宅建試験!初心者のための一発合格サイト

宅建士試験(宅地建物取引士資格試験)初受験やリベンジの方に、短期・中期・長期での宅建学習方法、独学学習・過去問学習のコツ、受験テクニック、学習サポートなど、宅建受験から合格後の宅建取引士証登録迄、幅広く総合的に紹介したブログです。 【Yahooカテゴリー登録サイト】

◎ブログ最新ニュース
●平成30年宅建士試験を受験される方へ。
まずは、こちらの電子書籍よりお読みください。
『宅建独学者へ!!絶対攻略のための43のヒント』
   ↓     ↓
 http://blog.takken-get.com/archives/52260849.html

●中高年独学の方に参考になる電子書籍紹介
『宅建絶対合格!40代以上の必勝崖っぷち戦略』
   ↓     ↓
 http://goo.gl/mzuA1Z

●まずは、漫画で概要をつかむ
『平成30年宅建受験対策入門書としての活用』
   ↓     ↓
 http://blog.takken-get.com/archives/52260619.html

宅建士試験

それでは、2つめの合格体験記になります。


【I・Rさんの平成29年宅建試験合格体験記】

私は現在、48才です。
初めて宅建受験をしたのが24才でした。

それから今年まで、諦めてはリベンジの繰り返しを何年間隔かは忘れましたが、
昨年が約10年ぶりのリベンジでした。
(記憶が定かではないですが今年が7回目だと思います)

昨年はボーダーライン上で辛い1ヶ月半を過ごし一点足らずで不合格でした。

宅建学習は今までで昨年が一番本気モードでした。
(真面目に勉強したのは高校2年時の測量仕補受験以来。これは一発合格)

昨年の不合格確定後は来年(29年度)のリベンジを誓いました。

今年の勉強開始は5月からでした(昨年は2月〜)

昨年の学習時間は日曜日以外は毎日約2時間でしたが、今年は仕事や生活環境の違いもあり、毎日1時間半でした。

昨年と今年の違いは
昨年は机上学習のみ。
今年は机上学習プラス、アプリ学習
(名称は気にしないで適当に見つけたアプリを7月から始めて、
途中で宮嵜先生の一問一答アプリを発見して9月から寝返り)

※宮嵜先生の一問一答アプリはどう利用したか?
先程、学習環境の違いと記しましたが、どう利用したかは
まず、朝の出勤前、自宅トイレ(用を足しても計20分位学習)
出勤後は会社駐車場で車から出る前に数問題学習。

就業中、休憩時間(10分)に休憩所片隅でアプリ学習。昼休みも食べ終わったら学習。

帰宅後、仕事の疲れもあり、いきなり問題集を開くのは億劫だがアプリだと、たばこ吸いながらでも学習できちゃう。
宮嵜先生のアプリは9月〜1日あたり約1時間使わせて頂きました。
(利用した結果は出ました。昨年の法令は2点でしたが、今年は7点でした。)

昨年の私の点数配分は権利関係10点、法令が2点、業法16点、その他税2点、免除4点。
昨年の反省点は法令上の制限の学習時間が他に比べて少なかったのが点数にでました。

費やした学習時間は結果に現れます。
法令上の制限だけ、極端に低い。
バランス悪すぎ。

アプリの利用を特に法令をその隙間時間に当てました。
学習の質と量は現実に現れますね。
昨年と今年の項目ごとの質と量の比較。

昨年
権利、40%(10点)
法令、10%(2点)
業法、40%(16点)
その他、10%(6点)

今年
権利、15%(7点)
法令、40%(7点)
業法、40%(16点)
その他、5%(6点)

昨年と今年の解く順番は
昨年は業法、免除、権利、法令、その他。

今年
業法、免除、法令、その他、権利。

時間配分に予定とは違った展開結果でした。
昨年は全問題回答合格、10分ありました。
今年は権利関係を解く時に時計を見たら14時30分。

正直、めちゃくちゃ焦りました。
今年の合格は無理かもと思いました。

なぜなら、昨年に比べて残り2肢の選択に困惑する場面が多かったなのと、
権利関係を解く残り時間が少なかったからです。

結果、後回しにした問23や時間足りずの問13、問14は不正解。
(時間があれば正解出来たかもしれません。)

受験後、帰りの車中で今年の合格は半分諦めていました。
帰宅後の自己採点の結果は36点。
昨年より上回るとは思ってもみなかったので驚きでした。

残り2肢の選択を変更しなかったのは良い結果だったかもしれません。
(時間がなく読みか返す事が出来なったが現実でした)

試験中はイッチャン様の「最後まで諦めない」を思いだし、
冷静さを取り戻し結果としてボーダーライン上にのらなかったと思います。

本当にありがとうございました。
来月は賃貸不動産経営管理士の受験を控えています。
その後はFPを受験する予定です。

<イッチャンより>
I・Rさんありがとうございました。
多年受験での念願の合格、本当に良かったですね。
アプリをうまく活用されていますね。
一番の過去との違いは、やはり最後まで諦めなかったことだと思います。
見事、壁を自分の力で超えたことが立派ですね。

IMG_20171202_200018


本日も読んで頂いたことに感謝、 ブログへの応援1クリックお願いします。
↓   ↓
人気ブログランキングへ


こちらもあわせて応援お願いします。
↓  ↓
にほんブログ村 資格ブログへ
にほんブログ村


11/29の合格発表、日付が変わって少ししてからの週刊住宅に変わる住宅新報社のツイッターより速報。

そして、9:30に不動産適正取引推進機構のホームページにて合否確認・・

合格発表日でのアンケートを実施しました。
まずは、投票された結果です。

●平成29年宅建試験合格発表!あなたの合否を投票下さい。
投票数:253票

1: 合格しました        199件  (78.7%) 
2: 1点差で桜散りました    34件  (13.4%) 
3: 2点差以上で桜ちりました  20件  (7.9%) 


それでは、それぞれのコメントです。

『合格しました』
努力が実りました。
(50歳代/女性/滋賀)

自己採点35点でした。試験後から合格発表まで様々な合格予想を日々チェック!
本命の予想が34点でしたがドキドキが止まりませんでした。
何はともあれ1月からコツコツやってきた甲斐がありました。
(30歳代/男性/埼玉)

4度目の正直です。諦めなくて良かったです!
(40歳代/女性/福島)

何とか一発合格しました?ボケ防止でチャレンジ笑。
(60歳代/女性/兵庫)

ギリギリでしたが合格になりました。
昨年は2点差で落ちて悔しかったので、リベンジ果たせました。
民法が苦手な分、法令上と業法を徹底的に勉強して、点数を稼いだのが、合格に繋がりました。
(30歳代/女性/東京)

2ヶ月半の学習で初受験で合格しました。自己採点は36点でした、よかったです。
(40歳代/女性/東京)

2点か3点差で合格しました。勉強をし始めて、全体で3年間かかりましたが、
イッチャンのことを知ってからは、一年と1ヶ月程度です。
11月29日まで、自己採点しないでよかったと思いました。
(50歳代/男性/東京)

自己採点では37点でした。
去年は1点足りず泣きましたのでリベンジは果たしたかなと。
(40歳代/女性/静岡)

回答を変更した際,問題用紙にマークを忘れてしまい自己採点は34点。
不安な日々。。。7月からの学習で時間はあまりありませんでしたが,何とか一発合格でした。
(40歳代/男性/東京)

疲れましたが合格出来て良かった
(40歳代/男性/愛知)

喜びよりもホッとしたとゆうのが、正直な今の気持ちです。
(40歳代/男性/香川)

初学の自己採点で36点でした。
ただ、運がよかったかもしれません。
実力はボーダーライン上、もしくは下だったと思います。
(40歳代/男性/長野)

独学36点
(40歳代/男性/千葉)

35点でした。ギリギリ合格、ヒヤッとしましたが努力が実を結んで良かったです!
(30歳代/女性/東京)

異業種の初学者。半年間240時間の学習で38点でした。
(40歳代/男性/東京)

独学37点
(40歳代/男性/千葉)

42点で合格
(20歳代/男性/東京)

37点で合格しました。でも発表の日は緊張しました。
試験直前でも、模擬試験を受けず、ただひたすら各科目の基本問題を解いていました。
(50歳代/男性/神奈川)

U-CANの通信教育とTACのスクーリングの両刀使いで必死で勉強して、受かりました。
でも宅建士の仕事は、これからが本当の戦いです。
(40歳代/男性/香川)

金融機関、40点だから余裕で結果確認できました。受験直前はあまり自信なかったです。
(50歳代/男性/高知)

きっかけは通勤時間の有効利用(4月から片道2h)とボケ防止対策でした。
学習内容の日々忘却と悪戦苦闘しながら何とか初受験で合格することができました。
しんどかった!
(60歳代/男性/大阪)

42点でした。それでも合格発表までは緊張した。
(30歳代/男性/愛知)

35点合格!セーフヤッホー
(20歳代/女性/長野)

機構の都道府県別受験総括表見ると合格率15.6%越えてるのは埼玉、千葉、東京、
神奈川、愛知、京都、兵庫、香川だけなんですね?
自分は県内14%内で全国15.6%内に入ったわけだ
(90歳代/男性/栃木)

難度が高い問題が多いと思いましたが、蓋を開けると皆さんかなりの高得点をあげていたことに驚きです。
自己採点38点でしたが、ヒヤヒヤものでした。
受験者が増えたことが、合格ラインの底あげとなってますね。
(60歳代/男性/千葉)

自己採点だと、34点。なのに、合格してました。おそらく、マークミス
(30歳代/女性/群馬)

他業種で働いていますが、興味があり今年初受験しました。
数年前のテキストをオークションサイトで安価で購入し、過去問はスマホアプリを使い、
とにかくお金をかけずに勉強しました。受かって良かったです。
(50歳代/女性/愛知)

受験生に寄り添って語りかけてくれるイッチャンさんのブログ大好きです。
登録実務講習についてもよろしく教えて下さい。byミーちゃん
(50歳代/男性/神奈川)

一発合格!不動産業界に入ってから二ヶ月半の勉強期間でしたが、
会社の厚いバックアップのおかげで乗り越えられました!
みんなに感謝です!
(30歳代/男性/千葉)

発表まで毎日楽しく拝見しておりました。過去問12年分5回繰り返してなんとか合格できました。
ありがとうございました。
(30歳代/男性/宮城)

5回目の挑戦で、やっと合格しました!
(40歳代/男性/岐阜)

昨年は34、今年は38でした。
(40歳代/男性/東京)

44点です
(20歳代/男性/大阪)

管理業務主任者とマンション管理士を先に取り、今年初受験で43点で合格しました。
(40歳代/男性/東京)

50代後半、初めての受験、独学で合格です。こちらに大いに励まされました。
若くないからと諦めず、頑張ってよかったです。
(50歳代/女性/東京)

35点です。また今年もボーダーで、日付が変わるのがとても遅く感じられました。
(40歳代/女性/岩手)

中途半端な勉強で2回とも1点差で不合格。
今年は徹底的に合格するための勉強に励み、41点で合格しました。
この経験を次のステップアップや資格取得に生かします!
(40歳代/女性/東京)

ギリギリで、記入ミスがあったら終わり。と言う中で迎えた発表。
書留が届いてやっと実感が湧きました。
(50歳代/女性/東京)

二週間勉強してみごと一発合格(^−^)
(20歳代/女性/東京)

自己採点42点、独学、半年、一発合格しました
(40歳代/男性/埼玉)

2回目で合格できました。本当に良かったです。
これからがスタートですね。実務経験を積んでいきたいと思います。
(女性/福島)

独学4年でやっと受かりました。学校に行った方が効率いいと思います
(40歳代/男性/埼玉)

今年初受験でどうか合格しました!勉強したかいがありました!
(30歳代/男性/福岡)

36点取れました。合格点33もしくは34点と予想されていたので35点は驚きでした。
受験者のレベルが上がっているのでしょうか?自分もたまたまで安全圏の合格で無かったです。
(40歳代/男性/富山)

自己採点が35点だったのでマーク違えばアウトでした。ギリギリ咲きです!
(40歳代/女性/兵庫)

頑張ってきた甲斐がありました。引き続き自分に出来ることをコツコツやっていきたいと思います。
(50歳代/男性/神奈川)

35点とは。。。。
(50歳代/男性/愛知)

ホットしました!2度目のチャレンジでした。諦めなくて良かった!
(40歳代/女性/広島)

ほっとしました
(50歳代/男性/大阪)

自己採点35点のぎりぎり合格です!
(30歳代/女性/愛知)

一発合格やりました!!4月から休みもなく、毎日勉強した結果と思います。
(40歳代/男性/東京)

やっとという思いです。4度目のチャレンジでした。
自己採点36点でも転記ミスを少し心配して、ちょっとどきどきでした。
(60歳代/男性/長野)

解答が3時ギリギリまでかかり見直す時間が5分位しかなく焦ったが、
最初にマークした解答を変えなかったのが逆に良かったです!
(40歳代/女性/北海道)

試験前日自分に喝を入れるため読ませていただきました。ありがとうございました!
(20歳代/男性/愛知)

独学で合格しました。家族がみんな寝たあと、コソコソ勉強してました。
高い壁ですが、次は不動産鑑定士を目指します。
(30歳代/男性/北海道)

独学一発合格できました!合格ライン35点には驚きました!
(40歳代/女性/東京)

一発で合格しました!嬉しいです♪
(50歳代/女性/兵庫)

5回目の正直!感無量です。
(30歳代/男性/神奈川)

試験直後の方が大変だった。解答速報で答え合わせしてからはいつも通りです。
マークミスがなくてよかったです。
(40歳代/男性/東京)

ぎりぎりですが 無事2度目で合格です
(40歳代/女性/山梨)

宅建試験は、他の試験より意地悪な試験という感想です。
(50歳代/男性/大阪)

自己採点ではアウトだったのに合格してました。マークの転記、重要ですね〜
(50歳代/女性/東京)

35点ぎりぎりです!
(50歳代/男性/栃木)

合格してホッとしました。来年も頑張る方が沢山合格出来ますように、
皆様、本当にお疲れ様でした。
(50歳代/男性/東京)

リベンジ果たしました!
(30歳代/女性/兵庫)

ぎりぎりOKでした!!多分合格です!
(40歳代/男性/山口)

士になった以上、どんなに難しくなっても約15パーセントを基軸に考慮したほうが良い
(50歳代/男性/愛知)

「1点差で桜散りました」
また来年や!
(30歳代/男性/大阪)

34点か33点が合格ラインだと思って登録手続きの準備してました。
(40歳代/男性/埼玉)

がっかりです 本当に
(20歳代/男性/茨城)

去年は2点差、今年は1点差。
本当に悔しいですが、来年はボーダーラインに悩まされない40点以上を目指します!
(30歳代/男性/神奈川)

速報見た時はショックでした。
この悔しさは一生忘れません。
しかし気持ちを切り替え、来年必ず合格できるようプランニングしていきたいと思います
(40歳代/男性/宮崎)

「1点差で桜散りました」
あ〜、ほんとくやしい!!落胆…
(40歳代/男性/大阪)

悔しいです!
昨年、去年といつもボーダーラインで散ってます(涙)でも、来年も頑張ります!!
(40歳代/女性/長野)

やってらんねー
(20歳代/男性/千葉)

三年連続1点に泣きました
(女性)

「2点差以上で桜ちりました」
受験生のレベルが上がっていると痛感した。非常難しく感じた。
(50歳代/男性/埼玉)

昨年30点、今年33点。来年こそは必ず合格したいです!
(40歳代/女性/宮城)

本日も読んで頂いたことに感謝、 ブログへの応援1クリックお願いします。
↓   ↓
人気ブログランキングへ


こちらもあわせて応援お願いします。
↓  ↓
にほんブログ村 資格ブログへ
にほんブログ村


このブログとして12回目の宅建試験を迎えた今年、
もうあとちょっとで終了しようとしています。

あなたの心に届いた記事はあったでしょうか?

最終的には読者の方のお役に立てた記事・・
励みになった記事・・
元気・勇気・ヤル気をあげることができた記事・・

私にとっては最高の記事ですね。

そして、この時期に贈る記事としてはこれです。

これしかありません。
毎年合格発表後に感じることです。

今、読者であるあなたに感謝に込めて・・・


『宅建試験は必ず攻略できる試験☆ハードルを自らあげては駄目』

この宅建ブログ読者の方にとってはおなじみのように、
メンタル面に関する記事がとても多いブログです。

メンタルは直前期から宅建試験後、
そして合格発表までの期間こそ多くの共感を呼び、
非常に沢山の人が訪れます。

しかし、これが上記期間以外になると・・・
認知されにく現実があります。

メンタルの大切さに気がつき、
それを上手に学習に組み入れられた方は、宅建に勝利しやすくなります。

今のあなたが、もし来年宅建を受験されるあなたなら、
是非自分自身に強くその大切さを心にとめてくださいね。

メンタルが必要な時期は直前期や試験当日ではなく、
むしろ通常の宅建学習時期であり、
宅建学習をはじめる前の心構えを養う時期にこそ、必要性があります。
是非今の時期に、その必要性を理解してください。

それだけメンタルは、普通の時期は軽んじられやすいのです。
邪魔もの扱いもされます。
単なる精神論と捉える方もいます。

でも、実際は今はメンタル面で病んでいる方が非常に増えてきています。

一見大丈夫そうだけど・・・
ちょっとしたことに対して対応力が弱くなっている。

それだけ心がむしばまれやすくなっている昨今、
現状のままでは更に複雑多様化していっています。

確かに学習を上手に組み立てられる方には、
それほど意識する必要はないことです。

そういう方はブログからとやかく言われなくても、
自分で計画を建てて進めていくことでしょうし、
宅建ブログ自体もあまり読まないでしょう。

また前に向かってドンドン進める方も、
ブログを学習のペースメーカー代わりに活用していけば、
メンタルを意識しなくても結果はついていくことでしょう。

一番心配しているのが上記以外の方です。
「何を言っての?」と余裕あるあなたが一番危険なのです。

調子のいい時は順調に進んでいく。
しかし一旦調子をくずすと一気にくずれていく。

そういう方を毎年私は多く見てきました。

毎年、壁をこえられない・・・

直前期にあわてても、時遅しです。

試験当日に遭遇してしまい、対処できず夢敗れる方もいます。

一旦そういう状態になると、多年受験になりやすいのです。

今は全くその片鱗さえないかもしれません。
でもその時は突然やってきます。
そのためにもメンタルの対処法は身につけてくださいね。


宅建は攻略できる試験です。
宅建は自分自身で勝てる試験です。
独学でも合格できる試験です。

宅建という敵ではなく、
自分自身の攻略法さえ間違えなければ、
合格確率は必然的にあがっていきます。

その根底にあるものは、
テクニックやコツや効率だけの学習ではなく、
私は気持ちの問題=メンタルにあると思います。

あなたの気持ちのコントロールを最優先に考えてください。

あなたの気持ちをベースに、戦略・戦術を構築してください。

それさえ間違わなければ、
リベンジの方は間違いなく来年がファイナルのリベンジ受験になります。

メンタルを制すれば宅建を征す。

宅建合格しての晴れてブログからの卒業してください。
あなたが来年の卒業生です。

今回読んでいただいている受験生であるあなたへの、はなむけの言葉とします。

そして最後の最後に、今年を含めた合格者であるあなた。

今も読んでくれているあなたに心から感謝します。

ありがとう!


本日も読んで頂いたことに感謝、 ブログへの応援1クリックお願いします。
↓   ↓
人気ブログランキングへ


こちらもあわせて応援お願いします。
↓  ↓
にほんブログ村 資格ブログへ
にほんブログ村



宅建初受験される方にとって、宅建試験に関する情報を得られるのは、
ネットであったり、購入したテキスト巻頭に書かれている概要だったりします。


テキスト巻頭の概要は、以前より充実したものが増えてきました。

しかし、体系的に流れや初受験の心構えをまとめたものはなく、
仮にネットでみつけても一部分だけだったりします。

そこで今回紹介する電子書籍は、

宅建資格に関することについて、
大事な要素を43項目のQ&Aスタイルで書いています。


タイトルは、
『宅建独学者へ!!絶対攻略のための43のヒント』

大変読みやすくまとめています。

宅建とは何ぞやから始まり、
宅建試験に関すること、
宅建学習中のことや宅建試験後に関することまでまとめています。


是非宅建の全体像をつかんだ上で学習にとりくんでいただけば、
あなたの目標設定もしやすくなり目指す方向性が見えてきます。


また著者自身からの宅建受験生の立場にたったアドバイスも適度に入れています。
今までの宅建ブログ運営の中で沢山の宅建受験生に向けてエールをおくってきた
経験からのアドバイスはあなたの学習の支えになることでしょう。


さあ、本書を手に取り宅建試験に対する不安を取り除いてから、
宅建学習計画をたてましょう。


【目次】


◎宅建とは?
1)宅建資格
2)宅建士業務


◎宅建試験とは?
3)受験資格
4)試験日
5)試験時間
6)試験スタイル
7)問題用紙
 
8)テキスト持込
9)携帯電話持込
10)試験会場
11)会場入り時間
12)昼食
 
13)持ちもの

14)試験テクニック
15)試験終了後
16)試験実施の公告
17)試験案内と願書配布
 
18)願書受付
19)受験手数料
20)受験票


◎宅建学習
21)通学か独学か?
22)学習時間
23)通学先
24)お勧めテキスト 
25)テキストと問題集
 
26)自宅学習
27)民法
28)電車での学習法
29)試験分野
30)民法
 
31)法令の数値
32)過去問
33)テキストの大きさ


◎宅建試験後
34)合格点1
35)合格点2
36)自己採点
37)自己採点2
38)模範解答
 
39)合格推定点
40)合格推定点2
41)待機期間
42)マークシートミス
43)マークシート訂正


◎アマゾンでの購入はこちらから
   ↓     ↓
 





本日も読んで頂いたことに感謝、 ブログへの応援1クリックお願いします。
↓   ↓
人気ブログランキングへ


こちらもあわせて応援お願いします。
↓  ↓
にほんブログ村 資格ブログへ
にほんブログ村


不動産適正取引推進機構からの合格発表も後3時間となりました。

9:30と同時にホームページに合格基準点、合格率他の情報がアップされます。

そして住宅新報社から合格基準点だけの速報がながれました。
まさかまさかの合格基準点35点。
合格率など詳細は未発表でした。
 
あなたの受験番号で合否は不動産適正取引推進機構の公開されれば確認できます。

自己採点34点、33点の方も確認くださいね。

それにしても厳しい結果でした。

合否確認の後は、是非、以下のアンケートにご協力をお願いいたします。



本日も読んで頂いたことに感謝、 ブログへの応援1クリックお願いします。
↓   ↓
人気ブログランキングへ


こちらもあわせて応援お願いします。
↓  ↓
にほんブログ村 資格ブログへ
にほんブログ村


↑このページのトップヘ