宅建試験!初心者のための一発合格サイト

宅建士試験(宅地建物取引士資格試験)初受験やリベンジの方に、短期・中期・長期での宅建学習方法、独学学習・過去問学習のコツ、受験テクニック、学習サポートなど、宅建受験から合格後の宅建取引士証登録迄、幅広く総合的に紹介したブログです。 【Yahooカテゴリー登録サイト】

◎ブログニュース
1)最新ニュース
●令和2年宅建試験合格体験記を募集しています。
 薄謝ですが、お礼を用意しています。
 こちらもご協力お願いします。
   ↓    ↓
 http://blog.takken-get.com/archives/52309559.html

●中高年向け支援マガジン・・是非、購読して下さいね。
『一木秀樹の中高年支援マガジン☆未来を切り開く方法』
  まぐまぐより毎週金曜日発行
  購読費 550円/月
  詳細と申込はこちらから
   ↓    ↓
  https://www.mag2.com/m/0001688139.html

2) トピックス
 ●noteで各種マガジン配信中です。
『物事の考え方・・自分の生き方へのヒント』
 https://note.com/iccyan/m/m78d27529d46c

『初心者のためのインスタグラム講座』
 https://note.com/iccyan/m/m0bea5319637d

『物流が楽しく簡単にわかるマガジン』
 https://note.com/iccyan/m/m9c227d4e05ea

『軍師『黒田官兵衛』の戦略を今の時代に活かすマガジン入門編』
 https://note.com/iccyan/m/mc51b99b1568d

『『黒田官兵衛』の戦略を今の時代に活かすマガジン(実践編』
 https://note.com/iccyan/m/m7faff6892e7a

●12/27受験者用の対策セミナー実施
 現在、開催リクエスト募集中です。
 個別相談対応は随時実施しています。
 詳細は、以下のブログ記事を見て下さい。
  ↓    ↓
 http://blog.takken-get.com/archives/52307203.html

3) 各種メルマガ紹介
●『インスタグラマーへの道』(無料)
  インスタグラムでもっと楽しもう!
 ※詳細と登録はまぐまぐサイトにて。
    ↓    ↓
  https://www.mag2.com/m/0001688339.html

宅建戦略

宅建試験まで1ヶ月ちょっとです。
ここからが本当に早いですよ。

翌々週末には4連休が待っています。
9月最大のヤマ場を迎えます。
(4連休中、仕事をされる方は本当にご苦労様です)

仕事と併行しながら、学習の手は緩めないようにしてくださいね。

さて、ここでは残り1ヶ月の戦略を考えてみましょう。

1.過去問の徹底繰り返し
・これは、継続して行なってください。
  過去問1問
 スピードアップを忘れずに。
 直感力、判断力アップにつながります。

2.基本問題で間違う問題は、その間違った問題を集中して繰り返す
・基本問題を落とすことは、それだけ合格確率を下げます。
 特に、短期学習の方は要注意です。

3.Bランク問題の正答率をあげましょう
・Bランクの正答率が低い分野のよく間違う項目を
 テキストなど知識の再注入をしましょう。
 テキストを読み直すと今までわからなかったことが、霧が晴れるようにわかることがあります。

4.解法テクニックの練習
・過去問を説く時に、徹底的に練習します。
 (詳しく、電子書籍「宅建試験本番!10の解答テクニックとコツ」を参照してください。)
 公開模試でシュミレーションされた方は、そのまま継続して実践してください。
 そうでない方は、シュミレーションしましょう。

5.毎週日曜日午後1時に模擬トレーニング実施
・試験と同じ時間帯に問題を解くことで、実践感覚とその時間に脳が活性するようにしてください。
 できれば、50問1セットでの実践をしてください。

6.直前イベントの活用
・試験日が差し迫ってくると不安が増幅されてきます。
 そんな時は、宅建イベントにでかけてみましょう。
 宅建みやざき塾などの独立系塾や大手予備校で開催されていますので、
 自分の地理性を考えて活用ください。

7.イメージトレーニングの実施
・合格する暗示を自分自身に毎日かけてください。
 やり方は、ブログ記事内で紹介しています。

8.健康管理
・うがい、手洗いを忘れずに実施しましょう。
 普通の風邪が一番要注意です。
 風邪は万病の元。
 そして、一番大事なのが睡眠です。
 万全の状態で受験するための日頃の予防と睡眠不足にならないようしましょう。

以上、8項目について紹介しました。
あなたの学習状況によって、どこに重点ポイントをおくかは違ってきます。

あなた自身にあわせた工夫を忘れずにしてください。

必勝宅建合格!

令和2年宅建士試験合格を目指して、1クリック応援お願いします。
↓   ↓
人気ブログランキングへ


ダブルで合格祈願、応援お願いします。
↓  ↓
にほんブログ村 資格ブログへ
にほんブログ村


このエントリーをはてなブックマークに追加

ランチェスター法則

サラリーマンやビジネスマンの方は、書籍として読まれた方もいるかもしれません。
元々はイギリス生まれの兵法に関するものが、アメリカで育ったものです。
それが日本に渡りビジネスに応用して成果を出している企業や商店、個人があります。

ランチェスターの法則には、大きく分けて二つの戦略があります。
ひとつは、大手のトップ企業などの強者の戦略。
そしてもうひとつは、中小企業や商店・個人などの弱者の戦略です。

宅建試験に置き換えた場合、今逆転合格を目指されている方は弱者の戦略をとるべきだと考えます。

弱者逆転の3原則を見た場合・・
1.局所優勢
2.各個撃破
3.武器効率

これを宅建試験をにらんだ学習に当てはめてみます。

1.局所優勢 ⇒ 特定の分野で優位に立つ。
         例えば、宅建業法では満点に近い得点力を持つ。

2.各個撃破 ⇒ 自分にとって簡単な問題から解いていく。
         一般的には特AやAになると思います。

3.武器効率 ⇒ 読解力、判断力、選択力、絞り込み力を磨いていく。
         絞り込める問題の場合は絞り込む力。
         組合せや個数問題に関しては、1肢1肢解く力を磨く。

今回は、局所優勢について紹介します。

1.局所優勢 ⇒ 特定の分野で優位に立つ。
         例えば、宅建業法では満点に近い得点力を持つ。

問題数を分野別に見た場合、令和元年の例では以下になります。

「権利関係」⇒14問
「宅建業法」⇒20問
「法令上の制限」⇒8問
「税関連」⇒3問
「5点免除問題」⇒5問

5点免除問題で、最近は大きな差とはなっていません。
一般的にみなさんにとって、やりやすい、得意になりやすい分野は宅建業法になります。
もし、宅建業法で満点をとれれば・・・20点ゲットです。

仮に、得点目標を36点としたば場合、宅建業法が満点なら後16点をそれ以外のところで稼げばいいことになります。

仮に、権利関係が半分正解で7点(累計27点)
法令上の制限が半分正解で4点(累計31点)
税が2問のうち1問ゲットで1点(累計32点)
価格の評定で1点(累計33点)
5点免除で3点ゲットで、トータル36点になります。

実際は、最近の宅建業法では満点は難しく、組合せ問題や個数問題の出題状況によっては増減しますので最高でも18点位にと考えた方が無難ですし、
権利関係や法令上の制限で半分よりもっと得点を重ねることも可能です。
それもこれも得意なベースがあってこそです。

人によっては、民法が大得意だったり、法令上の制限が大得意だったりしますのでそれをベースに構築するのもひとつの方法です。

一般的には、宅建業法の20問が一番ウェートが高く、取り組みやすい分野なので、ここに主眼を置くことこそが、逆転合格を狙う大事な要素となります。

宅建業法で、局所優勢から局所大優勢までいかせるつもりで、取り組んでください。

必ず、勝機は見えるはずです。

令和2年宅建士試験合格を目指して、1クリック応援お願いします。
↓   ↓
人気ブログランキングへ


ダブルで合格祈願、応援お願いします。
↓  ↓
にほんブログ村 資格ブログへ
にほんブログ村


このエントリーをはてなブックマークに追加

宅建試験後のポイントについて書きます。

今年リベンジされる方にとっては、嫌でも昨年の苦い経験を思い出してしまうかもしれません。

あのときの悔しさ・・・・

そのために今頑張っているはずです。

そして、初受験される方にとっては、試験後のことを把握する程度に読んでいただければと思います。

〇受験後の自己採点
・受験後の自己採点をする方法は・・・
1.当日もしくは翌日にインターネットに公開される各予備校の解答速報を見て自己採点を行なう。
2.当日行われる各予備校の解答速報会に参加する。
  (無料です。)
3.試験会場を出た後に、各予備校の人から渡される葉書に書いて、応募し採点結果が届くのを待つ。
4.インターネットで、自己採点サービスに申し込む。
     
当ブログでも、各解答速報状況については準備アップします。
是非、このブログを基点にしての活用をしてください。

〇模範解答について
・模範解答について、各予備校が全て公開当初、一緒になるわけではありません。

平成18年の場合は、ほぼ一緒でした。
(有名予備校の中で1校だけが違う解答でしたが、後に変更され、同じになりました。)

但し、その後、論議を呼ぶ問題があり、ある別な1校が一石を投じる解答を行いました。とても勇気ある果敢なことでした。

平成19年の場合は、主要校は一緒でした。
この年も、ある問題に一石が投じられましたが、この場合は、その時点から試験結果にに反映される可能性は低いとみられ、早番、この話題はフェードアウトしました。

平成20年の場合は、何と主要予備校3校が一部違う解答をアップされました。
(その後、全て、同じ解答になりましたが・・・)

平成21年の場合も、複数の学校の回答がわれました。
平成18年の再来かと思われましたが、
日を追うごとに落ち着くところにまとまる結果となりました。

平成22年の場合は、平成19年同様に主要校は一緒でした。

平成23年の場合は、当初主要予備校のうち1校だけがちがうだけでしたが、その後一致しました。
そして、忘れることができないのが11月22日での機構側からの緊急告知。
問48の問題誤記による全員正解にする処置。
ここで明暗が別れました。

平成24年の場合は、問5に意見がわれました。
どうなるか注目され、なんとなく平成18年の再来を予感させました。
結果は複数肢正解で、平成18年同様になりました。

平成25年の場合は、没問問題が発生しましたが、平成19年同様に早めに収束しました。

平成26年は特に大きな波風もない年でした。
結果は、32点。
主任者としての最後の試験は合格率も高くなりました。

平成27年も大きな波風もなく推移しました。
宅建士としての最初の試験の結果は、31点。
難易度どおりの結果となりました。

平成28年は、当初宅建士2年目として平成27年と同等の難易度が予想されていました。
結果は、逆に問題が軟化しました。
疑義問題も試験後に浮上しましたがすぐに沈静化し、結果は35点。
宅建主任者試験同様に問題の難易度はかわり、それに伴い合格基準点も上下することが確認できました。
宅建士試験になったとはいえ、試験対策については何ら変わりはないことがわかりました。

平成29年は、予想が1点位下がるのではないかの期待感もありましたが、
前年同様の35点になりました。

平成最後の年は・・・
37点、38点、ひょっとして39点など予想が飛び交いました。
一方で何とか36点の期待もありましたが、平成最後の宅建士試験は初の37点になりました。

令和最初の年は、36点の様相でしたが、当ブログは35点にも期待をしていました。
結果は、35点。
多くの受験生が救われたことになります。
合格率も久し振りにあがりました。

さて自己採点については、受験された大半の方がやられます。

試験結果がめちゃくちゃ良かった方、逆に、全く駄目だった方は、やらない方もひょっとしたらいるかもしれませんが、正直なところやりたくなるのが人情です。
各予備校が発表する合格推定点が気になるものなのです。

私ももちろんやりました。
    
〇私が印象に残った平成18年の結果について
・平成18年は、試験後、ある程度の期間が経ってから、49問目問題論議が浮上しました。
(この点平成19年、21年の傾向とは、ちょっと違います)

最終的には、問題の解答について、その時点で最良と思われる判断が下されました。

合格発表時に、不動産取引適正推進機構のホームページ上で、解答が発表されましたが、何と、49問目は、正解肢が2つになりました。

正解肢は通常、一つですが、2肢ともに正解にした判断は正しかったと今でもそう思います。

今年はどんな問題が出題されるでしょうか?
こればかりは考えても考えても私達が知りえることはできません。

今年試験問題を作成される方は、是非良識ある問題を作成される事を希望いたします。
ここ3年間は、試験問題に関して没問問題もなく、平穏な年でした。
試験問題を作成された方達には、本当に感謝いたします。

さて、今年の試験はどうなるか?
まだまだ余談を許さない状況ではあります。
延期や中止になる覚悟は、もっておいた方が良さそうです。
その上で、メンタル面をコントロールして、まずは10月18日を目指していきましょう。

ブログ応援ありがとう、1クリックお願いします。
↓   ↓
人気ブログランキングへ


ダブルで応援クリックお願いします。
↓  ↓
にほんブログ村 資格ブログへ
にほんブログ村


このエントリーをはてなブックマークに追加

ランチェスター戦略って、ご存じですか?

ビジネスマンの方の中には、ご存じの方もいるかもしれません。

元々はイギリス生まれの兵法に関するものですので、アメリカで育ったものです。
それが日本に渡りビジネスに応用して成果を出している企業や商店・個人があります。

ランチェスターの法則には、大きく分けて二つの戦略があります。

ひとつは、大手のトップ企業などの強者の戦略。
そしてもうひとつは、中小企業や商店・個人などの弱者の戦略です。

これを宅建試験戦略に利用する場合、どちらをとるべきか?

リベンジの方は、いうまでもなく弱者の戦略をとるべきだと思います。

初受験の方で資格学習の経験がある方、学習に自信がある方は、強者の戦略でもいいかもしれません。

ここでは、リベンジの方、資格学習に不慣れな初受験の方に向けて弱者の戦略を紹介します。

弱者の戦法を見た場合・・・
1.局地戦
2.一騎討ち戦
3.接近戦
4.一点集中主義
5.陽動戦
になります。

この中から、宅建試験をにらんだ学習のために一部をピックアップしてみました。
1.局地優勢 ⇒ 特定の分野で優位に立つ。
         例えば、宅建業法では満点に近い得点力を持つ。
         
2.各個撃破 ⇒ 基本問題を重視し、自分にとって簡単な問題から解いていく。
         一般的には特AやAになると思います。
         リベンジの方は、Bランクも学習段階に応じてそうなると思います。

3.武器効率 ⇒ 宅建学習を苦手と感じた場合、通学講座を申し込む。
         あなたにとって強い参謀(講師)を味方につけるのも有効な手段です。
         また、独学の方は、テキスト・問題集もあなたにとって使いやすいものを選択することもこれにあたります。

         今後の中では、学習技術力をあげるのもそうなるかもしれません。
         読解力、判断力、選択力、絞り込み力を磨いていく。
         4肢から2肢へ絞り込んで、そこからの2択が勝負の分かれ道となります。

もう少し、内容を掘り下げると・・・

1.局地優勢
問題数を分野別に見た場合、令和元年の例では以下になります。

1)「権利関係」⇒14問
2)「宅建業法」⇒20問
3)「法令上の制限」⇒8問
4)「宅地建物の税」⇒2問
5)「宅地建物の価格の評定」⇒1問
6)「宅地建物の需要と取引きの実務」⇒3問
7)「土地建物の基礎知識」⇒2問


6番目と7番目は、いわゆる5点免除問題です。
最近は、この5点問題で大きな差にはなりにくくなっています。

一般的にみなさんにとって、やりやすい・得意になりやすい分野は宅建業法になります。

もし、満点をとれば・・・20点ゲットです。

仮に、得点目標を36点とした場合、宅建業法が満点なら後16点をそれ以外のところで稼げばいいことになります。

仮に、宅建業法が20点を正解したと考えます。

権利関係が半分正解でプラス7点(合計27点)
法令上の制限が半分正解でプラス4点(累計31点)
税が2問のうち1問ゲットでプラス1点(累計32点)
価格の評定でプラス1点(累計33点)
5点免除で3点ゲットで、トータル36点になります。

実際は最近の宅建業法では満点は難しく、最高でも18〜19点と考えた方が無難です。
また逆に権利関係や法令上の制限で半分よりもっと得点を重ねることも可能です。

それもこれも得意なあなたのベースがあってこそです。

人によっては民法が大得意だったり、法令上の制限が大得意だったりしますので、それをベースに構築するのもひとつの方法です。

一般的には宅建業法の20問が一番ウェートが高く、取り組みやすい分野なのでここに主眼を置くことこそが、逆転合格を狙う大事な要素となります。

宅建業法で、局所優勢から局所大優勢までいかせるつもりで取り組んでください。


2.各個撃破
自分にとって戦いやすい相手から勝負していく。
当然のことだと思います。

宅建試験本番において、几帳面に問題1番から順番に解く方。
一方、問題用紙の途中にある宅建業法から解き始め、自分が解ける問題をどんどん解いていき、わからない問題は一旦保留にしていく。

どちらが効率的だと思いますか?
私は、後者を勧めています。

自分にとって、わかる問題か、わからない問題かを瞬時に判断していくことになります。

その取捨選択力をつけるためにも、日ごろの学習では特AやAを意識してほしいのです。
基本問題を集中的に解くトレーニングをしていけば、選択力が磨かれます。

試験本番で、ある問題で立ち往生することが一番いけないことになります。
正解を導けないものは、例え2肢まで絞っても一旦そこで保留にするのです。

一通り、50問と対戦した後で、正解を出せていない問題と順次対決していけばいいのです。

3.武器効率
講座活用の例は割愛して、独学のケースで紹介します。

独学は自己学習なので、宅建試験に関連する自分自身の感性、テクニック・コツを磨いていくことになります。

感性が高い人と低い人では、同じものを視界に入れたとしても気づく人・気づかいない人に分かれます

きづくことができれば難なく正解できるのに、きづかなければ間違いの結果に落ちいっていきます。

とにかく自分の感性をまず、磨いてください。
そして、テクニック・コツ。

必要最小限のことを知らなければ、大きな損失になります。

特に、独学の方にとっては情報がありません。

この宅建ブログとご縁があれば、まだ救われますが実際のところこの宅建ブログと受験者との出会いは、宅建試験後が圧倒的に多くなります。

試験前に知っていれば・・・よく言われることです。

それだけに、最低限のテクニック武装はするようにしてください。

『ランチェスター戦略一点突破の法則』はこちらから
   ↓      ↓



ブログ応援ありがとう、1クリックお願いします。
↓   ↓
人気ブログランキングへ


ダブルで応援クリックお願いします。
↓  ↓
にほんブログ村 資格ブログへ
にほんブログ村


このエントリーをはてなブックマークに追加

私が利用しているセミナーサイトにストリートアカデミーがあります。
(通称:ストアカ)
こちらを利用して過去電子書籍セミナーの開催実績があります。

今回、宅建セミナーについて開催リクエストを受付中です。
対象は、今年宅建試験を初受験する方が対象になります。

現時点で日時の候補は決めていませんので、開催リクエストや受けたい登録を頂ければ、開催に向けて日程を調整していきます。
時期的には2月第一候補・3月が第二候補になります。
開催リクエストが多ければ複数開催も検討していくことになります。

以下、ストアカからの引用です。


令和2年宅建初受験☆宅建絶対合格のための戦略セミナー開催
宅建士資格一発合格のためにカリスマ宅建ブロガーが合格のためのコツを教えます。
こんなことを学びます
あなたは令和2年宅建士試験に向けて学習をスタートしていますか?

ただ、言えることはやみくもに学習するだけでは効果はでません。
しっかりと宅建士試験日である10月18日に向けて、あなたが最高のパフォーマンスを発揮するために準備していく必要があります。

書店にいっても宅建テキストや問題集は沢山あります。
その中であなたにマッチングするテキストと巡り合わせになるのは至難の業です。
ましてやネット情報では玉石混交の情報が飛び交っており、そんな中に釣り糸を垂れるとあなたは右往左往に結果に陥ります。

宅建学習アドバイザーとして、ブログやメルマガ・書籍などで発信してきたら私だからこそ提供できるものがあります。
予備校に所属しているわけではありませんので、しがらみもありません。
それだけに、宅建について客観的に捉えられるのです。

あなたにとって最適な学習戦略・戦術を組みためにはどうすればよいか?
どんな準備と進め方をすれば、効率・効果的に学習を進めていくことができるのか?

セミナーの構成は2部構成とします。
前半は、宅建試験に向けて戦略的な内容を説明します。
後半は、具体的な学習方法を含めて事例を紹介し進めます。
また、令和2年宅建試験合格に向けてのポイントも教えます。

宅建試験に一発合格したい方・・・
自分の学習をどう組んでいけばいいかわからない方・・・
宅建試験までのスケジューリングがわからない方・・・
アドバイスがほしい方・・・
テキストや問題集の選び方で迷っている方・・・

堅苦しい形ではなくフランクにいきたいと思いますので、気軽にご参加ください。

宅建を検討してしる友達や仲間、同僚などと一緒でもいいです。
友達と参加される場合は人数をお知らせください。

あなたのリクエストをお待ちしています。


ブログ応援ありがとう、1クリックお願いします。
↓   ↓
人気ブログランキングへ


ダブルで応援クリックお願いします。
↓  ↓
にほんブログ村 資格ブログへ
にほんブログ村


このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ