建物取引士資格試験)初受験やリベンジの方に、短期・中期・長期での宅建学習方法、独学学習・過去問学習のコツ、受験テクニック、学習サポートなど、宅建受験から合格後の宅建取引士証登録迄、幅広く総合的に紹介したブログです。 【Yahooカテゴリー登録サイト】

◎ブログニュース
1)最新ニュース
 ●宅建電子書籍新刊発売中
 『宅建取引士試験!合格を一発で決めよう!!:3ヶ月で合格を勝ち取るための王道学習戦略(2020年版)』
 ※購入はこちらから
   ↓    ↓
 https://www.amazon.co.jp/dp/B08C4S7FNG

2) トピックス
 ●noteで幅広いジャンルの記事を毎日アップ中。
  無料で読めます。
   ↓    ↓
 https://note.com/iccyan

3) 各種メルマガ紹介
 ●『一木秀樹の中高年支援マガジン☆未来を切り開く方法』
  まぐまぐより毎週金曜日発行
  購読費 550円/月
  詳細と申込はこちらから
   ↓    ↓
  https://www.mag2.com/m/0001688139.html

 ●『インスタグラマーへの道』(無料)
  インスタグラムでもっと楽しもう!
 ※詳細と登録はまぐまぐサイトにて。
    ↓    ↓
  https://www.mag2.com/m/0001688339.html

宅建の勉強

宅建平日学習への休日学習からのバトン
それでは、第4回目のスタートです。

7月に入り、当ブログへの訪問が増えています。
宅建試験申込が始まり、意識し始めた方が増えたからだと思います。

ここでこのブログを見たことをきっかけに、学習をスタートできるかどうかであなたの道は分かれます。

残念なことに宅建学習の意識はしたものの、学習をスタートさせない方もそれなりにいます。
いえ、かなりかもしれません。

折角のご縁です。
このブログや無料の宅建メルマガ、そして宅建電子書籍、
是非、ご活用くださいね。


初めて訪問された方へ。

折角のきっかけです。
このきっかけを大切にしてくださいね。

学習をスタートさせるには、きっかけが必要です。
そのきっかけが、この宅建ブログであれば幸いです。

今、ここで学習をスタートすれば道は開かれていきます。
でも一旦あなたの今の思いを封印すると、再び学習を意識し始めるのは9月になります。

下手をすると10月の宅建直前の方もいます。

あわてて予想問題に手を出す・・・
当然の如く結果は見えています。

10月の電車の中での光景・・
いかにもあわてて予想問題にかじりついている受験生の学習姿をよくみかけます。
頑張れ!と声援は贈るものの・・・厳しいと言わざるおえません。

あなたもそういう状況にあなた自身をもっていかれますか?

でも今なら大丈夫です。

決意して、学習をやり始めるのはいつか?
今でしょう。

ですから、今この時このご縁を大切にしてください。
少なくとも、今日学習スタートの決意を固めてくださいね。

さて、話は学習を継続させている方への内容に戻します。

今週の土日祝の学習はいかがでしたか?
先週と比べてどうでしたか?

量を頑張った。
先週とは違う内容に取り組んだ。
過去問を解き始めた・・・などなど。

これだと言えることがあることは素晴らしいことです。
そういう一つ一つがあなたの知識の財産になっていきます。

波乱万丈よりもマイペース。
これが、長い学習ロードを戦い抜くためのポイントです。
是非、今の調子続けてくださいね。

残念ながら今週の土日の学習を苦戦された方は、今週は今週として一旦リセットしてください。

いつまでも、悔やんでは駄目ですよ。
終わったことは仕方ありません。

気持ちを切り替えて、来週新しい1ページを刻んでいきましょう。

自分を追い詰めないこと。

むしろ自分自身にエールを贈ってくださいね。

来週の新しい自分に向かって走れ!
来週があなたにとって、良い1週間でありますように!!

令和2年宅建士試験合格を目指して、1クリック応援お願いします。
↓   ↓
人気ブログランキングへ


ダブルで合格祈願、応援お願いします。
↓  ↓
にほんブログ村 資格ブログへ
にほんブログ村


このエントリーをはてなブックマークに追加

令和2年宅建6ヶ月学習サポートの9回目です。
宅建6ヶ月学習で宅建学習計画を組まれた方は、ちょうど折り返しの中間点を過ぎたあたりになりましたね。

3ヶ月間頑張ってこられたあなたなら、まずは中間点到達おめでとうございます。

さて、ここからが本等の勝負です。

あなたの実力が更に更に飛躍していくチャンスの時です。

ここで手を抜いちゃ駄目ですよ。

ここで手を抜くと折角の飛躍のチャンスを棒にふることになります。

それだけに、一番肝心なところです。
必ずや、残り3ヶ月も乗り切れるはずです。

宅建試験において、6ヶ月学習はやはり王道です。

いち早く、学習に取り組んだあなたを最後の最後まで応援します。
さて、今はもちろんあなたはアウトプット学習が中心のはずです。

人によってはインプットに立ち返りながらアウトプットに勢を出しているかもしれません。

その調子です。
それでいいんです。

6ヶ月学習の方は、やはり過去問は10回転してほしいですね。

10回転やれば、かなりの実力アップにつながります。
アウトプット学習は、なんやかんや言っても過去問集の回転をこなすことが一番の近道です。
とにかく繰り返す。

余計なことを考えすぎないで、ひらすら繰り返す。

結局はこの継続が、一番確実です。
昨日書いたスピードも自然と意識せずついてくるはずです。

あなたの先行者としての優位性を保つのも、このアウトプット次第になります。
そのための回転です。

余計な外部の声は気にせず、今は自分自身をしっかりとみつめて頑張りましょう。

宅建試験本番で最大の力を発揮するために。
宅建試験後の自己採点でボーダーを大きく上回るために。
そして、余裕で合格発表を迎えるためにです。

合格のステージは、あなたのために用意されています。

令和2年宅建士試験合格を目指して、1クリック応援お願いします。
↓   ↓
人気ブログランキングへ


ダブルで合格祈願、応援お願いします。
↓  ↓
にほんブログ村 資格ブログへ
にほんブログ村


このエントリーをはてなブックマークに追加

夏を征するものは宅建を征す。
これからの猛暑を考えるとそう感じます。

夏の学習を乗り切る大切さを十二分に理解してもらえれば、気持ちの上では他の受験生の数段上に位置できます。

これだけでも大きいことです。
意識が高いと、いろんな困難を乗り切る力になります。

さて、そんな夏の学習の中で、特に大切になってくることがアウトプット、つまりは過去問学習になります。

過去問を征する者が宅建を征す。

こんな言い方もされるだけに、その大切さは受験生のあなたにもわかるはずです。

そんな過去問学習において、大切なポイントは3つです。

1.繰り返し
2.スピード
3.パターン変え

1.繰り返し
・これは、何度もブログ内において書いていることです。
 1回転よりも3回転・・・
 3回転よりも5回転・・・
 5回転よりも7回転・・・
 7回転よりも10回転

 まずは、回数をこなすことを意識してください。

2.スピード
・過去問を繰り返すことにより解くスピードが上がってきて当たり前です。
 もし3回転目が1回転目と同じスピードで解いているようでは問題です。
 スピードを意識してください。
   
 スピードをあげることは、基本問題を解くスピードをあげるだけでなく、他のBレベル・Cレベルの問題に対応する時間に割り当てることができます。
 試験時間の時間は120分と限られています。
 Aレベルの問題をいかに短時間に正確にこなしていくかが鍵になります。

 またスピードアップは瞬間的な判断力、直観力を高めます。
 この点でもとても大切なことです。

3.パターン変え
・数回転目になるとなかには飽きてくる方もでますし、問題によっては解答肢も覚えているものもでます。
 それはそれでいいのですが、どうしても同じ問題を何度も解くことが無駄に思えてくる方もでてきます。

 そんな時は、パターンを変えて問題を解いていく。
 これが大事な要素となります。

 極端な例としては、後ろから解いてもいいかもしれません。
 (実際はやりにくいですが)

 3回転やった後に、一度でも間違ったものだけを3回転させる。
 出る順をやっている人は、年度別の過去問を3回転に1度組み入れてみる。

 いろいろやり方はあります。

3つのキーワード、是非意識して取り組んでくださいね。

同じ学習時間を使っているなら、効果をあげるやり方をやるべきだと思います。
土日の学習、しっかりと頑張りましょう。

令和2年宅建士試験合格を目指して、1クリック応援お願いします。
↓   ↓
人気ブログランキングへ


ダブルで合格祈願、応援お願いします。
↓  ↓
にほんブログ村 資格ブログへ
にほんブログ村


このエントリーをはてなブックマークに追加

宅建平日学習への休日学習からのバトン
それでは、第3回目のスタートです。

明日から7月に入り、宅建受験申込みも始まりましたので多少はそわそわするかもしれません。
でも独学の方にとっては、幸か不幸かそういう世間のそわそわ感が伝わりにくいのかもしれません。
それならそれで、そのことを有効利用した方が得策です。

申込みをチャッチャと済まし、いつもの学習ペースに戻る。
そういう切替の早さが試験場でも活きてきます。
できるだけ平常心で試験問題と格闘する。
この状況が理想的展開ですね。

そのためには、日頃の学習姿勢も関係してくるような気がします。
例え土日の学習に不安が残っても、明日月曜日から平常心になって学習を進める。
1週間単位でリセットするやり方はいいと思います。
とにかく後に後に不安な気持ちを引きずることがいけません。

開き直りも大切です。
あなたの前に立ちはだかった大きな壁を乗り越えるには、絶対に必要な気持ちの持ち方だと思いますよ。

あなたは今週を振り返ってどうでしたか?
もし不安な気持ちが強いのなら、一旦リセットしましょう。
終わってしまったことにクヨクヨせず、前に前にですよ。

明日から7月につながる月曜日が始まります。
ナイススタートでいきましょう!

令和2年宅建士試験合格を目指して、1クリック応援お願いします。
↓   ↓
人気ブログランキングへ


ダブルで合格祈願、応援お願いします。
↓  ↓
にほんブログ村 資格ブログへ
にほんブログ村


このエントリーをはてなブックマークに追加

令和2年宅建6ヶ月学習サポートの8回目です。

宅建学習であなたは、どんなテキストの読み方をされていますか?
読み方って、一つじゃないの?
いいえ、一つじゃありません。

短時間で最大限の効果を上げている方は、それなりの工夫をしています。
同じ時間を消化したのに差がでるのはそのためです。
人より能率が落ちる方は、絶対時間を確保するしかないのですが、時間は1日24時間しかありません。

これは誰でも一緒のことです。
この24時間のうちからあなたが折角捻出した学習時間。

やはり、大切に使いたいですね。

学習時間を有効に使うためには、学習環境も大事になります。

学習環境によっては+αになります。

いえ、+α×2倍、+α×5倍の効果も可能なやり方があります。

それは何か?

今年になって一度紹介しました。

読まれた方はいますか?

改めてブログの過去記事を参考にしてください。

宅建試験まで3ヶ月ちょっとの今、いろんな方法を駆使して短期間で、あなたのものにしてください。



さて、今回はもう一つあります。

そこで3ヶ月学習をこれからスタートする方のためにも、3ヶ月学習サポートをスタートさせます。
宅建電子書籍『宅建取引士試験!合格を一発で決めよう!!:3ヶ月で合格を勝ち取るための王道学習戦略』
を読んでいただいて、ブログでのサポートを使うとより効果的です。

3ヶ月学習での学習は忙しい仕事をこなしながらの中では、それなりに大変です。
でも、決してできないことではありません。
集中力を発揮すれば、それなりの学習時間でも吉報をもたらすことになります。
実際3ヶ月学習での合格は私もそうですが、他にも沢山いらっしゃいます。
2ヶ月学習で合格された方もいます。
もちろん1ヶ月学習で合格された方もいます。


宅建学習期間が少ないとそれだけ合格確率は厳しいかもしれませんが、要は宅建試験当日にどれだけのレベルにもっていけるかです。
もちろん6ヶ月学習をしているあなたが、急に1ヶ月学習に切り替えるなんて空恐ろしいことは考えないとは思いますが、6ヶ月学習のあなたは、もちろん今までの計画に沿って、軌道修正しながら自分の決めたゴールに向かっていけばいいのです。

合格確率は間違いなく今の時点では、学習期間が長いあなたの方が上であり有利です。
その有利を最後まで保てばいいのです。

何度も書いていますように、宅建学習は自己との戦いですから、人をライバル視して過剰意識をもつ必要はありません。

6ヶ月学習をされている方は王道学習者として堂々と合格のゴールテープをきりましょう。

令和2年宅建士試験合格を目指して、1クリック応援お願いします。
↓   ↓
人気ブログランキングへ


ダブルで合格祈願、応援お願いします。
↓  ↓
にほんブログ村 資格ブログへ
にほんブログ村


このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ