宅建試験!初心者のための一発合格サイト

宅建士試験(宅地建物取引士資格試験)初受験やリベンジの方に、短期・中期・長期での宅建学習方法、独学学習・過去問学習のコツ、受験テクニック、学習サポートなど、宅建受験から合格後の宅建取引士証登録迄、幅広く総合的に紹介したブログです。 【Yahooカテゴリー登録サイト】

◎ブログニュース
1)最新ニュース
 ◎確定申告間近・・・
  確定申告のソフトなら・・・弥生です。(今なら無料)
      ↓     ↓
  http://blog.takken-get.com/archives/52299669.html

2) トピックス
 ●不動産業界へ転職のためのエージェント紹介
  登録は無料、詳細はこちらの記事へどうぞ
   ↓  ↓
  http://blog.takken-get.com/archives/52298837.html

3) 各種メルマガ紹介
 ●『一木秀樹の中高年支援マガジン☆未来を切り開く方法』
  まぐまぐより毎週金曜日発行
  購読費 550円/月
  詳細と申込はこちらから
   ↓    ↓
  https://www.mag2.com/m/0001688139.html

 ●『インスタグラマーへの道』(無料)
  インスタグラムでもっと楽しもう!
 ※詳細と登録はまぐまぐサイトにて。
    ↓    ↓
  https://www.mag2.com/m/0001688339.html

宅建ブログ

今回は、宅建学習中にやってはいけないことについて考えます。

学習をしているといろんなことをついつい考えてしまう時があるはずです。

いろんな邪念が脳裏をよぎったりもします。
いろんな誘惑、惑わすことが入ってきます。
人のやっていることが気になったりもします。

そんな中で、宅建学習中にやってはいけないことをまとめてみました。
1.一度あなたが選んだテキスト・過去問集を安易に変えない。
2.人の学習法を、何でも不用意にとりいれない。
3.綺麗なノートづくりに執着しない。
4.無計画ですすめない。
5.初心を忘れない。

『一度あなたが選んだテキスト・過去問集を安易に変えない。』
・これが、結構ありがちなことになります。
 新しいテキストを買い足すと、何故か、知識が増えた気がしたり、学習ができた満足感が得られます。
 妙に安心できたりもします。
 いずれも幻想ですが、そんな気にさせてくれるのが、この行為です。

『人の学習法を、何でも不用意にとりいれない。』
・あちらでいいと聞けばやってみる。
 こちらでいいと聞かば、すぐ実践してみる。
 好奇心旺盛なのは結構ですが、かなり危険です。
 基本路線は明らかな間違いでない限り変えないことです。

『綺麗なノートづくりに執着しない。』
・ノート作りの本を書店でよく見かけます。
 ノートの活用を否定はしませんが、宅建学習においては、ノートへの執着は不要です。
 いいノートにまとめても成果に直接結びつくものではありません。
 ノートの出来栄えに自己満足することの方が一番危険です。

『無計画ですすめない。』
・だれでも、それなりに忙しい日々をおくっています。
 無計画は、学習を途中で放棄するいい口実になります。
 自分自身を甘えさせないためにも、モチベーションを維持させるためにも計画はたてましょう。

『初心を忘れない。』
 ・初志貫徹。
  初心を貫ける人の方が、合格には最短距離にいる気がします。
  また、高能率で、少ない時間で目標達成につなげられると思います。

5つの宅建学習中にやってはいけないこと。
絶対に忘れないでください。

これから、学習が進んでいけばいくほど、あなたの心が揺さぶられることが増えてきます。

その誘惑に負けないこと。

それが、初受験の方にとっては大変必要なことです。
宅建学習を難しくしすぎないことが合格への最大の近道です。

ブログ応援ありがとう、1クリックお願いします。
↓   ↓
人気ブログランキングへ


ダブルで応援クリックお願いします。
↓  ↓
にほんブログ村 資格ブログへ
にほんブログ村


このエントリーをはてなブックマークに追加

経験を経験だけの過去の遺物に終わらせない。
それを最大限活かすことがとても大事です。

中高年になれば、それなりの人生経験をしてきています。
それを宅建学習に活かすのです。

その活用方法について、電子書籍「宅建絶対合格!40代以上の必勝崖っぷち戦略』〜中高年の武器を120%発揮する17の手法〜より抜粋します。

・・・ここから・・・・

今回は経験を活かすです。

中高年のための最大の武器は、やはり経験です。

多かれ少なかれ、いろんな経験をされてきているといます。

学習のためだけに限定せず、一度、自分の経験の棚卸しをしてみてください。

自分では大したことないと感じる経験も、ある人からみるとよだれがでるような経験かもしれません。

おそらくは、最低でも1個、2個は、これだという経験があると思います。

私も何度か自分の経験をたな卸ししたことがあります。

それをノートに列記し、分類わけをしてみると、やはり面白いですね。

結構、いろんなことをしています。

このブログでは、その経験談をあまり書いていませんが、折角なのアメブロの方で少しづつ掲載しています。

あなたが棚卸しした中での経験。

その中から学習というフィルターにかけてみると、あなたなりのスタイルが浮かんでくるのではないでしょうか?

素晴らしい短期集中力を発揮した経験をお持ちかもしれません。

試験で満点をとった経験をお持ちかもしれません。

もう駄目だと思った中から逆転した経験をお持ちかもしれません。

一夜漬けの王者だった方もいるかもしれません。

ある科目については勉強しないでもできたという経験をお持ちかもしれません。

・・・ここまで・・・

是非、活用ください。

電子書籍購入はアマゾンサイトより
  ↓     ↓



ブログ応援ありがとう、1クリックお願いします。
↓   ↓
人気ブログランキングへ


ダブルで応援クリックお願いします。
↓  ↓
にほんブログ村 資格ブログへ
にほんブログ村


このエントリーをはてなブックマークに追加

入学式花盛り・・・のはずですが、今年は違いますね。
桜も心なしか寂しげです。
ただ、コロナに負けないぞの強い気持で、予防や自粛をしながら気をつけていきましょう。

さて、4月になりましたので、宅建無料メルマガについて新規購読者を募集します。
先日、直近号について紹介しました。

その具体的な概要について、今後を含めて紹介します。

宅建学び塾『ウイナー』
・毎週金曜日17時頃の配信
・無料メルマガ
・宅建直前期には特別フォローメールも配信
・宅建試験前日/当日エールメールも配信

メルマガのいいところは、定番の日時に必ず届きますので、学習のペースメーカーに利用しやすいことです。

内容的には、
1)その時々に必要なこと。
 (今後は、週末の学習フォローがメインになります。)
2)2020年宅建初受験に向けて、必要なことを書いています。
 (ブログ記事とは別物です)
3)2020年宅建リベンジ受験への道を連載しています。
 (リベンジの方は、ブログと併行して読むことをお勧めします。)
4)宅建ブログの今後の記事予定について、いち早くアナウンスしています。
5)有益な情報、その他お知らせ
6)編集後記、結構これを楽しみにされている方もいます。近況の話題など。

参考までに昨年令和1年の直前期のころのメルマガを転載します。

・・・転載ここから・・・

あなたの学習のラストランの調子はいかがですか?
今年はようやく秋らしくなってきたと思ったら、また少し暑くなったりと不安定です。
また、週末には台風が関東地方を直撃します。

ラグビーワールドカップ日本代表のスコットランド戦がとても心配ですが、まずあなたは最期の天王山である3連休で頑張ってくださいね。

まわりの環境がどうであろうとも受け入れて、柔軟に対処していくことが大事ですよ。

今は四の五の言っている時期ではありません。
今あなたがやるべきことをやるか、やらないかです。
やらなくて後悔するより、やってやってやりまくって、その上で合格を我が手中に手繰り寄せましょう。

運よく合格が転がり込むことを待つ。
これは、今の時期絶対にやってはいけない考え方です。

ネット上にあふれる魅惑的なタイトルものに手をださないでくださいね。
そんなのに手を出す暇があるのなら、あなたが選んだ選択したテキスト・過去問を信じて、最後まで使いたおすことです。

その上で、最低限の行うことがあります。

これについては、ブログでも書きますし、このメルマガでもそのブログの内容を更に掘り下げて補完します。

そういう意味では、このメルマガを読まれているだけでも他の受験生とは差別化されています。


さて、今日は大事なポイントだけをお話します。

それは、宅建試験当日の自分の戦い方のシュミレーションをしておくこと。
運動会でいえば予行演習です。

自分が宅建試験当日、どんな行動をとり、何時に会場にはいり、試験場ですること、そして試験本番での戦い方です。

一番先にやっておきたいことは、試験本番での戦い方なのです。

その戦い方を自分なりにルール化し、シュミレーションをしておくのです。
こういう展開になったら、こーする。
あういう展開になったら、あーする。

これを決めておくことによって、予想外の問題がでたとき、自分の苦手な問題がでたとき、個数問題が昨年のように連続したとき・・
うろたえずに、あせらずに対処できるのです。
あせったらそれだけで不利になります。
もし、あなたがルール化して試験に臨んでいたら、あなたはあわてずに自分の決めたルールにのっとって対処するだけでいいのです。

これだけでも、他の受験生に比べると格段に有利になりますよ。

確かに数年前には異様の出方もしました。
ただその翌年は同じのような変化でしたので、対応できました。
今年がどうなるか?
宅建士最初の試験として多少の仕掛けはあるかもしれません。
でもそれは当日にならないと誰にもわからないこと。
試験当日、試験問題を開くまではどんな問題がでるかはわかりません。

それだからこそ、自分の決めたルールにのっとってシュミレーションをしておくことが大事なのです。

シュミレーションといっても難しいことではありませんからね。

解く順番をどうするか?
マークシートの転記の順番は?
自分にとって難しい問題と直面した場合は?
個数問題が出た場合は?
組合せ問題がでた場合は?
まったく歯が立たない問題の場合は?

120分の内の自分のタイムスケジュールは?
一通り50問の問題と直面する目安時間、残り時間確認後の保留した問題に対処する時間、
マーク転記もれなどの確認時間。

こういうことを決めておけば試験時間内での対処の迷いが減ります。
自分が決めた通りにやっていくわけですから・・

試験時間は限られています。
限られている時間の中で、判断に迷う時間のような無駄な時間で浪費させてはいけません。

是非、あなたのルールを決めてのシュミレーション、やっておいてくださいね。

当日、あわてないためにも・・・

詳細は後ほど紹介している前日・当日編の宅建電子書籍を参考にしてください。
____________________________________
◎1.2019年宅建初受験に向けて
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
今回のテーマは、自分を最後の最後まで信じきることです。

この時期に来ると、特にメンタル面が大事になります。
実力があるのに、本番で失敗する。
模擬試験では素晴らしい成果なのに、本番で失敗する。
ここまで順調に来たのに、土壇場で失敗する。

毎年、こういう方をみています。

哀しいことに二つに大きく分かれます。
日頃から自分に自信がない方、そして、自信過剰な方です。

もしもあなたがそのどちらかに該当する場合は注意してくださいね。

自信過剰な方は、ついうっかり、ケアレスミスをやってしまうのです。
であれば、注意深くやればそれを防げます。

日頃から自分に自信がない方は、今まで学習を頑張ってきた自分をふりかえってみましょう。

結構学習時間を確保してきたはずです。
あなたは学習したわりには実力がともなっていないと感じているかもしれません。

でも、実は実力は備わっているのです。
であれば、なんで成果につながらないのか?
それは、あなたが実力を出そうとしていないから・・・

つまりは、自分の実力を発揮する水道の蛇口を開いていないのです。

それを開くにはどうするか?

それは、自分に自信をもつことです。
たったそれだけのことなのです。

学習の絶対量をこなしてきたあなたはすごいのです。
本当にすごいのですよ。

それだけで、十分自分をほめてくださいね。
頑張りを継続できるあなたは、いざとなっても生きていけるひとです。

たかが宅建じゃないですか?

今まで頑張ってきた自分を信じて、最後のもう一頑張りをしましょう。

不安を感じている暇なんてないですよ。

ラストファイト!
____________________________________
◎2.2019年宅建リベンジ受験への道
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
リベンジのあなた、10月も2周目になり、気持ちが高ぶってきていませんか?
武者震いも結構です。

意識の表れですから、不必要に緊張しすぎることはありません。

今まで自分が学習してきたことを信じて、自信をもって臨みましょう。
そして、大事なのは当日の戦略・戦術です。

これを決めて取り組まないと、試験当日、試験開始後に自分の対応がブレルことになります。
このブレが、後悔を生む要因になります。

是非、当日の戦略・戦術をしっかりと決めましょう。

・・・・・転載ここまで・・・・・

登録は、以下の『宅建独自メルマガ申込はこちらから』をクイックするとメールフォームが立ちあがりますので必要事項を入力の上、お申込みください。


・件名 → 「宅建メルマガ配信申込」と入力ください。
        

ブログ応援ありがとう、1クリックお願いします。
↓   ↓
人気ブログランキングへ


ダブルで応援クリックお願いします。
↓  ↓
にほんブログ村 資格ブログへ
にほんブログ村


このエントリーをはてなブックマークに追加

今日から、新年度・新学期ですね。
例年ならフレッシュマンの方をオフィス街でよくみかけるのですが、今年はコロナの問題でどうでしょうか?

さて、この宅建ブログでは、いろんな学習法を紹介しています。

王道的なものから、ユニークな発想のものまでエトセトラです。

◎カテゴリー『いろんな宅建学習法について紹介』

何度も書いていますが、宅建学習を最終的に構築していくのはあなた自身になります。
あなたの学習スタイルを考えるきっかけに、参考になってもらえればという考えで書かれています。

巷では、学習法の本が数多く販売されています。
ネット上でもいろんな教材が販売されています。

大手書店にいくと、目移りするほどいろんな学習法の本があります。

内容をさらっとみても、それほど、斬新な内容ではなく、基本は同じように感じます。

学習法の本は、一つ一つとれば、どれもこれも大切なポイントを押さえていますが、それを自分の学習に当てはめて全てからいいとこどりをする。
これはなかなか難しいことと思います。

また自分で沢山の学習法の本を読むと、逆に頭でっかちとなり、学習そのもののスピードが落ちるような気もします。

学習の基本は、シンプル・イズ・ザ・ベスト。

これにつきます。

難しくしては絶対に駄目です。

簡潔にすることです。

学習は、簡潔にして継続してこそ意味があります。
継続させるためには、シンプルにすることです。

凝りに凝った学習より、基本を主軸におくこと。
これにつきます。

基本重視の学習の方が、多くの方には効果がでやすいです。
ユニークな学習は、合う人、合わない人が必ずでます。

ある方にとっては素晴らしいやり方でも、別な方にとっては大変やりにくいやり方であったりします。

宅建学習のシンプル化。

是非、意識してみてください。

最後に中高年の方にとって、お勧めなのがこちらの電子書籍です。
中高年として武器を最大限利用する方法を紹介しています。

宅建絶対合格!40代以上の必勝崖っぷち戦略



わずか123円です。

ブログ応援ありがとう、1クリックお願いします。
↓   ↓
人気ブログランキングへ


ダブルで応援クリックお願いします。
↓  ↓
にほんブログ村 資格ブログへ
にほんブログ村


このエントリーをはてなブックマークに追加

相手は見えない敵です。
自分の心の中に湧き出てくる不安という敵になります。

あなたが不調になればなるほど力を増してきます。
不安は拡大すれば、防ぐことを難しくなります。

学習すれどすれど、がんじがらめになり、いつしか泥沼にはまってしまう。

リベンジの方にとては、
どうしても不合格だった経験があります。

そのため、不合格という不安がどうしても自分の後をおっかけて来る気になることもあるでしょう。

これは、初受験の方にはない感覚です。

以前にも書きましたが、リベンジ受験は、筋道をたてて昨年の結果を分析し、気持の整理をつけて、今年の計画をたてて実行していけば、合格できる試験です。

でも、現実には多年受験される方もいます。
何故でしょうか?

外的な要因もありますが、一番は内的な要因になります。

リベンジ合格は、諦めた時点で失敗が確定します。
最後まで諦めないで取り組んで人に合格の栄冠が授与されます。

当たり前のことなのですが、できない現実があります。

そのためエールやアドバイスを、独学の方や、通信講座、通学講座を受講されている方にもあわせて、ブログを書いています。

今は、動画や映像が第一なので、ブログという受動的な必要性は右肩下がりに需要になっていますが、それでもガラケーを使われるいる方もいますので、必要性は残されていると感じます。

通信講座でも通学講座でも一人でいる時は孤独です。
その心を補完するのがブログだと思います。

今や、私ですらインスタグラム・Twitterなど多用していますが、それでも私のベースはブログだと感じています。

さて、自分の心との戦い。是非、勝利しましょう。

不安を抑えるためには、立てた計画に対して順調に消化していくことが理想です。
でも、この時期に遅れがでることは往々にしてあります。
それを焦りに変えないで、早い段階でリカバリーすることが大事です。

見えない敵におびえる必要はありません。

また、通学講座を利用していると周りの方と比較しがちになります。
これもいいことではありません。

早いペースの方もいれば、そうでない方もいます。
何度もいうようですが、今の時期の実力は関係ありません。
10月20日にどうかです。

ここを間違えないでくださいね。

ただし、リベンジの方は逃げ切りが王道です。
初受験の方より遅れをとるのは、やはりプレッシャーになります。

C問題や奇問、難問の出来に耳を貸す必要はありませんが、自分のやるべきことは先行させてください。

AランクやBランクであり、一問一答を中心としたアウトプットをこなしくいくことです。

できれば、3馬身差をつけて突っ走りましょう。
繰り返しが記憶の定着と判断力・直感力をつけるだけでなく、実力向上につながります。

宅建試験本番でミス率をなくすことが合格を確実にします。
そのための学習です。

今わかっていることが10月18日にわからなければ意味がありません。
10月18日にわかるようにするためには、繰り返しが効果的です。

記憶のしくみと方法は・・・
機会があれば、大事なポイントを教えます。

知っているか、知っていないかで差がつきますよ。

ブログ応援ありがとう、1クリックお願いします。
↓   ↓
人気ブログランキングへ


ダブルで応援クリックお願いします。
↓  ↓
にほんブログ村 資格ブログへ
にほんブログ村


このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ