宅建試験!初心者のための一発合格サイト

宅建士試験(宅地建物取引士資格試験)初受験やリベンジの方に、短期・中期・長期での宅建学習方法、独学学習・過去問学習のコツ、受験テクニック、学習サポートなど、宅建受験から合格後の宅建取引士証登録迄、幅広く総合的に紹介したブログです。 【Yahooカテゴリー登録サイト】

◎ブログニュース
1)最新ニュース
 ●宅建電子書籍新刊発売中
 『宅建取引士試験!合格を一発で決めよう!!:3ヶ月で合格を勝ち取るための王道学習戦略(2020年版)』
 ※購入はこちらから
   ↓    ↓
 https://www.amazon.co.jp/dp/B08C4S7FNG

2) トピックス
 ●noteで幅広いジャンルの記事を毎日アップ中。
  無料で読めます。
   ↓    ↓
 https://note.com/iccyan

3) 各種メルマガ紹介
 ●『一木秀樹の中高年支援マガジン☆未来を切り開く方法』
  まぐまぐより毎週金曜日発行
  購読費 550円/月
  詳細と申込はこちらから
   ↓    ↓
  https://www.mag2.com/m/0001688139.html

 ●『インスタグラマーへの道』(無料)
  インスタグラムでもっと楽しもう!
 ※詳細と登録はまぐまぐサイトにて。
    ↓    ↓
  https://www.mag2.com/m/0001688339.html

宅建の勉強

宅建無料メルマガを毎週金曜日に発行しています。

「宅建学び塾『ウイナー』」

このブログの読者の方の中には読まれている方も多いと思います。
毎週金曜日に配信しています。

前回5月に募集しましたが・・・
新規登録者はゼロ・・・
びっくりしましたね。
今まで、こんなことはなかったので・・・
そろそろこのブログも潮時かな?と思われるような状況でした。

しかし、まだ必要としてくれている方がいる限りは続けていきたい気持もあります。
ひょっとしたら令和2年の宅建士試験を最後にするかもしれません。
それまでは、全力投球でいきたいと思います。

さて先週は、6月12日配信・・・・

本日金曜日発行で、428号になります。
宅建試験前々日では、449号になる予定です。

2012年9月7日から宅建独自無料メルマガ配信をスタートしたことになりますので、すでに7年半以上経過しています。
このブログが14年目を迎え、今年の9月で15年目に突入することを考えればまだまだひよこのメルマガです。

・毎週金曜日17時頃の配信
・無料メルマガ
・宅建直前期には特別フォローメールも配信
・宅建試験前日/当日エールメールも配信

メルマガのいいところは、定番の日時に必ず届きますので、学習のペースメーカーに利用しやすいことです。

内容的には、
1)その時々に必要なこと。(今後は、週末の学習フォローがメインになります。)
2)令和2年宅建初受験に向けて、必要なことを書いています。(ブログ記事とは別物です)
3)令和2年宅建リベンジ受験への道を連載しています。(リベンジの方は、ブログと併行して読むことをお勧めします。)
4)宅建ブログの今後の記事予定について、いち早くアナウンスしています。
5)有益な情報、その他お知らせ
6)編集後記、結構これを楽しみにされている方もいます。私の近況の話題など。

参考までに第427号の一部を転載いたします。

・・・転載ここから・・・

さて、学習を如何に継続していくか?
そのために工夫は必要です。

自分なりにアレンジして、限られた時間を効率よく使いましょう。

それでは週末学習のスタートです。

◎令和2年週末学習サポート☆6月も残り9日間、7月への橋渡し
6月も本日を入れて、後19日間となりました。

あなたにとっての6月いかがだったでしょうか?

それぞれの宅建学習スタートをきられて、まだ学習半ばの人も多いかもしれません。
7月になれば宅建受験申込みと同時に、宅建学習をスタートさせる方がでてきます。
見えないライバルは日増しに増えていきます。

 「じゃあ、7月に気分一新再スタートする」

これはこれで気持ちの切り替えとしては間違いではありませんが、7月まで待たないことです。
これが大事です。
もちろん、答えはわかりますよね。
週末である今日から即再スタートをきる。
この先手先手の行動力があなたに勝利の美酒をグッと近づけます。

勝利の祝杯に向けて・・・
それでは、スタートです。

【金曜日の夜の学習】
再スタートをきるあなたには、金曜日の学習は土日の学習に橋渡しをすることです。
それだけを意識してください。
順調に学習をこなしてきた方は、本日が特別の日である必要はありません。
淡々と計画を消化していく。
これで十分です。

それぞれの思いをもって、土日に突入していく。
あなたの今日の学習メニューはどんなものでしょうか?
軽めのメニュー、趣向を凝らしたフルコース。
あなたなりの日をお過ごしください。
気持ちを新たに、本日の学習スタートです。

【土日の学習】
3ヶ月一区切りと言われますが、3月期の会社は6月末は第一四半期の終わりになります。

6ヶ月以上の学習を消化されてきた方にとって、今週の土日は、この3ヶ月(中には3ヶ月以上)のまとめをしてみるのもいいことです。

・テキストを横断的にチェックする。
・得意な分野、好きな分野を集中的に確認する。
・過去問を1問目から順番ではなく、後ろから解いてみる。
  又は、項目別にピックアップして解いてみる。

ある特定の分野に焦点を絞ってみる。

・民法を集中的に。
・宅建業法のインプットとアウトプットを交互に行う。
・法令上の制限の数値を自分なりに整理してみる。

 30分位かけて、自分の今までの学習状況を確認してみるのもいいですね。

・自分の得意、不得意な項目を書き出してみる。

          ↓

 ・残り約3ヶ月の大目標を決める
 ・1ヶ月単位の小目標を決める

目標を修正すれば、また新たなヤル気が生まれてきます。

目指すは宅建合格!

今の自分にまけないで、前へ進みましょう!!
____________________________________
◎3.令和2年宅建士試験に向けて
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
今回のテーマは、受験手続の早期メリットについてです。

いよいよ、令和元年の宅建試験申込開始真近になりましたね。
私にとっては毎年のことですが、毎年のことながら、本当に、本当に早かった、そんな気がします。
昨年令和元年の宅建試験が昨日のことのように、思い出されます。

ブログでも何度も書いていますが、申込はインターネット・郵送ともに早めにすませてくださいね。
インターネット申込を考えている方は、7月1日に早速サイトをみてみましょう。
郵送の場合は、お近くの配布先に取りに行ってください。
配布先が遠方の場合は、インターネットにした方がいいですね。

ついつい取りにいきそびれたら・・・しゃれになりませんから・・・

私が、完全にその口でしたからね・・・
だから申込みが最終日になってしまいました。

早めに済ますメリットは、
1.手続きをすませ、後は宅建学習に集中する。
2.申込の手続き間違いが合った場合、修正できる。
3.希望の受験会場で受けられる。

また、何度も何度もいいますが写真には絶対に注意してくださいね。
本当に、厳格ですから・・・
くれぐれも写り具合(顔の大きさなど)に注意してくださいね。

説明書をよく読んで、対応してくださいね。

とにかく、今年は早く申込をすませましょう。
____________________________________
◎4.令和2年宅建士試験リベンジへの道
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
リベンジの方は、ある意味、日々迷いとの戦いかもしれません。
迷いは、昨年の失敗からくることなのか?
それとも、みえない壁をこえられないいらだちなのからか・・・

そうです。

みえない壁を自ら作っている。
ここが、リベンジの方にとっての問題点になります。

何も好き好んで作る人はいませんので、現実としては自然にそうなっている。
見えない敵を作っておびえる・・・戦うよりも・・・
仮想の敵などつくらずに、自分の目標に向かってまい進することです。
そのためにも計画が大事であり、途中での見直しを必要です。

・・・・・転載ここまで・・・・・

そこで、宅建試験申込時期も始まりますので改めてメルマガ購読者を募集いたします。
よければ、お友達や友人、知り合いにお勧めくださいね。
不動産関係であれば会社内に回覧してもらっても結構です。

まだ購読されていない方。
今日が初めての方。
気にはなっていたけど、まだとられていない方。

是非、登録くださいね。
無料メールマガジンです。

登録は、『宅建独自メルマガ申込はこちらから』をクイックするとメールフォームが立ちあがりますので必要事項を入力の上、お申込みください。

・件名 → 「宅建メルマガ配信申込」と入力ください。
        
令和2年宅建士試験合格を目指して、1クリック応援お願いします。
↓   ↓
人気ブログランキングへ


ダブルで合格祈願、応援お願いします。
↓  ↓
にほんブログ村 資格ブログへ
にほんブログ村


このエントリーをはてなブックマークに追加

夏を征するものが宅建を征す!

宅建試験は秋での試験ですが、その前のシーズンである夏をいかに乗り切れるかで成否が大きく左右されます。

それだけ重要な夏のシーズンです。

夏はサラリーマンの方にとっては、まとまった休みがとれる時でもあり、最大の絶対学習時間確保のチャンスなのです。

それだけに、いかに重要かが言えます。

夏をうまく自分の味方につければ・・・
⇒大きな実力アップにつながります。

今実力があるのに夏に学習の手を抜けば・・
⇒後塵に道をゆずることになります。

夏の踏ん張りが、宅建試験当日の実力に反映していきます。
今は実力がなくても、今から右肩上がり急上昇のカーブを描く方がいます。

これこそ理想です。

まだ合格圏内に自分の感覚的にいない人でも、一気に実力を伸ばします。

だからこそ、今の自分の状況が駄目だ駄目だと思っている方でも、絶対諦めないでくださいね。

あなたにこそ、逆に大きく飛躍するチャンスが待っているのです。

夏の学習は本当に明暗を分けます。
リベンジの方、一番大事なときですよ。
絶対に先行逃げ切りですよ。

初受験の方、今からが本当の勝負です。
あなたには大きな伸びしろがあります。
絶対にそのチャンスを活かすのです。
そうすれば一発合格は十分可能ですよ。

今夏も暑さは厳しさが予想されます。
思ったように快適な学習環境を確保できないかもしれません。

でもそれは皆同じこと。
それぞれ地域地域での課題はあります。
でもそれを言い訳にしていれば、先には絶対に進みません。

今ある環境の中で創意工夫してこそ、あなたの真価が問われます。

『夏を征するものが宅建を征す!』

是非、あなたがその夏の覇者になってください。

応援していますよ。

令和2年宅建士試験合格を目指して、1クリック応援お願いします。
↓   ↓
人気ブログランキングへ


ダブルで合格祈願、応援お願いします。
↓  ↓
にほんブログ村 資格ブログへ
にほんブログ村


このエントリーをはてなブックマークに追加

学習を頑張るあなたへのエール』2回目です。

この宅建ブログは、いろんな地域の方が読まれています。
北は北海道から、南は沖縄まで・・・

過去のコメントやアンケート結果から推察すると、首都圏の方よりも首都圏外の方が多いような気がします。

首都圏だと予備校などにも通いやすい範囲内にあり、学習環境の選択肢が多いことが推察されます。

地域はそれぞれですが言えることは一つです。

みんな、宅建合格に向けて頑張って取り組んでいること。
頑張っていることです。

このブログでは、そんなつながりを心の友と考えていますが、みんなが一つの目標に向かってつながっている。

素晴らしいことですね。

それだけに学習に負けないでくださいね。
時には学習をしたくないときだってあります。

人間ですからね。

でもつながっているみんなの顔を想像してください。
そして10分でも20分でも学習に取り組んでください。

もし、頑張ろうとして・・・でもできなかった。
例えこんな日があっても自分自身を卑下しないことです。

誰でも同じ人間です。
弱い結果に終わることだってあります。

そんな日があっても別に不思議ではないです。
1日の結果が全てを語っているわけではありません。

私もそうですよ。

結果論をなげかず、そんな日が1日位あってもいいじゃないかと開き直りましょう。

あなたは、決して一人ではない。
独学されている方の思いでつながっています。
例え、姿・形は見えないけれど、心の友がいることを感じてください。
あなたには目に見えないけれど、同じ目標に向かっている心の友がいる。

もちろん、私もそのうちの一人です。

心の友として最後の最後まであなたを応援しています。

令和2年宅建士試験合格を目指して、1クリック応援お願いします。
↓   ↓
人気ブログランキングへ


ダブルで合格祈願、応援お願いします。
↓  ↓
にほんブログ村 資格ブログへ
にほんブログ村


このエントリーをはてなブックマークに追加

宅建に合格するために必要なことは、学習時間を確保することです。
学習をせずして合格はありえません。

時間の有り余っている方は、それほどいません。
大抵の方が仕事をしており、その中で学習時間を捻出しています。

私は忙しくてとても無理・・・
と言い訳を続けているようでしたら、いつまでたっても現状を打開できません。

自分の今の忙しい状況の中で、どこで学習時間を確保するのか?

学習する場所は、何も自宅にとらわれる必要はありません。
自宅でも机の上だけに執着する必要はありません。

主婦の方であれば、ダイニングテーブル、キッチンの中で立ったままでも学習はできません。
お子さんたちのようにちゃんとテーブルの上でやるのが、大人の学習ではありません。

人によっては、ベランダかもしれません。
マンションであれば、共用のエントランスかもしれません。

自宅の中でもトイレという方もいるでしょう。

学習は何も夜だけではありません。
朝学習もあります。

朝の学習の方が能率は格段にあがります。

自宅だけが学習場所ではありません。
外出先は学習場所の宝庫です。

今や定番となった電車の中。
乗り換えや電車を待つ間のホーム上。

一足早く出社しての学習。
会社近くのコーヒーショップでの学習。
帰宅時のちょっとコーヒーショップによっての学習。

コロナで厳しい環境にはなっていますが、それほど工夫されている方・・
結構、見かけますよ。

平日に如何に学習時間を捻出し、その上で土日にまとまった時間を確保する。

絶対的に必要時間の目安はありますが、それは個人の力量や環境によって変わってきます。

一つだけ言えることは、時間は限られていること。
であるなら、今の時期は遠回りをしている状況ではありません。

ゆっくりのんびりではなく、スピーディーに加速させていくプランを計画していく。
最初から飛ばすのではなく、途中から加速させていくのです。
加速のさせ方は、性格にもよりますので、段階を追っての方がいい方もいれば、
一気にある段階でギヤチェンジをして加速させていく方がいい人もいます。

そこは自分の性格も考慮して考えていくべきです。
一般的な方法がすんなりとあてはまる方もいれば、そうでない方もいます。
むしろ、個人個人によって違っていて当然です。
そのあたりは、直接話しをして決めていくのが一番ベストです。

令和2年宅建士試験合格を目指して、1クリック応援お願いします。
↓   ↓
人気ブログランキングへ


ダブルで合格祈願、応援お願いします。
↓  ↓
にほんブログ村 資格ブログへ
にほんブログ村


このエントリーをはてなブックマークに追加

宅建取引士試験!合格を一発で決めよう!!:3ヶ月で合格を勝ち取るための王道学習戦略

文字通り、今からの学習開始で合格を勝ち取るための戦略をまとめています。

このブログをご覧の方の中には、今から学習開始する方もいると思います。

そんな方のお役にたてるような内容となっています。

独学する上において、一番わからないのが学習の仕方であり、どういう基準でどんな方法で学習をするかです。

3ヶ月学習は宅建合格を一発で決める際の最低条件になると思います。
私自身も経験した3ヶ月学習です。

是非、参考にしてくださいね。

販売価格はわずか99円。

非常にお求めやすくなっています。

缶ジュースを自動販売機で購入する程度の気軽な価格です。

是非、活用下さいね。

 【目次】
第1章 7月からの王道学習
初受験の方の心構え
リベンジ受験の方の心構え     
宅建合格までのロードマップを描く         
イメージングの徹底活用       
    
第2章 3ヶ月学習戦略
7月からの学習ポイント
インプット学習でのポイント
アウトプット学習でのポイント
アウトプット学習一色期間中でのコツ
学習中にはやってはいけないこと
学習場所
テキスト・過去問集の選び方
3ヶ月学習モデルプランの紹介
アウトプット学習中にインプットのスパイスを入れる

第3章 理想の得点パターン
試験問題の配分について
公開模試の必勝活用法

ブログ応援ありがとう、1クリックお願いします。
↓   ↓
人気ブログランキングへ


ダブルで応援クリックお願いします。
↓  ↓
にほんブログ村 資格ブログへ
にほんブログ村


このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ