宅建試験!初心者のための一発合格サイト

宅建士試験(宅地建物取引士資格試験)初受験やリベンジの方に、短期・中期・長期での宅建学習方法、独学学習・過去問学習のコツ、受験テクニック、学習サポートなど、宅建受験から合格後の宅建取引士証登録迄、幅広く総合的に紹介したブログです。 【Yahooカテゴリー登録サイト】

◎ブログ最新ニュース
1)令和2年宅建受験される方へのアンケートです。
  読者把握のためにご協力お願いします。
   ↓     ↓
  http://blog.takken-get.com/archives/52297909.html

2) 合格体験記募集集中です。
  あなたの合格体験が未来の受験生への希望です。
  詳細と申込はこちらから
   ↓    ↓
  http://blog.takken-get.com/archives/52297626.html

2) 各種メルマガ紹介
 ●『一木秀樹の中高年支援マガジン☆未来を切り開く方法』
  まぐまぐより毎週金曜日発行
  購読費 550円/月
  詳細と申込はこちらから
   ↓    ↓
  https://www.mag2.com/m/0001688139.html

 ●『インスタグラマーへの道』(無料)
  インスタグラムでもっと楽しもう!
 ※詳細と登録はまぐまぐサイトにて。
    ↓    ↓
  https://www.mag2.com/m/0001688339.html

 ●ネクストチャレンジ『ワンツリーサークル』(無料)
  いろんなチャレンジを応援します。
 ※詳細と申込はこちらから
    ↓    ↓
  http://blog.takken-get.com/archives/52296419.html

 ●宅建学び塾『ウィナー』(無料)
  宅建受験生必須のメルマガです。ブログと合わせて購読で効果発揮!
 ※詳細と申込はこちらから
    ↓    ↓
  http://blog.takken-get.com/archives/52296418.html

宅建合格

令和元年宅建士試験合格発表が終わって3日目になりました。

改めて合格された方おめでとうございました。
(おめでとうは、何度言っても気持ちがいいですね)

コメント頂いた方、ありがとうございました。
でも本当に年々、数が少なくなりました。
これも時代の流れですね。
(-_-;)

その分、メールで頂く件数が増えています。
一通、一通お読みするとそれぞれの人間模様がありますね。

メール頂いた方には、「是非、合格体験記を!」と勧めていますのでご協力よろしくお願いしますね。

ブログの方でも継続募集していますので、我こそはと力まないで結構ですので、気楽な気持ちであなたの言葉で書いて頂ければ幸いです。

文章は上手に書こうとしないでいいです。
自分らしい文章の方が絶対に相手のハートに届きます。

アナウンサーのように上手い喋りではなく、喋りは下手だけど、心をこめたもので結構です。

その方が読まれる方へ訴えかけるものがあります。

なるべく私の方では文章を加工しないようにします。
それは元の文章を大切にしたいからです。

あなたらしさが・・・
あなたらしい経験が・・・
私の経験なんてと思う経験が・・・
実は読者のお役にたつのです。

かっこいい経験もいいですが、逆に苦労した経験は読まれる方が同じ境遇になった時の救いの手になります。
万人受けするよりも、オンリーワンです。

誰か一人でも、あなたの経験を必要な人に声が届けば・・・
ご応募お待ちしています。



最後に今後、みなさんの進むべき道は分かれていくわけですが、残された今年24日間じっくりと考えて決めていいと思います。

決して、あわてる必要はありません。

私も今年やり残したことがまだまだありますが、最後に最低限やることのみリストアップしてラストスパートを切っています。
来年に向けて考えを整理するとともに、絶対に今年中に終わらせるべきことは終わらせる。
先送りするものは先送りするというように取捨選択して、1年を終えたいと思います。

あなたの今後の未来が、あなたにとって、そしてあなたの周りの方にとって明るい幸せなものでありますように。

あなたの次のステップに向けて乾杯!

ブログ応援ありがとう、1クリックお願いします。
↓   ↓
人気ブログランキングへ


ダブルで応援クリックお願いします。
↓  ↓
にほんブログ村 資格ブログへ
にほんブログ村


令和元年宅建士試験合格発表から2日経ちました。

合格された方は、流石にもう落ち着かれたのではないでしょうか?

宅建受験を内緒にしていたけど合格を機に公表された方・・
友人や知人から祝福を受けた方・・
会社関係の同僚・上司・先輩・後輩から祝福を受けた方・・
受験した仲間と祝杯をあげた方・・
家族で合格を祝った方・・・

人それぞれの12月4日・・・12月5日の夜だったのではないでしょうか?

さて宅建合格を一区切りとして、今後のことを考えていくことになります。

宅建合格後の一番の王道は、実務経験がない方は実務講習に進むことになります。

登録実務講習 → 登録申請 → 宅建士証交付申請

宅建士証は、平成27年4月1日から交付され始めたものになります。
そのまえは宅建主任者証でした。

現在、実務につかれている方は、登録申請⇒宅建士証交付申請、そして交付を受けたのち念願の重説を始められることと思います。

このブログはヤフーでのカテゴリーに無料で登録認可されていますが、宅建学習〜試験〜合格発表だけでなく、この実務講習〜士証交付(旧宅建主任者証)申請までの内容が評価されています。

なかには実務講習・登録申請されない方もいると思います。
その方は宅建とは一区切りになります。

すでに次なる資格に向けて走りだされている方もいます。
今年はゆっくりとして、来年自分自身の決意とともにスタートされる方もいると思います。

資格をとることだけが次なる道ではないので、自分の3年先、5年先、10年先を見据えてじっくりと考えてみてください。

そんな時に参考してほしいのがこの電子書籍です。
宅建受験生必読!資格合格から未来像を描く成功鉄則20
とても参考になる内容ですので、是非読んでください。



また、中高年の方にとっては以下のメルマガもこれからの生き方の参考になります。
是非、読んで見て下さいね。
初月は無料です。
(12月登録すると、12月は無料になります)

中高年のための支援マガジンはこちらから

いずれにしても、これからの道は人それぞれです。

これだと感じたものが見つかった時が、あなたの次なる目標に向かってのスタートになります。

自分の幸せな未来に向けて、進んでいってください。

ここで得た心の友としての暖かい気持ちは、一生あなたの心の中で優しい気持ちをはぐくむはずです。

たとえ今後、どんな困難がおきようとも乗り越えていかれることを心から期待しています。

心の友としての広がりの輪・・・このご縁大切にしたいですね。

ブログ応援ありがとう、1クリックお願いします。
↓   ↓
人気ブログランキングへ


ダブルで応援クリックお願いします。
↓  ↓
にほんブログ村 資格ブログへ
にほんブログ村


合格発表日の翌日を迎えました。

残念だった方はまだ気持ちの整理がつかない方も、中にはいることでしょう。
ただ、昨年に比べればそう思う方は少ないかもしれません。
34点の以下の方は、なるべく早い時期に気持ちを切り替えるようにしていきましょうね。

カウンセリングが必要だったらお声をかけてください。
遠方の方は、スカイプでもできるだけ対応したいと考えています。

決してあわてる必要はないですよ。
気持の整理がつかないままに走りだすのは危険です。
そのためには、第三者に聞いてもらうことも大事なことですよ。

前日のブログにも書きましたが、泣きたいときは思い切って泣こうよ。
今後のことはそれからです。

リベンジされる方には、全力で応援していきます。
詳しくは後日の記事にて案内していきます。

折角できたご縁・・・できたら、この先の宅地建物取引士試験でもご縁が続ければ幸いです。


さて見事合格を勝ち取った方、あらためて令和元年宅建士試験合格おめでとうございました。

既に合格証書を手にされ、二重の合格の喜びをかみしめた方もいることでしょう。

本当に良かったですね。

合格発表での喜びと実際に合格証書を手にした瞬間の喜びは、また違った意味でうれしいものです。

昨日合格証書が届かなかった方は、それを楽しみに本日お待ちください。

今日届くところもありますし、明日以降になるところもあります。
届かないことは考えにくいので、気持ちを楽にお待ちください。

きっと届きます。

過去なかなか届かずに、随分心配された方もいました。

後でポストの中に、不在通知が入ってないかも見てくださいね。
書留郵便で届きますので、配達時に自宅にいないのと不在通知が入ります。

新聞やチラシ・他の郵便物にまぎれていないか、ちゃんと確認をしてくださいね。

そんな方も過去いましたから・・・

不在通知が入っていれば、管轄の郵便局にとりに行くのは週末でも大丈夫ですので安心してください。

リベンジで苦労されて合格された方は、我が事のようにうれしいですね。

特に、学習期間中から読んでいただいた方の合格には、ブログ記事アップしてきた苦労が報われる思いです。
頑張って記事を書いて良かったなとしみじみと思いました。
本当に毎日読んでくれてありがとう。

それでは、最後にもう一度、
合格された方、本当におめでとうございました!!

●令和元年宅建士試験の合否投票はこちらから
  ↓     ↓



ブログ応援ありがとう、1クリックお願いします。
↓   ↓
人気ブログランキングへ


ダブルで応援クリックお願いします。
↓  ↓
にほんブログ村 資格ブログへ
にほんブログ村


令和元年宅建士試験合格発表まで後1日、発表前日となりました。

今の心境はいかがでしょうか?

緊張感が最高潮に来ている方・・
後は運まかせの方・・
逆に心落ち着いている方もいると思います。

人それぞれの今年のドラマがあって、今この時を迎えています。
泣いても笑っても、本当に明日になりましたね。

平成18年は合格発表前日に予想もしない出来事があり、夕方頃に某県県報号外から合格基準点が34点と判明し、大揺れの発表前日となりました。
そして翌日の合格発表で、問49の正解肢が2肢になったのもこの年でした。

平成19年には試験後直後は、前年より難易度が低く、合格基準点が37点以上になるのでは?の一部の声が聞こえましたが、本命の35点で着地しました。

平成20年(前年)は、前年より難易度があがり、33点 → 32点になる期待感が高まりましたが、最終的には33点の本命になりました。

平成21年は合格率が上がり、大方の予想がいい意味ではずれ、見事33点のうれしい結果になりました。

平成22年は残念ながら、平成2度目の36点となり、合格率も下がり、厳しい結果となりました。

平成23年は、疑義問題が発生し機構側が異例の発表があり明暗を分けた結果がでました。
合格基準点は、2年連続の36点。

平成24年は、宅建業法の難易度があがり、疑義問題で揺れ最終的には平成18年に次ぐ複数正解になる年となりました。
合格基準点は、前年と同じ33点。

平成25年は疑義問題もありましたが、結果的には前年と同じ33点でした。

平成26年宅建主任者としての最後の試験、合格基準点は前年より1点下がる32点となりました。

平成27年は宅建士として最初の試験でしたが、難易度があがり前年より更に1点下がる31点に合格基準点がなりました。

平成28年は宅建士として2年目の試験でした。
難易度は最初の年と違い、下がりました。
宅建主任者試験同様に難易度が変わることが確認できました。

平成29年は宅建士として3年目の試験でした。
合格基準点が34点になることを期待していましたが、結果は2年連続の35点でした。

そして昨年平成30年は、平成最後の宅建試験でした。
難易度は一気にさがり、受験生の得点状況もよく37点はおろか38点になる可能性も高い情報が流れていました。
結果は、初の37点・・ついに36点の壁を越えた年になりました。

今年は果たしてどうなるのでしょうか?

長かった待機期間も明日でフィナーレを迎えます。

何度も同じことを書きますが、12月4日の発表において1点でも下での合格基準点が発表されることを祈るのみです。

本当に本当に・・・
なんでもいいから・・・
とにかく1点でも下の結果を期待いたします。

さてここで、合格発表を見る時のアドバイスです。

パソコンで見るにしろ・・・
スマホで見るにしろ・・・
新聞で見るにしろ・・・
サイトで見るにしろ・・・
合否を見る前に、まずは深呼吸して心を落ちつけてから臨んでくださいね。

合格していることを、頭の中にイメージしてから臨んでください。

スマホで見られる方は、見る場所を選びません。

一人トイレの中で見るもよし、廊下の片隅でひっそりとみるもよしです。

事務所の中でじっくりと見るのもいいでしょう。

公園でお弁当を食べながら、さりげなく片手で見るもよし。

皆と一緒にわいわいガヤガヤの中で見るもよしです。

自分の気持ちのおもむくままに、ご覧になってください。
もちろん、自分自身の合格を信じて・・・

また合格発表後には、合格していれば合格証書が配達されてきます。
地域によっては当日ではなく、翌日・翌々日以降になるところもあります。
(毎年、届かないとコメントされる方がいますので、当日届いていないといって心配しないでください。)

合格証書を手にすると、更に合格を実感されることと思います。

私の場合は、発表を見ずに合格証書が届いてから合否を知ったので、それはそれは大感激でした。

ここで、あなたにお願いです。

アンケート形式で合格結果の投票にご協力をお願いいたします。

そして、今インスタで合格証書を投稿する人が増えています。
よければ、インスタのコメントに以下の#(ハッシュタグ)を入れて投稿してください。
みんな共有できるのは楽しいです。
昨年も多くの方が投稿されていました。

#宅建 #宅建ブログ #宅建合格

また、合格体験記も募集中です。
こちらもご協力をお願いいたします。


今晩はとにかく、合格している瞬間をイメージしながら、眠りについてみてください。

合格の瞬間の夢を見るかもしれません。
是非、正夢になることを祈ります。

どうしても一刻も早く知りたい方のために、
速報がでるのかでないか私の方でも確認します。

あなたの合格を信じて・・・・・・・・

令和元年宅建合格を信じて、1クリックお願いします。
↓   ↓
人気ブログランキングへ


ダブルで宅建合格祈願、応援クリックお願いします。
↓  ↓
にほんブログ村 資格ブログへ
にほんブログ村


令和元年宅建士試験が終了して6週間がたちました。
そして、いよいよ今週水曜日が合格発表日になります。

本当に長らくの間、我慢して待ちましたね。
それもこれもすぐそこです。

さあこれで後は、宅建合格発表日当日を迎えるだけです。

よもやのフライングは平成18年以降は一度もありません。
後は日付が変わった瞬間に速報が流れるかどうかですが、昨年住宅新報社からは流れませんでした。
(平成29年は流れたのですが・・・)
どこからかクレームが入ったのですかね。

速報が流れたガ、不動産適正取引推進機構から発表されるわずか10分前ですから・・・
たまたま、ネットをみていたので気づきましたが、普通では見落としています。

今年も同様のレベルかほとんど機構さんと同時かもしれませんね。
但し、合格率については昨年は広島県の方からわかりました。
(フライング???)

去年の話なので、参考まで写真を添付します。

IMG_3902


見てのとおり、合格率はわかりますよね。
これにより、事実上は合格基準点がわかってしまったに等しい結果でした。
事実上、合格基準点37点が判明したようなものでした。
36点で・・・宅建試験に落ちてしまう・・・厳しい現実でした。
昨年36点でリベンジ受験された方は、相当に今年の受験で頑張ったと思います。
悔しさがハンパないですからね。

それを考えると、ここまで頑張られた皆さんは素晴らしい!

深夜に事実上の合格基準点が想定できた後に・・・
本当に忘れた頃に住宅新報社から速報でしたから・・・
びっくりしました。

こちらも昨年なので、写真を公開します。

IMG_3905


どうですか?
あまり意味のない速報でした。
どうせ速報を出すのなら、もう少し時間帯を考えてほしいものです。
今年はどういう体制になっているのか?わかりませんが、住宅新報社さんしっかりして下さいね。

このブログでも何かしらの情報が確認されれば、情報をアップします。
ブログを読んでいただければすぐに結果はわかるようにしておきます。
(もし速報が流れない場合は、その旨も書きたいと思います。フェイクニュースには十分注意くださいね。)

いずれにしても最後は、9:30以降の不動産適正取引推進機構の発表を待つことになります。
無理に深夜まで起きていてやきもきする必要はありません。

不動産適正取引推進機構のホームページで、自分の受験番号が令和元年度宅地建物取引主任者資格試験合格者の
中から確認ができれば、合格です。

早ければ、当日に合格証書が入った書留が届きます。

いずれにしても、後2日です。

一人でも多くの方に合格の栄冠を!
あなたに合格の幸あれ!!
祈ります!!!

令和元年宅建合格を信じて、1クリックお願いします。
↓   ↓
人気ブログランキングへ


ダブルで宅建合格祈願、応援クリックお願いします。
↓  ↓
にほんブログ村 資格ブログへ
にほんブログ村


↑このページのトップヘ