宅建試験!初心者のための一発合格サイト

宅建士試験(宅地建物取引士資格試験)初受験やリベンジの方に、短期・中期・長期での宅建学習方法、独学学習・過去問学習のコツ、受験テクニック、学習サポートなど、宅建受験から合格後の宅建取引士証登録迄、幅広く総合的に紹介したブログです。 【Yahooカテゴリー登録サイト】

◎ブログニュース
1) 最新ニュース
 ●不動産業界へ転職のためのエージェント紹介
  登録は無料、詳細はこちらの記事へどうぞ
   ↓  ↓
  http://blog.takken-get.com/archives/52298837.html

2) 各種メルマガ紹介
 ●『一木秀樹の中高年支援マガジン☆未来を切り開く方法』
  まぐまぐより毎週金曜日発行
  購読費 550円/月
  詳細と申込はこちらから
   ↓    ↓
  https://www.mag2.com/m/0001688139.html

 ●『インスタグラマーへの道』(無料)
  インスタグラムでもっと楽しもう!
 ※詳細と登録はまぐまぐサイトにて。
    ↓    ↓
  https://www.mag2.com/m/0001688339.html

 ●ネクストチャレンジ『ワンツリーサークル』(無料)
  いろんなチャレンジを応援します。
 ※詳細と申込はこちらから
    ↓    ↓
  http://blog.takken-get.com/archives/52296419.html

 ●宅建学び塾『ウィナー』(無料)
  宅建受験生必須のメルマガです。ブログと合わせて購読で効果発揮!
 ※詳細と申込はこちらから
    ↓    ↓
  http://blog.takken-get.com/archives/52296418.html

宅建学習

宅建学習について、最初の分岐点としては、独学か講座利用か?を選ぶことになります。
講座利用なら、通信講座や通学講座か?
判断の分かれるところです。

特に初めて宅建受験を志ざされた方にとっては、いろんな面で悩むことが多いでしょう。

基本的には、宅建試験は独学で合格可能な試験です。

もちろん、それはあなたが計画的に学習することを前提にしての話です。
独学をするにはそれなりの自己管理が必要になります。

予備校の生講義に出れば、
その間は少なくとも学習を受ける時間となります。
(もちろん講義を受けるだけでは駄目ですが・・)

しかし、独学は全てあなたまかせになります。
いつ、どんな時に、どこで学習を、どの位のペースでやるのか?
全部、自分で決める必要があります。

まずはあなたの置かれている学習環境をよく考えてみてください。

独学での学習に自信がない方・・・
学習の自己管理が難しい方・・・
スパッと講座活用を選ぶのも一つの選択肢です。

予備校によってはいろいろと学習方針がありますので、自分に合う合わないものもあると思います。

担当講師があなたとマッチングすればベストですし、ビデオ講義であれば講師の好き嫌いの影響を受けにく面もあります。

でも同じ受けるなら生講義の方が効果は高いと思います。

講師は受講してみないとわからない面もありますから、有名講師の方を選ぶ気持ちもよくわかります。

L校のM講師などはまさにこれですね。
(これはこれで、ある一定以上のモチベーションを保てるので考え方によっては・・ありですね)

通学の場合は、費用がそれなりにかかることを覚悟しなければいけません。
また、途中でいやになっても費用は返ってきません。
そのあたり、十分に吟味してください。

通いたい予備校がない場合、または予備校自体がない場合はどうするか?
そんな場合は通信講座があります。

現在、各社から各多様のものが出ていますし、通学講座をもっている予備校にもWEB講座など多種多様です。
中には、生講義にでれるものまで・・・

予備校の過去記事は、カテゴリー『各専門学校の講座紹介』を参考にしてください。

まずは、資料請求をされじっくり選んでもいいと思います。

最終的に、独学にするか?講座を使って学習するか?を決めるのは、あなた自身になります。

あなた自身でこれだと思ったもので決めてください。

このブログは、初心者のために宅建試験を一人で頑張るための応援ブログです。

独学の方をメインに心の友として、応援していきます。

もちろん講座活用を選んだとしても・・・
心の支えとして・・・
学習に行き詰った時の不安解消するためのものとして・・・
また毎日のヤル気のペースメーカーとして・・・
読んでいただければと思います。
(予備校利用の方も、かなり利用されていますよ)

どちらを選択するにしても、まだ時間はあります。

あなたが必ず納得した上で必ず決定してください。
人から勧められるままに選んで、後悔することだけはやめましょう。
知人や友人が行くから・・・これもやめましょう。

自分の意思で決めましょうね。
(自分で決められない人は、学習相談を受けてくださいね)

また、独学を選んだ場合、テキストも同様です。
最終的に選んだものは、あなた自身が責任をもって最大限活用するしかないです。

本棚の隅において、ほこりをかぶることだけは絶対に避けましょうね。

私も最初に購入した「出る順権利関係のテキスト」は、開封されることなく数ヶ月の間、部屋の片隅で埋もれることになりました。
(結局、このテキストを使用しましたが・・・)

こういう可能性は、十分にありますので絶対に要注意です。

自分自身で選んでも興味本位だけだと、使わない結果に陥りやすいのです。
しっかりと自分の強い意志をもって決めてくださいね。

そこから、あなたの令和2年に向けての宅建学習がスタートします。

ブログ応援ありがとう、1クリックお願いします。
↓   ↓
人気ブログランキングへ


ダブルで応援クリックお願いします。
↓  ↓
にほんブログ村 資格ブログへ
にほんブログ村


今日は、ハロウィンですね。
何かイベントなど参加される方は楽しんで下さいね。

さて、まずは既に来年宅建リベンジに向けてスタートされる方へ
令和2年版のテキストや問題集などは今後発売されていきますが、その間を利用してリベンジの方は今年の学習を振り返って、カウンセリングを希望される方はいませんか?

まずは自分で自分自身の足跡を分析することが大事ですが、なかなか自分のことになると適切に判断できない面もあります。
そうした場合客観的に第3者からみたアドバイスは、自分では気づかないところを教えることができますので、今後の学習を構築していく上では大変有効になります。

また自分の今置かれている環境を話すことによって、気持ちも楽になります。

私自身それなりに苦労していますので、その苦労を乗り越えた経験はあなたにとって必ずお役立ちできます。

独学されてきた方にとっては、なかなか今まで相談する機会はなかったと思います。
試行錯誤は素晴らしいことですし、その中で見つけた答えはあなたのこれからの大事な指針になることでしょう。

一方では、なかなか方向性や答えを見いだせない方もいます。

流されるままに予備校に通う。
皆がいいというから通信講座に申し込む。

これでは、成果はなかなかでません。

実際、セミナー・メール相談・カウセリングで話をきいてみると、私が思っていると意図と違う解釈をされたり、学習の突っ込み方や突っ込む箇所を間違えていたり、もったいなく感じることが多々あります。

学習のポイントを間違えなければ遠回りすることがないのに、これは毎年感じることです。

どうしても、学習環境や本人の状況は人それぞれです。

総体的なことはブログでもいいのですが、個別に対応しないとより適切なアドバイスがしにくいの現状です。

個別で相談にのってこそ、最適なアドバイスができる。

特にメンタル面は、徐々にあなたの心を蝕んでいきます。
気がついた段階ではなかなか修正しにくいのも現実です。

心や気持ちの問題は、短期では克服しにくいものです。

できるだけ早いうちに、対処していくことが最善の解決策につながっていきます。

日本人は哀しからずやどうしても、このメンタルを軽視しがちになります。

占いとかお参りとかは熱心なのに、メンタル=精神論と考えてしまうからかもしれません。

たるんでる・・・とか、
甘ったれるな・・・とか、

簡単に一言で終わらせてしまうことがありますよね。
ここにくすぶる要因が隠されています。

どんな実力があり強いアスリートでも本番で実力が発揮できない光景をテレビでよくみますよね。

それが、現実ですから・・・
やはりメンタルをなめてはいけません。

メンタルを含めてお気軽に相談ください。

無料相談対応します。

相談はLINE(電話)での対応になります。
LINE IDを交換して日時を決めて対応することになります。

メール希望の場合は、通常メールでのやりとりになります。

また、直接お会いしてカフェで話すことも可能です。
その場合は、私の交通費とカフェ代はご負担頂く必要があります。

まずはメールで問い合わせして下さいね。
(以下をクリックするとメールフォームが立ち上がりますので、必要事項を書いて送信してください。折り返し返信します。)


令和元年宅建合格を信じて、1クリックお願いします。
↓   ↓
人気ブログランキングへ


ダブルで宅建合格祈願、応援クリックお願いします。
↓  ↓
にほんブログ村 資格ブログへ
にほんブログ村


先週募集したアドバイス・エールメール企画・・・
おかげさまで沢山の申込を頂いております。

無料で、毎日エールメールが届くわけですから・・
直前期としての学習ペースメーカーとしては最高ですね。

皆さんが申込時に書かれている内容をみると、あなたの今年の試験にかける
思いがひしひしと感じられました。

今年も無料企画にして良かったなと感じます。

その申込も明日27日23時には締め切らさせていただきます。
ご希望される方は、忘れずに申込下さい。

【目指せ宅建合格エールメール配信】
 
・あなたの日々の学習継続のヤル気をサポートするため・・
・モチベーション維持やアップにつながるため・・
・不安に立ち向かうあなたを勇気づけるため・・
・その時々に応じたアドバイスを行うため・・
・最終最後の学習のペースメーカーとして・・・
 
私から心をこめたアドバイスとエールメールを贈ります。
 
【企画詳細】
1)9/30〜10/20まで毎日配信
    (申込者への一斉配信、全21回)
 
2)無料

3)件名「合格エールメール配信希望」と記入

4)必要事項を入力ください。
  (ハンドルネームだけはご遠慮ください)
 
※申込期限:9月27日(金)23:00まで
      申込状況によっては、早期に締め切る場合もあります。

令和元年宅建試験は、10月20日です。
是非、合格を勝ち取りましょう!

宅建士合格を決めるためにも、是非活用ください。


令和元年宅建合格を目指して、1クリックお願いします。
↓   ↓
人気ブログランキングへ


ダブルで宅建合格祈願、応援クリックお願いします。
↓  ↓
にほんブログ村 資格ブログへ
にほんブログ村


宅建平日学習への休日学習からのバトン続編

9月2度目の3連休の最終日です。
あなたの学習はいかがでしたか?

連休は効率とともに絶対量を確保できるラストチャンスでした。

きっと、このブログの読者なら頑張られた方も多かったのではないでしょうか?

さて、9月も残り8日です。
来週火曜日からは10月になります。

あせる必要はありませんが、気持ちは引き締めていきましょう。

ここから、メンタルの大事な時期を迎えます。

3つのイメージトレーニング、実施していますか?

あせりに打ち勝ち、適度な緊張感で残された期間であなたの課題をクリアにしていく。
そのためのイメトレです。

漠然と宅建試験日を迎えるよりも、明らかに自信をもって本試験当日を迎えることができます。

イメトレで心の状態を保ちながら、モチベーションを維持していく。
最後まで、全力で駆け抜けるために・・・

本日の就寝前は、合格発表の日をイメージしながら寝てくださいね。

令和元年宅建合格を目指して、1クリックお願いします。
↓   ↓
人気ブログランキングへ


ダブルで宅建合格祈願、応援クリックお願いします。
↓  ↓
にほんブログ村 資格ブログへ
にほんブログ村


今日は、9月23日です。

令和元年宅建試験まで後27日になりました。

平成21年受験では、
この時期のブログの読者はリベンジの方が多かったです。
前年の宅建試験が予想より合格基準点が下がらなかったため、
リベンジすることになった方が多かったためです。

平成22年受験では、前年の合格率が願いかなって上がったため、
ボーダー上の沢山の方が救われ、
リベンジ受験の比率は前年より下がりました。

平成23年受験では、合格基準点が36点となり、
かつ合格率も下がったために、
平成21年受験同様にリベンジ受験の方が多くでました。

平成24年受験では、合格基準点が33点となり、
当初合格予想が上側だったため、喜びの合格の方が結果的に増えました。
リベンジの方も多く合格できたと思います。

平成25年受験では、前年同様の合格基準点33点となり、
悲喜こもごもの結果となっています。

平成26年受験では、宅建主任者試験の最後にふさわしく、
合格率もあがり合格基準点は前年より1点下がる32点となりました。

平成27年受験では、宅建士としての最初の試験として注目されました。
宅建業法に個数+組合せ問題が増え、合格率も前年よりさがり、
合格基準点も更に1点下がる結果となります。

平成28年受験では、宅建士として2回目の試験、前年通りの難易度が
予想されましたが、結果は軟化。
宅建主任者試験同様に難易度が変化することがわかった試験でした。
合格基準点も35点になりました。

平成29年受験では、宅建士として3回目の試験、問題の再びの難化も
予想されました。結果は前年より少しだけ問題が難化?したこともあり、
合格基準点が1点だけ下がる予想もされましたが、前年通りの35点で
決着しました。合格率も0.2%だけ前年を上回りました。

平成30年受験では、28年・29年より試験の難易度が落ちたことと、受験生の出来が予想よりも良いためついに37点・38点到来かと言われました。
結果は、平成29年より2点あがった37点になりました。
合格率は前年同様の15.6%でした。

そして今年令和元年の受験では、どんなドラマが生まれるでしょうか?
宅建士として5度目の試験です。
令和として最初の試験です。
東京オリンピック前の試験です。

例年からみれば、そろそろ難易度があがってもおかしくはないのですが・・・
こればかりは、試験当日にしかわからない現状です。

さて、リベンジの方だけでなく初受験の方も含めて、
今学習不足などで厳しい状況におかれている方への
逆転合格に向けての私からの熱いメッセージです。

【逆転合格に向けてのメッセージ】

今現在、まだ合格レベルに達せられていないあなた。

模試で結果のよくなかったあなた。
基本問題を間違え自信をなくしかけているあなた。

人と比較して、自分のふがいなさを感じているあなた。
本番に自信のないあなた。

理由はないけどなんとなく毎日が不安になってくるあなた。

自信をもって言います。

あなたにも合格するチャンスは、大いに残されています。

なぜなら、あなたはまだ合格を諦めていないからです。

勝負の世界では下駄をはくまで結果はわかりません。
ビジネスの世界でも大型物件の内示が出て受注だと喜んでいたのに、正式発注は出ず失注。

マラソンでも38kmまでトップを独走してても、
39km時点で失速し、トップを明け渡しただけでなくメダルにも手がとどかない。

ゴルフでもロングホールを2打でグリーンにインさせても、
パットで大たたきすれば終わりです。

そこで視点を180度変えてみてください。
上記と逆の立場で、逆の展開を考えたらどうでしょうか?

ビジネスの世界で他社に内示が出て失注寸前。
社内からは責められ八方塞。
でも、最後のプレゼンで成功し大逆転受注する。

マラソンで2位グループで虎視眈々とスタミナ温存、
トップが落ちてきたところで、勝負のラストスパートでトップでゴールイン。

ゴルフで、第3打がグリーン手前のバンカーにつかまったけど、
見事リカバリーショットで、チップインバーディー。

逆転は、現実に沢山起こります。
だからこそ、今のあなたにもチャンスはあるのです。

「宅建試験まで後27日しかない、絶対間に合わないよ。」
→いえ、あきらめなければ合格の可能性はなくなりません。
 逆にいえば、後27日もあると考えてください。

今日が宅建試験日当日ではありません。

10月の3連休もこれからです。
やる気になって必死でやれば、いくらでもチャンスは残されているのです。

逆転合格は、
信じて最後の最後まで諦めずに頑張る人のみ権利があります。

最後まで、喰らいつく勇気がある人に栄光の合格は舞い降りるんです。

諦めない人に、勝利は微笑みます。

幸運は待っていてもつかめません。
白馬の王子様は向こうからは絶対にやってきません。

自分から手を伸ばしてつかみ取りにいくのです。

自分が出会うチャンスを作るのです。

ですから自分から、
残り27日間を自分のものにする努力をしてください。

今はまだ、自分で切り開く時間が残されています。
十分残されています。

そんな最後まであきらめないあなたに、
逆転合格の栄冠が授かることと私は固く信じます。

PS.いつも応援1クリックありがとうございます。
   初めて当サイトを訪問された方、あなたの気持ちを
   以下の2つのブログランキングに1クリックの形で
   おねがいします。
   あなたの暖かい1クリックが私の記事の原動力となります。

令和元年宅建合格を目指して、1クリックお願いします。
↓   ↓
人気ブログランキングへ


ダブルで宅建合格祈願、応援クリックお願いします。
↓  ↓
にほんブログ村 資格ブログへ
にほんブログ村


↑このページのトップヘ