宅建試験!初心者のための一発合格サイト

宅建士試験(宅地建物取引士資格試験)初受験やリベンジの方に、短期・中期・長期での宅建学習方法、独学学習・過去問学習のコツ、受験テクニック、学習サポートなど、宅建受験から合格後の宅建取引士証登録迄、幅広く総合的に紹介したブログです。 【Yahooカテゴリー登録サイト】

◎ブログニュース
1)最新ニュース
●令和2年宅建試験合格体験記を募集しています。
 薄謝ですが、お礼を用意しています。
 こちらもご協力お願いします。
   ↓    ↓
 http://blog.takken-get.com/archives/52309559.html

●中高年向け支援マガジン・・是非、購読して下さいね。
『一木秀樹の中高年支援マガジン☆未来を切り開く方法』
  まぐまぐより毎週金曜日発行
  購読費 550円/月
  詳細と申込はこちらから
   ↓    ↓
  https://www.mag2.com/m/0001688139.html

2) トピックス
 ●noteで各種マガジン配信中です。
『物事の考え方・・自分の生き方へのヒント』
 https://note.com/iccyan/m/m78d27529d46c

『初心者のためのインスタグラム講座』
 https://note.com/iccyan/m/m0bea5319637d

『物流が楽しく簡単にわかるマガジン』
 https://note.com/iccyan/m/m9c227d4e05ea

『軍師『黒田官兵衛』の戦略を今の時代に活かすマガジン入門編』
 https://note.com/iccyan/m/mc51b99b1568d

『『黒田官兵衛』の戦略を今の時代に活かすマガジン(実践編』
 https://note.com/iccyan/m/m7faff6892e7a

●12/27受験者用の対策セミナー実施
 現在、開催リクエスト募集中です。
 個別相談対応は随時実施しています。
 詳細は、以下のブログ記事を見て下さい。
  ↓    ↓
 http://blog.takken-get.com/archives/52307203.html

3) 各種メルマガ紹介
●『インスタグラマーへの道』(無料)
  インスタグラムでもっと楽しもう!
 ※詳細と登録はまぐまぐサイトにて。
    ↓    ↓
  https://www.mag2.com/m/0001688339.html

宅建の勉強

宅建をこれから受けようと考えている方にとって、迷うのが宅建資格学習を独学にするか通学・通信講座を活用するかになります。

このブログでは、独学者の方にとっての学習のペースメーカーとなるように・・・
またモチベーションの維持ができるように・・・
季節・学習時期・その人の学習期間に応じて、記事内容を変化構成しています。

独学ができるかどうかの関門は、第一に自己管理ができるかどうかになります。
自己管理の必要性は概ね以下の図式になります。

独学 > 通信講座 > 通学講座

もちろん通学講座と言えども、全く自己管理がいらないわけではありません。
受講している時はいいのですが、一旦受講時間を過ぎると後は自由の身です。
学習は受講だけで、それ以外の時間に学習を全くやらないのでは合格確率は間違いなく下がります。
最悪受講に通うのが億劫になり、途中放棄もないとは言えません。
また、どうしても仕事の関係でいけなくなる方も中にはいると思います。
住まれている地区によっては、そもそも通学する予備校がないところもあります。

そうなれば、選択肢は必然的に独学か通信講座になります。
通信講座の良いところは、学習していく順番・ペースがはっきりとしています。
学習ペースをうまく組めない方にとっては、独学より通信講座の方がやりやすいと思います。
独学の場合は、学習計画を市販テキスト・過去問を使って自分なりに立てる必要があります。
このブログでもモデルプランは紹介していますが、個人によって生活スケジュールや学習環境等が違いますので、最終的には自分にあったものにアレンジする必要があります。

また計画は大胆すぎてもいけませんし、逆に細かすぎても途中で行き詰って計画倒れになりやすくなります。
そういう意味からも、独学を選ぶ場合は、自分の学習環境だけでなく自分自身の性格としっかりと向き合う必要があります。

今回受験の宅建が資格学習が初めてなのか?
それとも資格学習の経験ありなのか?
ここまで学習する環境から遠ざかっていたのか?
それとも資格以外で学習する機会があったのか?

以上のようなことも選択の要素になります。

宅建は、自己管理をして学習を継続していけば独学で合格できる資格です。
1回での合格で考えた場合、費用面は概ね以下です。

独学 < 通信講座 < 通学講座

通学講座が高くて、独学が一番安い構図となります。
いずれにしても、自分が宅建をとる目的、宅建取得後の姿、資格取得へ向けてのファーストステップなのかなどを勘案して考えてみてください。

自分にとって何の要素を優先させるのか?
費用なのか?
学習期間なのか?
一発合格必達なのか?

迷ってる方は、まずは、通信講座・通学講座の資料集めをしてみてください。
資料請求は無料ですから、使わない手はありません。

主だった所を列記します。

〇資格の大原
 ・宅建受験生の口コミは良好です。
資格の大原 宅建講座
 ・いろんな場面で宣伝は強烈です。内容は初心者向けです。

〇TAC
 ・スクールは駅前に多いですね。テキストも独自性あり。

〇LEC
 ・最大手です。バリエーションが豊富です。
LEC宅建通信講座

※一般予備校の資料請求、独立系塾は昨年末の記事を参考にしてください。


宅建士試験合格を目指して、1クリック応援お願いします。
↓   ↓
人気ブログランキングへ


ダブルで合格祈願、応援お願いします。
↓  ↓
にほんブログ村 資格ブログへ
にほんブログ村


このエントリーをはてなブックマークに追加

新年あけましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いいたします。

今年も首都圏は晴天でしたね。
今年はより素晴しい初日の出を自宅のベランダから拝むことができました。

あなたの場所での初日の出はいかがでしょうか?
きっと美しい初日の出が見れたことでしょう。
(日本海側は大雪で大変なことと思います)

今年も恒例の1月1日より、かなり遅い配信となりましたが、無事ブログ記事を発信しています。
発信できることは健康あってこそなので、今健康であることに感謝いたします。

今年の私の抱負については、noteの方にアップしています。
そちらの方も読んで頂ければと思います。

新年あけましておめでとうございます☆今年の抱負

こちらでは宅建の活動についてまとめておきたいと思います。

【宅建の活動】
1)宅建ブログの更新
2)インスタグラム/Facebookページへの連動投稿
3)Facebookグループ「宅建受験交流会」の運営
4)宅建オンラインセミナーの開催
5)宅建個別有料面談
6)宅建コンテンツの提供
7)宅建電子書籍の新刊発行及び改訂

4)〜7)については、関連サイトを経由しての有料提供になります。

最後に、当サイトの主旨について説明します。

当サイトは、宅建受験生、特に独学者の目線にたって内容を構成しています。

受験生の不安な気持ちを、少しでもやわらげることができれば・・
元気・勇気・ヤル気をあげることができれば・・
そんな気持ちから毎日の記事をアップをしています。

人は人生のいろんな局面、場面で壁を迎えます。
そんな時にこのブログに書かれている言葉やメッセージが、あなたの心に響き、あなたへの安らぎ・癒しになればと思っています。
また一つの言葉が、あなたの壁を乗り越える・打ち破る勇気・元気の源になればと考えています。

当サイトは、宅建合格を目標にはしていますがそれだけを最終的なゴールとしていません。
それが他の宅建ブログやサイトととは全く違うところです。

宅建資格取得後の今後についても見据えていきます。

これからの長い人生の中で、ここで得た考え方があなたの困難を打ち破る強い力、前向きに進んでいく強い意志につながっていくことを臨んでいます。
心が病みやすくなった時代だけに、小手先の知識・技術・テクニックだけにこだわらない人間の心の部分やメンタル面を重視した記事構成としています。
今の時期はメンタル面の記事を書くとあまり読まれる方はいません。

しかし本当に必要になってくるだろう今後の学習途上での壁にぶつかった時、そして宅建直前期・宅建試験時などの今後の先々の中での必要性が産まれた時のために、今の時期から定期的にアップしています。
読者対象は独学の方に向けて書いていますが、実際独学以外の予備校に通っている方・通信講座をされている方にも幅広く読まれています。

それは、予備校や塾以外での学習は、もちろん一人だからです。
一人で学習する時のペースメーカーとして・・・
決してあなたは一人ではないと勇気づけます。

心でつながっている仲間が常にいることを・・・
目にはみえないけれど、暖かい気持ちのつながりがあることを・・・
あなたに実感してもらいながら、宅建試験当日までナビゲートしていきます。

そんな中で、あなたの感性が育まれて、あなたの人生を切り開くサポートができればと考えています。
一人でも多くの方に生きていく上での糧になるブログ、それが究極の目標です。
それだけに、ブログだけでのつながりだけでなく、リアルなつながりへ。

ただ、今のコロナ禍の中では難しいものがあります。
Zoom、LINEなど通じてオンラインで当面は対応できればと考えています。
コロナが落ち着けば、対面での活動を再開します。
どこかであなたと出会えることを期待して・・・

宅建合格だけでなく、宅建合格後のその先・・・
また今現在の抱える課題を克服していくために・・・
未来をもっともっと切り開くために・・・

まずはこのブログにおいては宅建合格を当面の目標にしながら、その他のものに拡げていけるようにしていきます。
時折、宅建以外の記事の投稿も増やしていきたいと思います。

最後になりましたが、2021年があなたにとって、楽しく元気で明るい1年になることをお祈りいたします。

今年もどうぞよろしくお願いいたします。

令和2年宅建士試験合格を目指して、1クリック応援お願いします。
↓   ↓
人気ブログランキングへ


ダブルで合格祈願、応援お願いします。
↓  ↓
にほんブログ村 資格ブログへ
にほんブログ村


このエントリーをはてなブックマークに追加

宅建平日学習への休日学習からのバトン
それでは、第15回目のスタートです。

9月も残す所、後3日になりました。
既に、宅建試験までカウントダウンに入っていますので、あなたの気持ちは充実していることでしょう。

中には、もう緊張している・・・なんて方もいるかもしれません。

あせりよりは緊張の方がいいですね。
緊張は必ずしもマイナスの効果ではありません。

あなたが試験日までの、気持ちを高めながら整理していく大事な儀式です。

そう考えれば、多少なりとも楽になりませんか?

誰でも通り道です。

例え、リベンジ受験でもあっても、今回が3度目であっても同じです。
緊張感がないよりは、適度に緊張している方がいいのです。

一番リベンジ受験でこわいのは、妙に試験慣れして落ち着きすぎていることです。

もし、あなたがそういう状態だったら注意して下さいね。
これを打ち砕く方法は、3日あれば十分です。
がむしゃらに問題を解きまくってください。

宅建業法だけでいいです。
10年分の宅建業法の過去問を3回転する。

自分自身にハードトレーニングを与えることにより、妙な落ち着き感を振り払うのです。

あせりや不安で悩む・・・
うじうじと考える・・・
解けない自分をなさけないと卑下する・・・

よりはまだいいですが、落ち着きすぎ感は打破しておきましょう。

適度な緊張感の中で宅建試験当日を迎える・・・
一番いい形です。

令和2年宅建士試験合格を目指して、1クリック応援お願いします。
↓   ↓
人気ブログランキングへ


ダブルで合格祈願、応援お願いします。
↓  ↓
にほんブログ村 資格ブログへ
にほんブログ村


このエントリーをはてなブックマークに追加

令和2年宅建3ヶ月学習サポートの12回目です。
今回がサポート記事としては最後になります。

3ヶ月短期での学習、今日まで見事走ってきましたね。
まずはここまで頑張ったあなたに、おめでとうの言葉をプレゼントします。

3ヶ月というとどうしても学習不足に感じるところがあるはずです。
でもそれは仕方ないことです。

私もそうでしたから・・・
多くの3ヶ月学習されている方は、そう感じているはずです。

でも大丈夫。

短期での知識は返って宅建試験本番での問題との格闘において迷いが少なくなります。
それに短期での集中した知識の蓄積は爆発力があります。
だから、自信をもって望みましょう。

さて、3ヶ月学習のあなたは6ヶ月の方とは違いここからが本番です。
ここからが本当の勝負です。
気を抜こうとしていたあなた。
甘いですよ。
ここからが更にあなたの実力アップする大チャンスなのです。

私も3ヶ月学習だったので、あなたのおかれている今の気持ちはよくわかります。
私と同じように一発合格果たしましょう。
 
大丈夫です。

最後の最後まで1点のあくなき追及を行えば、結果は自ずとついてきます。

Aランク、Bランク問題を確実に押さえてください。
数値関連を確認してください。
税のチェックもお忘れなく。
統計の確認は、最悪土壇場でもOKです。

もうそこですよ。

3ヶ月合格、必ず必ず果たしましょうね。
あなたならできる。
絶対にやれる。

これにて、3ヶ月サポートは終了します。

グッドラック!

令和2年宅建士試験合格を目指して、1クリック応援お願いします。
↓   ↓
人気ブログランキングへ


ダブルで合格祈願、応援お願いします。
↓  ↓
にほんブログ村 資格ブログへ
にほんブログ村


このエントリーをはてなブックマークに追加

令和2年宅建6ヶ月学習サポートの21回目です。
6ヵ月学習サポートの記事ですが、今回で最後になります。

さていよいよ3週間後、試験日本番ですね。
6ヶ月以上の学習で頑張られたあなた。
まずは自分自身に対して、ご苦労様の一言を言ってください。
そして、最後迄やりとげた自分自身を誉めてあげてください。

 「よーやった!」

 「でかした!」

 「素晴らしい!」

 「グレート!」

最後は自分の実力を信じて、基本項目のチェックを重点的に行ってください。
基本項目をチェックすることにより、すごい自分を認識し自信を更にパワーアップして下さい。

これからのあなたは、モチベーション維持です。
この3週間でモチベーションが下がれば、宅建試験本番で実力が発揮できないなんてことも起こりえます。

ひねり問題・難問・個数問題・組合せ問題に遭遇した時、ペースをくずし動揺して思うように実力発揮できなくなる。
それは絶対に避けなくてはいけません。
それだけモチベーションは大事なのです。

私自身のサラリーマン時代の仕事は営業でしたが、大きな物件に立ち向かうとき自分自身のモチベーション・テンションが高くないと全く歯が立ちません。
その意識が高いときは、例え沢山の課題や難題があろうとも、必死の思いでかいくぐり、時には綱渡り状態のときもありますが、最終的には物件受注のゴールにたどりつきます。

ゴールした暁には社内評価だけの形になるだけでなく、無形ではありますが自分自身の実力が更に上がっていたことに結果として気がつかされます。

もちろん顧客からは多大な評価をいただきます。
終わった後、顧客から「また、あなたと一緒に仕事がしたい」といただく時が往々にしてあります。
最高のほめ言葉ですね。
会社だけではなく、個人に対する評価です。

宅建に話を戻します。

まずはこの3週間、自分自身の気持ちを高めてください。
あなたは何をされたらうれしいですか?
何をしているときが楽しいですか?
どんなときが幸せですか?

その姿を宅建ゴール後に結びつけて、イメージしながら最後の学習に取り組んでください。
宅建のゴールはすぐそこです。

決めましょう、宅建合格を!
宅建試験、恐れるに足らず!!
あなたなら、絶対にできます。

宅建合格!!!

これにて6ヶ月サポートは終了します。
長い間、読んでいただいたことに大変感謝いたします。

令和2年宅建士試験合格を目指して、1クリック応援お願いします。
↓   ↓
人気ブログランキングへ


ダブルで合格祈願、応援お願いします。
↓  ↓
にほんブログ村 資格ブログへ
にほんブログ村


このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ