宅建試験!初心者のための一発合格サイト

宅建士試験(宅地建物取引士資格試験)初受験やリベンジの方に、短期・中期・長期での宅建学習方法、独学学習・過去問学習のコツ、受験テクニック、学習サポートなど、宅建受験から合格後の宅建取引士証登録迄、幅広く総合的に紹介したブログです。 【Yahooカテゴリー登録サイト】

◎ブログ最新ニュース
●宅建無料メルマガ新規購読者募集中!
詳細と申込はこちらから
  ↓   ↓
 http://blog.takken-get.com/archives/52272722.html

●平成30年宅建士試験を受験される方へ。
まずは、こちらの電子書籍よりお読みください。
『宅建独学者へ!!絶対攻略のための43のヒント』
   ↓     ↓
 http://blog.takken-get.com/archives/52260849.html

●中高年独学の方に参考になる電子書籍紹介
『宅建絶対合格!40代以上の必勝崖っぷち戦略』
   ↓     ↓
 http://goo.gl/mzuA1Z

●まずは、漫画で概要をつかむ
『平成30年宅建受験対策入門書としての活用』
   ↓     ↓
 http://blog.takken-get.com/archives/52260619.html

宅建士

今回で、平成27年宅建合格者のための
宅建取引士証交付申請記事も本日で最後になりました。


登録実務講習 → 資格登録申請 → 宅建取引士証交付申請と
紹介してきましたが・・・・

本当に本当の最後になりました。
オーラスです。

そう考えると何だか心寂しくなってきますね。

毎年のことなので慣れたつもりですが・・・
少しセンチメンタルな気分になります。

卒業シーズンももうすぎですから・・・

まるで今生の別れの気分ですが、ここは宅建サイトです。


毎年、宅建試験は行われます。
是非、また今年の宅建試験の時期になったら様子を見にきてくださいね。

心悩む受験者の方がきっといるはずです。


その時は、優しい声をかけてくださいな。

引き続き、ご愛読いただく方は大大大歓迎です。

では、そんなあなたに向けて・・最後の私からのメッセージです。


〇実務につかない一般宅建取引士証取得もしくは今後取得された方へ


宅建取引士証取得まで、もう後1歩ですね。

本当に長きにわたり宅建に関しての一連の活動お疲れ様でした。

不動産業界ではないあなたには、
直接、お客様に対して取引士証を提示する機会はないかもしれません。

でも宅建試験で得た知識を、不動産とは違う業界の中で、
間接的に役立つせることは可能です。

個人的な活用においては、
住宅物件を賃貸される方、
今現在されている方、
今後、持ち家を購入される方には、きっと役立つはずです。

私も宅建合格後、顧客の立場として賃貸契約の場面で、
宅建学習で得た知識は、不動産会社との交渉の際大変役立ちました。
また、購入を検討した際も役立ちました。
(実際は、宅建に合格したことを相手には伝えていません。)

仕事においては、民法の知識が役立ちました。
契約書を起草したり、相手方との契約書の取交わし、
覚書の取交わししたりと実務的に役立っています。

また、知財関係にも幅は広がり
交渉の最先端の場で活躍する機会を得ました。

考え方によっては、
自分なりのいろんな活かし方があると思います。


折角、宅建学習で得た学習意識、
学習の心構え、取組む気持ち、取組姿勢、取組意欲、
学習の習慣・・・などなど・・・
これっきりで最後にはしないでください。

生涯学習として、
今後もいろんなことにチャレンジしていってください。

何も、資格を取得することだけが学習ではありません。

趣味として、
ライフワークとして、
読書の一環として、
自分の今の仕事のために、
自分自身のステップアップのために、
いろんな自己啓発や学びでの学習があるはずです。

生活の中に自然に溶け込む形で、
楽しみながら学習を続けてほしいと思います。

スマホ、iPhone、iPadなどもちろん利用OKです。

今後も、いろんな電子ツールがでてくるでしょう。

学ぶことにスタイルはありません。
いろんなツールも試してみてください。

電子書籍なら沢山の本をツールの中に入れて持ち運べます。

ここがデジタルのいいところですね。

生涯学習は固く考えないで、気楽に取り組むことが大事です。

続けることが大切です。

あなたのあなたにとっての新しい未来への1ページ、
あなた自身で、1ページ、1ページめくっていってください。

また、宅建以外としては、
別なメルマガを書いています。

・ネクストチャレンジ『ワンツリーサークル』


よければ、こちらも購読くださいね。

ネクストチャレンジ『ワンツリーサークル』の購読はこちらから


また、今後、宅建合格者のためのあなたの今後の活動を応援する
しくみをやっていきます。

折角のあなたの経験を活かすサポートをさせていただきます。

後日、ご案内しますので、その際は積極的にご参加くださいね。

最後の最後になりますが、
是非、宅建取引士証を手にされた感想を寄せてください。

できれば、この記事のコメント欄に書いてもらえれば助かります。

あなたの更なる飛躍を期待して・・・


宅建ブログへの応援よろしくお願いします!
↓   ↓
人気ブログランキングへ


資格ブログの方も応援よろしくです
↓  ↓
にほんブログ村 資格ブログへ
にほんブログ村


平成28年宅建取引士証交付を受ける予定の方へ。


今回はこれから実務でバリバリと取引士証を活用する方、
すなわち新宅建取引士として活躍される方に向けてエールを贈ります。


既に宅建合格後、実務経験がある方は、
宅建取引士証を取得されていることでしょう。


また実務経験がない方は、
登録実務講習→登録申請→宅建取引士証交付申請をへて、
ついに新しく宅地建物取引士の仲間入りをされることでしょう。


すでに、宅建取引士証を手にされた方へ。

感想はいかがでしょうか?

一部、堀江さんのツイッターで一時的に宅建に注目が集まりました。

私は堀江さんなりの資格にしばられないで、強く生きないとグローバルな今の時代、
働く仕事がなくなるよの思いが込められていると感じました。

事実、今後なくなってくる職種があります。

ロボットの活用もどんどん進んでいきますので、いずれとって変わられる職種も出てきます。

資格があるから安心。
それに対する警鐘であったと思います。


資格取得はあくまでもスタート地点であり、ゴールではありません。
そこからあなたのスタートです。


あなたが宅建取引士になられた年齢はさまざまだと思いますが、
宅建取引士としては1年生になります。


ピカピカの1年生です。

気分も新たにそれぞれの抱負をもたれていることでしょう。


さて私からの贈る言葉としては一つ、
是非お客様から信頼される宅建取引士へなってください。

あなたの宅建取引士としての初仕事は、いつになるでしょうか?
(すでに、終えている方もいるかもしれませんが・・・)

あなたにとっての最初の宅建取引士としてのお客様に対しては、
大変緊張されることと思います。

宅建取引士証を掲示しての重要事項の説明をされる時は、
更に更に緊張されるかもしれません。


その第一号のお客様と接した時からあなたにとっての新しい第1歩が始まります。


お客様に信頼されるかされないかは、今後のあなた次第になります。
「あなたから、住宅物件を紹介されて良かった」
「あなたから、新居を購入できて良かった。」
「あなたなら、信頼できる人。」

そう言われる宅建取引士へなってください。


だからといって、何も身構える必要はありません。

あなたは、会社の肩書きでのあなたでお客様と接するかもしれません。


お客様にとっては会社に対しての信頼・信用もありますが、
一番大事なのは、あなたを信頼・信用できるかどうかになります。


あなたを通して、あなたの会社を判断することになります。

名刺の肩書きは肩書きとして、
あなた個人が接していることを絶対に忘れないで下さい。


例えば、
鈴木不動産の田中一郎ではなく、一個人としての田中一郎です。


私の今の仕事はBtoBですが、
最終的にはCtoCの意味合いが色濃く反映されています。


会社が仕事をしているのではなく、
仕事をしているのはお互い一人一人の人間同士です。

当然のことですよね。

お互いが一つの大きなプロジェクトを終えた場合、
「一緒に仕事をやれてよかった」
といいあえる関係になれかどうかです。


宅建士として仕事をされていく上で、
いろんな壁にぶつかることもあると思います。

そんな時は、
心の友として・・・
心の仲間として・・・
目にはみえないけれどお互い宅建学習を頑張った仲間で
つながっていることを思い出してください。


そして、このブログを覗いてみてください。

この宅建ブログは、
そんな疲れたあなたの心を休める止まり木でありたいと願っています。


新宅建取引士へ。

世間の荒波に負けるな!


自分を見失うな!!
自分が信じる道を考えを貫け!!!

顧客に信頼されるあなたになってください。


世界中であなたは、あなたの一人です。

宅建ブログへの応援よろしくお願いします!
↓   ↓
人気ブログランキングへ


資格ブログの方も応援よろしくです
↓  ↓
にほんブログ村 資格ブログへ
にほんブログ村


宅建登録実務講習、宅建資格登録申請と紹介してきましたが、
ついに最後は宅建取引士証交付申請になります。

ここまでくると本当に念願の宅建取引士証までもう後少しです。

今この時点であなたの宅建ロードを振り返ってみますと、
宅建学習に始まり、宅建試験、合格発表までのドキドキの待機期間、
そして、合格発表・・・

ここまで、本当に長かったですね。

それもこれももう後ちょっとで一区切りになります。

本当にみなさん長い間お疲れ様でした。
宅建に合格されて実務講習と手続きをされている方に対して心からそう感じます。

あなたにとって、
宅建受験決意をされてか宅建取引士証を手にされるまで、
実際どの程度の期間が経ちましたか?


宅建取引士証。

私自身は手にしていないものです。

毎年この時期になると、
私も申請しようかなと思います。

今年もそんなセンチな気分にさせてくれることでしょう。


さて、本題に入ります。
宅建取引士証交付申請での準備品です。

神奈川県で詳しい例がありますので紹介します。

宅建取引士証交付準備品

1.宅地建物取引士証交付申請書
 (様式第7号の2の2)

  正本1部・副本(コピー)1部
  申請書には、記名、押印が必要。

 756931


2.顔写真 3枚(同一のもの)
  申請前6か月以内に撮影した無帽、正面、上半身、無背景の
  縦3cm、横2.4cm(顔2cm程度)のカラー写真。
  宅建協会でも撮影可能です。(6枚セット700円)

3.登録通知書(はがき) 原本。
  確認した後、返してくれます。

4.手数料 4,500円
  (収入証紙は消印しないこと。)


宅建取引士証交付申請

1.手続きの場所
 ・県宅地建物取引業協会
  (都道府県によって、場所は違うかもしれません。)

2.手続き
 ・交付申請書への記入
 ・交付申請書への捺印(認め印可)

3.手続き終了後にもらうもの
 ・領収書
 ・予定交付日を記入した紙
  (申請から約2週間後に交付されます。)

4.申請の所要時間
 ・約10分
  (行く日や場所によって時間は違うと思います。)

*注意点
 ・合格後1年経過した場合は、指定講習を受講しなくてはいけません。


※宅建取引士証
 ・運転免許証よりうすい感じ。(パウチタイプ)
  (有効期間 5年)

*ここに掲載しているのは平成28年1月に掲載されている例です。
 最新の情報は、通知されてくるものやあなたが申請する都道府県内の
 関係機関に確認をください。


宅建主任者証は、パウチタイプです。

パウチは、なんともいえない感じを抱くかもしれませんが、
簡素化・コンパクト化は今の世の流れですから仕方ないですね。

自動車の運転免許証もコンパクト化された当時は、
何ともいえない違和感を感じましたが、
今はすっかりなじんで何とも感じません。

宅建主任者証もきっとなじんでくると思いますよ。


最後に写真です。

もちろん今回の申請に使用する写真が、
宅建取引士証に貼られます。

だから大事ですよ。

よく後で写真写りについてコメントされる方がいます。

特に女性の方、ご注意くださいね。


折角の写真入り宅建取引士証ですから、
お気に入りの表情で写ってくださいね。
(変顏も個人的には魅力的だとは思いますが・・・)

せっかくですから、
自分の納得いく写真にしたいところです。

不動産業界で仕事をしない限りは、
あまり人様に見せる機会はないかもしれませんが、
せっかくですからばっちり決めましょう!

もちろん不動産業界の方は実務で使われるので、
明るい穏やかな表情がいいですね。


肝心なところで、
お客様へ提示するわけですから、
流石に怖い表情の写真では・・・・困りますね。

本人よりも写真映りが良すぎる・・・
(これについてはノーコメントです)

明るい表情の宅建士証・・
イケメンの宅建士証・・
すがすがしい顔の宅建士証・・
きれいな美人な宅建士証・・
かわいい宅建士証・・・

要は、あなたらしい宅建取引士証の写真になることを祈ります。

ただあまり撮りすぎて、
写真代がかさんでも一切責任はもちません・・・

宅建取引士証の有効期限は5年です。


だまっていても5年後には、写真は必然的に変わることになります。

いずれにしても宅建取引士証を手にして、
改めて宅建試験に合格されたことを実感されることと思います。

是非、あなたが宅建取引士証を手にされた感想を
コメントしてくださいね。


宅建ブログへの応援よろしくお願いします!
↓   ↓
人気ブログランキングへ


資格ブログの方も応援よろしくです
↓  ↓
にほんブログ村 資格ブログへ
にほんブログ村


ブログネタ
宅建試験 に参加中!

宅建初受験のあなたのために、学習スタイルを一緒に決めていくセミナーです


平成28年宅建受験に向けて効率よくスタートダッシュするためには、
早めに学習スタイルを決めておくことが大事です。


宅建初受験の方にとっては、わからないことばかり・・

どんな学習をしたらいいのか?
何時間くらいしたらいいのか?
どこのテキストを使ったらいいの?
独学で合格できる?
予備校はどこがいいの?

いろんな疑問があると思います。

これをわからないままにテキストを選び、
なんとなく学習をスタートしたのでは合格は非常に厳しい道のりになります。

宅建は、宅建なりの学習方法があります。
ネットで得る情報は玉石混合、ただ沢山学習すれば合格するという試験ではありません。


そこで、宅建受験を志すあなたのために疑問を解決するセミナーを開催します。
疑問を解決した上で、あなたの宅建学習スタイル決めていきましょう。


学習参考例を基に、実際に学習計画シートに記入してもらいます。

もちろん、初受験の方だけでなく、リベンジ受験の方も参考になると思います。

リベンジの方には、過去の受験結果を分析するシートをプレゼントします。
それにより、どこが敗因だったのかを冷静に分析しましょう。


○実施日時 1月31日(日)13:30〜16:0
       (受付開始 13:00〜)

○実施場所 勝どき区民館 5号室
         
     *区民館受付の表示板には、
      『宅建試験サイト勉強会』と書かれています。

○アクセス   

○費用 2,000円
    (レジュメ付)


○今回の講座で身につくこと
・宅建試験のしくみや概要がよくわかる
・合格するために必要なことがよくわかる
・申込み開始から合格発表までの流れがわかる
・合格後の必要な登録実務講習から宅建士証取得までがわかる
・宅建直前期/受験当日に必要なことがわかる


・自分にとって最適な宅建学習方法がわかる
・独学か?講座活用かの判断ができる
・テキスト/問題集の選び方がわかる
・学習にかかる費用がわかる
・学習のモチベーションの保ち方がわかる

・先輩諸氏の合格体験がわかる

・10月までの宅建学習の流れがわかる
・有益なサイトの活用法がわかる
・法令上の制限の習得法がわかる
・宅建業法の学習法がわかる
・民法の学習法がわかる


○タイムスケジュール
(13:30〜14:30)
・宅建試験の概要
・合格するために必要なこと


(14:40〜15:30)
・合格するために必要な学習スタイル/方法を紹介
・学習時間
・学習環境
・独学での使用テキスト/問題集
・予備校講座/独立系塾の選び方


(14:30〜16:00)
・個別に学習スタイルをワーキングして決めていきましょう
 フランクな会話の中であなたの特性をみて決めていきます。

宅建セミナー申込みはこちらから


宅建ブログへの応援よろしくお願いします!
↓   ↓
人気ブログランキングへ


資格ブログの方も応援よろしくです
↓  ↓
にほんブログ村 資格ブログへ
にほんブログ村


ブログネタ
宅建試験 に参加中!

本日の記事で4,385回目になります。

昨年の同時期には3,929回目でしたので、
1年で456回記事投稿したことになります。

後615回で5,000回です。

通常でいけば来年での達成は困難ですが、
折角なので、宅建ブログとして11年目の来年に達成したいと思います。


さて今年、あなたの心に届いた記事はあったでしょうか?

最終的には読者の方のお役に立てた記事、
励みになった記事、
元気・勇気・ヤル気をあげることができた記事が、
私にとっては最高の記事ですね。

そして、この時期に贈る記事としてはこれです。

今、読者であるあなたに感謝に込めて・・・


宅建試験は必ず攻略できる試験☆ハードルを自らあげては駄目


この宅建ブログ読者の方にとってはおなじみのように、
メンタル面に関する記事がとても多いブログです。


メンタルは直前期から宅建試験後、
そして合格発表までの期間こそ多くの共感を呼び、
非常に沢山の人が訪れます。

しかし、これが上記期間以外になると・・・
認知されにく現実があります。


メンタルの大切さに気がつき、
それを上手に学習に組み入れられた方は、宅建に勝利しやすくなります。


今のあなたが、もし来年宅建を受験されるあなたなら、
是非自分自身に強くその大切さを心にとめてくださいね。


メンタルが必要な時期は直前期や試験当日ではなく、
むしろ通常の宅建学習時期であり、
宅建学習をはじめる前の心構えを養う時期にこそ、必要性があります。

是非今の時期に、その必要性を理解してください。

それだけメンタルは、普通の時期は軽んじられやすいのです。

邪魔もの扱いもされます。
単なる精神論と捉える方もいます。

でも、実際は今はメンタル面で病んでいる方が増えてきています。

いろんな企業の管理職の方とお話すると、
出社できなくなる方も増えているようです。

それだけ心がむしばまれやすくなっている昨今、
現状のままでは更に複雑多様化していくことでしょう。


確かに学習を上手に組み立てられる方には、
それほど意識する必要はないことです。

そういう方はブログからとやかく言われなくても、
自分で計画を建てて進めていくことでしょうし、
宅建ブログ自体もあまり読まないでしょう。


また前に向かってドンドン進める方も、
ブログを学習のペースメーカー代わりに活用していけば、
メンタルを意識しなくても結果はついてくることでしょう。


一番心配しているのが上記以外の方です。
「何を言っての?」と余裕あるあなたが一番危険な方です。


調子のいい時は順調に進んでいく。
しかし一旦調子をくずすと一気にくずれていく。

そういう方を毎年私は多く見てきました。

直前期にあわてても、時遅しです。

試験当日に遭遇してしまい、対処できず夢敗れる方もいます。


一旦そういう状態になると、多年受験になりやすいのです。

今は全くその片鱗さえないかもしれません。
でもその時は突然やってきます。
そのためにもメンタルの対処法は身につけてくださいね。


宅建は攻略できる試験です。
宅建は自分自身で勝てる試験です。


宅建という敵ではなく、
自分自身の攻略法さえ間違えなければ、
合格確率は必然的にあがっていきます。


その根底にあるものは、
テクニックやコツや効率だけの学習ではなく、
私は気持ちの問題=メンタルにあると思います。

あなたの気持ちのコントロールを最優先に考えてください。

あなたの気持ちをベースに、戦略・戦術を構築してください。


それさえ間違わなければ、
リベンジの方は間違いなく来年がファイナルのリベンジになります。

メンタルを制すれば宅建を征す。

宅建合格しての晴れてブログからの卒業してください。
あなたが来年の卒業生です。


今回読んでいただいている受験生であるあなたへの、
はなむけの言葉とします。


そして最後の最後に、今年を含めた合格者であるあなた。
今も読んでくれているあなたに心から感謝します。


ありがとう!


宅建ブログへの応援よろしくお願いします!
↓   ↓
人気ブログランキングへ


資格ブログの方も応援よろしくです
↓  ↓
にほんブログ村 資格ブログへ
にほんブログ村


↑このページのトップヘ