宅建試験!初心者のための一発合格サイト

宅建士試験(宅地建物取引士資格試験)初受験やリベンジの方に、短期・中期・長期での宅建学習方法、独学学習・過去問学習のコツ、受験テクニック、学習サポートなど、宅建受験から合格後の宅建取引士証登録迄、幅広く総合的に紹介したブログです。 【Yahooカテゴリー登録サイト】

◎ブログ最新ニュース
1)3ヶ月学習にはこちらを活用して下さいね。
 『宅建取引士試験!合格を一発で決めよう!!:
    3ヶ月で合格を勝ち取るための王道学習戦略』
   ↓    ↓
 http://blog.takken-get.com/archives/cat_50049726.html

2)独学で不安な心を支えます。
  不安をヤル気に変えよう!
 『宅建受験生必読!資格合格から未来像を描く成功鉄則20』
 『宅建合格!全受験生に贈る心からの応援歌〜不安・心配に打ち勝とう』
   ↓    ↓
 http://blog.takken-get.com/archives/52291794.html

3)「あてる予想模試宅建」新刊発売中!
  私も執筆しました。
   ↓    ↓
  http://blog.takken-get.com/archives/52291642.html

宅建士試験公告

令和元年宅建試験の実施内容が、6月7日に公告されますね。
当初の予定通り、変更はないと思われます。

現時点で不動産適正推進機構発表より引用します。

【令和元年度宅地建物取引主任者資格試験(予定)】

◎試験案内の配布(予定)
郵送申込みの場合は試験案内を入手して下さい。
配布期間は、令和元年7月1日(月)から7月31日(水)まで

◎インターネット申込み(予定)
令和元年7月1日(月)9時30分から7月16日(火)21時59分まで

◎郵送申込み(予定)
令和元年7月1日(月)から7月31日(水)まで

◎受験手数料
7,000円

◎試験日時(予定)
令和元年10月20日(日)13時から15時まで(2時間)

◎合格発表(予定)
令和元年12月4日(水)

【試験の基準及び内容】

宅地建物取引業に関する実用的な知識を有するかどうかを判定することに基準が置かれています。
(宅建業法施行規則第7条)
試験の内容は、おおむね次のとおりです。(同第8条)

1.土地の形質、地積、地目及び種別並びに建物の形質、構造及び種別に関すること。
2.土地及び建物についての権利及び権利の変動に関する法令に関すること。
3.土地及び建物についての法令上の制限に関すること。
4.宅地及び建物についての税に関する法令に関すること。
5.宅地及び建物の需給に関する法令及び実務に関すること。
6.宅地及び建物の価格の評定に関すること。
7.宅地建物取引業法及び同法の関係法令に関すること。

※出題法令は、平成31年4月1日現在施行されている法令

毎年そうなのですが、
こうやって、今後の予定の注意点を読んでいると、今年も宅建試験が始まるのだなという実感が沸いてきます

このブログにとっては14回目の宅建試験を迎えることになります。

それぞれの年でいろんなドラマがありました。
今年はどんなドラマが待っているでしょうか?

昨今のようなドラマなどなく、すんなりと決まってほしいですね。

例え14回目といえども・・・
いつでも宅建試験が公告された時期は緊張に包まれます。

7月になると宅建受験申込手続きが始まります。
是非とも以前から何度も書いているように先手先手で動いてくださいね。

早めの応募であれば、修正は間に合います。
土壇場であれば、もちろん間に合いません。

申込が受理されなかったら、もちろん受験できません。
戦わずして、勝負に敗れることは悔やんでも悔やみきれませんから・・

申込の詳細は、7月1日にアップされますので、インターネット申込にしろ郵送申込にしろ、とにかく早めにですよ。

特に、インターネットの方は急いだ方がいいです。
希望する会場を抑えましょう。
希望する受験会場で受けられる方がいいに決まっていますから・・・。

関東圏で言えば、東京や神奈川、埼玉などの方は、早めが絶対条件です。

大阪、名古屋、福岡など主要政令都市も同様です。

受験会場は、自宅から近いこと。

これが鉄則ですね。

さっさと手続きをして学習に専念する環境を作りましょうね。
そして、折角の節目ですから、自分のヤル気に変えていきましょう。

令和元年宅建合格を目指して、1クリックお願いします。
↓   ↓
人気ブログランキングへ


ダブルで宅建合格祈願、応援クリックお願いします。
↓  ↓
にほんブログ村 資格ブログへ
にほんブログ村


昨日、令和元年宅建士試験の実施内容が来週末に公告されますね。

特に大きく変わるわけではないので気にしない・・・
その通りです。

でも、折角の公告です。
うまく活用しましょうね。

今、学習が順調にいっていない方、学習すらまだ始めていない方は特にです。
学習をまだ始めていない方は、絶対にこの公告を大事にしてくださいね。

日本人は節目節目を大事にします。
また、何かの行動を起こす場合にきっかけに活用したりします。

そのきっかけが・・・・この令和元年宅建試験実施内容の公告です。

このきっかけを利用していつやるか?

今でしょう。
今しかない。
今行動するしかありません。

明日、考えよう。
明日から始めようでは駄目なのです。

今すぐ決意する。
今すぐ土日の学習計画を組む。

今すぐ書店にいきテキストを見る。
今すぐアマゾンにてテキストを購入する。

こういうアクションをすぐできることが必要です。

折角の公告というきっかけです。

もし、このきっかけを逃すと・・・
次は宅建試験申込開始である7月になります。

申込開始が始まるとそわそわしてきますので、落ち着いて学習計画をたてにくくなります。

私と同じように短期集中しての学習が必要になりますよ。
(7月からスタート)
あなたは爆発的に集中しての学習ができますか?

6月学習スタートは、まさに少し学習に幅をもたせられるラストチャンスと言えます。

是非、このラストチャンスを活かしてくださいね。

最後にもう一度聞きます。

学習開始がまだの方、いつやりますか?

今です。
今しかありません。

最初は、概要をざっと眺めるだけでもいいのです。
マンガの宅建本からスタートでもいいですよ。

行動しましょう。

令和元年宅建合格を目指して、1クリックお願いします。
↓   ↓
人気ブログランキングへ


ダブルで宅建合格祈願、応援クリックお願いします。
↓  ↓
にほんブログ村 資格ブログへ
にほんブログ村


2019年(令和元年)宅建試験の実施内容が、6月3日に公告されますね。

公告されると、今年も宅建試験が始まるんだなという実感がわきます。

大きな変更はないとは思いますが学習のヤル気を改めてアップする手段として
活用しない手はないですよ。。

昨年2019年の予定を参考までに記載いたします。
(不動産適正推進機構HPから引用)

・・・2019年予定(ここから)・・・

【令和元年度宅地建物取引主任者資格試験】

(引用)

試験案内の配布(予定)
郵送申込みの場合は試験案内を入手して下さい。
(配布場所は令和元年6月7日当サイトに掲載)

配布期間は、令和元年7月1日(月)から7月31日(水)まで
(インターネット申込みの場合は、当ホームページに試験案内を令和元年7月1日(月)から掲載します。)
各都道府県ごとのお問い合わせ先(協力機関)はこちらをご覧ください。

インターネット申込み(予定)
令和元年7月1日(月)9時30分から7月16日(火)21時59分まで

※インターネット申込みは24時間利用可能です。
 また複数の試験会場がある都道府県の場合は申込み時に試験会場を選択することができま
 す(先着順)。
※インターネット申込みは、パソコン(Internet Explorer バージョン10〜11、Edge)利用に
 限ります。

郵送申込み(予定)
令和元年7月1日(月)から7月31日(水)まで

※都道府県によっては、希望する試験会場を選択することができますが、
 その際は郵便到着順の会場指定となりますので、ご希望に添えない場合もあります。
 指定した試験会場の名称等は「試験会場通知」でご案内します(8月下旬)。

※顔写真のサイズはパスポート申請用サイズ
(縦4.5cm、横3.5cm、頭頂からあごまでが長さ3.2cm以上3.6cm以下のもの)です。
 顔写真については、指定したサイズ以外など不適切な場合は、
 差替えを指示することがあります。
 指示に従わない場合、受験申込書を受付けません。

※簡易書留郵便で送付されたもので、消印が上記期間中のもののみ受付けます。 
 それ以外のものは受付けません。

※お早めのお申込みをお願いします。

受験手数料
7,000円

※いったん振り込まれた受験手数料は、申込みが受付されなかった場合を除き、返還しませ
 ん。

※受験手数料は、消費税及び地方消費税は非課税です。

試験日時(予定)
令和元年10月20日(日)13時から15時まで(2時間)

※ただし、登録講習修了者は、13時10分から15時まで(1時間50分)。
 当日は、12時30分から受験に際しての注意事項を説明しますので、それまでに自席に着席
 してください。

※ 試験時間中の途中退出はできません。 途中退出した場合は棄権又は不正受験とみなし、
 採点しません。

合格発表(予定)
令和元年12月4日(水)

・・・・2019年予定(ここまで)・・・

こういう内容をなぜ今の時期に転載しているかには訳があります。

独学で学習している人にとってはいろんな情報が入りにくいからです。
そのための独学者に向けての情報発信が目的の1点目です。

2点目は、
・試験案内公告
・試験申請
・受付票送付
・受験票送付

と要所要所でやることと送付されてくるものの確認があります。

その時々の区切りを、あなたのモチベーションの維持・アップ、学習の更なるパワーアップに利用してほしいのです。
こういうことをうまく活用できる人が合格の最短距離にいると毎年感じます。

小さなイベントを活用し実力を蓄積していきながら、最終的な大きなイベントである10月20日での成果につなげていきましょう。

令和元年宅建合格を目指して、1クリックお願いします。
↓   ↓
人気ブログランキングへ


ダブルで宅建合格祈願、応援クリックお願いします。
↓  ↓
にほんブログ村 資格ブログへ
にほんブログ村


平成30年宅建試験の実施内容が、6月1日に公告されますね。

公告されると、今年も宅建試験が始まるんだなという実感がわきます。


大きな変更はないとは思いますが学習のヤル気を改めてアップする手段として
活用しない手はないですよ。。

昨年30年の予定を参考までに記載いたします。
(不動産適正推進機構HPから引用)

・・・平成30年予定(ここから)・・・

【平成30年度宅地建物取引主任者資格試験】
(引用)

郵送申込みの場合は試験案内を入手して下さい。
(配布場所は平成30年6月1日不動産適正推進機構HPに掲載)
配布期間は、平成30年7月2日(月)から7月31日(火)まで
( インターネット申込みの場合は、不動産適正推進機構HPに試験案内を平成30年7月2日(月)から掲載します。)

○インターネット申込み(予定)

平成30年7月2日(月)9時30分から7月17日(火)21時59分まで

※インターネット申込みは24時間利用可能です。
 また複数の試験会場がある都道府県の場合は申込み時に試験会場を選択することができます(先着順)。
※インターネット申込みは、パソコン(Internet Explorer バージョン7〜11、Edge)利用に限ります。

郵送申込み(予定)

平成30年7月2日(月)から7月31日(火)まで

※都道府県によっては、希望する試験会場を選択することができるところがありますが、
 郵便到着順の会場指定となりますので、ご希望に添えない場合もあります。
 指定した試験会場の名称等は「試験会場通知」でご案内します(8月中)。

※顔写真のサイズはパスポート申請用サイズ
 (縦4.5cm、横3.5cm、頭頂からあごまでが長さ3.2cm以上3.6cm以下のもの)です。
 顔写真については、指定したサイズ以外など不適切な場合は、差替えを指示することがあります。
 指示に従わない場合、受験申込書を受付けません。

※簡易書留郵便で送付されたもので、消印が上記期間中のもののみ受付けます。 
 それ以外のものは受付けません。

※お早めのお申込みをお願いします。

受験手数料

7,000円

※いったん振り込まれた受験手数料は、申込みが受付されなかった場合を除き、返還しません。

※受験手数料は、消費税及び地方消費税は非課税です。

試験日時(予定)

平成30年10月21日(日)13時から15時まで(2時間)

※ただし、登録講習修了者は、13時10分から15時まで(1時間50分)。
 当日は、12時30分から受験に際しての注意事項を説明しますので、
 それまでに自席に着席してください。

※ 試験時間中の途中退出はできません。 途中退出された方は棄権又は不正受験とみなし、採点しません。

合格発表(予定)

平成30年12月5日(水)

・・・・平成30年予定(ここまで)・・・

こういう内容をなぜ今の時期に転載しているかには訳があります。

独学で学習している人にとってはいろんな情報が入りにくいからです。
そのための独学者に向けての情報発信が目的の1点目です。

2点目は、
・試験案内公告
・試験申請
・受付票送付
・受験票送付

と要所要所でやることと送付されてくるものの確認があります。

その時々の区切りを、あなたのモチベーションの維持・アップ、学習の更なるパワーアップに利用してほしいのです。
こういうことをうまく活用できる人が合格の最短距離にいると毎年感じます。

小さなイベントを活用し実力を蓄積していきながら、最終的な大きなイベントである10月21日での成果につなげていきましょう。

本日も読んで頂いたことに感謝、 ブログへの応援1クリックお願いします。
↓   ↓
人気ブログランキングへ


こちらもあわせて応援お願いします。
↓  ↓
にほんブログ村 資格ブログへ
にほんブログ村


↑このページのトップヘ