宅建試験!初心者のための一発合格サイト

宅建士試験(宅地建物取引士資格試験)初受験やリベンジの方に、短期・中期・長期での宅建学習方法、独学学習・過去問学習のコツ、受験テクニック、学習サポートなど、宅建受験から合格後の宅建取引士証登録迄、幅広く総合的に紹介したブログです。 【Yahooカテゴリー登録サイト】

宅建試験

◎ブログ最新ニュース
●平成29年宅建士試験合否の投票のご協力お願いします。
 合否投票はこちらから
   ↓     ↓
 http://blog.takken-get.com/archives/52259411.html

●平成29年宅建士試験を受験された方へ。
こちらの各種アンケートにもご協力をお願いいたします。
 (受験動機、試験後にすること、目指す資格、合格発表をみる方法、使用テキスト)
   ↓     ↓
 http://blog.takken-get.com/archives/52258786.html

●平成29年宅建受験された方へ。
 合格体験記を募集中です。
   ↓     ↓
 http://blog.takken-get.com/archives/52258723.html

平成30年宅建試験☆初受験される方へのメッセージ

平成30年宅建試験を初受験される方で、
受験決意されている方はまだ少ないと思います。

例年、年があけ2月・3月となって初めて、
徐々に増えてくる傾向にあります。
本格的なスタートは4月以降になる方が多いのが現状です。

このブログをご覧になっている方で、
今年は受験しなかったけど、
来年受けてみようかなという方もいると思います。

学習開始は、平成30年宅建試験までそれなりの期間がありますので、
急ぐ必要はありませんが、
受験決意については早いに越したことはありません。

このブログと新しい読者の方との出会いは、例年宅建試験前後が一番多くなります。

宅建試験後のコメントで・・・

もっと早くこのブログの存在を知っていれば・・・
こんな感想を書かれる方もかなりいます。

それなりに検索では上位に出ますが、
それでも新しい方とのご縁になると・・
限られた方だけになります。

宅建受験生約20万人から見れば、ほんのわずかだと思います。

独学で初受験される方に一日でも早くご縁があれば・・・
一人でも多くの方と早く接したい・・・

そんな思いで、この時期にあえて、平成29年に平成30年宅建初受験される方への
メッセージを贈っています。

早いスタートはそれだけ有利になります。
でも、やり方を間違うと遠回りになります。


【平成30年宅建試験初受験される方へのメッセージ】

あなたは、どんな目的で宅建試験をうけようと考えていますか?

資格取得の一環として・・・
法律系資格への第一弾として・・・
不動産関連への転職を期待して・・・
ただ、何となく・・・・・・

受験の動機は人それぞれですが、
宅建受験への思いが弱いと、
これからの学習でモチベーションを維持することは難しく、
苦しい展開を迎えることになります。

しかも今からの宅建学習開始は、かなりのロングランになり、
学習時間は累積されていきますが、
それに質が伴っていくかは自分次第になります。

ロングランを一人で走りぬくには、
かなりの計画性と自己管理が必要になります。

最初はそれなりに進みますが、
やはり中だるみは必ずやってきます。

そこを乗り越えるか?立ち止まるかで、
あなたの平成30年宅建試験の結果は見えてきます。

1日でも早いスタートは優位には間違いありませんが、
学習途上でたちどまるとその優位性はなくなり、
逆に足かせとなり不利になることも往々としてあることです。

決してスタートダッシュといって、最初から飛ばす必要はありません。

しっかりと宅建試験当日をピークに見据えて、
これからのあなたを考えてみてください。

そういう意味からも、あなたの宅建試験を受ける目的、
大義名分をしっかりともつことです。

人はメンタルな生き物です。

メンタル面がしっかりしていないと、
最終宅建試験当日を最高のベストの状態でもっていくことはむずかしいことです。

これは学習に限ったことではありませんが、
気持ちの問題をしっかりとさせることが、
宅建合格ひいてはその先の自分自身の成長につながっていきます。

決して今の時期、先を急ぐ必要はありません。

まずはしっかりと考えてみてください。

そこから、
あなたの平成30年宅建試験へのチャレンジのための扉が開かれます。

もし、来年初受験される方がいればコメントを残して下さい。

あなたの存在を認知することで私の記事もあなたに向けて書きやすくなります。


本日も読んで頂いたことに感謝、 ブログへの応援1クリックお願いします。
↓   ↓
人気ブログランキングへ


こちらもあわせて応援お願いします。
↓  ↓
にほんブログ村 資格ブログへ
にほんブログ村


平成30年宅建受験に向けての学習相談・合格後の進路相談☆承りますよ!

平成30年に宅建リベンジに向けてスタートされる方、
または初受験される方に向けてのご案内です。

メールでの相談、直接お会いしてのカウンセリングや
アドバイスを希望される方はいませんか?

リベンジの方にとっては、
自分自身の今年の足跡を分析することが大事になりますが、
なかなか自分のことになると適切に判断できない面もあります。

そうした場合、客観的に第3者からみたアドバイスは、
自分では気づかないところを教えることができますので、
今後の学習を構築していく上では大変有効になります。

また自分の今置かれている環境を話すことによって、
気持ちも楽になります。

私自身それなりに苦労していますので、
その苦労を乗り越えた経験は、
あなたにとって必ずお役立ちできます。

独学されてきた方にとっては、
なかなか今まで相談する機会はなかったことでしょう。
なかなか方向性や答えを見いだせないなかで、
今まで取り組んでいたままで実施すればいいのか?

はたまた変更した方がいいのか?

安易に予備校にいけばいい・・・
友達や知り合いが行っているところに行こう・・・
皆が良いというから通信講座に知らずに申し込む。

これでは、折角の今年リベンジの意思も有効では
なくなる可能性があります。

実際、メール相談、カウセリングで話をきいてみると、
私が思っていると意図と違う解釈をされたり、
学習の強弱や掘り下げる場所を間違えていたり、
もったいなく感じることが多々あります。

学習のポイントを間違えなければ・・・
遠回りしなくてもいいのに・・・
これは毎年感じることです。

どうしても、学習環境や本人の状況は人それぞれです。

総体的なことはブログで読むだけでもいいのですが、
より個々に対応したアドバイスは、
個別に対応しないと難しいのも現実です。

個別で相談にのってこそ最適なアドバイスができる。

ここ数年痛感していることです。

特にメンタル面は、徐々にあなたの心を蝕んでいきます。
気がついた段階ではなかなか修正しにくいのも現実です。

心や気持ちの問題は、短期では克服しにくいのです。
ましてや対処法が本人にはみえない。

できるだけ早いうちに、
対処していくことが最善の最短での解決策につながっていきます。

日本人は哀しからずやどうしても平素は、
このメンタルを軽視しがちになります。

占いとかお参りとかは熱心なのに、
メンタル=精神論と考えてしまうからかもしれません。

たるんでる・・・とか、
甘ったれるな・・・とか、

簡単に一言で終わらせてしまうことがありますよね。

ここに解決を長引かせる要因が隠されています。

過去のオリンピックでも、
某競技の監督がメンタル面が駄目だったと反省の弁を述べられていましたが、
その競技は本来メンタル面が充実していて当たり前と一般的に見える競技です。

それが今の現実ですから・・・
やはりメンタルはなめてはいけません。

メンタルを含めてお気軽に相談ください。

流石に私も限られた時間の切り売りなので厳しのですが・・・
今回特別のオファーを出します。

無料相談受付します。
(カウンセリング・アドバイスの場合は、コーヒー代+交通費のみ負担ください)

概要を記載します。

【メール相談】

・メールでの回答になります。
 やりとりは1回のみの回答となります。

【カウンセリング・アドバイス】

・カウンセリング場所は、東京23区及びその近郊に限らせていただきますが、
  それ以外の地域でも希望があれば調整します。

 双方で調整しやすい路線駅近郊のコーヒーショップなどで、
  1時間になります。

 (飲み物、交通費だけはご負担ください)

 *お子さん連れでもOKです。
 *ベビーカーでの小さいお子さんと一緒でもOKです。
 *友達と一緒でもOKです。
 *ご夫婦でもOKです。

 テキストを、書店に一緒に選びに同行することも可能です。
 現物を手にとっての話が一番はやいですからね。

 相談したい内容を書いてお申し込みください。

 ●宅建学習相談はこちらより


本日も読んで頂いたことに感謝、 ブログへの応援1クリックお願いします。
↓   ↓
人気ブログランキングへ


こちらもあわせて応援お願いします。
↓  ↓
にほんブログ村 資格ブログへ
にほんブログ村


平成30年宅建試験リベンジ☆リベンジ受験で一発でリベンジする構想を練る

本日は平成30年宅建試験受験に向けての構想を考えてみたいと思います。
特に大事な意識は、一発でリベンジを成功させること。

そのための戦略構想を練ることが大事です。

リベンジされる方で、
平成29年が初受験だった方は、平成30年が二度目の受験になります。

中には、3度目以降の方もいると思います。
(平成30年が2度目の受験として記事を書きます)

初受験者と大きく違うリベンジ受験者の最大のメリットは、
平成29年宅建受験経験及びそのための学習経験があることです。
学習した知識は既に忘れてきつつものがあるものの、
現時点では初受験者より優位に立っていることには間違いありません。

その優位を、更に倍増、三倍増させて、
平成30年宅建試験本番で圧倒的優位にたたなくてはいけません。

つまりはぶっちぎりの合格です。
それでこそ今からリベンジ決意した意味があります。

圧倒的優位をいかして、
宅建試験本番では、横綱相撲をとってほしいのです。

この時期何故、こんことを書くのかといいますと、
これをできない方が毎年結構いるのです。

同じ失敗、同じ学習の繰り返しで工夫がない・・・
何かにすぐ頼る・・・
頼りっきりになる・・・
ここに大きな落とし穴があります。

毎年毎年1点差で不合格になってしまう・・・

何が欠けているのでしょうか?

ここをしっかりと押さえていないと
来年も厳しいものになりますよ。


さて、戦略立案のための構想です。

まず使うテキストですが判断は二つに分かれます。

・今までのテキスト・過去問をベースに考える。
・新規に揃えなおす。

これについては今年の結果を振り返っていただき、
30点未満であったならテキストがあなたにあっていない
可能性があるのでスパッと買いなおしてみてください。

また新しいもの好きな方、
気分を一新させたい方は過去問とあわせてかえてみるのも
いいことでしょう。

テキスト・過去問のこの時期に勧める一番の私のお勧めは、
テキスト・過去問をそろえるなら出る順です。
現時点の中ではトータル的に使いやすくまとまっています。

テキストと過去問を分けていい方は、
テキストと過去問を別な出版元で変えるのもいいことです。

これはあなたが学習する時期、
学習できる時間によっても選択肢変わります。

一からやりなおしたい方は、
楽学のマンガからやりなおしてもいいでしょう。
楽学のマンガは、kindle版でスマホでも読めます。

まずは、遊び感覚で読み始めるのもいいです。

また、漫画なら宅建塾など今は数シリーズありますので、
自分にフィットするものを選ぶのもいいでしょう。

感覚的なフィット感やとっつきやすさを求めるなら、
TAC出版の『宅建士の教科書』もいいでしょう。
ただし、過去問は同シリーズでは全く十分とは言えないので、
リベンジの方は特に、パーフェクト過去問10年分などと
組み合わせる必要があります。

また、電子書籍の過去問の使いやすいさでは、
家坂さんの過去問シリーズを勧めます。

電子書籍のいい点は、わからない言葉や用語に対して、
該当するページや関連するページにリンクを貼れるので
瞬時に移動できる点です。

この使いやすさを最大限利用すれば、
スマホでも学習効果を高めます。

特に、リベンジの方はある程度の知識をもたれているので、
利用価値は高いですよ。

今年1点差で涙を呑まれた方は、
無理にテキストを変える必要はありません。
今年の自分に何が不足をしていたかを考えてみてください。
その上で、補填・補充するものを新しくそろえるのか?

それとも気分一新新しくするのかを・・・

基礎力が不足している方は、
この時期、1問1答の問題集を使うのもいい方法です。

毎年言えることですが、1問1答で基礎力を磨けば、
得点源である宅建業法でのとりこぼしが少なくなります。

宅建業法でとりこぼしがなければ、限りなく合格が近づいてきます。

個数問題という形式になっただけで、
心が動揺し基本的問題をとりこぼしてしまう。

こういう方には1問1答は絶対に有功です。


時間に余裕のこの時期に民法などに親しむのもいいことです。
民法とはどういう法律で、何のためにあるのか?
今の民法のデメリット、メリットなど違う側面からみることも
大事です。

そのための書籍もあります。
民法というものをわかって学習にスタートすると、
親しみやすくなり、味気ない学習も楽しくなります。

今では、どんどんスマホでのアプリも登場してきています。
スマホをメインでの学習に置くには時期早尚と考えますが、
サブ的位置におけば、効果は絶大です。

特に、スキマ時間の活用に役立ちます。

また大局を相対的につかむためには、2017年版の虎の巻を活用するのも
手です。

全体的に学習量が足りなかったには、有効です。

基礎が全然だめという方は、
マンガ宅建に立ち返ることも大事です。

マンガだからといって侮れませんよ。
イメージを植え付けることは、後後のあなたの実力を大きく伸ばすコツに
なります。

今年、あなたが使ったテキスト・過去問は、あなたの歴史が刻まれています。
その歴史の上に新しい知識、忘れそうになった知識を上乗せして
いったほうが効果的です。

過去問など、
例えば、5年巻分(250問)使用していた方は、
10年分(500問)に増やすことも有効的です。

試験では今までにない問題や見慣れない問題はでたりもします。

これは来年も変わりません。
新しい問題を意識しすぎて、大事なことを見失ってはいけません。
基本をおさえれば合格圏内に確実に入れることです。

40点以上の高得点も十分にとれる可能性はあるのです。

宅建取引士試験は、来年で4年目を迎えます。

3回を終えて、状況は宅建主任者試験と同様であることがわかりました。
要は、29年・28年のように合格基準点が35点の難易度の年もあれば、
27年のように合格基準点が31点の難易度の年もあるということです。

4年目の試験として、変化がある項目はある可能性は否定はできません。
これは、過去の宅建試験も同様です。

但し、それがわかるのは、6月の公告です。
受験生にとって、一律一緒です。
ネット情報に翻弄されるよりも、今は従前の試験を踏まえて戦略をたてて基礎を固めていく。

その上で、仮に変化があればそれに即して対応していく。
あまり難しく考えすぎない方が重要です。

基本は過去問に始まり過去問に終わるで変わりありません。

ネットや講師によっては予想問題を勧める方もいるかもしれませんが、
たっぷりと時間がある方ならともなく、
社会人である方にあまり勧められません。

あくまでも過去問、
または、過去問をベースにした問題にしてください。

1肢1肢しっかりと基本と格闘し、
どんな問題がでてもどしんと構えて受けて立てるメンタル面が大事なのです。

絶対に、新問、難問、奇問マニアにはならないでくださいね。

次に必要なことは、
普通に書いていることがわかる国語力、
問題を読んでの読解力、選択肢を読んでの判断力を磨いてください。

これを磨くことは、残念ながら一朝一夕ではできません。

宅建学習だけでなく、
日頃から新聞を読む、読書するなどの積み重ね、
日頃の生活などの物事の考え方にも左右されてきます。

また、漫画やゲームなどの映像に普段の多く接している方、
テレビ中心の方など、活字と縁が少ない方は、
活字と触れる機会を増やすことも大局的な宅建学習対策、
引いては資格試験対策になると言えます。

日頃活字になれた読解力のある年配の方が、
短い学習期間でそれなりの成果を出している例もあります。

これなどが典型的な日頃の活字と慣れ親しんだ、
それによる読解力、判断力、選択力を知らず知らずに
身につけているからこそだと思います。

また短期間の学習で合格される方もいます。

それも日頃のベースの上に、
言われたとおりの狭い範囲に絞り、それを集中力をもって
一気に仕上げるから成功するのです。

範囲を広げすぎるとカバーできなくなるのです。

守備範囲は広くとれるのは、限られた名プレイヤーだけです。
あなたは、時間をかけて名プレイヤーになりますか?

今後は電子書籍での活用も時間の効率化では有効な対処法になります。

一般の紙媒体をデジタル化したテキストは電子書籍での
活用にはむきません。
電子書籍を意識して作成したものがベストです。
(ここは勘違いしないでくださいね)

また普段の社会経験も大事な要素になると思います。
どんな問題に直面しても、
あわてない、どうじない、瞬時の判断力で対応していく。

いずれしても時間をかけてコツコツ頑張る人が一番強いです。
今の効率優先の世の中だけに特にそう感じます。

楽にやったことは偶発的な一瞬の成果につながることもありますが、
長続きはしません。

最後に学習期間は、
人それぞれの考え方、学習環境にもよりますので、
来年の自分自身の予定を考えて、
長期間(6ヶ月以上)、中期間(5〜4ヶ月)、
小期間(3ヶ月未満)のどれを選択するかは、
よく考えて決めてください。

私のブログやメルマガ・フェイスブック・電子書籍では、
当面は長期間学習をされる方を前提に、進めていきます。

長期間学習をされる方は、宅建1本でもいいのですが、
私はもったいないと思います。

折角つけた火を宅建だけで燃え尽きさせてほしくはないのです。
その火を他にも分火してほしいのです。

FP、簿記など特に狙いやすいですね。

二頭を追うものは一頭も得ずではなくて、
二頭を追うものは二頭を得る。

三頭を追うものは三頭を得る貪欲な考え方が必要です。

一石二鳥、一石三鳥を狙ってのもいいのではないかと思いますよ。
(そのためには創意工夫は必要です)

特にこれから予想される厳しい時代、
これくらいのしたたかさと貪欲さは大事になります。

もちろん、今自分が置かれている状況も十分に加味して判断してください。

宅建1点集中は常套手段であり、
絶対必勝を目指す場合決して間違いではありませんからね。

とにかく、迷うのなら相談してください。

間違った選択すると遠回りになります。
最初に学習方法のアドバイスを受けて計画した方が間違いないですよ。

返事は時間がかかると思いますが、御相談ください。

●学習相談はこちらから


本日も読んで頂いたことに感謝、 ブログへの応援1クリックお願いします。
↓   ↓
人気ブログランキングへ


こちらもあわせて応援お願いします。
↓  ↓
にほんブログ村 資格ブログへ
にほんブログ村


平成30年宅建試験リベンジ☆再スタートのきっかけやタイミングについて

平成29年宅建合格発表から6日目になりました。

今年残念な結果に終わったあなたの今の気持ちはどうでしょうか?

今年の場合、33点以下だった方は比較的早い段階で、
割り切れている方が多いと思います。

では1点差(34点)の方はどうでしょうか?
一番、ひきずりやすい得点になります。
ましてや、前回も1点差ならもっと尾をひきづっていると思います。

本当は結果が出た以上はスパッと気持ちを切り替えることが
一番なのですが、なかなか難しいのが現実です。

いつかは気持ちを切り替えなくてはいけないことですが、
それにはやはりきっかけやタイミングが必要になります。

今年は宅建のことはもう何も考えない・・・
来年になったら考える・・・

これはこれでいいと思います。
もうすでにブログも年内は見ないという方もいると思います。

でもできることなら無茶苦茶悔しい思いが残っているこの時期に、
来年リベンジ受験の決意だけはしてほしいのです。

中には、合格基準点が昨年に続き35点だったのに、
合格できなかった自分がいる。
ひょっとしたら一人自分を卑下している方もいることでしょう。

自分を卑下しては絶対だめです。
一方で頑張った自分がいるのは事実なので、
そのことについては素直に受け止めてください。

そして、来年に向けて一日も早い闘志を燃えたたせましょう!

その燃えたぎった闘志は、あなたの熱い気持ちにつながり、
その熱い気持ちは来年にしっかりとつながっていきます。

絶対に来年リベンジするぞの熱い気持ちは、
それだけで強い強いあなた自身の合格への原動力になります。

あなたのヤル気を引き出す・・
モチベーションを高める・・・
あなた自身の大義名分になります。

人は何かしらの寄り所が必要です。

私やこのブログの心の友も精一杯応援はしますが、
実際にやるのはあなた自身になります。

声援は時としてあなたの耳には届かないこともあります。

そんな時あなた自身であなたの前に立ちはだかった大きな壁を
乗り越えてほしいのです。

それを乗り越えるためのパワーの源が、リベンジ決意=大義名分なのです。
その最大のパワーを得られるチャンスが・・・今なのです。

今だけですよ。

だったら、決意するのは今でしょう。
明日でも明後日でもない、たった今です。

リベンジ決意は早くすればすれほどそれだけ優位になります。
その優位の特権は、あなたしか選択する権利はありません。

是非今、その手でつかみとってください。

平成30年宅建試験リベンジ合格に向けての熱い思いを!

このブログのリベンジでの卒業生の方も、早い段階でこのチャンスを得ています。
あなたもその一人になってください。

今からの長丁場、メンタル面は特に大事になります。

今年の難問に苦戦したあなたならわかるはずです。

その長丁場に勝つためにも、早めの決意を固めてください。
この差は、宅建直前期そして試験当日に生きてくるのです。

宅建試験当日にあなたのベストを出せないと、
同じ繰り返しになります。

絶対に合格する側に抜け出すのです。

そのためには今ですよ。
来年ではないですよ。

絶対に今です。

あなたが、平成30年10月21日にぶっちぎりのリベンジができますように!

本日も読んで頂いたことに感謝、 ブログへの応援1クリックお願いします。
↓   ↓
人気ブログランキングへ


こちらもあわせて応援お願いします。
↓  ↓
にほんブログ村 資格ブログへ
にほんブログ村


平成29年宅建試験☆合格発表翌日、合格証書について

合格発表日の翌日を迎えました。

残念だった方はまだ気持ちの整理がつかない方も、いることでしょう。

なるべく早い時期に気持ちを切り替えるようにしていきましょうね。

カウンセリングが必要だったらお声をかけてください。

遠方の方は、スカイプでもできるだけ対応したいと考えています。

決してあわてる必要はないですよ。

気持の整理がつかないままに走りだすのは危険です。
そのためには、第三者に聞いてもらうことも大事なことですよ。

前日のブログにも書きましたが、
泣きたいときは思い切って泣こうよ。

今後のことはそれからです。

リベンジされる方には、全力で応援していきます。

詳しくは後日の記事にて案内していきます。

折角できたご縁・・・できたら、この先の宅地建物取引士試験でも
ご縁が続ければ幸いです。


さて見事合格を勝ち取った方、
あらためて平成29年宅建試験、合格おめでとうございました。

既に合格証書を手にされ、
二重の合格の喜びをかみしめた方もいることでしょう。

本当に良かったですね。

合格発表での喜びと
実際に合格証書を手にした瞬間の喜びは、
また違った意味でうれしいものです。

昨日合格証書が届かなかった方は、
それを楽しみに本日お待ちください。

今日届くところもありますし、
明日以降になるところもあります。

届かないことは考えにくいので、気持ちを楽にお待ちください。

きっと届きます。

過去なかなか届かずに、随分心配された方もいました。

後でポストの中に、
不在通知が入ってないかも見てくださいね。

書留郵便で届きますので、
配達時に自宅にいないのと不在通知が入ります。

新聞やチラシ・他の郵便物にまぎれていないか、
ちゃんと確認をしてくださいね。

そんな方も過去いましたから・・・

不在通知が入っていれば、
管轄の郵便局にとりに行くのは、
週末でも大丈夫ですので、
安心してください。

リベンジで苦労されて合格された方は、
我が事のようにうれしいですね。

特に、学習期間中から読んでいただいた方の合格には、
ブログ記事アップしてきた苦労が報われる思いです。

頑張って記事を書いて良かったなとしみじみと思いました。
本当に毎日読んでくれてありがとう。

それでは、最後にもう一度、
合格された方、本当におめでとうございました!!


本日も読んで頂いたことに感謝、 ブログへの応援1クリックお願いします。
↓   ↓
人気ブログランキングへ


こちらもあわせて応援お願いします。
↓  ↓
にほんブログ村 資格ブログへ
にほんブログ村


Categories
Amazonライブリンク
記事検索