宅建試験!初心者のための一発合格サイト

宅建士試験(宅地建物取引士資格試験)初受験やリベンジの方に、短期・中期・長期での宅建学習方法、独学学習・過去問学習のコツ、受験テクニック、学習サポートなど、宅建受験から合格後の宅建取引士証登録迄、幅広く総合的に紹介したブログです。 【Yahooカテゴリー登録サイト】

◎ブログニュース
1)最新ニュース
●令和2年宅建試験合格体験記を募集しています。
 薄謝ですが、お礼を用意しています。
 こちらもご協力お願いします。
   ↓    ↓
 http://blog.takken-get.com/archives/52309559.html

●中高年向け支援マガジン・・是非、購読して下さいね。
『一木秀樹の中高年支援マガジン☆未来を切り開く方法』
  まぐまぐより毎週金曜日発行
  購読費 550円/月
  詳細と申込はこちらから
   ↓    ↓
  https://www.mag2.com/m/0001688139.html

2) トピックス
 ●noteで各種マガジン配信中です。
『物事の考え方・・自分の生き方へのヒント』
 https://note.com/iccyan/m/m78d27529d46c

『初心者のためのインスタグラム講座』
 https://note.com/iccyan/m/m0bea5319637d

『物流が楽しく簡単にわかるマガジン』
 https://note.com/iccyan/m/m9c227d4e05ea

『軍師『黒田官兵衛』の戦略を今の時代に活かすマガジン入門編』
 https://note.com/iccyan/m/mc51b99b1568d

『『黒田官兵衛』の戦略を今の時代に活かすマガジン(実践編』
 https://note.com/iccyan/m/m7faff6892e7a

●12/27受験者用の対策セミナー実施
 現在、開催リクエスト募集中です。
 個別相談対応は随時実施しています。
 詳細は、以下のブログ記事を見て下さい。
  ↓    ↓
 http://blog.takken-get.com/archives/52307203.html

3) 各種メルマガ紹介
●『インスタグラマーへの道』(無料)
  インスタグラムでもっと楽しもう!
 ※詳細と登録はまぐまぐサイトにて。
    ↓    ↓
  https://www.mag2.com/m/0001688339.html

宅建独学

今やスマホやiPhoneを使われている方が圧倒的に多い時代になりました。
パソコンを使えない若い世代が当たり前にいるのにはびっくりしますが・・・
これも時代の流れですね。

私もバリバリのiPhone活用派です。
年代の割には詳しいと人からよく言われます。
(笑)
それでも使っている機能はごくわずか・・・
1度ダウンロードしたのにそのまま使わないでいるアプリで一杯になっています。

このブログを見られている方も今やスマホで見られる方の比率が多くなりました。
そのため、スマホで見やすいスマホ構成の表示もとっています。

メッセージボードもパソコン用とスマホ用に変えています。

さて、そんなスマホですがやはり最大の利用価値の鍵はアプリの活用です。

自分に必要なアプリをいかに使いこなすか?

さて、そんなアプリの中で今回は学習としての利用価値があるものを紹介してみます。

まずは、「kindle」。

電子書籍で読む機会も増えてきました。
まだまだコミックが主流ですが、なんと言っても持ち運びが便利です。
紙書籍は1冊でも単行本だとかなりかさばります。
電子書籍ならスマホの中に収まります。

仮にタブレットを使うにしてもmini iPadならかなり薄いですね。

今後は、電子書籍で学習する方も増えてくるでしょう。
電子書籍だけでなく、紙書籍と平行して活用する。
そんな使い方が今現時点でのベストな気がします。


次に「カメラ問題集」。

テキストのある部分をカメラで撮影し、指定した所を隠して問題集として使う。
使い勝手や課金の問題はありますが、要は自分に合うかどうかです。
使用方法は以下のサイトを参考にしてみてください。


また、類似なものに「暗記マスター」もあります。


続いて「勉強タイマー」。
その名のとおり、勉強する時間を図るものです。
事前に登録されているのは、2分タイマーと50分タイマーがありますが、自分で自分の学習時間に合わせてタイマー設定ができます。
また、実際のタイマーもありますのでこちらでも便利ですね。

【改良版】dretec(ドリテック) 勉強タイマー タイムアップ2 消音 T-587PK ピンク/ブルー

また「目標達成タイマー」もいいですね。
より具体的設定と取組みが出来そうです。


iRecorder
自分の音声を録音するものです。
テキストを声に出しながら読んで、その声を録音する。
それを電車などの移動時間に聞き流す。
自分の声が一番、自分の脳(右脳)に伝わりやすいようです。

右脳を活用する訓練になります。

あのアインシュタインでさえ、右脳は5%しか活用できていなかったとか・・・
もし、右脳を10%でも20%でも活用できれば・・・
すごいことになります。

その他にも「暗記メーカー」「勉強日記」なども使えそうです。



また、カメラを使ってパシャパシャと必要な情報をとっておくのもいいですね。
特に、法例上の制限は現場にある実物をテキスト内の項目との結びつけるのが大事です。

ネットで得た情報・・・
街角でみた光景・・・
看板・・・・
メモ書きの情報・・・
テキストでの気になる項目・・・
などためておいて、必要に応じて引き出せば利用価値は大きいです。

町でみかけたときに即座にスマホに取り込む。

実際の学習の時に、引き出して光景としてイメージとして記憶を植えつける。

時間管理については、iPhoneでは『MyStats』があります。
自分の活動を記録し、分析するための自己管理支援ツールです。

このアプリを使用すると、何にどれだけの時間を使ったのかを簡単に記録し分析することが出来ます。

例えば、宅建学習なら・・・

〇項目別に学習時間の時間配分をする。
・権利関係
・宅建業法
・法令上の制限
・税/その他

〇インプットとアウトプットを組み合わせる。
・権利関係インプット
・権利関係アウトプット
・宅建業法インプット
・宅建業法アウトプット
・法令上の制限インプット
・法令上の制限アウトプット
・税/その他インプット
・税/その他アウトプット

最後にアプリでの過去問集の活用です。
こちらもいろいろなものが登場してきましたね。

アプリは、本当にいろいろなものがあります。
アプリだけで宅建学習を構築するのはどうかと思いますが、支援ツールとして活用するにはベストだと思います。

その恒例として、以下の合格体験記が参考になります。
私がびっくりしたのは中高年なのに使いこなしていることです。
超久し振りの再受験で、昨年合格を手にいれています。
是非読んでみて下さいね。

絶対に参考になるはずです。

宅建士試験合格を目指して、1クリック応援お願いします。
↓   ↓
人気ブログランキングへ


ダブルで合格祈願、応援お願いします。
↓  ↓
にほんブログ村 資格ブログへ
にほんブログ村


このエントリーをはてなブックマークに追加

令和2年宅建試験本番に向けて、不安で心が折れそうな方へのエール
今回は3回目です。

あさってから、ついに本当の実質的なラストチャンスの最後の土日ですね。
段々と緊張も高まっていることと思います。
それと同時に不安も高まっていることと思います。

以前、今の時期での不安に関するアンケートをとっていますが、その中で一番多いのが学習不足。
学習満足度をどのレベルにおくかにもよりますが、一般的には300時間といわれていますので、時間だけでみればそのあたりをみて思われているのかもしれません。

また一方では時間ではなく、学習内容の理解度や模試結果、過去問の正答率をみて学習不足と思われている方もいます。
むしろ後者の方が大半かもしれませんね。
今の時期、確かに学習不足を感じる場面は多々あるかもしれません。

また項目によっては「わかった」という実感がなかったり、同じ過去問を繰り返していると、単に答えを覚えてしまっているだけで、実力がついている実感がわかないかもしれません。
でもいえることは、学習を積み重ねればある程度の実力は着実に積み重なります。
そしてある程度のレベルに、実はそれなりの方がいることになります。

いわゆるボーダーライン上になります。
問題はそこから抜け出せるかどうかです。
頭一つ出れるかどうかです。
それを決めるのがこの残り1週間だと思います。

まず第一に気持ちで負けないこと。
第二に、今の自分の学習状況をみて学習を絞ること。
第三に、自分の合格を固く信じ最後まで諦めないことです。

いいですか?

宅建試験が終わって自己採点の結果、30点前後になるのか、33点前後になるのか、35点前後になるのか、それとも、38点以上で抜け出すのか?
それは今のあなたにかかっています。

仮に難易度が上がった場合は、合格基準点は下がります。
ですから、その得点を目指して、最終的に合格基準点以上であれば合格になります。
合格基準点と同じでも、5点以上上回っても同じ合格に変わりはありません。

不安に負けるな!
学習不足に負けるな!
人の今の実力を気にするな!

大切なのは、10月18日の宅建試験当日に自分がどうなるかですよ。
あなたなら、絶対にできる。

必ずできる。

ファイト!

PS.今日も応援クリックありがとうございました。
   今日も最後の応援よろしくお願いします。

令和2年宅建士試験合格を目指して、1クリック応援お願いします。
↓   ↓
人気ブログランキングへ


ダブルで合格祈願、応援お願いします。
↓  ↓
にほんブログ村 資格ブログへ
にほんブログ村


このエントリーをはてなブックマークに追加

宅建平日学習への休日学習からのバトン
それでは、第15回目のスタートです。

9月も残す所、後3日になりました。
既に、宅建試験までカウントダウンに入っていますので、あなたの気持ちは充実していることでしょう。

中には、もう緊張している・・・なんて方もいるかもしれません。

あせりよりは緊張の方がいいですね。
緊張は必ずしもマイナスの効果ではありません。

あなたが試験日までの、気持ちを高めながら整理していく大事な儀式です。

そう考えれば、多少なりとも楽になりませんか?

誰でも通り道です。

例え、リベンジ受験でもあっても、今回が3度目であっても同じです。
緊張感がないよりは、適度に緊張している方がいいのです。

一番リベンジ受験でこわいのは、妙に試験慣れして落ち着きすぎていることです。

もし、あなたがそういう状態だったら注意して下さいね。
これを打ち砕く方法は、3日あれば十分です。
がむしゃらに問題を解きまくってください。

宅建業法だけでいいです。
10年分の宅建業法の過去問を3回転する。

自分自身にハードトレーニングを与えることにより、妙な落ち着き感を振り払うのです。

あせりや不安で悩む・・・
うじうじと考える・・・
解けない自分をなさけないと卑下する・・・

よりはまだいいですが、落ち着きすぎ感は打破しておきましょう。

適度な緊張感の中で宅建試験当日を迎える・・・
一番いい形です。

令和2年宅建士試験合格を目指して、1クリック応援お願いします。
↓   ↓
人気ブログランキングへ


ダブルで合格祈願、応援お願いします。
↓  ↓
にほんブログ村 資格ブログへ
にほんブログ村


このエントリーをはてなブックマークに追加

令和2年宅建3ヶ月学習サポートの12回目です。
今回がサポート記事としては最後になります。

3ヶ月短期での学習、今日まで見事走ってきましたね。
まずはここまで頑張ったあなたに、おめでとうの言葉をプレゼントします。

3ヶ月というとどうしても学習不足に感じるところがあるはずです。
でもそれは仕方ないことです。

私もそうでしたから・・・
多くの3ヶ月学習されている方は、そう感じているはずです。

でも大丈夫。

短期での知識は返って宅建試験本番での問題との格闘において迷いが少なくなります。
それに短期での集中した知識の蓄積は爆発力があります。
だから、自信をもって望みましょう。

さて、3ヶ月学習のあなたは6ヶ月の方とは違いここからが本番です。
ここからが本当の勝負です。
気を抜こうとしていたあなた。
甘いですよ。
ここからが更にあなたの実力アップする大チャンスなのです。

私も3ヶ月学習だったので、あなたのおかれている今の気持ちはよくわかります。
私と同じように一発合格果たしましょう。
 
大丈夫です。

最後の最後まで1点のあくなき追及を行えば、結果は自ずとついてきます。

Aランク、Bランク問題を確実に押さえてください。
数値関連を確認してください。
税のチェックもお忘れなく。
統計の確認は、最悪土壇場でもOKです。

もうそこですよ。

3ヶ月合格、必ず必ず果たしましょうね。
あなたならできる。
絶対にやれる。

これにて、3ヶ月サポートは終了します。

グッドラック!

令和2年宅建士試験合格を目指して、1クリック応援お願いします。
↓   ↓
人気ブログランキングへ


ダブルで合格祈願、応援お願いします。
↓  ↓
にほんブログ村 資格ブログへ
にほんブログ村


このエントリーをはてなブックマークに追加

令和2年宅建6ヶ月学習サポートの21回目です。
6ヵ月学習サポートの記事ですが、今回で最後になります。

さていよいよ3週間後、試験日本番ですね。
6ヶ月以上の学習で頑張られたあなた。
まずは自分自身に対して、ご苦労様の一言を言ってください。
そして、最後迄やりとげた自分自身を誉めてあげてください。

 「よーやった!」

 「でかした!」

 「素晴らしい!」

 「グレート!」

最後は自分の実力を信じて、基本項目のチェックを重点的に行ってください。
基本項目をチェックすることにより、すごい自分を認識し自信を更にパワーアップして下さい。

これからのあなたは、モチベーション維持です。
この3週間でモチベーションが下がれば、宅建試験本番で実力が発揮できないなんてことも起こりえます。

ひねり問題・難問・個数問題・組合せ問題に遭遇した時、ペースをくずし動揺して思うように実力発揮できなくなる。
それは絶対に避けなくてはいけません。
それだけモチベーションは大事なのです。

私自身のサラリーマン時代の仕事は営業でしたが、大きな物件に立ち向かうとき自分自身のモチベーション・テンションが高くないと全く歯が立ちません。
その意識が高いときは、例え沢山の課題や難題があろうとも、必死の思いでかいくぐり、時には綱渡り状態のときもありますが、最終的には物件受注のゴールにたどりつきます。

ゴールした暁には社内評価だけの形になるだけでなく、無形ではありますが自分自身の実力が更に上がっていたことに結果として気がつかされます。

もちろん顧客からは多大な評価をいただきます。
終わった後、顧客から「また、あなたと一緒に仕事がしたい」といただく時が往々にしてあります。
最高のほめ言葉ですね。
会社だけではなく、個人に対する評価です。

宅建に話を戻します。

まずはこの3週間、自分自身の気持ちを高めてください。
あなたは何をされたらうれしいですか?
何をしているときが楽しいですか?
どんなときが幸せですか?

その姿を宅建ゴール後に結びつけて、イメージしながら最後の学習に取り組んでください。
宅建のゴールはすぐそこです。

決めましょう、宅建合格を!
宅建試験、恐れるに足らず!!
あなたなら、絶対にできます。

宅建合格!!!

これにて6ヶ月サポートは終了します。
長い間、読んでいただいたことに大変感謝いたします。

令和2年宅建士試験合格を目指して、1クリック応援お願いします。
↓   ↓
人気ブログランキングへ


ダブルで合格祈願、応援お願いします。
↓  ↓
にほんブログ村 資格ブログへ
にほんブログ村


このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ