宅建試験!初心者のための一発合格サイト

宅建試験(宅地建物取引士資格試験)初受験やリベンジの方に、短期・中期・長期での宅建学習方法、独学学習・過去問学習のコツ、受験テクニック、学習サポートなど、宅建受験から合格後の宅建取引士証登録迄、幅広く総合的に紹介したブログです。 【Yahooカテゴリー登録サイト】

宅建合格

◎ブログ最新ニュース
●宅建メルマガ読者募集中!

 詳細と申込みはこちらから
   ↓   ↓
 http://blog.takken-get.com/archives/52231259.html

●宅建初受験、最初に読むべき電子書籍4冊です。
 『宅建独学者へ!!絶対攻略のための43のヒント』
   ↓   ↓
 http://goo.gl/oHSEfz

 『宅建受験生必読!資格合格から未来像を描く成功鉄則20』
   ↓   ↓
 http://goo.gl/VW3WKR

 『宅建絶対合格!40代以上の必勝崖っぷち戦略』
   ↓   ↓
 http://goo.gl/mzuA1Z

 『宅建合格!全受験生に贈る心からの応援歌〜不安・心配に打ち勝とう』
   ↓   ↓
 http://p.tl/p69w

平成29年宅建合格を目指す中高年のために☆『宅建絶対合格!40代以上の必勝崖っぷち戦略』

40代以上の年齢の方・・いわゆる中高年の方のために・・・
背水の陣で宅建資格受験に挑む崖っぷち戦略としてまとめています。

『宅建絶対合格!40代以上の必勝崖っぷち戦略』
〜中高年の武器を120%発揮する17の手法〜

現状、宅建は多くの中高年の方が受験されます。
その度に、中高年の方に向けて何か特別なアドバイスができないか?
助けてあげるとことができないか?と考えさせられていました。

今の日本を支えている(または支えてきた)中高年の方の力になりたい。
支援してあげたい。

そんな私も中高年です。
同じ世代の思いは痛いほどよくわかります。

いろいろと考えていく中で、私自身の経験からヒントになるものはないのだろうか?
中高年ならではのことで多くの方が実践できること。
意外と見落としているかもしれない軽視されがちなこと。

そういうものこそが中高年の力になるのではないか?

そこで中高年としての武器として、中高年の可能性や実力を最大限に引き出し、
かつ活用していくことで最高の自分自身の成果につなげてほしい。

そういう熱い思い、エールの気持ちをこめて書きあげています。

これから40代以上の方で来年に向けて宅建学習を開始されるあなた。
何も宅建臆することはないですよ。

あなたにはあなたなりの強みが必ずあります。

中高年なりの強みを活かした戦略を実行していただき、
あなたしかもっていないあなたの才能も発掘してください。
そして、適時自分なりの工夫を加味していただくことにより、
あなたのオリジナルあふれる戦略に変えて実践していきましょう。

自分に自信をもって学習していけば、必ず活路は見出せます。
中高年の底力、強い信念を示しましょう!

そのためには来年の宅建試験日のゴールに向かって、まずは第一歩を踏み出すことです。

宅建初受験、宅建リベンジ受験両方の方にも参考になると思います。

【目次】
・戦略1(超短期サイクルでの繰り返し)
・戦略2(連想力)
・戦略3(アウトプットスタート)
・戦略4(五感をフル動員)
・戦略5(大きく書いて演習)

・戦略6(一問一答の活用)
・戦略7(空想力を駆使する)
・戦略8(経験を活かす)
・戦略9(度胸)
・戦略10(基本に専念)

・戦略11(記憶とマネ)
・戦略12(継続力)
・戦略13(開きなおり)
・戦略14(自分が学んだことを教える)
・戦略15(1週間のリズム作り)

・戦略16(朝型に切り替える)


宅建合格祈願!自分自身の今年の合格を信じて、1クリックよろしくお願いします!
↓   ↓
人気ブログランキングへ


ダブルで必勝宅建合格祈願!
↓  ↓
にほんブログ村 資格ブログへ
にほんブログ村


平成28年宅建試験☆解答速報情報、自己採点アンケート実施について

平成28年宅建本試験受験、大変お疲れ様でした。

受験した感触は、いかがでしたか?
うまくいきましたか?
あなたにとっていい展開になりましたか?

バッチリいった方は、本当におめでとうございました。

自己採点をやって、
各予備校の予想状況をみて、
予想の上限を超えていたら、
ひとまずは自分自身に、小さな拍手を贈ってください。
(大きな拍手は、合格発表までのお楽しみです。)

まあまあだった方、悲観しないでくださいね。

まあまあでも結構、そこそこ解けていたりします。
まずは、自己採点してみてください。

苦戦した方、気を落とさないで下さい。

結果はまだまだこれからですよ。
過去、ぜんぜん駄目だったと言われていた方でも、
ボーダーラインを超えた方は結構いました。

あわてる必要はありません。
自己採点を・・・心が落ち着いてからやってみてください。


結果は、それからです。

元気を出して!!

各予備校の予想は、これから始まります。

当サイトは、
いい結果が出た人のためには心から祝福をするとともに、
苦戦したあなたのために心やすらぐサイトを目指しています。

苦戦したあなたのために、
出来るだけのフォローアップをしていきます。
元気を与えつづけるブログです。

宅建試験後の心の癒し(いやし)サイトとしても、お役立てください。

是非、お気に入りにいれて毎日読んでいただければと思います。

まずは心を十分に落ち着けて、
深呼吸したり、背筋を伸ばしたり、足の屈伸運動をしたり、
とにかく少しでも緊張感、不安感を和らげてから、
自己採点にとりかかってください。

決して、あわてないことです。

自己採点は、
パソコン、携帯電話の各予備校サイトの解答速報を利用して、
実施してください。

少なくとも、2校以上で確認してください。

平成27年・26年は、波風ない年でした。

平成25年は、問6で割れました。
(最終的には、ほぼ同じ解答になりました)

平成24年は、問5で割れました。
(最終的には複数正解)

平成23年は、1校だけ差異がありましたが、それ以上は
広がりませんでした。
(その後、没問は発生しましたが)

平成22年は、主要予備校間での解答の相違はありませんでした。

平成21年は、疑義問題があり最初は解答の一部が主要5校で
分かれていました。

平成20年は、最初は、一部違う予備校がありました。

平成19年は、ほぼ全ての予備校の解答が一致していました。

平成18年は、最初の解答速報では、主要な予備校全ての解答が、
一致していませんでした。
       

もう一度言いますが、
本当に、心落ちつけてから自己採点をしてくださいね。
あわてて自己採点すると、採点ミスをすることがあります。

自己採点の失敗で、合格日まで悩まされるなんてことになったら、
目もあてられませんから・・・

とにかく心落ちつけてから、自己採点をしましょう。

また、なかには予備校の解答速報会に出られる方もいると思います。

LECでは16:30〜、TACも16:30〜、
日建も同様な時間帯で、
実施される校舎もまちまちなので、速報会に参加される方は場所と
時間を再確認してください。

解答速報会に参加された方、結果などの情報をコメント欄に記入の
ご協力をお願いします。

各校のインターネット解答速報の日程です。

【LEC】
・インターネット解答速報  10月16日(日)19:00〜
 

【TAC】
・インターネット解答速報  10月16日(日)20:30〜
 

 *解説入り「模範解答集」を無料送付

【日建学院】
・ユーチューブライブ解答速報  10月16日(日)16:30〜
 *解答速報会動画 10月17日(月)17:00〜

 *本試験問題、解答解説集&送付



自己採点後のあなたに5つのお願いです。

1)自己採点得点結果アンケート
  自己採点得点結果を教えてください。



2)各項目別の得点結果も教えてください。
  (権利関係、法令上の制限、宅建業法、5点免除、税)

   

3)50問の解答結果を教えてください(主催:e-takken.tv)
  50問の解答結果を入力してください。
  リアルタイムに受験生の結果がわかります。
  ※必ずグループコードとして、2197を入力してください。


4)あなたの合格体験記を募集します。
  是非、あなたの合格体験記書いてみませんか?
  ブログ掲載いたします。
  また、発刊中の電子書籍にも掲載させていただきます。

5)最後は、もちろん二つのランキングへのクリックのお願いです。
  宅建合格を祈願して、合格を確信に変えるために、
  そして、このブログへの応援も込めて。


宅建合格祈願!自分自身の今年の合格を信じて、1クリックよろしくお願いします!
↓   ↓
人気ブログランキングへ


ダブルで必勝宅建合格祈願!
↓  ↓
にほんブログ村 資格ブログへ
にほんブログ村


平成28年宅建合格決意表明☆あなたの意気込みを一言コメント

平成28年宅建試験まで後4日になりました。

カウントダウン日々行われていきます。
中には緊張感が高まる方もいらっしゃると思います。

あなたはどうでしょうか?

時間は限られていきます。
今できる自分のベストなことに時間を割いていってください。

本試験で如何にケアレスミスをなくすが最大の焦点です。
ケアレスミスがなければ合格ラインに達している方は結構多いはずです。

この時期は得点をどうい合格ラインまで積み上げていくかになります。

やるべきことは・・・

やはり宅建業法になります。

また、重要な抑えるポイント。
借地借家法、都市計画のある分野のみ、税もポイントを絞れば1点拾えます。
統計も抑えるべき所だけ抑えましょう。


さて、それと同時に大事なことがメンタルです。
最後は本当に合格したいかどうか?

ここで明暗が分かれます。
特に、今実力がボーダーライン上にいる方は本試験での立ち振る舞い方によっては、
大きく分かれます。

そのためには、今あなたが使えることは必ず実行しましょう。

その一つの手段として、今の心境のアンケートを実施しています。

また、昨年まで一作年まで受験決意表明欄も設けていました。

今年は、受験決意ではなく、合格決意にしたいと思います。
今現在、不安な方、自分の合格に対する意気込みをコメント欄に記入ください。

リオオリンピックでアスリートが強いメダルに対する執着心で見事ゲットした
光景を沢山みましたよね。
特に、男子柔道の思いは人一倍ではなかったでしょうか?
ロンドンオリンピックから見事な復活劇でした。

コメントは、内容を確認後に公開させていただきます。

自分自身の更なるモチベーションアップになりますし、
試験当日にパワーを発揮するためのあなたの心のベースになります。

ブログをみている同じ宅建受験の心の仲間に向けて、
または宅建本試験自体に向けて、
あなたの受験決意を発信することにより、
あなた自身の受験への気持ちも更に更に高まるはずです。

決意表明と言っても、なにもかしこばって考えなくて大丈夫です。
気楽に自分の受験に対する意気込みをコメントしてください。

一言でもいいです。

多少長く書きたい方は、それなりに自由にどうぞ!

例えば、

「まってろ宅建試験、今年は決めるぞ!」
「もうやるだけやった、絶対に絶対に今年は合格するぞ!!」
「職場のみんな、今度こそ念願の宅建主任者ゲットするぞ」
「協力してくれた家族のために、何が何でも頑張る」
「宅建合格を機に転職するぞ」
「宅建合格で内定をとりまくるぞ」

などなど・・・


独学されている方にとっては、毎日が孤独との戦いです。

そんな中で合格決意表明することにより、
同じ受験をする仲間とつながっている感覚に少しでもなれれば
との私の思いからです。

・リベンジされる方は、あなたの今の熱い気持ちをコメントしてください。

・初受験の方は決意表明することにより、
        勢いで一気にゴールを駆け抜けて下さい。


今、まだ受験を間近に控えていろんな不安をもたれている方。
その不安な気持ちのままで試験に臨めば、いい結果にはなりにくいです。

不安な気持ちを、あなたの意気込みが上回るようにしていきましょう。
そのための合格決意表明です。
気楽ながらも、真剣な表明をしてくださいね。

合格決意表明は、宅建試験前日まで受付しています。
(コメントは一旦預かってからのブログへの反映になりますので、
                  表示にタイムラグが生じます。)

また、合格された先輩諸氏からの今年の受験生への応援エールも大歓迎です。
こちらのコメント欄に記入くださいね。

今年の宅建合格を目指して、必勝祈願よろしくお願いします!
↓   ↓
人気ブログランキングへ


ダブルで必勝合格祈願!
↓  ↓
にほんブログ村 資格ブログへ
にほんブログ村


宅建学習☆4月の今の時期が学習スタートのベストシーズン

ブログネタ
宅建受験 に参加中!

後5日で、宅建受験を志す方が増えてくる4月になります。


そんな時に考えるのが独学でいくか?それとも講座活用でいくか?です。


講座活用を考えた場合、
この4月は学習スタートが一番しやすい時期です。

人間は、やはり気持ちが大事です。

気持ちがのりやすいのがこの4月なんですね。

これが、5月になり6月になると、
そうはいきません。

いろいろな障害があなたの前に立ちはだかってきます。

腰の座った人なら心配はないかもしれませんが、
資格受験経験のない普通の方や
しばらく学習していない方には、辛い壁にあたる確率が高くなります。

もし、講座活用を考えているなら、
この4月のスタートを考えてみてください。

通信講座の代表選手は、

・ユーキャン

他に、

・LEC
・大原
・TAC

フレッシュな気持ちで資料請求から始めてもいいです。

実績あるところなので、
スパッと決めて申し込むのもいいことです。

自分の性格を良く考えてくださいね。


悩む方は、資料請求をしすぎると更に迷ってしまい、
結果、なかなかスタートができなくなったりします。

あきっぽい方は、逆に見比べて考えてからの方がいいかも
しれません。


詳しくは、以下の過去記事を参考にしてください。

あなたの選択のヒントが埋まっていると思います。


4月が学習スタートのベストシーズンです。

私は、このチャンスを見事にはずし、7月に入ってからの
スタートになりました。


あなたは、そうならないようにしてくださいね。

各予備校紹介です。


気になる記事を参考までにお読みください。


平成25年宅建受験☆通信・通学講座活用検討は資料請求からスタート

平成25年宅建初受験☆独学か通学・通信講座活用か?』

通信講座☆ユーキャンからの挑戦

平成25年宅建学習☆通信・通学講座の活用、まずは資料請求から始める

宅建通学講座の定番活用☆LECの二つの合格フルコース

通信・通学講座の活用☆口こみで評判の大原の講座

宅建通信・通学講座の活用☆意外と多いユーキャン受講生、生の声

宅建通信・通学講座の活用☆TACの受講生の声より


また、首都圏の方でしたら宅建セミナーパートナーである
『みやざき塾』があります。

高合格率に定評があります。

関心がある方は、是非、4/7の新宿でのジョイントセミナーに参加ください。
熱血宮嵜節を体験できますよ。

ユーチューブでも強烈キャラですが、
生体験は正直全然違います。


おしとやかに・・・・

そんな訳はないですね。

より一層迫力とインパクトがあります。

あなたの脳にビンビンと訴えかけていきますよ。

是非、4/7にお越しください。

◎セミナー詳細はこちらへ
  ↓  ↓
 『宅建合格桜のジョイントセミナー開催(4/7・新宿)』


今日も読んでくれてありがとう、1クリックお願いしま〜す!
↓   ↓
人気ブログランキングへ


ダブルクリックに感謝を込めて!
↓  ↓
にほんブログ村 資格ブログへ
にほんブログ村


宅建学び塾(ウィナー)/資格学び実践塾準備号☆無料メルマガ新規読者募集!

ブログネタ
宅建受験 に参加中!

無料メルマガ『宅建学び塾(ウィナー)/資格学び実践塾準備号』の新規読者募集します。


◎宅建学び塾(ウィナー)


毎週金曜日17時頃に配信しています。
3/15に配信したものでちょうど区切りの30号になりました。

今回申し込んでいただくと、次号は第31号になります。

内容的には、その時々の季節や宅建試験日から逆算にしてのその時々の
テーマを決めて書いています。


ブログよりもう一段、内容を掘り下げているのが特徴です。

メルマガのいいところは、購読希望されている方に直接おとどけできることと、
購読者の方のイメージがブログと違ってしやすいので、
よりポイントを絞りやすくなるのです。


一番ありがたいのは、ブログともども読んでいただくことですが、
メルマガ主軸で読んでいただき、必要に応じてブログで補完する見方も
ありですね。


まだ、メルマガを購読されていない方のお申込みをお待ちしています。


また、ご友人や知人、仲間に紹介していただくのも大歓迎です。


【宅建学び塾『ウイナー』メルマガ募集要項】


申込は、「◎宅建学び塾メルマガ配信申込はこちらより」の
リンクをクイックするとメールフォームが立ちあがり
ますので、以下の必要事項を入力の上、
お申込みください。


・氏名(フルネームでお願いします。
      ハンドルネームだけの方は御遠慮ください)


・メールアドレス(ホットメール・ヤフーメールは届きにくいので、
         なるべく、他のメールアドレスでお願いします。
         Gメールは迷惑フォルダーに振り分けられる場合が
         ありますので、注意ください。
         携帯アドレスでもOKですが受信設定が必要です。)


・都道府県 →お住まいの都道府県を選択してください。


・件名 → 「宅建学び塾メルマガ配信申込」


・メッセージ →ハンドルネーム、
          宅建受験に対する抱負・決意などお書きください。


宅建学び塾メルマガ配信申込はこちらより


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


続いて、資格学び実践塾準備号のメルマガ新規募集です。


●資格学び実践塾準備号


2週間に一度の配信、配信曜日と時間は火曜日17時頃。
前号は、3月5日に配信しましたので、次号は3月19日の予定です。


内容的には、宅建等の資格を取ってその後のことについて
書いています。


ちなみに、前回第6号は、学び実践塾初セミナー開催予告でした。
既にブログでも8日に告知しましたので周知の事実ですが、
メルマガではブログより先にいろんな情報を流しています。


以下それまでの内容です。


第五号  アマゾンVS楽天
第四号  kindoleでの自己ブランディング
第三号  新しい取り組み
第二号  今年やるべきことを宣言する
第一号  初めまして、ご案内です


これ以前については、社学メンタル塾を22号程発行しました。

メンタルだけでなく、学習+いろんな形での実践を加味しての
広がりをもとめて昨年末に新規一転しました。


今後、学び実践塾としての活動が始まると内容も更に活発化していきます。

現行は準備号の段階ですが、いち早く読んでいただきたいですね。


【資格学び実践塾準備号メルマガ募集要項】


申込は、「◎資格学び実践塾メルマガ配信申込はこちらより」の
リンクをクイックするとメールフォームが立ちあがり
ますので、以下の必要事項を入力の上、
お申込みください。


・氏名(フルネームでお願いします。
      ハンドルネームだけの方は御遠慮ください)


・メールアドレス(ホットメール・ヤフーメールは届きにくいので、
         なるべく、他のメールアドレスでお願いします。
         Gメールは迷惑フォルダーに振り分けられる場合が
         ありますので、注意ください。
         携帯アドレスでもOKですが受信設定が必要です。)


・都道府県 →お住まいの都道府県を選択してください。


・件名 → 「資格学び実践塾メルマガ配信申込」


・メッセージ →ハンドルネーム、
        抱負や希望などお書きください。


資格学び実践塾メルマガ配信申込はこちらより


今日も読んでくれてありがとう、1クリックお願いしま〜す!
↓   ↓
人気ブログランキングへ


ダブルクリックに感謝を込めて!
↓  ↓
にほんブログ村 資格ブログへ
にほんブログ村


Categories
Amazonライブリンク