宅建試験!初心者のための一発合格サイト

宅建士試験(宅地建物取引士資格試験)初受験やリベンジの方に、短期・中期・長期での宅建学習方法、独学学習・過去問学習のコツ、受験テクニック、学習サポートなど、宅建受験から合格後の宅建取引士証登録迄、幅広く総合的に紹介したブログです。 【Yahooカテゴリー登録サイト】

◎ブログニュース
1)最新ニュース
 ●noteでいろんなジャンルの記事を毎日アップ中。
  無料で読めます。
   ↓    ↓
 https://note.com/iccyan

2) トピックス
 ●不動産業界へ転職のためのエージェント紹介
  登録は無料、詳細はこちらの記事へどうぞ
   ↓  ↓
  http://blog.takken-get.com/archives/52298837.html

3) 各種メルマガ紹介
 ●『一木秀樹の中高年支援マガジン☆未来を切り開く方法』
  まぐまぐより毎週金曜日発行
  購読費 550円/月
  詳細と申込はこちらから
   ↓    ↓
  https://www.mag2.com/m/0001688139.html

 ●『インスタグラマーへの道』(無料)
  インスタグラムでもっと楽しもう!
 ※詳細と登録はまぐまぐサイトにて。
    ↓    ↓
  https://www.mag2.com/m/0001688339.html

宅建独学

令和2年宅建6ヶ月学習サポートの4回目です。

このブログでは、いろんな学習場所について紹介しています。

普通の社会人の方にとっては、自分で工夫をしないと、なかなか学生の時のように自宅でゆったりと時間を確保することは、難しいのが現状です。

そのためのアドバイスをブログ記事の中ではいろいろと書いています。

既に1〜4月頃からこのブログを読まれている方にとっては、わかっていることだと思います。

今のあなたの学習場所はどこでしょうか?

メインは自宅になるかもしれません。


今回は、通勤時の学習として電車にスポットをあてました。

先週末のメルマガの記事の中でも電車学習についてとりあげました。
まだ学習されていない方の中には、休み明けから頑張ろうと考えている方もいるかもしれません。

私自身の経験を少し書きます。
今の私のメインの学習場所は通勤時の電車の中になっています。

そんな私も元々は電車学習は苦手?でした。

苦手というよりも、電車で学習するということ自体を無理だと考えていました。

食わず嫌いならぬ、やらず嫌いです。

学習は自宅でするもの。
机でするもの。
長くこの固定観念にしばられていました。

この壁を打破するきっかけは、ふとしたことからでした。
あるときアマチュア無線を受けることになり、ある種の趣味の世界の要素もあったせいか、テキストを自宅以外の場所で読み始めたのです。
そうすると不思議なものですね。
それまで嫌だった電車の中の学習も、何の抵抗もなくいつのまにやら何の違和感もなくやっていたのです。

それ以降は、電車を徹底的に活用した形になります。
もちろん、宅建学習も自宅学習と併行して行いました。

あなたもきっかけさえあればできる可能性があります。
きっかけは待っていても、なかなか向こうからはやってきてくれません。

まずは、自分から意図的に作る工夫をしてみてください。

学習する時間がないないといいながら、電車の中でただボーっとしている。

音楽だけを楽しんでいる。
音楽を聴くことはとても気持ちの上では大事なことなのでいいのですが、最初はその中の5分でも、10分でもいいです。
宅建学習に時間を割り当ててみてください。

もちろん耳学習でもOKです。
ウォッチ学習でもOKです。 

ただ電車の中ではやりにくい状況もあります。

たとえば「混雑しているから無理」
その場合は、
・電車を早める。
・家を早めに出て急行から各駅停車にかえる。
・スマホなどのリスニング・ビデオ学習をする。
・出る順などの小型の過去問だけを電車活用する。

もちろん、学習は自宅・電車に限ったことではありません。

まだまだ活用する場所はあります。

ちょっとした時間の活用が、結局は大きな成果につながっていくのです。

仕事のやり方について職場でいろいろと改善が必要なのとおなじように学習にも改善が必要です。

その第一番目が場所を工夫することです。
自分なりに工夫してみてください。

できない言い訳を考える時間があるのなら、まずは工夫する努力をすることです。

電車学習がまだの方は、以下の過去記事参考にしてください。


ブログ応援ありがとう、1クリックお願いします。
↓   ↓
人気ブログランキングへ


ダブルで応援クリックお願いします。
↓  ↓
にほんブログ村 資格ブログへ
にほんブログ村


このエントリーをはてなブックマークに追加

ここのところ毎年のことですが、この宅建ブログではメンタル面に関する記事が多くなっています。

それは何故か?

この時期になると不安に思う方が増えてくるのです。
そのために励ましやエールなどの記事を意図的に大目にしています。

宅建について学習の中味について解説してくれるサイトは沢山あります。
がしかし、メンタル面を支えてくれるブログはあまりないと思います。

貴重な資格ブログ?

そういうこともありこの宅建ブログでは、メンタル的なサポートを重視して日々記事をアップしています。

ただ如何せん、この時期に出会える方はほんの一握りの方達です。

大半の多くの方との出会いは宅建試験直前期であり、宅建試験後になります。

宅建試験後の出会いの中では、その時期にしか開設していない特設提示板と勘違いされる方もあり、残念な思いがあります。

そういう中で今出会えているあなたとのご縁を大切にしたいですね。

宅建合格発表日には多くの方からの合格コメントが寄せられます。
特に今の時期やそれ以前からともに歩いてきた方のコメントには私の心に残ります。

大変うれしい限りです。
ありがとう。

頑張って記事更新をした苦労が報われる瞬間です。
人の喜びが我がことの喜びに心の底から思えるのです。

だからこそ、読者であるあなたとの喜びをわかちあえるのです。

人に尽くしたことは必ず自分に返ってくる。
しかも倍以上の喜びとなって・・・

今年あなたが絶対に合格を勝ち得て12月2日に、喜びのコメントを書かれることを私は今から信じています。

さてもうすぐ梅雨のシーズン、暑い日・やや肌寒い日など、寒暖の差が激しくなります。
体調を崩され風邪をひく方を例年見かけます。

気をつけてくださいね。

気力は健康に通じます。

自分に負けないことが体調維持につながり、今後の本格的な暑さを吹き飛ばすあなたのパワーとなります。

今からが宅建学習の本番・ヤマ場を迎えていきます。
ここからが本当の勝負です。

夏を征するものが宅建を征す。

夏に負けないでくださいね。

夏を征することは大きなあなた自身の宅建実力アップにつながっていきます。

今から実力を大きく伸ばす方は、そんな人です。
このブログを読まれているあなたならそれができるはずです。
実力を伸ばせるはずです。

夏にまけるな!

勝利をつかめ!!

あなたならできる。

ブログ応援ありがとう、1クリックお願いします。
↓   ↓
人気ブログランキングへ


ダブルで応援クリックお願いします。
↓  ↓
にほんブログ村 資格ブログへ
にほんブログ村


このエントリーをはてなブックマークに追加

今回のテーマは、計画見直しになります。

あなたの宅建学習計画の進捗状況はいかがですか?

順調ですか?
それとも、遅れ気味ですか?

宅建試験まで後4ヶ月ちょっとあります。

まだまだ修正は可能な時期ですが、リベンジする立場によってはその考え方は多少違ってきます。

◎初リベンジの方へ。
おそらく順調な方が多いと思います。
悪くとも多少遅れている程度ではないでしょうか?

今からの4ヶ月の学習計画を総点検してみて、もう一度見直す時期に来ています。

まず最初に思い出してほしいのが昨年の合格発表日の屈辱です。

悔しい気持ち忘れていませんか?
もし忘れていたとしたら、悔しい気持ちを今一度思い出してください。

思い出せましたか?

あたたは今この悔しい気持ちがあれば、この4ヶ月のモチベーションを維持していくことができます。

学習につまずきそうになった時、去年の悔しさを思い出すようにしてください。

そして、誓ってください。

『絶対、今年一発でリベンジする』

そう、この一発でリベンジするが大事なのです。

リベンジは必ず一発で果してください。
これがリベンジの鉄則です。

あなたは初受験の方よりまだ優位性が続いています。

最後までその優位性を活かして、先行逃げ切りで最後まで突っ走ってください。


◎リベンジ2回目の方へ。
心配しています。
下手に、宅建試験に慣れっこになっていませんか?
妙に落ち着いたりしていませんか?

おそらく、学習が遅れ気味になっている方が多いと思います。
昨年の初リベンジのときと比べてどうでしょうか?

普通なら、一番進んでいるはずなのに・・・
リベンジが2回目になると、一番気持ちの問題が大きいです。

気持ちの問題で2回目の宅建リベンジのハードルを自分自身で上げていっている傾向にあります。

妙に落ち着いた気持ちのままでは、宅建初受験の1回目や初リベンジの2回目と同じ徹を踏むことになります。

また、自分自身が作った新たな敵と戦うことになります。
自らが宅建試験を難しくしていかないことです。
3回目受験である今年、絶対に決めてしまいましょう。


◎3回目以上の方へ。
一番心配しています。
心に余裕がありすぎませんか?

少し厳しいことを言います。
今のままでは、今年のリベンジはありえません。
4回目・5回目のリベンジが約束されてしまいます。

今のままでは・・・

気持ちを切り替えるには、限界の時期にきています。

下手な宅建試験の受験経験があなたの気持ちに、妙な余裕をもたせています。

下手な宅建知識があなた自身に妙な安心感をもたせています。

まだ何とかなる。
まだまだ何とかなる。

しかしです。

『光陰矢のごとし』

時間はどんどん消化されていきます。

迷っている時期でもありません。
折角のあなたの受験経験・宅建知識を無駄なものにするのも、有効な手段に変えるのも全てあなた次第なんです。

他の誰でもありません。
あなた自身です。

人のせいにしていませんか?
人に甘えていませんか?
自分自身を悲劇のヒーローやヒロインにしていませんか?
自分を駄目だ駄目だと追い込んでいませんか?
あなたは、決して駄目ではありません。

私は駄目だと自覚しているあなたこそ、大きく挽回できるチャンスがあると信じます。

生まれ変われる大きな力をもっているのです。

宅建で何度も辛酸をなめたあなたなら・・

あなたならできるはずです。

今年の宅建受験が自分にとってのファイナルとして、計画を見直してみてください。
不退転の覚悟が必要です。

計画を立て直したその後は、言い訳は無用です。

基本を中心とした学習に専念してください。
法改正くそくらえです。
下手な慣れない問題への準備も必要ありません。

あなたに今一番必要なことは、宅建初受験の頃のようながむしゃらな気持ちです。

目をとじて、あの頃の自分を思い出してください。

どうですか?
思い出せましたか?

そして今年の自分の合格、イメージしてください。

さあ悩んでいる暇はありませんよ。

悩んでいる暇があったら、隙間時間・細切れ時間に過去問を1問また1問です。

基本と継続これだけで十分です。

あなたらになら絶対にできる!

ブログ応援ありがとう、1クリックお願いします。
↓   ↓
人気ブログランキングへ


ダブルで応援クリックお願いします。
↓  ↓
にほんブログ村 資格ブログへ
にほんブログ村


このエントリーをはてなブックマークに追加

まずは、『宅建絶対合格!40代以上の必勝崖っぷち戦略』〜中高年の武器を120%発揮する17の手法〜
です。

累積して一番人気です。

中高年、特に40代以上にスポットをあてているとこがいいのか?
価格が123円とステップアップのイメージがいいのか?

とにかく人気です。

この子書籍を作成した当時は、てさぐりのなかで作成しましたので、私の中でも思いで深いです。
電子出版関連の書籍もいいものがなく、限りある電子書籍を独学で学び、自分で思考錯誤して出版した形になります。

宅建シリーズを3ヵ月で10冊出版する。
この目標を達成しましたが、10冊目にだしたのが上記電子書籍だったのです。

そのため、私自身思いいれが一番強い電子書籍です。

常々、同じ中高年の方を応援したい思いが強かったので、世に出せたことは満足しています。

そこで、改めて紹介させていただきます。

・・・・アマゾン紹介文より転載・・・・

40代以上の年齢いわゆる中高年の方のために、背水の陣で臨む宅建資格受験に挑む崖っぷち戦略としてまとめました。
今まで宅建資格試験に向けて苦労されている中高年の方を、ブログ『宅建試験!初心者のための一発合格サイト』を通じて数多くみてきました。

その度に、中高年の方に向けて何か特別なアドバイスができないか?
助けてあげるとことができないか?と考えさせられていました。

今の日本を支えている(または支えてきた)中高年の方の力になりたい。
支援してあげたい。
そんな私も中高年です。

同じ世代の思いは痛いほどよくわかります。

いろいろと考えていく中で、私自身の経験からヒントになるものはないのだろうか?

中高年ならではのことで多くの方が実践できること。

意外と見落としているかもしれない軽視されがちなこと。
そういうものこそが中高年の力になるのではないか?

そこで中高年としての武器として、中高年の可能性や実力を最大限に引き出し、かつ活用していくことで最高の自分自身の成果につなげてほしい。

そういう熱い思い、エールの気持ちをこめて書きあげました。

これから40代以上の方で宅建学習を開始されるあなた。
何も宅建臆することはないですよ。

されど宅建試験、たかが宅建試験です。

あなたにはあなたの強みが必ずあります。

今回の戦略を実行していただき、またあなたしかもっていないあなたの才能も発掘し、それを適時加味していただくことによりあなたのオリジナルあふれる戦略に変えて実践していきましょう。
自分に自信をもって学習していけば、必ず活路は見出せます。

中高年の底力、強い信念を示しましょう!

そのためには宅建建試験日のゴールに向かって、まずは第一歩を踏み出すことです。
宅建初受験、宅建リベンジ受験両方の方に参考になります。

是非、中高年ならではのあなたの強みを活かして宅建合格を絶対に勝ち取りましょう!

あなたになら絶対にできます。
もう今年宅建合格するしかないでしょう。

ファイト!

【目次】
・戦略1(超短期サイクルでの繰り返し)
・戦略2(連想力)
・戦略3(アウトプットスタート)
・戦略4(五感をフル動員)
・戦略5(大きく書いて演習)

・戦略6(一問一答の活用)
・戦略7(空想力を駆使する)
・戦略8(経験を活かす)
・戦略9(度胸)
・戦略10(基本に専念)

・戦略11(記憶とマネ)
・戦略12(継続力)
・戦略13(開きなおり)
・戦略14(自分が学んだことを教える)
・戦略15(1週間のリズム作り)

・戦略16(朝型に切り替える)
・戦略17(中高年としての役目)

次に、『宅建お悩み相談!問題解決のための22の事例』です。

今まで、寄せられた相談の中から参考になりそうなものをピックアップしてまとめています。

もし、今あなたに学習上の悩みがあるなら、読んでみてください。

価格は、1コイン100円です。

また、今現在学習に関する悩みがない方でも今後の参考になると思います。

以下、アマゾン掲載の紹介文を転載します。

・・・アマゾン転載ここから・・・

人にはいろんな悩みがあります。
宅建受験を志したものの・・・はたして大丈夫かと不安になる。

人間ですから初めてのことなら、不安があって当然です。
また宅建学習を進めていく中でも、いろんな課題がでてきます。

宅建ブログ運営10年間の中で、いろんな相談を受けてきました。

その経験を活かして、今回の本にまとめています。

困ったときに読んでこそ、即効性の効果があるかもしれません。

でも、実際は事前に読んでこそ、一番の効果が生まれます。
事前に想定できることを知ることにより、最大の防御効果・リスク対処につながります。

悩み相談の事例を読んでいると、きっと共感する項目もあるでしょう。

反面教師に見える場面もあるかもしれません。

多くの方が悩み・苦しんで経験したエキスが詰まっています。

内容的には、具体的相談例が9件、一般相談例が13件、合計22件の事例が詰まっています。
具体的相談例のなかには、私からのスーパーアドバイスを3つ組み入れました。

◎具体的相談例
 ・相談例1 学習は久しぶりのための不安
 ・相談例2 学習時間の確保ができない
 ・相談例3 複数回受験でのアドバイス
 ・相談例4 同じ問題でよく間違ってしまう
 ・相談例5 学習できる環境の作り方
 
 ・相談例6 昼食後の眠気との戦い
 ・相談例7 苦手な問題対処法
 ・相談例8 試験内容は、各都道府県で違うの?
 ・相談例9 学習不足、学習の最低必要時間は?

◎一般相談例
 ・相談例1 テキストについて
 ・相談例2 学習がうまくできない
 ・相談例3 基本なのにダメ
 ・相談例4 サボった後の挽回策は?
 ・相談例5 専門用語が苦手、こんな私も合格できる?
 
 ・相談例6 独学に対して不安?
 ・相談例7 人の学習法が気になる
 ・相談例8 試験まで3カ月で活用できる講座は?
 ・相談例9 学習中に突然不安になる
 ・相談例10何をやってもうまくいかない、合格できますか?

 ・相談例11忙しくて学習する時間がありません
 ・相談例12あせっています、自分のペースをどうすれば?
 ・相談例13勉強が苦手です、学習するだけで手一杯

三番目は、『宅建独学者へ!!絶対攻略のための43のヒント』です。

現在、今第二版となっています。

宅建初受験の方によく読まれています。
また、リベンジの方も試験について再度認識するためにも読まれています。
大事なポイントがまとめられていることと、適度なボリュームなので読みやすいです。
宅建試験初受験の方に向けた入門教材です。

宅建とは?から始まり、宅建試験とは?、宅建学習、宅建試験、宅建試験後のことについて書かれています。

Q&Aなので大変読みやすいと思います。
43項目について質問に答える形で回答しています。
また、私の経験からによるアドバイスを必要に応じて書いています。

宅建ブログでもいろんな情報が網羅されていますが、カテゴリーが100以上に及びますので、どこにどんな記事があるかカテゴリータイトルだけでは、探しにくい面があります。
その点、電子書籍なら目次から目的のことを簡単に探すことが可能です。


最後は、『宅建受験生必読!資格合格から未来像を描く成功鉄則20』です。
これが今の時期だからこそ、読んでほしいものです。
特に、宅建学習が順調でない方やこれからの方は必読ですよ。

単に宅建について書いた本ではなく、宅建を取得後、どう自分の未来像を描いていくのか?
そのために必要なエキスを満載しています。

特に成功鉄則20には、これからのグローバルの時代を生き抜くポイントをまとめています。
そのため、これから受験される方だけでなく、合格者の方にも読んでほしいです。

宅建合格後、悩んでいる方はいませんか?
これからどうしよう?と考えている方はいませんか?
宅建取ったけれど・・・先が見えていない方はいませんか?

その答えはこの本の中にあります。

人生の道しるべとして・・・
指南書として・・・
ヒントを探る手段として・・・
活用ください。

他の資格受験生方にも読んでほしい内容です。

【目次】
第一章 宅建試験を極める
・あなたは最終的に何をやりたいですか?
・自分の経験の棚卸から始めましょう!
・私の経験を紹介します
・宅建ブログ開設と口コミで話題に!
・メンタルを徹底重視
・宅建学習アドバイザーになった訳は?
・宅建取得後にみる現実の姿
・メンタルに苦しむ方を救いたい強い思い
・宅建資格と自分の将来への関連付け
・大いなる志を持とう
・宅建受験1点の重み・痛みを知ること
・宅建受験を決意する

第二章 宅建合格後のストーリーを考える
・宅建主任者しかできない業務とは?
・宅建取引主任者の概要
・宅建試験の歴史
・宅建試験の概要
・宅建合格後の進むべき道
・宅建資格からのステップアップ
・宅建資格からのステップアップ
・宅建資格からのステップアップ
・資格取得だけがゴールなのか?
・自分のやりたいことを実現するためには?
・未見の我

第三章 成功するマインドを磨く20の鉄則
・鉄則1(気力・体力・知力の三位一体)
・鉄則2(自分の現状の実力を知る)
・鉄則3(夢と現実の違い)
・鉄則4(マニュアルに頼らない)
・鉄則5(他人と比較しない)
・鉄則6(考え方の二面性)
・鉄則7(過去の栄光にしばられない)
・鉄則8(一つの枠にとらわれない)
・鉄則9(大局から物事を見る)
・鉄則10(常識の裏側にヒントあり)
・鉄則11(人のご縁を大切にする)
・鉄則12(自己変革を宣言する)
・鉄則13(自己投資をケチらない)
・鉄則14(自らの限界を決めない)
・鉄則15(幸運は勇気と度胸から生まれる)
・鉄則16(感謝の気持ちを忘れない)
・鉄則17(幸せになる)
・鉄則18(逆転の発想)
・鉄則19(信念という強い気持ち)
・鉄則20(成功する絶対条件)

ブログ応援ありがとう、1クリックお願いします。
↓   ↓
人気ブログランキングへ


ダブルで応援クリックお願いします。
↓  ↓
にほんブログ村 資格ブログへ
にほんブログ村


このエントリーをはてなブックマークに追加

資格学習が初めての方・・・
法律がからむ学習が初めての方・・・
社会人になってからの学習が初めてな方・・・

苦戦されている方もいると思います。

またこれから宅建取得に向けて志を描いたものの、今現在、学習開始に躊躇(ちゅうちょ)されている方もいると思います。

初めてのことをやる場合、日頃やりなれていないことを始める場合、どうしても不安な気持ちを抱くことと思います。

むしろ、抱くのが当然だとも言えます。

逆に考えれば不安を抱くからこそ、それに対処するために計画を練り、計画を練りながらヤル気度をあげていける気がします。

不安はすぐには消えないかもしれないけど、ヤル気度をあげていく頑張るなかで不安を打ち消していく。

それが普通の姿です。

ですから今宅建学習に関して不安に思っている方・・・
あなたは宅建学習が絶対にできる人です。
自信をもってください。

あなたはできる人です。

まずはちょっとした気持ちの転換を図ってください。
不安という後ろ向きのものから、前向きに転換するのです。
決して難しいことではありません。

不安だ!不安だと考えているうちに、不安菌はあなたの心の中で増殖されていきます。
そうなるとがんじがらめに不安にしばられ、何も行動できなくなります。

ですから今のうちに対処するのです。

病気での早期治療と同じかもしれません。
見方を変えれば不安という初期症状を発見できたことは、むしろあなたにとってラッキーだったとも言えます。

そういう考え方をしていくことが、気持ちの180度転換につながっていきます。
難しい考え方ではありません。

最初のうちはなかなかうまくいかないかもしれません。
気がつくと後ろ向きに考えている自分がいるかもしれません。
でも最初はそれでいいんです。

あなたはできる人です。

それを絶対に忘れないでください。

ブログ応援ありがとう、1クリックお願いします。
↓   ↓
人気ブログランキングへ


ダブルで応援クリックお願いします。
↓  ↓
にほんブログ村 資格ブログへ
にほんブログ村


このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ