宅建試験!初心者のための一発合格サイト

宅建士試験(宅地建物取引士資格試験)初受験やリベンジの方に、短期・中期・長期での宅建学習方法、独学学習・過去問学習のコツ、受験テクニック、学習サポートなど、宅建受験から合格後の宅建取引士証登録迄、幅広く総合的に紹介したブログです。 【Yahooカテゴリー登録サイト】

◎ブログニュース
1)人気ブログランキングとブログ村ランキングはこちらに設置しました。
 試験合格目指して応援お願いします。
   ↓   ↓
 https://blog.with2.net/link/?366700

2)令和4年宅建士試験の合否投票はこちらから
   ↓   ↓
 http://blog.takken-get.com/archives/52327631.html

  合格体験記の応募はこちらから
   ↓   ↓
 http://blog.takken-get.com/archives/52327632.html

3) トピックス
 ●noteで各種マガジン配信中です。
『軍師『黒田官兵衛』の戦略を今の時代に活かすマガジン入門編』
 https://note.com/iccyan/m/mc51b99b1568d

『『黒田官兵衛』の戦略を今の時代に活かすマガジン(実践編』
 https://note.com/iccyan/m/m7faff6892e7a

3)マガジン紹介
●宅建独学ペースメーカーマガジン登録受付中
 初月無料です。
 単発記事を読むことも可能です。
 学習のモチベーション維持に活用下さいね。
   ↓    ↓
 https://note.com/iccyan/m/m6591c7db5979

宅建独学

今年宅建を初受験するあなたへ。

あなたは、宅建のことを知ろうとしていますか?
宅建のことを知ってから学習を始めようとしていますか?
それとも、宅建のことを知ろうとしながら学習を始めていますか?

宅建学習を能率的に進めるためには、やはり相手である宅建のことをよく知ることが大事です。

宅建がどういう試験で、どうすれば自分にとって最適な学習が組めるのか?

それを知った上で・・・
通学講座を始める・・・
通信講座を始める・・・
独学をするならいいでしょう。

一番いけないのは、なんとなく・・・です。

友達が予備校に通うから私も・・・
ネットで調べたら、なんか良さそうだから・・・
人気講師だから・・・・

100年の恋もちょっとしたことで一瞬で冷めます。

宅建学習もそうです。
安易に決めたことは安易な結果になりやすい。

よく調べた上で、比較検討した上で、段階をおって決めていきましょう。
えいやーも時と場合によっては効果がありますが、まだえいやーをする段階ではありません。
検討する時間はまだあります。
しっかりと相手のことを知った上で、自分のこれからの学習環境にあわせてセレクトしましょう。

相手のことをよく知るための電子書籍として、私の方では2つ用意しています。
良ければ、参考にしてくださいね。

(1)宅建独学者へ!!絶対攻略のための43のヒント
宅建資格試験に関する書籍において、宅建学習する分野の項目や学習法に関する書籍は沢山ありましたが、宅建試験全般について書かれたガイドブック的なものはありませんでした。
宅建資格に関することについて大事な要素を43項目Q&Aスタイルで書いています。
大変読みやすくまとめています。

宅建とは何ぞやに始まり、宅建試験に関すること、宅建学習中のことや宅建試験に関することまでまとめています。
是非宅建の全体像をつかんだ上で学習にとりくんでいただけば、あなたの目標設定もしやすくなり目指す方向性が見えてきます。

また著者自身からの宅建受験生の立場にたったアドバイスも適度に入れています。
今までの宅建ブログ運営の中で沢山の宅建受験生に向けてエールをおくってきた経験からのアドバイスはあなたの学習の支えになることでしょう。

【目次】
◎宅建とは?
1)宅建資格
2)宅建士業務

◎宅建試験とは?
3)受験資格
4)試験日
5)試験時間
6)試験スタイル
7)問題用紙
 
8)テキスト持込
9)携帯電話持込
10)試験会場
11)会場入り時間
12)昼食
 
13)持ち物
14)試験テクニック
15)試験終了後
16)試験実施の公告
17)試験案内と願書配布
 
18)願書受付
19)受験手数料
20)受験票

◎宅建学習
21)通学か独学か?
22)学習時間
23)通学先
24)お勧めテキスト
25)テキストと問題集
 
26)自宅学習
27)民法
28)電車での学習法
29)試験分野
30)民法
 
31)法令の数値
32)過去問
33)テキストの大きさ

◎宅建試験後
34)合格点1
35)合格点2
36)自己採点
37)自己採点2
38)模範解答
 
39)合格推定点
40)合格推定点2
41)待機期間
42)マークシートミス
43)マークシート訂正

(2)『宅建受験生必読!資格合格から未来像を描く成功鉄則20』
宅建ブログ「宅建試験!初心者のための一発合格サイト」を8年間運営しています。
その中で読者の方とコミュニケーションにより日々感じていた強い思いがありました。

宅建試験を受験し、見事合格されて「おめでとう」そして別れになります。
宅建試験後、自分の目指していることに対して順調にいっているだろうか?
途中つまずいたりしてはいないだろうか?
ご縁があってブログを読んでいただいた仲間であり、心の友です。

その声が通じてか、宅建受験後も読んでくれる方が結構います。
また、毎日は無理でも宅建試験日が近づくと顔を見せてくれる方もいます。

本当にありがたいことです。

今回の電子書籍では、宅建試験合格だけの枠にとらわれずに、宅建合格後のあなたの未来を描くための必要なエキスを得られる構成にしています。

宅建受験生だけではなく他の資格受験生や一般のビジネスマンやサラリーマン、主婦、学生など幅広く読んで頂ける内容になります。

宅建や資格受験を考えていない方は第三章だけを読んでいただいても結構です。

自分の未来は自分自身が切り開いていく。
この電子書籍があなたの行動のきっかけや意欲につながって頂ければ幸いです。

【目次】
第一章 宅建試験を極める
・あなたは最終的に何をやりたいですか?
・自分の経験の棚卸から始めましょう!
・私の経験を紹介します
・宅建ブログ開設と口コミで話題に!
・メンタルを徹底重視
・宅建学習アドバイザーになった訳は?
・宅建取得後にみる現実の姿
・メンタルに苦しむ方を救いたい強い思い
・宅建資格と自分の将来への関連付け
・大いなる志を持とう
・宅建受験1点の重み・痛みを知ること
・宅建受験を決意する

第二章 宅建合格後のストーリーを考える
・宅建士しかできない業務とは?
・宅建取引士(主任者)の概要
・宅建試験の歴史
・宅建試験の概要
・宅建合格後の進むべき道
・宅建資格からのステップアップ
・宅建資格からのステップアップ
・宅建資格からのステップアップ
・資格取得だけがゴールなのか?
・自分のやりたいことを実現するためには?
・未見の我

第三章 成功するマインドを磨く20の鉄則
・鉄則1(気力・体力・知力の三位一体)
・鉄則2(自分の現状の実力を知る)
・鉄則3(夢と現実の違い)
・鉄則4(マニュアルに頼らない)
・鉄則5(他人と比較しない)
・鉄則6(考え方の二面性)
・鉄則7(過去の栄光にしばられない)
・鉄則8(一つの枠にとらわれない)
・鉄則9(大局から物事を見る)
・鉄則10(常識の裏側にヒントあり)
・鉄則11(人のご縁を大切にする)
・鉄則12(自己変革を宣言する)
・鉄則13(自己投資をケチらない)
・鉄則14(自らの限界を決めない)
・鉄則15(幸運は勇気と度胸から生まれる)
・鉄則16(感謝の気持ちを忘れない)
・鉄則17(幸せになる)
・鉄則18(逆転の発想)
・鉄則19(信念という強い気持ち)
・鉄則20(成功する絶対条件)






今回は、隙間時間・細切れ時間について考えてみます。

あなたの生活での隙間時間はいかがですか?

仮に事務職の方で考えた場合・・・

・通勤時
・職場での休憩時
・昼食後
・仕事が終わって家に帰るまでの時間帯

通勤時は通勤方法によってかわります。
乗り換えが多いとその分、細切れ時間になると思います。

休憩時は明らかに細切れ時間、昼食後は取り方によっては、比較的まとまってとれるかもしれません。
仕事が終わってからどう学習時間を確保するか?
自宅でとれればそれにこしたことがありませんが、人によってはコーヒーショップの方がやりやすい方もいると思います。
また考え方によっては、自宅の中でも細切れ時間は発生します。
ただ一人暮らし以外は、家族とのコミュニケーションの時間も大事なので、あまり自宅での細切れは意識しない方がいいと思います。

職業でよく言われるのが、営業職での外出先での待ち時間、隙間時間、移動時間などです。
確かに、空きはできます。

基本的には、次に行く客先などの資料や打合せ内容の事前再確認など、やるべきことはありますが、意識していれば学習に回せる時間はあると思います。
要は、いかに日ごろから意識していて、さあやるぞというときにすぐに過去問をとりだせるかです。

隙間時間、細切れ時間の活用は、過去問などのアウトプット学習が一番向いていると思います。
インプット学習においては、項目の途中で中断しても気にしない自分自身の寛容さは必要です。
学習のキリが悪いからといって、仕事に悪影響を与えては本末転倒の結果になります。

宅建試験本番までは、まだまだ時間があります。
当然、この細切れ時間も積み重なればそれなりの累積時間になります。
特に、まとまった学習時間がとりにくい方は、しっかりと意識してくださいね。

リベンジの方にとっては、学習を計画通りに実行していくことになります。

波風なく、順風満帆でいけば合格です。
しかし、現実的には波風なく進むのは少ないと思います。

人はいろんなことをしながら生活しています。
そのため、自分の計画とは裏腹に予定外のことが突発的に入ってきます。

そこで、計画を修正することを余儀なくされます。
ここで柔軟に計画を修正出来る方は、間違いなく合格に近い方です。
外的な要因は本人の意思とは関係ありませんが、それを受け入れられないと学習のリズムを壊してしまいます。
そうすると、ペースダウン、引いては学習の継続が一旦ストップしてしまう。
その事態は避けたいところです。

とかく真面目な方ほど、計画どおりに進まないと考え過ぎて、調子を崩しやすくなります。
折角の真面目さが裏目に出てしまうのです。

これではもったいないですね。

大事なのは、継続する気持ちの持ち方ですが、外的や内的な要因で計画どおりにいかなかったとしても、計画を修正すればいいんだの軽い気持ちを持って下さい。

むしろ、最初に立てた計画通りに最後まで進むのが不思議なことです。
計画に修正や変更がでてきて当たり前です。

かといってあまりコロコロと変えることはいけません。
週間単位、2週間単位、月間単位で考えてください。

あなたはPDCAを知っていますか?

PLAN(計画)
DO(実行)
CHECK(評価)
ACT(改善)

元々はISOから来ていますが、今ではビジネスの世界でも使われています。

学習も同様です。

基本的には、学習開始時期にもよりますが、今の時期の学習であれば3ヵ月後でいいと思います。
これも性格によりますが、この時期はコロコロ変えるべきではありません。
特に、注意してもらいたい人は、飽きっぽい人や新し物好きな人です。

つい、隣の芝生がよくみえたりします。
本屋で新しく見かけるテキストが素晴らしく良いテキストに見えたりします。

新しく見かけたものをどんどん取り入れていたら、収拾がつかなくなります。

基本の固定軸はずらさないようにしましょうね。
そのための気持ちです。

考え方の基本軸は当初の信念どおりに変えないことです。

学習を継続させるために・・・
学習のモチベーションを保つために・・・
学習を意欲的にやるために・・・

そして、養った実力を最大限に宅建試験会場で発揮するために、学習前のイメージングを勧めています。

やるべきイメージングは3種類。
・合格後の自分の姿をイメージング
・合格発表時の喜ぶ自分をイメージング
・試験当日、頑張る自分の姿をイメージングになります

イメージングはアスリートも数多く取り入れています。
自分の思い描くとおりに達成する。

10月の宅建試験本番までの学習期間中、
必ずしも順風満帆とはいきません。

ときには、やりたくない時もあるでしょう。
つまずくこともあるかもしれません。

そんな時に、イメージングが継続の力になります。

イメージングはまた、メンタル面にとても効果があります。
特に自信をなくしやすい方は取り入れてくださいね。

試験前からあわててはじめても効果はうすいです。
今の時期からやってこそ、効果があります。
イメージングに費用は一切いりませんよ。

費用がゼロのわりには、継続すれば効果は絶大なのです。

是非、やってみてくださいね。

貪欲取り入れてみることが大事ですよ。

宅建合格を目指して・・・

今回は、集中力について考えてみます。

あなたは集中力がある方ですか?
学習を始めてすぐに集中できる方ですか?
学習環境を選ばずに気にせずに集中できる方ですか?

私の場合は以前は静かで・・・個室で・・・
夜の環境でなければなかなか集中できないタイプでした。

電車の中で学習なんて・・・・とんでもない・・・

しかし、今はすぐに集中できるタイプに変わりました。
環境を気にせず、すぐに集中スイッチを入れます。

ある意味慣れも大切ですが、まずはそういう風に意識的にもっていくことが大事です。

意識的にちょっとした空き時間に学習をしてみる。
その学習を繰り返していくうちに、徐々に集中できる時間帯を増やしていきます。

自然に短時間に学習しようとすることで、集中力がついていくのです。
それに、短時間集中は知識の定着も案外いいような気がします。

具体的な根拠はありませんが、感覚的にそうかんじます。

短時間集中という動作が、潜在意識への記憶の植え付けにつながっているのかもしれません。
自然にスラスラと覚えた知識が、あらゆる場面で引っ張りだせるようになる気がします。

これが、試験本番では効力を発揮します。

宅建試験本番では、いろんなタイプの問題が出ます。
当然のごとく、目新しいパターンの問題、個数問題、組合せ問題など、過去問にはないパターンも出ます。
何これ?という問題もでます。
でも、それに同様してしまっては、合格ラインにたどりつけないのです。

平成24年平成30年もそうでしたね。
令和になっても、それは変わりません。
これに泣かされて思わぬ結果になった方も過去にはいます。
(最近ではこのあたりの情報が飛び交っているので対策は、ある程度はうてるようになっています)

そんな時にこそ効果百倍となるのです。

問題と格闘しながらも一気に集中して、選択肢を1肢づつ紐解いていく → 正解ゲット
こんなことが現実におきるのです。

その力がついていきます。

よく試験の自己採点の結果、試験結果の感触はまるでだめだったけど採点してみると・・・結構正解している。
(今年の試験結果でもいえたことです)

そういう成果につながっていくのです。
試験には万全で臨んだけど・・・結果が・・・
こんな方ほど、是非この短時間での集中力を鍛えて下さい。

空き時間にさあ学習といってすぐにできない人は、集中する時間を意識的に作るようにしてください。
自分には無理だと思った時点で、もう何もできなくなります。
人間はやればそれなりに適応する生き物です。

やらないから・・・
やろうとしないから・・・
継続しないから・・・
諦めるから・・・・

できない。
できる自分に変えていきましょう。

夜1時間学習をしているのであれば、まずは、そのうちの10分でもいいのです。
意識して集中する雰囲気を作ってください。

いつも試験では一夜漬け、夏休みの宿題をかたづけるのは夏休み終了3日前。
だから私には無理です。

いえいえ何をおっしゃいます。
そんなあなたこそ、集中力を如何なく発揮できる素質素養があります。

土壇場で発揮するその力の一部を毎日に、ほんのちょっと振り分けるだけでいいのです。

いつしか、あなたは自然に集中できる人になっているはずです。
集中して、短時間高能率の学習を目指してみてください。
まずは、意識して始めることからです。

あなたにも、きっとできる。
絶対に、絶対にできます。

↑このページのトップヘ