宅建試験!初心者のための一発合格サイト

宅建士試験(宅地建物取引士資格試験)初受験やリベンジの方に、短期・中期・長期での宅建学習方法、独学学習・過去問学習のコツ、受験テクニック、学習サポートなど、宅建受験から合格後の宅建取引士証登録迄、幅広く総合的に紹介したブログです。 【Yahooカテゴリー登録サイト】

◎ブログニュース
1)最新ニュース
 令和2年宅建士試験後の自己採点結果他の投票を実施中です。
 ご協力お願いします。
  ↓    ↓
 http://blog.takken-get.com/archives/52308418.html

2) トピックス
 ●直前期シリーズ発売中
 『宅建もうやばい!今年の合格を絶対に決めるための逆転戦略:直前期受験生必勝の10の鉄則』
 ※購入はこちらから
   ↓    ↓
  http://goo.gl/zFgkj5

 『宅建士試験に1ヶ月独学で合格する方法(2019年版): 合格を絶対に諦めないための逆転合格バイブル』
 ※購入はこちらから
   ↓    ↓
  https://www.amazon.co.jp/dp/B07WR32G66/

 『宅建士本試験直前対策☆絶対に最後まで合格を諦めない(2019年版):ラスト1週間の王道戦略』
 ※購入はこちらから
   ↓    ↓
  https://www.amazon.co.jp/ebook/dp/B07XXK4GM5/

 『宅建士試験土壇場対策☆前日・当日編(2019年版):宅建士合格を勝ち取れ!』
 ※購入はこちらから
   ↓    ↓
  https://www.amazon.co.jp/B9-ebook/dp/B07Y6HJ94N/

 ●noteで幅広いジャンルの記事を毎日アップ中。
  無料で読めます。
   ↓    ↓
 https://note.com/iccyan

 ●本日のエール配信中です。10/18前日まで毎日配信します。
 Twitter、インスタグラム、Facebookページでみれます。
   ↓    ↓
 http://blog.takken-get.com/archives/52306409.html

 ●12/27受験者用の対策セミナー実施
 現在、開催リクエスト募集中です。
 個別相談対応は随時実施しています。
 詳細は、以下のブログ記事を見て下さい。
  ↓    ↓
 http://blog.takken-get.com/archives/52307203.html

3) 各種メルマガ紹介
 ●『一木秀樹の中高年支援マガジン☆未来を切り開く方法』
  まぐまぐより毎週金曜日発行
  購読費 550円/月
  詳細と申込はこちらから
   ↓    ↓
  https://www.mag2.com/m/0001688139.html

 ●『インスタグラマーへの道』(無料)
  インスタグラムでもっと楽しもう!
 ※詳細と登録はまぐまぐサイトにて。
    ↓    ↓
  https://www.mag2.com/m/0001688339.html

宅建合格

令和2年宅建士試験まであと3日。
今回は、令和2年宅建士試験前々日の過ごし方について紹介します。

毎年この宅建ブログでは、試験前々日からの過ごし方についてのアドバイスを行っています。
試験前々日からの過ごし方ってどんなの?
毎年恒例の記事ながら初めての方にとっては疑問に感じる方もいることと思います。
もちろん、試験前々日に特別な過ごし方は存在しません。
人によっては、まだまだ追い込みまっただ中の方もいるからです。

ただし学習を長期での計画的に実施されてきた方にとっては、通常学習のオーラスが前々日になるので、こういう記事を毎年書いている訳です。
現実的には試験前々日(16日)は、大半の方が仕事をされていることです。
昼間仕事をされている方を考えた場合、学習できる時間は、朝・夜・通勤時・休憩時間・昼休み・隙間時間・細切れ時間になります

宅建試験前日(17日)については、基本的なチェックの学習が主体になるので、本格的な学習はどう考えても試験前々日までになります。
直前ゼミを受ける方も基本的にはおなじです。

本格的な学習の最後にふさわしく、自分自信がある程度納得した学習で終止符を打ちましょう。
『終わり良ければ全て良し』です。
きちんと自分なりにけじめをつけて締めくくることは、とても大事なことです。
中途半端な形で学習を終えることは、不安な気持ちを抱えたままでの受験となり、宅建試験本番の場で更に不安やあせりを助長させることにつながります。

自分なりに自分自身を納得させてください。
人との比較は、絶対必要ありません。
あなたなりで、いいですよ。

宅建士試験絶対合格!
超ラストスパートをかけよう!
ファイト!

PS.
いつも人気ブログランキングへの投票ありがとうございます。
中には、1日何回もクリックして頂ける方がいらっしゃいますが、1日1クリックだけで大丈夫です。
   
できることなら、毎日1ポチ(クリック)を日課にしていただければ幸いです。
またあわせて、資格ブログランキングの方もクリックしていただければ、大変うれしいです。


まずは宅建試験、そして合格発表のその日まで、おつきあいください。
今日も、忘れずに1ポチが合言葉です。

それでは、よろしくお願いいたします。

令和2年宅建士試験合格を目指して、1クリック応援お願いします。
↓   ↓
人気ブログランキングへ


ダブルで合格祈願、応援お願いします。
↓  ↓
にほんブログ村 資格ブログへ
にほんブログ村


このエントリーをはてなブックマークに追加

令和2年宅建士試験まで後4日になりました。

カウントダウンも日々行われていきます。
中には緊張感が高まる方もいらっしゃると思います。

あなたはどうでしょうか?

時間は限られていきます。
今できる自分のベストなことに時間を割いていってください。

本試験で如何にケアレスミスをなくすが最大の焦点です。
ケアレスミスがなければ合格ラインに達している方は結構多いはずです。

この時期は得点をどうい合格ラインまで積み上げていくかになります。

やるべきことは・・・

やはり宅建業法になります。

また、重要な抑えるポイント。
借地借家法、都市計画のある分野のみ、税もポイントを絞れば1点拾えます。
統計も抑えるべき所だけ抑えましょう。

さて、それと同時に大事なことがメンタルです。
最後は本当に合格したいかどうか?

ここで明暗が分かれます。
特に、今実力がボーダーライン上にいる方は本試験での立ち振る舞い方によっては、大きく分かれます。

そのためには、今あなたが使えることは必ず実行しましょう。

その一つの手段として、今の心境のアンケートを実施しています。
また、3年前まで受験決意表明欄も設けていました。
今年は、受験決意ではなく、合格決意にしたいと思います。
今現在、不安な方、自分の合格に対する意気込みをコメント欄に記入ください。

大坂なおみ選手も一時調子を崩していましたが、見事全米オープンで優勝しました。
要は、結果をどうするかです。
使える物は何でも使っちゃいましょう。
その貪欲さが合格を勝ち取ります。
遠慮しちゃ、駄目。

コメントは、内容を確認後に公開させていただきます。
自分自身の更なるモチベーションアップになりますし、試験当日にパワーを発揮するためのあなたの心のベースになります。

ブログをみている同じ宅建受験の心の仲間に向けて・・・
宅建本試験自体に向けて・・・
あなたの受験決意を発信することにより、あなた自身の受験への気持ちも更に更に高まるはずです。

決意表明と言っても、なにもかしこばって考えなくて大丈夫です。
気楽に自分の受験に対する意気込みをコメントしてください。

一言でもいいです。

多少長く書きたい方は、それなりに自由にどうぞ!

例えば・・・
「まってろ宅建試験、今年は決めるぞ!」
「もうやるだけやった、絶対に絶対に今年は合格するぞ!!」
「職場のみんな、今度こそ念願の宅建主任者ゲットするぞ」
「協力してくれた家族のために、何が何でも頑張る」
「宅建合格を機に転職するぞ」
「宅建合格で内定をとりまくるぞ」
などなど・・・

独学されている方にとっては、毎日が孤独との戦いです。
そんな中で合格決意表明することにより、同じ受験をする仲間とつながっている感覚に少しでもなれればとの私の思いからです。
・リベンジされる方は、あなたの今の熱い気持ちをコメントしてください。
・初受験の方は決意表明することにより、勢いで一気にゴールを駆け抜けて下さい。

今、まだ受験を間近に控えていろんな不安をもたれている方。
その不安な気持ちのままで試験に臨めば、いい結果にはなりにくいです。
不安な気持ちを、あなたの意気込みが上回るようにしていきましょう。
そのための合格決意表明です。
気楽ながらも、真剣な表明をしてくださいね。

合格決意表明は、宅建試験前日まで受付しています。

絶対に合格を勝ち取ろう!

令和2年宅建士試験合格を目指して、1クリック応援お願いします。
↓   ↓
人気ブログランキングへ


ダブルで合格祈願、応援お願いします。
↓  ↓
にほんブログ村 資格ブログへ
にほんブログ村


このエントリーをはてなブックマークに追加

ここまでくるともう理屈がどうのこうのではありません。

なんやかんや言っても最終的には、合格か不合格に明暗は分かれます。
もちろん、あなたは合格するために頑張っていますよね。

試験での実際の状況がどうなるかは、10月18日試験当日にしかわかりません。

でも、どんな状況になろうとも、あなたの最善を尽くす手立てはうてます。

そのうえで、あとはやはり最後はメンタルが勝敗の分かれ目になります。

オリンピックで多くのアスリートが頂点を目指します。
必ずしも実力通りに順番にメダルをとれるわけではありません。

それが一発勝負の恐いところです。

宅建試験もそうです。
平素はあんなにすごかったのに・・・残念な結果になった。

これは、あり得ることです。

また、その逆もあります。
模試も平素の実力も30点以下だったのに・・・合格しちゃった。
これも、十分にあり得ることです。

要は最後はあなたがどうしたいか?です。

もちろん、合格したいに決まっていますよね。
そのために頑張ってきたわけですから・・・

だからどんな状況になろとうも諦めずに粘って粘って粘りまくる・・
合格への絶対的な執念が重要なのです。

このブログを読まれているのも何かのご縁です。

私は、そんなあなたが合格できる運命である人と信じたい。

あなたは合格できる人。
絶対に合格できる人。
最後まで絶対に諦めるな!!

絶対に今年合格だ!

令和2年宅建士試験合格を目指して、1クリック応援お願いします。
↓   ↓
人気ブログランキングへ


ダブルで合格祈願、応援お願いします。
↓  ↓
にほんブログ村 資格ブログへ
にほんブログ村


このエントリーをはてなブックマークに追加

令和2年宅建試験まで後6日になりました。

さて、いよいよラスト週間です。
しっかりと学習されていますか?
宅建試験本番まで、本当のカウントダウン状態に入りました。

ここで一足早いですが、当宅建ブログをみているあなたのために、宅建士試験の明暗を分ける必須7か条を贈ります。
是非、スマホやiPhoneなどで見れるようにしてくださいね。

《宅建士試験での明暗を分ける必須7か条》
【第1条】
◎宅建業法から解きはじめ、できる問題を確実におさえる。
【第2条】
◎難しい問題で深追いしない。
【第3条】
◎スピーディに正確に。
【第4条】
◎民法では、相関図を忘れずに書く。

【第5条】
◎3つの力を最大限発揮せよ!
 3つの力とは、読解力、直感力、判断力。
【第6条】
◎粘りと諦めない気持ち。
【第7条】
◎解答を変えない、一途な気持ち。

そして、プラスおまけの一条です。
◎自分の信念を貫く。

上記7条を踏まえて、自分なりのアレンジを加えてください。
人によっては宅建業法からではなく、統計がある5点免除から始めてもいいと思います。
  
また、自分がどのように120分間を問題と向き合い、どういう方法で対処していくのか?
必ずの自分なりのルールを決めておきましょうね。
試験当日、その状況によって判断することは危険です。
あなたの心境が試験の問題の出方や対処状況によっては、苦戦する場面もでてきます。
そうしたときに、自分の判断がブレまくるのです。

そうなると自分自身では収拾がつかなくなります。
自分の信念を最後まで貫くことです。

何度もいうようですが、是非、スマホなどに登録して、確認できるようにしておいてくださいね。
iPhoneは、カメラ機能で表示画面をパチリが一番早いです。
宅建試験までの毎日見ていただければと思います。

また、内容の詳細については、電子書籍『宅建士試験土壇場対策☆前日・当日編(2019年版):宅建士合格を勝ち取れ!』
にまとめていますので、こちらもご参照ください。




当日の試験でどういう戦い方をするのか?
事前に決めておくことが大事なのです。

PS.
いつも応援1クリックありがとうございます。
初めて当サイトを訪問された方、あなたの気持ちを以下の2つのブログランキングに1クリックの形でおねがいします。
あなたの暖かい1クリックが私の記事の原動力となります。

令和2年宅建士試験合格を目指して、1クリック応援お願いします。
↓   ↓
人気ブログランキングへ


ダブルで合格祈願、応援お願いします。
↓  ↓
にほんブログ村 資格ブログへ
にほんブログ村


このエントリーをはてなブックマークに追加

いよいよ来週の日曜日があなたにとっての決戦日ですね。
1週間あれば、まだまだいろいろと打つ手が考えられます。

あなたに今必要なことは・・・
何なのか?

1点1点の積み重ねですね。

仮に、令和2年の合格基準点が令和元年と同じ35点になるとしたら、その35点を積み重ねる戦略が必要なのです。

それぞれの分野でどれだけ得点を積み重ねるか?
その手を考えておくのです。

もちろん、あなたにとってありがたい問題ばかりではありません。
そんな中であっても貴重な1点を積み重ねていくのです。

試験中例え苦戦したとしても、正解を勝ち取っていくのです。

仮にラッキーな展開になるときもあります。
但し、事前の戦略でラッキーになる絵を描いていけません。
結果がラッキーであればいいのですが、戦略を考える上では絶対に駄目です。

例え苦戦したとしても、合格を勝ち取る合格ストーリーが必要です。
合格基準点は何も37点で固定されているわけではありません。
35点になる可能性もあります。

宅建試験後、多くの方がこのブログを訪れます。
多くのコメントが書かれます。

その時あなたには、是非、喜びのコメントを書いてほしいのです。
そのためにも、戦術をしっかりと練りましょうね。

戦術の考え方がわからない方は、
電子書籍『宅建士試験土壇場対策☆前日・当日編(2019年版):宅建士合格を勝ち取れ!』を読んでくださいね。




あなたの合格を固く信じます。
宅建絶対合格!!

令和2年宅建士試験合格を目指して、1クリック応援お願いします。
↓   ↓
人気ブログランキングへ


ダブルで合格祈願、応援お願いします。
↓  ↓
にほんブログ村 資格ブログへ
にほんブログ村


このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ