宅建試験!初心者のための一発合格サイト

宅建士試験(宅地建物取引士資格試験)初受験やリベンジの方に、短期・中期・長期での宅建学習方法、独学学習・過去問学習のコツ、受験テクニック、学習サポートなど、宅建受験から合格後の宅建取引士証登録迄、幅広く総合的に紹介したブログです。 【Yahooカテゴリー登録サイト】

◎ブログニュース
1)最新ニュース
 ◎確定申告間近・・・
  確定申告のソフトなら・・・弥生です。(今なら無料)
      ↓     ↓
  http://blog.takken-get.com/archives/52299669.html

2) トピックス
 ●不動産業界へ転職のためのエージェント紹介
  登録は無料、詳細はこちらの記事へどうぞ
   ↓  ↓
  http://blog.takken-get.com/archives/52298837.html

3) 各種メルマガ紹介
 ●『一木秀樹の中高年支援マガジン☆未来を切り開く方法』
  まぐまぐより毎週金曜日発行
  購読費 550円/月
  詳細と申込はこちらから
   ↓    ↓
  https://www.mag2.com/m/0001688139.html

 ●『インスタグラマーへの道』(無料)
  インスタグラムでもっと楽しもう!
 ※詳細と登録はまぐまぐサイトにて。
    ↓    ↓
  https://www.mag2.com/m/0001688339.html

宅建メルマガ

宅建独自メルマガ購読者募集中です!

今年に入りに新しくブログを読まれ始めている方もいると思いますので、宅建メルマガの案内をさせていただきます。

タイトルは、宅建学び塾『ウイナー』

文字通り、あなたに宅建試験での勝者になっていただきたい思いをこめています。

1/24の発行で407号になりました。
無料の宅建に関するメルマガです。

配信は、毎週金曜日17時頃になります。

この宅建学び塾『ウイナー』ですが、意外と多いのが宅建合格後も読まれていることです。
試験後に出会う方もいるので当然そのケースがあって不思議ではないのですが、合格後もずっと読んでいただいている方が多いのが特徴です。

発行者としては大変嬉しい限りです。

参考までに1/24発行分の一部を転載いたします。
ブログの掲載予定もついているので便利ですよ。

・・・・転載ここから・・・・

さて1月も残りわずかです。
2月もあっという間です。
そして3月は卒業シーズン。
すぐに4月はやってきます。

メール相談の方には、最初にやっていただいているのが過去の分析です。

ブログにも書いていますが、意外とこれをやっていない方が多いのです。
やっている方でもやはり主観的か漠然ととらえているケースが大半です。

客観的にみてあげることがどれだけ大切か?は、やってみてよくわかります。

また、分析をしないで今年の学習をスタートさせている方も多いですね。
自分のことは自分が一番わかっているから、当たり前じゃないの?

そういう声も聞こえてきそうですが、自分が何に不合格の原因や要因があるのかを自分の脳にしっかりと植え付ける必要があります。

というのは学習していくなかで、段々と自分の学習に対する意欲がぼやけていきます。

特に、漠然と学習をスタートした人はそうなりやすいのです。

目に見える形 ⇒ 数字 できちっと自分自身に示すこと。

何が駄目だったのかを・・・


私も長い間、営業の世界で生きてきましたので、数字の厳しさは人一倍理解しています。

もちろん仕事の過程も大事にしますが、結果も重視します。
達成できないのは達成できない理由があります。

それを市況や他責にしていたのでは、自分が思うように物事は進んでいきません。

一生受け身の人生を進んでいくのなら、それでもいいのですが人はやはり自分のやりたいことをしたい。

これが自分の幸福感につながっていきます。

自分は何のために生まれてきたのか?

その答えも堂々と言えるようになります。

このメルマガを読まれている方は、宅建というキーワードでつながってはいますが、当然日々、宅建だけをやっているわけではないですよね。

むしろ宅建はあなたにとってはほんの一部分です。

沢山やるべきことのほんの一部分です。

ほんの一部分だけに、最小限の時間で最大の効果を生む工夫が必要ですし、ほんの一部分だけど、今後のあなたがやるべきことに派生して可能性があります。

だからこそ、自分の足跡だけは整理してみてください。

このことは、ユーチューブでもアップしています。

是非、みてください。

◯イッチャンの平成25年宅建試験リベンジへの道(その1)
http://www.youtube.com/watch?v=hGb0F97Hq_g

◯イッチャンの平成25年宅建試験リベンジへの道(その2)
http://www.youtube.com/watch?v=oEDxIWAV6qg

◯イッチャンの平成25年宅建試験リベンジへの道(その3)
http://www.youtube.com/watch?v=t91TE9w__38

現在、カウンセリングについては空きがありますので、お気軽に相談くださいね。
メール相談は随時です。
多少お待ちいただく場面もありますが、随時返信していきます。

*連絡はこちらから。
 (件名にメール相談又はカウンセリングと書いて申込お願いします。)
    ↓   ↓
 http://ws.formzu.net/fgen/S99370438/
 (クリックするとメールフォームがたちあがります)
____________________________________
◎2.資格登録申請について
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
現在、資格登録申請についてブログで紹介しています。
まだの方は、ご覧になってから手続きを進めて下さいね。

『2020年宅地建物取引士資格登録申請☆準備・段取りをして手際よく進める』
   ↓      ↓
  http://blog.takken-get.com/archives/52299301.html
____________________________________
◎3.令和2年宅建士試験に向けて
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
できる・できないについてです。

あなたはできるを選択しようとする方ですか?
それとも、できないを選択しようとする方ですか?

難しいこと、新しいことにチャレンジする場合、どうしてもいろんな壁にぶつかります。
それは、自分にとって未知の分野であればあるほど、壁も大きく高く険しくなると思います。

その壁を乗り越えるためには、それなりの努力が必要ですし、考えても考えても、なかなか突破できない時もあります。

それでも、前向きなできるを前提に考える人であれば、その壁を乗り越えようと、いろんな角度から考え、行動し、乗り越えるべくチャレンジを怠りません。

一方、壁にぶつかると、すぐに諦める人もいます。

何度かチャレンジするものの、自分にはできないと諦める人もいます。

諦める人の多くは、できない理由を先にならべていきます。

できない理由は、ごもっともなことなのですが、残念ながらそれを盾にこばもうとすれば、その時点でその人には新しい道を切り開く力はなくなっています。

宅建学習に置き換えた場合、学習できない理由をあげようとすれば沢山でてくると思います。

・仕事が忙しい
・家では学習する場所がない
・電車学習なんか無理
・法律は苦手
・勉強が苦手・・・・

できない理由を先にあげる人は、私の回りにも沢山います。

できない理由が先には出るけれど、そこから、プラス思考に考えてそこからできる理由を考える人もいます。

長い目でみていると、あきらかに後者の方が大きく伸びますね。

また中には、最初から例え困難な未知なものでもできる理由から考え始める人もいます。

この人の場合は、最初から好スタートを切れますし、前向きに考える人には味方や支援してくれる人が集ってきます。

これは本当に不思議なことですが、人の良縁はプラスにひきつけられるように集ってくる気がします。

本当に不思議ですよ。

私自身は、以前は、できない理由を考える方でした。

できない理由を重ねていき、自分自身のできない理由を援護していく。

もちろん、新しい未知なるチャレンジはできるわけがありません。

しかし、今の私はできる理由を考えます。

人間の脳は不思議です。

できる理由を考えようとすると、糸口がみつかることがよくあります。

また、今までにない角度で物事を考えていきますので、それだけに新しい発見もあります。

あなたも是非、できない理由よりできる理由から考えるようにしてください。

そうすれば、新しいあなたと出会えるようになるはずです。

あなたはあなた一人であり、可能性は前向きに考えることをやめない限り無限にあります。
____________________________________
◎4.令和2年宅建士試験リベンジへの道
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
ブログではリベンジに関して、計画と準備段取りについて書いています。

分析をし、自分の状況がわかる。
その後は、今年の自分の学習環境を想定して計画を立案していくことになります。

今の時期でしたら長期・中期・短期の3つに分ける方がいいですね。
6ヵ月学習なら長期と短期でもいいです。

自分の学習できる時間は、概算で割り出せます。
土日休日は何時間、平日は何時間。

詰めすぎた窮屈な予定は禁物です。
予備日をもたせる柔軟さが大事です。

テキストや問題集はどうするか?
買い直すのか?
継続して去年のものを使うか?

以下のブログ記事を参考にしてください。

『令和2年宅建士試験リベンジ☆計画、準備段取り』
    ↓    ↓
 http://blog.takken-get.com/archives/52299300.html

・・・転載ここまで・・・

以下の募集内容をご確認の上でお申し込みください。

【宅建無料独自メルマガ募集内容】

申込は、「◎宅建独自メルマガ申込はこちらから」のリンクをクイックするとメールフォームが立ちあがりますので、以下の必要事項を入力の上お申込みください。

・氏名(ハンドルネームだけはご遠慮ください)
・メールアドレス
・都道府県 →お住まいの都道府県を選択してください。
・件名 → 「宅建独自メルマガ配信申込」
・メッセージ →リベンジの方は今年の受験結果、初受験の方は受験に対する思いなどお書きください。


ブログ応援ありがとう、1クリックお願いします。
↓   ↓
人気ブログランキングへ


ダブルで応援クリックお願いします。
↓  ↓
にほんブログ村 資格ブログへ
にほんブログ村


まぐまぐさん経由で発行している1誌目です。

独学者のための宅建試験一発合格サポートマガジン
毎週水曜日に発行しています。

宅建独自メルマガを購読している方は特に読む必要はありません。
宅建試験後に初めてこのブログとご縁があった方には、お勧めです。

メルマガの量も必要最低限の内容なので、文章を読むことが苦手な方にもスマホなどで手軽に読めます。

内容については、まぐまぐさんのサイトはご覧になって下さい。
サンプル誌も公開されています。

メールアドレスを登録すると、直近の水曜日より毎週まぐまぐより「独学者のための宅建試験一発合格サポートマガジン」が配信されます。



次に2誌目です。

インスタグラマーへの道
毎週水曜日配信になります。

文字通り、インスタグラムでのインフルエンサーになる道です。
インスタグラムの活用に特化して紹介しているため、インスタグラマーの表現をしています。

私自身、インスタグラムは2アカウント活用しています。
1つが宅建、もう1つが個人のものです。
個人のものは、フォロワーが15,000人以上いますのでライトインフルエンサーと言えます。

こちらも宅建ブログ同様に、試行錯誤してきました。
その経験を活かして紹介しています。

もちろん、タイトルはインスタグラマーへの道ですが、内容のハードルは初心者向にしています。
まずは、インスタグラムを楽しみながら活用すること・・・
それが一番大事ですね。

その上で、インスタグラマーへの道が開ければ・・・

インスタグラムを利用されている方は是非ご購読ください。
また、現在登録はしたけれどよく使い方がわからない方やこれからやりたい方も是非ご購読ください。


令和元年宅建合格を信じて、1クリックお願いします。
↓   ↓
人気ブログランキングへ


ダブルで宅建合格祈願、応援クリックお願いします。
↓  ↓
にほんブログ村 資格ブログへ
にほんブログ村


現在メルマガについては、5誌発行しています。
個人で発行しているものが2誌、まぐまぐさん経由で発行しているものが3誌になります。
まぐまぐさんで発行されているもののうち、1誌が有料メルマガです。
それ以外は無料になります。

まずは、個人で発行している2誌について紹介します。
1誌目は、宅建ブログを読まれている方におなじみなのは、宅建独自メルマガです。

●宅建学び塾『ウィナー』
宅建試験において勝者になってほしいとの願いをこめています。
毎週金曜日に配信しています。

参考までに、試験直前期に配信したもの転載いたします。

・・・転載ここから・・・

令和元年宅建試験前としては、公式としては最後の発行になります。

ただし、実際は3段構えの構成になっています。
本日のこのメルマガは、試験前のメルマガ3段シリーズの第一弾になります。

明日試験前日に第二弾のメールが飛びます。

そして、最終最後は試験当日の合格エールメールです。
このメルマガを読まれている方、全員に送ります。

配信は、午前8時頃を予定しています。

【今日のテーマ】
今日のテーマは、宅建試験当日です。

ここでは大事なポイントだけ書きます。

詳細は、
「宅建士試験土壇場対策☆前日・当日編(2019年版):宅建士合格を勝ち取れ!」
                       販売価格:159円
*アマゾンページはこちらから
    ↓   ↓                      
 https://www.amazon.co.jp/B9-ebook/dp/B07Y6HJ94N/


1)試験会場の最寄り駅から試験会場に行く間に、予備校の方からチェックシートをもらったら、それは試験場では利用しないでください。
 (元気運だけをありがたくもらって、鞄にしまっておきましょう)

2)試験会場で学習をする場合は、普段自分が利用した過去問、法令上の制限などの数値のチェック、統計など基本的な項目を確認する軽めのメニューしましょう。

3)緊張しやすい方は、試験会場内の教室の自分の席で学習するよりも違う場所を利用した方がベストです。
 回りの人が賢く見え、急に自信がなくなる方がいます。
 そんな時は、エールメールや7カ条の記事をチェックしましょう。

4)食事は軽めにしましょうね。
 13時はどうしても脳の回転が鈍くなります。
 集中力が一番発揮できる時間帯には限りがあります。
 宅建業法を先に解くことを勧めるのはそのためです。
 集中力のある時に、固い点数固めを行うのです。
 ケアレスミスは、集中力が段々とおちてくる時間帯におこりやすいのです。

 人間の集中力は20分とも30分とも言われています。
 適度な間隔で、一旦、手をとめ、深呼吸するなど。
 それも、集中力を継続させるためのコツです。

5)宅建業法から解き始める。
 または、先に統計の1問をかたづける。
 あわせて5点免除をかたづける。
 これは、自分の状況を勘案して決めて下さい。

6)どの順番で解いていくか?
 マークシートの転記のタイミング?
 前日に決めておきましょうね。 
 試験当日の流れにまかせるとブレます。
 ケアレスミスの誘発になるので、必ず決めておきましょう。

7)わかる問題からどんどん解いていく。
 わからない問題はいったん保留にしておきましょう。
 そのあたりのやり方はブログに書いていますので、読んでおきましょう。

一番大事なことは最後の最後まで、試合終了のホイッスルがなるまでは絶対にあきらめないことです。

わかる問題が解き終わったあと、あなたには、どれくらいの保留した問題がのこるでしょうか?

残り時間を確認して、ペース配分を決めましょう。

いずれにしても絶対することは、マークシートを全問埋めること。

そして不用意な解答の変更はしない。

なぜ、変更をしない方がいいかはブログを読めばわかることです。
最後は、自分が最初に決めた答えを信じる方が結果的には正解につながっていくのです。

変えないことの後悔より、変えたことによる後悔の方が大きいのですよ。

試験前日の明日と当日のブログ記事を必ず読まれることをお忘れなく。

きっと、あなたへの心からのエールになるはずですよ。

__c0__さんの絶対合格を信じて!!
____________________________________
◎1.2019年宅建初受験に向けて
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
今回のテーマは、6ヶ月学習、3ヶ月学習、1ヶ月学習と・・・
人により学習期間の違いはありますが、頑張られてきたことには変わりありません。

それもこれも明日の宅建試験本番で最高の成果を発揮するためにです。
そして、見事、目標である宅建合格を手にするためにです。

そんなあなたに、私から最後のエールをおおくりしたいと思います。

それでは、最後のエールをお贈りします。

《6ヶ月学習の方へのエール》
・あなたは、本当にコツコツと頑張られてきました。
 本当に頑張られましたね。

 たとえ、宅建試験本番中に、難しい問題に直面した時でも、頑張った自分を思いだし、なにくその気持ちで難局を突破してください。
 頑張って学習したあなたには、合格する権利があります。
 
 普段の実力を発揮さえすれば、あなたはきっと大丈夫です。
 合格切符は、あなたのためにあります。
 あなたの合格ステージは、あなたのためにすでに用意されています。
 後は自ら、合格ステージに立ちましょう。

《3ヶ月学習の方へのエール》
・私も同じ3ヶ月学習でした。
 見事一発合格です。
 もちろん、あなたにもできるはずです。

 最後まで、1点のあくなき追及をしてください。
 1点、1点、積み重ねていってください。
 そうすれば、栄光の扉は開きます。
 待っていては駄目です。
 自らの手でつかみとってください。
 
 泥臭くてもいい。

 はいつくばってもいい。

 合格を必ずや奪い取りましょう。

 あなたのために最高の舞台が整っています。

 あなたは合格できる人です。

 自信をもって全力でぶつかろう。

 そんなあなたに勝利の女神が、宅建の神様が微笑むことを祈ります。

《1ヶ月学習の方へのエール》

・勢いで頑張っているあなた。
 その勢いを最後迄忘れないで下さい。

 立ち止まっては駄目です。
 最後まで走りぬきましょう。

 勝利の女神は、時には無邪気です。
 そんな頑張るあなたに、奇跡の合格切符を与えてくれるかもしれません。
 それには、あなたが合格を諦めないことです。

 棚から牡丹餅もおおいに結構、

 何でもいいから、合格をこの手でもぎとりましょう。

 奇跡は、決して起こらないことではありません。
 起こるからこそ、奇跡なのです。
____________________________________
◎2.2019年宅建リベンジ受験への道
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
リベンジの方に対する思いは、今までお伝えしてきました。

運命で決定づけたくないですが、私はリベンジのあなたは今年合格できる運命の人だと思いたい。

リベンジは必ず一発で達成すること。
これは、ブログの当初で書いていること。

一度失敗すると、二度三度といきやすい。
だから、一発で決めましょう。

もちろん、今が複数回受験の方は、絶対に今回が最後です。

いいですか!

絶対に絶対にですよ。

今回がファイナル受験。

そして、宅建士試験としての最初の試験を華やかに飾ろうではないですか!

・・・転載ここまで・・・

以下の募集要項をご確認の上でお申し込みください。

【宅建独自メルマガ募集要項】
申込は、「◎宅建独自メルマガ申込はこちらから」のリンクをクイックするとメールフォームが立ちあがりますので、以下の必要事項を入力の上、お申込みください。

・氏名
・メールアドレス(ホットメール・ヤフーメールは届きにくいので、
         なるべく、他のメールアドレスでお願いします。
         Gメールは迷惑フォルダーに振り分けられる場合が
         ありますので、注意ください。
         携帯アドレスでもOKですが受信設定が必要です。)

・都道府県 →お住まいの都道府県を選択してください。

・件名 → 「宅建独自メルマガ配信申込」


令和元年宅建合格を信じて、1クリックお願いします。
↓   ↓
人気ブログランキングへ


ダブルで宅建合格祈願、応援クリックお願いします。
↓  ↓
にほんブログ村 資格ブログへ
にほんブログ村


毎週金曜日午後5時に配信しています「宅建学び塾『ウイナー』

おかげさまで沢山の方にお読みいただきありがとうございます。
このメルマガについては現在、週末学習サポートと初受験とリベンジそれぞれの
方に向けたことを書いています。

毎年好評の宅建当日のエールメール配信については、
現在は宅建独自メルマガ登録の方を対象に行います。
(直前での申込受付は行いません)

今年も2回配信を予定しています。

何故宅建当日のエールメールを始めたのか?

それはこのブログでは試験前の記事としては、
宅建試験当日朝7時頃を最終としていました。

しかし、以前試験会場に入られてからコメントされる方がいます。

試験場からの緊張感がひしひしと伝わってきました。

もちろんタイムリーに返事を返したいので、それもなかなか難しいことです。

そこで試験場に行かれた方へ、
または試験場に行く途上の方になにかできないかを考えました。

おかげさまで8年前は、わずか1日だけの募集でしたが、
50名の方が登録されました。

宅建当日のささやかながら申し込まれた受験生の元気につながったのでは
ないかと思います。

個々の内容ではなく一括メールでの配信になりますが、
最終最後の本当の最後のエールを読むことができます。

そのため登録されるアドレスは、
スマホやiPhone・スマホ・携帯のEメールアドレスでお願いいたします。

Gメールでもいいですが迷惑フォルダに振り分けされていないかの
確認もお願いします。
ヤフーメールは配信されないことも考えられますので、なるべく避けて下さい。

ドコモアドレスは、受信設定が必要です。

宅建独自メルマガについては、
先週末の時点で第385号まで発行しています。

次回第386号は、9/27の配信を予定しています。

無料メルマガになります。

早めの登録をお願いいたします。
申込み〆切りは、10/7(月)PM9時を予定しておりあす。

登録は、『宅建独自メルマガ申込はこちらから』をクイックすると
メールフォームが立ちあがりますので必要事項を入力の上、
お申込みください。

・件名 → 「宅建独自メルマガ配信申込」と入力ください。

メッセージ欄には、今年の宅建試験にかける抱負など良ければ入力ください。、
        

令和元年宅建合格を目指して、1クリックお願いします。
↓   ↓
人気ブログランキングへ


ダブルで宅建合格祈願、応援クリックお願いします。
↓  ↓
にほんブログ村 資格ブログへ
にほんブログ村


宅建無料メルマガを毎週末に発行しています。
あなたは購読されていますか?

学習のペースメーカーとしてブログ同様に購読されることをお勧めいたします。

「宅建学び塾『ウイナー』」
先週の金曜日発行で、第366号になりました。

・毎週金曜日17時頃の配信
・無料メルマガ
・宅建直前期には特別フォローメールも配信
・宅建試験前日/当日エールメールも配信

メルマガのいいところは、定番の日時に必ず届きますので、学習のペースメーカーに利用しやすいです。

内容的には、
1)その時々に必要なこと。(今後は、週末の学習フォローがメインになります。)
2)2019年宅建初受験に向けて、必要なことを書いています。(ブログ記事とは別物です)
3)2019宅建リベンジ受験への道を連載しています。(リベンジの方は、ブログと併行して読むことをお勧めします。)
4)宅建ブログの今後の記事予定について、いち早くアナウンスしています。
5)有益な情報、その他お知らせ
6)編集後記、結構これを楽しみにされている方もいます。近況の話題など。

参考までに第366号の一部を転載いたします。

・・・転載ここから・・・

宅建電子書籍の1ヶ月学習法については2019年版として新刊として
出す予定です。
また、3ヶ月学習法についても新刊としての発行を検討中です。
 今年のカレンダースケジュールにあわせて形になります。
ただ、このメルマガを読まれているあなたは、このスケジュール通りに
実践しないでくださいね。

1ヶ月学習>3ヶ月学習>6ヶ月学習

上記の比率で学習はハードになります。
かなりハードです。

但し、学習のやり方は参考になると思いますので、
そういう意味では読んでください。
 独学でのやり方がわかると思います。
 販売価格は、1コイン100円です。

 『宅建士試験に1ヶ月独学で合格する方法(2017年版):
              今年の合格を絶対に諦めないための逆転合格バイブル』


※アマゾンでの販売ページはこちらから
   ↓   ↓
 https://www.amazon.co.jp/dp/B072JDF2J3」

 『宅建取引士試験!合格を一発で決めよう!!: 
             3ヶ月で合格を勝ち取るための王道学習戦略』

※アマゾンでの販売ページはこちらから
   ↓   ↓
 http://goo.gl/FqcjKg

さて、あなたの学習状況はいかがですか?
ゴールデンウィークぼけしていませんか?
 大丈夫ですよね。

 仮にゴールデンウィーク明けが忙しくとも、
 限られた時間の中で継続していくことが大事です。

それでは週末学習サポートです。

◎令和元年年週末学習サポート☆学習の進捗が早い項目とそうでない項目

ある程度学習が進んでくると、
 学習の進捗が早い項目とそうでない項目がでてきます。

 学習の進捗が早い項目は、自分にとってなじみやすい分野だったり、
 内容的にわかりやすい分野だったりします。

そうでない項目は、日頃あまり縁のない、
 聞きなれない用語などがでてくる分野だったりします。

 前者の代表格が宅建業法であり、
 後者の代表格が民法であることが一般的です。
 (もちろん、人によって違う場合もあります。)

 最近では法令上の制限もそうだといえます。

 今週末は、そういう点に着目して考えて見ます。

それでは、スタートです。

 【金曜日の夜の学習】
 宅建の場合、大きく項目をわけると以下になります。
 1.民法を中心とする権利関係
 2.宅建業法
 3.法令上の制限、税、その他

 一般的に、
 1回転目の学習を考えた場合、学習の進捗が早いのが宅建業法であり、
 学習の進捗が遅いのが権利関係になります。

 金曜日の何度もいうようですが、土日につなげる意味づけがあります。

そのためにも学習の進捗が遅いものよりも、
 早いものをあてがったほうがつなぎやすいと思います。

もちろん計画的に学習している方にとっては、それほど意識する必要はありません。

 計画を立てて進めているものの、
なかなな計画どおりに進んでいない方に意識してほしいことです。

 週末での学習のリズムをつくるためにも、金曜日は宅建業法に主眼を置く。

 宅建業法であれば、例え短時間でもそれなりのボリュームはこなせます。

ボリュームをこなした方が学習をした達成感は高くなります。

 達成感は、土日につなぐためにも一番大事なことかもしれません。


 【土日の学習】
 土日については、学習の進捗スピードを気にせず、
じっくりと学習の進捗スピードが遅いもの
=苦手意識が強いものに重点を置くのも一つの方法です。

インプットの段階であれば、普段よりも噛み砕いてゆっくりと読むのもいいです。

また逆に意識的に早く読む。頭にはいりにくい分野は、何度も繰り返し読む。

 今週紹介したように、黙読だけでなく、口・耳・手と総動員させるのも効果的です。

ただし、長時間、総動員作戦で望むのはそれなりに疲れますので、
ある分野だけに絞る、例えば、苦手な抵当権だけにするとか・・・

 それ以外のものは、黙読だけで進めるなど・・・

自分の今の力量にあわせて工夫してみてください。

 今のあなたにとって大事なことは、
 立てた計画を実行していくために、学習の時間を確保すること、
そして学習を継続させることです。

そのための今回の工夫の紹介です。

 特に飽きっぽい方は学習に遊び心を取入れるなど、
 継続させる工夫をしてください。

 単調に理詰めで進めるだけでは、長続きしない方もいます。

 自分なりに・・・ですよ。

それでは週末学習、ファイト!
____________________________________
◎1.令和元年宅建初受験に向けて
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
今回のテーマは、夏を制するものは宅建を征すについて考えます。

 「夏を制するものは宅建を征す」

この夏場の時期、必ず書く文章です。

 今回のテーマはリベンジされる方には、耳が痛い言葉かもしれません。

 夏場の学習がだめで、敗北につながった。
そんな経験をお持ちの方もいるかもしれません。

 私自身は、3ヶ月学習でしたので、それこそ夏場は徹底的に学習をしました。
 8月には運悪く、北海道への1週間ちょっとの出張が重なりました。

 飛行機で行くのならいざしらず、車と一緒でのフェリー移動の必要があったのです。

フェリーでの学習には、本当に苦労しました。

 夏場の北海道行きフェリー・・・
想像できる人には想像できることと思います。

 部屋は個室ではなく、ザコ寝の一ランク上の2段の狭い固いベッドです。

 狭いベッドでの学習はそれなりに苦痛ですし、ツーリングのグループの方が多く、
 学習に集中しにくいざわめく環境でした。

じゃあ、他のところで学習しようと思って、ロビーとか行くと、そこは当然夏休み。
 家族連れが多く子供達の元気な声と、走り回っている状況はとてもとても・・・
苦労しました。

それでも、そんな環境下でも学習したことは、精神力をタフにしましたし、
 外出先でのいろんな環境下での学習に違和感がなくなりました。
 (むしろ、電車の中の方が静かでやりやすい・・・)

 自宅の自室の机の上でしか学習できないと言うあなた。

それは恵まれています。

 小さい子供がいれば、そういうわけにはいきません。

 夏場は、子供達も夏休み。
 当然のごとく、休日は相手を強いられます。
 平日でも、下手な時間に帰宅すれば、待ち構えていたかのようにつかまります。

また、子供がいなくても、たとえ独身で奥さんや旦那さんがいなくても、
 夏は、遊びの誘惑が沢山あります。

 暑いので、下手な場所での学習もしにくいです。

そんなときだからこそ、頑張った人には頑張ったなりの成果がでるのです。

これは、本当に不思議ですよ。

 効果覿面(こうかてきめん)です。

その成果は、9月以降、あなたの実力となって間違いなく現れます。

 夏場をそれなりに過ごした方との実力差は、歴然となって現れます。

 実力がアップする人は、間違いなくこの夏場を制しています。

 「夏を制するものは宅建を征す」

この夏を征して、9月の残暑の中で更に加速させ、
 10月のラストスパート、そして見事な宅建合格のフィナーレを飾りましょう。
____________________________________
◎令和元年宅建リベンジ受験への道
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
リベンジ学習中の方、学習の状況はいかがですか?

 計画どおり順調の方は余計なことは、考えないで邁進してください。
 順調でない方は、週単位もしくは2週間単位、
 状況によっては月単位で軌道修正してください。

 学習途上での自分の実力はそれほど意識する必要はありません。
 自分が立てた計画に対して、どう進捗しているか?
ここにポイントをおいてください。

 学習したことを忘れるのは、誰にでもあることです。
 忘れることを恐れたり、気にする必要はありませんよ。

 自分が計画したことを実行していくことで自信が深まります。
そこが大事です。

 不安は誰しもあります。
しかし、不安は考えれば考えるほど増長していきますので、
 目の前のやるべきことをこなしていくことで、
 不安とうまくつきあっていくことです。

 決して敵対心をもったり、無理に排除しようとしないことです。

 私にも沢山の不安があります。
 不安の常に身にまとっています。

それでもポジティブに強く生きていける。

 自信をもってくださいね。

・・・・・転載ここまで・・・・・

登録は、『宅建独自メルマガ申込はこちらから』をクイックすると
メールフォームが立ちあがりますので必要事項を入力の上、
お申込みください。

・件名 → 「宅建メルマガ配信申込」と入力ください。
        

令和元年宅建合格を目指して、1クリックお願いします。
↓   ↓
人気ブログランキングへ


ダブルで宅建合格祈願、応援クリックお願いします。
↓  ↓
にほんブログ村 資格ブログへ
にほんブログ村


↑このページのトップヘ