宅建試験!初心者のための一発合格サイト

宅建士試験(宅地建物取引士資格試験)初受験やリベンジの方に、短期・中期・長期での宅建学習方法、独学学習・過去問学習のコツ、受験テクニック、学習サポートなど、宅建受験から合格後の宅建取引士証登録迄、幅広く総合的に紹介したブログです。 【Yahooカテゴリー登録サイト】

◎ブログ最新ニュース
●3ヶ月学習に役立つ電子書籍です
『宅建取引士試験!合格を一発で決めよう!!: 3ヶ月で合格を勝ち取るための王道学習戦略』
   ↓     ↓
 http://blog.takken-get.com/archives/52279384.html

●中高年独学の方に参考になる電子書籍紹介
『宅建絶対合格!40代以上の必勝崖っぷち戦略』
   ↓     ↓
 http://goo.gl/mzuA1Z

●1ヶ月学習をアレンジしての活用も有効的です
『宅建士試験に1ヶ月独学で合格する方法(2017年版)』
   ↓     ↓
 https://www.amazon.co.jp/dp/B072JDF2J3

●メンタルも重要です。
 合格者から元気をもらおう!
『宅建合格!全受験生に贈る心からの応援歌〜不安・心配に打ち勝とう』
   ↓     ↓
   http://p.tl/p69w

●宅建無料メルマガ新規購読者募集中!
詳細と申込はこちらから
  ↓   ↓
 http://blog.takken-get.com/archives/52272722.html

宅建合格

9月になると誰でも宅建受験を意識する直前期に突入します。

このブログは、いろんな立場の方が見ています。
学習が順調に推移してきた方もいれば、
紆余曲折しながらも頑張ってこられたかたもいます。

7月の受験申込み時期にあわせて学習を開始した方もいるでしょう。
その方達の中でも、学習状況は分かれます。

そこで、今時点で学習が順調でない方や、
これから学習を本格的に頑張る方に向けて紹介する電子書籍があります。

宅建士試験に1ヶ月独学で合格する方法(2017年版):今年の合格を絶対に諦めないための逆転合格バイブル

昨年版ですが、今年のスケジュールで応用可能です。
1ヶ月に焦点を絞った内容です。
実際に、この電子書籍で書かれている内容を2ヶ月学習にアレンジして、
高得点で一発合格された方もいます。

内容的には奇をてらったものではなく、やはり学習するという王道は変わりません。
ただし、そこにいろんな工夫をしていくことになります。

今年のスケジュール合わせた内容になっているので利用しやすいと思います。。

受験申込はしたけど、学習が不足しているあなた。
予想問題集だけにかけようとしているあなた。
1ヶ月学習で本気で合格したい方。

是非活用してください。
発売価格は、159円です。
一発合格の念をこめて・・・1(一発)59(合格)

過去、この方法を参考にして自分流にアレンジして合格した方もいます。
学習は、難しくしすぎるほど時間の浪費につながります。
学習はシンプルに!

また6ヶ月学習から3ヶ月学習しているか方にも、
今後、学習のラストスパートをかけるために参考になる内容です。
今の学習の壁を打開する方にも参考になるはずです。

今年の合格を諦める前に、本書を読んで逆転合格を目指しましょう。

●「宅建試験に1ヶ月学習で合格する方法」の詳細とアマゾン購入はこちらから

平成30年宅建合格を目指して、ブログへの応援1クリックお願いします。
↓   ↓
人気ブログランキングへ


ダブルで宅建合格祈願、応援クリックお願いします。
↓  ↓
にほんブログ村 資格ブログへ
にほんブログ村


宅建学習を頑張るあなたへのエール

その10回目です。

今日から夏休み後の仕事の方が一番多いと思います。
またこれから夏休みの方もいるとは思いますが、
このブログでは段々とラストスパートをかけ、直前期モードに移行していきます。

あなたの気持ちの高まりと併行して、このブログのインポイントも上がっていけばと思います。

さて、今回のエールです。

平成30年宅建試験日まで後2ヶ月です。

平成30年10月21日(日曜日)午後1時からの試験開始です。

このように言葉に書いてみると、ある種の緊張感が高まりますね。

試験終了は午後3時。

この2時間の間にあなたの全てを出し切らなくていけません。

出し惜しみは厳禁です。

それなりに学習をこなしてきている方であれば、実力の100%を出し切れば合格できる人は多いと思います。

実力の80%でも合格できる人はいると思います。

60%ではどうでしょうか?

普通であれば厳しいかもしれません。

いかに、この試験時間の2時間が実力を如何なく出し切る。
これが簡単なようで難しいことです。

普段どおりに取り組めれば・・・
普段と同じ調子で問題を解ければ・・
考え違いをしなければ・・・
最後の2択で選択を誤らなければ・・・

後で後悔しても、悔やみくれない現実があります。

宅建試験当日に全力を出す。

それには、やはり平素の練習=学習が基本になります。
学習あってこその宅建試験本番です。

宅建試験で全力を出し切るためには、当日までのメンタル面以外に、学習をしてきた自分自身の自身が必要になります。

リベンジの方、あなたは合格できて当たり前の人です。
自信をもって残り2ヶ月を突っ走りましょう。

6ヶ月以上の学習をされてきた方、あなたは合格できる人です。

最後の最後で気を抜かないようにしましょう。
合格はあなたのために用意されています。

6ヶ月学習のあなた、あなたは計画通り、目標を達成できる人です。
宅建学習王道で合格を勝ち得ましょう。

3ヶ月学習のあなた、まだまだ学習はこれからが本番です。

昨日より今日、今日より明日と、学習ペースを高めていけば合格切符は限りなく自分の手元に近づいてきます。
最後まで絶対に諦めるな。

これから学習をスタートされる方へ。

たった2ヶ月しかありませんが、考えようによっては後2ヶ月あります。
2ヶ月でも合格できる人はいます。

少ない知識でも活かし方によっては、合格に手が届くこともあります。
とにかく前へ踏み出すことです。

宅建合格へ向けて、気持ちを高めましょう。


平成30年宅建合格を目指して、ブログへの応援1クリックお願いします。
↓   ↓
人気ブログランキングへ


ダブルで宅建合格祈願、応援クリックお願いします。
↓  ↓
にほんブログ村 資格ブログへ
にほんブログ村


平成30年宅建試験に向けて学習を頑張るあなたに向けて、お知らせがあります。

あなたはツイッターされていますか?
あなたはフェイスブックされていますか?

私のツイッターとフェイスブックで、『宅建試験に向けて頑張るあなたへの本日のエール』の配信を始める予定です。

宅建試験当日まで、毎日あなたに向けてのエールをおおくりします。

スマホやiphoneではアプリを使えば見やすいと思います。

また、携帯電話ではモバツイなどを使えば読みやすいと思います。

読んでみたい方は、ツイッターかフェイスブックでの私のフォローをお願いいたします。

詳しさの点では、ツイッター < フェイスブックフォロー になります。

●フェイスブックフォローはこちらより
      ↓   ↓
 http://www.facebook.com/iccyan777
 
平成30年宅建合格を目指して、ブログへの応援1クリックお願いします。
↓   ↓
人気ブログランキングへ


ダブルで宅建合格祈願、応援クリックお願いします。
↓  ↓
にほんブログ村 資格ブログへ
にほんブログ村


人それぞれの夏休み・・
明日から夏休みの人が一番多いかもしれませんね。

でも、ここであえて休み明けのことも考えておきましょう。

平成30年宅建試験は刻一刻と近づいてきています。

本当に月日が流れるのは早いものです。
ついこの間までは、試験まではまだまだ先と感じてただけに、本当に月日の経つのは早いものです。

夏期休暇中の学習は、どうでしょうか?

たとえ結果がどうであろうとも、過去には戻れませんので、今からのことをしっかりと見すえて取組む必要があります。

今は過去を振り返るのは禁句です。

そこで、これからのあなたがやるべきことは何か?
それは、休み気分を払拭し、気持ちを入れ替えて、宅建試験本番へ向けての学習の再スタートをきることです。

まずは、大きく背筋を伸ばして、大きく深呼吸を1回、2回、3回としてください。

はい、気持ちが落ち着いたところで、自分に渇をいれ学習を開始してくださいね。

もう、宅建試験本番まで絶対に後戻りはできません。
前進あるのみです。

さて今回は、もう一つの大事なチェックポイントがあります。

それは、今週早々に送付されてくる試験会場通知の確認です。
必ず、届いた試験会場通知を確認しましょう。また、届いたかも確認してください。

手続きや葉書が届くことが、一つ一つの大切な節目になります。
届く葉書を見て、改めて気持ちを引き締めてください。

思い描くは、栄光の宅建合格というゴールです。

10月21日、最大限の実力を出し切るためには、今このときが大事であることを忘れないでください。

さて、今回はもう一つ。

宅建予想問題集・模試集について、あまり頼ることを勧めていない私ですが、自分の現在の実力判定用に限っては活用を推奨しています。

実力判定をした結果、

「38点だった。」
⇒見事合格点ですね。
 現状より、更に実力アップを図りましょう!

「42点です」
⇒立派、すごいの一言です。
 現状の実力を宅建本番まで維持しましょう!
 これからは、見えないライバルも実力をあげてきます。
 油断大敵ですよ。

「30点だったよ」
⇒もう一息です。頑張りましょう!

「もう最悪、25点だったよ」
⇒まだ時間は充分にあります。
 まだまだ、これからですよ。
 今の得点結果は、あくまでも現時点での目安にすぎません。

「がーん、20点、終わりだ!?」
⇒私も最初は20点でした。
 でも、一発合格です。
 まだまだこれからです、チャンスはあなたが諦めない限り
 やってきます。 

自己判定の結果は、いろいろと分かれますが、
得点=平成30年宅建試験の結果につながると結論づけないでください。

あくまでも現時点での結果です。

宅建試験本番では決してありません。

むしろ逆に今の時期は、それなりの結果が出た方がいいと思います。
人間、慢心しやすいですから、ついつい得点がいいと油断してしまいます。

そこで実力判定は複数回実施をしてください。

これから公開模試を受けられる方は、それでもいいと思いますが模試を受けられない方は不十分といえます。
1回だけでは残念ながら、正確な現時点での実力判定とはいえません。

問題の難易度、使用した予想問題集のくせ、得手不得手の問題、知識の習得度、知識の有り無し、その時の運等の影響を受けて、成績は乱高下します。
(人によっては、本当に大きく乱高下します)

試験直前は、高得点で締めたいのが人情です。

しかし今の時期は、真の実力を知ることの方が重要です。

出た判定結果をもとに、今後の勉強をどのように展開していくかになります。

そのままでいい方もいれば、軌道修正が必要な方もいると思います。

単に点数だけで一喜一憂ではなく、中味を分析することが大事なのです。

一番大事なのは、誰しも正解する問題、つまりは、基本的な問題(Aランク)を確実にとり、やや難しい問題(Bランク)を高い確率でとることです。

また宅建学習に期間的余裕があるときに勧める一問一答ですが、苦手分野や得意分野を伸ばすために、ある項目に絞ってやる方法もあります。

もったいないと思わずに自分に必要な部分活用のみにしてください。

一からご丁寧にやると流石に時間がなくなります。

また重要ポイント確認についても、項目を絞って活用する方法もあります。

違和感ある数値や用語、文章を繰り返すことにより、記憶の定着をはかり最終的には違和感をなくしていく。

とにかく今からの活用は、必要なところだけに留めてください。
(あくまでも補完が目的ですから・・・)

最後に、公開模試です。

特に公開で受けられる方は、緊張した状態で受けられることと思います。

適度な緊張感はいいのですが、あまり緊張しすぎると実力が発揮できなくなるので、とにかくリラックスして臨んでくださいね。

あくまでも模擬試験なので、自分にとってのマイナス部分は、できるだけ出し惜しみをせず、この場で出しきった方がいいです。
その方が宅建試験に向けて事前に対策を立てられます。

ですから何度もいうようですが、結果=点数におびえることなく臨んでください。

点数達成が目的ではありませんので、得点結果に一喜一憂しすぎないようにしましょう。

公開模試で、まず必要なポイントは、

1.試験官の説明をよく聞くこと。
2.試験開始前に背筋を伸ばし大きく3回、深呼吸しましょう。

試験本番でも大事なことになります。
高まった自分の気持ちを落ち着かせることです。

※公開模試の活用について、以前書いた電子書籍も活用してくださいね。
 『宅建試験に向けて模試を100%活用する方法:模擬試験は得点よりも大事なことがある


平成30年宅建合格を目指して、ブログへの応援1クリックお願いします。
↓   ↓
人気ブログランキングへ


ダブルで宅建合格祈願、応援クリックお願いします。
↓  ↓
にほんブログ村 資格ブログへ
にほんブログ村


宅建逆転を目指すための戦略として、ランチェスター戦略の活用を紹介します。

学習の遅れなどにより逆転合格を目指している方も中にはいるはずです。
そんな方のためにお役にたてば幸いです。

ランチェスターの法則は、ビジネス関連の書籍として読まれた方も中にはいるかもしれません。

元々はイギリス生まれの兵法に関するもので、アメリカで育ったものです。
それが日本に渡りビジネスに応用して成果を出している企業や商店、個人があります。

ランチェスターの法則には、大きく分けて二つの戦略があります。

ひとつは、大手のトップ企業などの強者の戦略。
そしてもうひとつは、中小企業や商店・個人などの弱者の戦略です。

宅建試験に置き換えた場合、
今逆転合格を目指されている方は弱者の戦略をとるべきだと考えます。

弱者逆転の3原則を見た場合、

1.局所優勢
2.各個撃破
3.武器効率

これを宅建試験をにらんだ学習に当てはめてみますと、

1.局所優勢 
⇒ 特定の分野で優位に立つ。
         
  例えば、宅建業法では満点に近い得点力を持つ。

2.各個撃破 
⇒ 自分にとって簡単な問題から解いていく。
  一般的には特AやAになると思います。

3.武器効率 
⇒ 読解力、判断力、選択力、絞り込み力を磨いていく。
  4肢から2肢へ絞り込んで、そこからが勝負の分かれ道となる。


順番にみます。

1.局所優勢
問題数を分野別に見た場合、平成29年の例では以下になります。

「権利関係」⇒14問
「宅建業法」⇒20問
「法令上の制限」⇒8問
「宅地建物の税」⇒2問
「宅地建物の価格の評定」⇒1問
「宅地建物の需要と取引きの実務」⇒3問
「土地建物の基礎知識」⇒2問

6番目と7番目は、いわゆる5点免除問題です。

最近は、この5点問題で大きな差とはなっていません。

一般的にみなさんにとって、やりやすい分野や得意になりやすい分野はもちろん宅建業法になります。

もし満点をとれば、20点ゲットです。

仮に得点目標を36点とした場合、宅建業法が満点なら後16点をそれ以外のところで稼げばいいことになります。

仮に権利関係が半分正解で7点(累計27点)
法令上の制限が半分正解で4点(累計31点)
税が2問のうち1問ゲットで1点(累計32点)
価格の評定で1点(累計33点)
5点免除で3点ゲットで、トータル36点になります。

実際は最近の宅建業法では満点は難しく、最高でも18〜19点と考えた方が無難ですし、基礎ができていなくて、かつメンタル面で弱い方は、個数問題がこれでもかと続くと根負けするケースもでてきます。
予想外の問題や見慣れない問題であわてることも想像できます。

また逆に、権利関係や法令上の制限で半分よりもっと得点を重ねることも人によっては可能です。

それもこれも得意なベースがあってこそです。

人によっては民法が大得意だったり、法令上の制限が大得意だったりしますので、それをベースに構築するのもひとつの方法です。

一般的には宅建業法の20問が一番ウェートが高く、取り組みやすい分野なので、ここに主眼を置くことこそが、逆転合格を狙う大事な要素となります。

宅建業法で局所優勢から局所大優勢までいかせるつもりで、取り組んでください。


2.各個撃破
自分にとって戦いやすい相手から勝負していく。
当然のことだと思います。
宅建試験本番において、几帳面に問題1番から順番に解く方がいます。

一方、問題用紙の途中にある宅建業法から解き始め、自分が解ける問題をどんどん解いていき、わからない問題は一旦保留にしていく方もいます。

どちらが効率的だと思いますか?

私は後者だと思います。

自分にとって、わかる問題か、わからない問題かを瞬時に判断していくことになります。

その取捨選択力をつけるためにも、日ごろの学習では特AやAを意識してほしいのです。

基本問題を集中的に解くトレーニングをしていけば、選択力が磨かれます。
試験本番で、ある問題で立ち往生することが一番いけないことになります。
正解を導けないものは、例え2肢まで絞っても一旦そこで保留にするのです。

一通り、50問と対戦した後で、正解を出せていない問題と順次対決していけばいいのです。


3.武器効率
自己学習なので、宅建試験に関連する自分自身の感性、テクニック・コツを磨いていくことになります。

感性が高い人と低い人では、同じものを視界に入れたとしても、気づく人、気づかいない人に分かれます

きづくことができれば難なく正解できるのに、きづかなければ間違いの結果に落ちていきます。

とにかく自分の感性をまず磨いてください。

そして、テクニック・コツ。

必要最小限のことを知らなければ、大きな損失になります。

特に独学の方にとっては情報がありません。

この宅建ブログとの出会いがある方とは限りがあります。

実際のところ、この宅建ブログと受験者との出会いは、宅建試験後が圧倒的に多くなります。

試験前に知っていれば・・・よく言われることです。

コツについては、電子書籍「宅建試験本番!10の解答テクニックとコツ:戦術を決めて実行することが合格への最短距離」を
お読みください。
とても参考になると思います。

販売価格は1コイン100円です。

●詳細と購入はこちらから
  ↓    ↓


さて、上記3点を紹介しましたが、他にもいくつか記事としては書いています。

・ランチェスター、理念こそ最強の心の武器

・ランチェスター、勝ちやすきに勝つ

・既成概念を振り払え!大胆な学習で、起死回生を狙う

よければ、もう一つのブログ(アメブロ)、参考にしてみてください。

ランチェスター戦略を応用した宅建逆転戦略の記事はこちらより


平成30年宅建合格を目指して、ブログへの応援1クリックお願いします。
↓   ↓
人気ブログランキングへ


ダブルで宅建合格祈願、応援クリックお願いします。
↓  ↓
にほんブログ村 資格ブログへ
にほんブログ村


↑このページのトップヘ