宅建試験!初心者のための一発合格サイト

宅建士試験(宅地建物取引士資格試験)初受験やリベンジの方に、短期・中期・長期での宅建学習方法、独学学習・過去問学習のコツ、受験テクニック、学習サポートなど、宅建受験から合格後の宅建取引士証登録迄、幅広く総合的に紹介したブログです。 【Yahooカテゴリー登録サイト】

◎ブログ最新ニュース
●3ヶ月学習に役立つ電子書籍です
『宅建取引士試験!合格を一発で決めよう!!: 3ヶ月で合格を勝ち取るための王道学習戦略』
   ↓     ↓
 http://blog.takken-get.com/archives/52279384.html

●中高年独学の方に参考になる電子書籍紹介
『宅建絶対合格!40代以上の必勝崖っぷち戦略』
   ↓     ↓
 http://goo.gl/mzuA1Z

●1ヶ月学習をアレンジしての活用も有効的です
『宅建士試験に1ヶ月独学で合格する方法(2017年版)』
   ↓     ↓
 https://www.amazon.co.jp/dp/B072JDF2J3

●メンタルも重要です。
 合格者から元気をもらおう!
『宅建合格!全受験生に贈る心からの応援歌〜不安・心配に打ち勝とう』
   ↓     ↓
   http://p.tl/p69w

●宅建無料メルマガ新規購読者募集中!
詳細と申込はこちらから
  ↓   ↓
 http://blog.takken-get.com/archives/52272722.html

宅建試験

不動産適正取引推進機構より、8月15日に平成30年宅建試験申込受付状況の速報版が発表されました。

平成19年が260,633人、
平成20年が260,591人、
平成21年が242,281人、
平成22年が228,194人、
平成23年が231,759人、
平成24年が236,350人、
平成25年が234,303人、
平成26年が238,343人、
平成27年が243,155人、
平成28年が245,742人、
平成29年が258,591人。

そして、平成30年が・・・265,491人
昨年よりまたまた増えましたね。

インターネット申込みの状況をみると、増加が予想できましたが。
予想通り郵送も更にのびましたね。
ついに近年の最高である平成20年の申込人数を突破しましたね。
民法改正前の飛び込み受験とも思われますが、東京オリンピックの年までは更に伸びそうです。

講習修了者は今年はどうでしょうか?

平成19年の37,739人、
平成20年が42,841人、
平成21年が40,663人、
平成22年が37,515人、
平成23年が38,845人、
平成24年が40,144人、
平成25年が41,696、
平成26年が44,835人、
平成27年が46,441人、
平成28年は49,361人、
平成29年は53,010人。

そしては、平成30年は・・・56,323人。

こちらも更に増加しています。

ネット申し込みの比率ですが、
平成23年が19.9%、平成24年が20.3%、平成25年が22.5%、
平成26年が23.2%、平成27年が23.9%、平成28年が22.3%、
平成29年が22.7%
今年は・・・24,3%

こちらも過去最高になりましたね。


さて、受験率はどうなるでしょうか?

ここ10年の全体での受験率は、
 平成15年 80.7% → 平成16年 80%
→平成17年 80.2% → 平成18年 80.6%
→平成19年 80.5% → 平成20年 80.4%
→平成21年 80.8% → 平成22年 81.7%
→平成23年 81.4% → 平成24年 80.9%
→平成25年 79.4% → 平成26年 80.6%
→平成27年 80.2% → 平成28年 80.8%
→平成29年 81.0%

平成18年〜20年の間に0.1%づつの減少していましたが、平成21年は一転、0.4%戻しました。
そして、平成22年は0.9%アップ、その後、減少に転じますが、
平成26年は、宅建主任者として最後の試験だったこともあり、前年より1.2%上昇しました。
そして、宅建士としての最初試験だった平成27年は、減少しました。
しかし、宅建士2年以降はまた上昇しています。


今年が仮に、平成29年と同じ受験率(81%)だとすると、
平成30年の受験者数の見込みは、215,048人となります。

仮に、平成29年と同じ合格率(15.6%)だとすると合格者は33,547人。

合格率がどうなるかで合格者数は大きく変わってきます。
受験率は宅建試験後、合格率は合格発表後にしかわかりませんから、あくまでも仮の話です。

実際は、今年更に受験率があがる可能性もあると思われますし、合格率については毎年願うことですが、
少しでも高い合格率になって、一人でも多くの方が合格してほしい。

その願いは一緒です。

いずれにしても今は、合格の目安ラインは36点を目指してくださいね。

平成30年宅建合格を目指して、ブログへの応援1クリックお願いします。
↓   ↓
人気ブログランキングへ


ダブルで宅建合格祈願、応援クリックお願いします。
↓  ↓
にほんブログ村 資格ブログへ
にほんブログ村


9月になると誰でも宅建受験を意識する直前期に突入します。

このブログは、いろんな立場の方が見ています。
学習が順調に推移してきた方もいれば、
紆余曲折しながらも頑張ってこられたかたもいます。

7月の受験申込み時期にあわせて学習を開始した方もいるでしょう。
その方達の中でも、学習状況は分かれます。

そこで、今時点で学習が順調でない方や、
これから学習を本格的に頑張る方に向けて紹介する電子書籍があります。

宅建士試験に1ヶ月独学で合格する方法(2017年版):今年の合格を絶対に諦めないための逆転合格バイブル

昨年版ですが、今年のスケジュールで応用可能です。
1ヶ月に焦点を絞った内容です。
実際に、この電子書籍で書かれている内容を2ヶ月学習にアレンジして、
高得点で一発合格された方もいます。

内容的には奇をてらったものではなく、やはり学習するという王道は変わりません。
ただし、そこにいろんな工夫をしていくことになります。

今年のスケジュール合わせた内容になっているので利用しやすいと思います。。

受験申込はしたけど、学習が不足しているあなた。
予想問題集だけにかけようとしているあなた。
1ヶ月学習で本気で合格したい方。

是非活用してください。
発売価格は、159円です。
一発合格の念をこめて・・・1(一発)59(合格)

過去、この方法を参考にして自分流にアレンジして合格した方もいます。
学習は、難しくしすぎるほど時間の浪費につながります。
学習はシンプルに!

また6ヶ月学習から3ヶ月学習しているか方にも、
今後、学習のラストスパートをかけるために参考になる内容です。
今の学習の壁を打開する方にも参考になるはずです。

今年の合格を諦める前に、本書を読んで逆転合格を目指しましょう。

●「宅建試験に1ヶ月学習で合格する方法」の詳細とアマゾン購入はこちらから

平成30年宅建合格を目指して、ブログへの応援1クリックお願いします。
↓   ↓
人気ブログランキングへ


ダブルで宅建合格祈願、応援クリックお願いします。
↓  ↓
にほんブログ村 資格ブログへ
にほんブログ村


今回のテーマは、気持ちの引き締めになります

それぞれの思いをもってのこの夏休みの学習、そして結果になります。

順調にいってる(いった)方は、そのまま加速させていきましょう。
逆に順調にいっかなかった(いってない)方は、一旦リセットしましょう。
終わったことをいつまでもくよくよしていては仕方ないので、気持ちを切り替えましょう。

さあ、ここからが本当に大事になります。
本日をいれて、8月はあと17日あります。

9月になると直前期突入です。

直前期になると誰しもそわそわしてきます。
そして、実力を伸ばしてくる方が登場するのもこの時期です。

もちろん、あなたは目に見えないライバル達におびえる必要はありません。

しかし気持ちを引き締めることは大事です。

特に、順調に学習が推移した方こそ、気持ちの引き締めに注意してください。

ここからが正念場になります。

8月で残されている後17日。

もし、学習が順調でない方は、ここが踏ん張りどころです。

平日にどう頑張るのか?
残された土日をどう活用するのか?

絶対的な学習が不足している方は、学習時間を確保しましょう。

苦手な分野がはっきりしてきた方は、それが基本問題=Aランクなら克服する作戦をとりましょう。
克服するやり方はいろいろありますが、まずは繰り返して慣れることです。

Bランクなら、克服するか学習対象として継続するか判断が分かれる所です。

3度やって駄目なら捨てるのも一手です。
時間は限られているので、得点できる項目に時間を裂くのがやはり王道だからです。

合格基準点以上の点数を確保するのが重要なので、自分の得点パターンを固めことを基準にして考えていきましょう。

Cランクはスパッと捨ててください。
解ければラッキー程度で構いません。

このあたりの対処法は、電子書籍「宅建試験本番!10の解答テクニックとコツ」を読んでください。

さあ、休み明けの学習、きばっていきましょう。



平成30年宅建合格を目指して、ブログへの応援1クリックお願いします。
↓   ↓
人気ブログランキングへ


ダブルで宅建合格祈願、応援クリックお願いします。
↓  ↓
にほんブログ村 資格ブログへ
にほんブログ村


平成30年宅建3ヶ月学習サポートの5回目です。

宅建3ヶ月学習。

私もやった学習法です。

この正念場の暑い時期、辛いかもしれません。

でもあなたなら、必ずできるはずです。

3ヶ月学習での1/3の期間が過ぎましたが、あなたの実力はこれからがまだ伸び盛りです。

たとえ、9月の模試でひどい点数をとったとしても
悲観することはありません。

なぜならあなたは、まだ実力育成途上なのですから・・・

まだまだこれからです。

だから自分の現在の実力で、自分自身を卑下しないでくださいね。

もうわかっていますよね。

要は、宅建試験当日にあなたの実力を最高潮にもっていけばいいのですから・・・

途中、いろいろと聞こえてくる雑音に惑わされてはいけません。

いろんな噂に右往左往されないことです。

自分がこう決めたのならそれを突き進む方が後悔は少ないです。

明らかに軌道修正が必要なときはスパっと変えましょう。

でも、それもこれも自己責任であることは忘れないでください。

自分が信じたことに邁進する。

今度もあなたの心を惑わすこととしては、予想問題を解いた時や公開模試を受けたときです。

その結果に左右されないことです。

模試が悪かったとか、自宅での自己テストの結果が最悪だったとか気にしすぎないことです。

それは、あなたがまだまだ学習途上だから当然です。


あなたの目標は、もちろん、宅建試験に合格することです。

宅建試験当日、10月21日にしっかりと照準を合わせましょう。

10月21日に最高の成果が発揮でれればいいのですから・・・


平成30年宅建合格を目指して、ブログへの応援1クリックお願いします。
↓   ↓
人気ブログランキングへ


ダブルで宅建合格祈願、応援クリックお願いします。
↓  ↓
にほんブログ村 資格ブログへ
にほんブログ村


平成30年宅建6ヶ月学習サポートの14回目です。

あなたは過去問何回転できましたか?

夏休みが本日でおわり、明日からは通常に戻る方も多いと思います。

夏休み最後の日曜日、あなたはアウトプット学習、今現在で何回転できているでしょうか?

3回転
5回転
7回転
10回転・・・・・

現実的には、3〜5回転くらいの方が多いのかもしれません。

使っている過去問集の問題数にもよりますので一概には言えません。

そのため人と比較して回転数が少ないと感じても、単純に悲観してくださいね。


もちろん問題数が少ないものを使用して、かつ、回転数が少ないのならお話になりませんが・・・・

そういう方ももちろん、再度気持ちを引き締めなおしてください。

今の時期の気の緩みは大変な致命傷になります。

アウトプット学習を順調に進めている人は、テキストで必要に応じての知識補充を忘れずにしてください。

アウトプットばかりでは、あきる方もいます。

でも、ここが踏ん張りどころです。

根気を維持するためにも、解き方の工夫をしてくださいね。

解き方の順番を変えるだけでも、解答選択力の強化、問題を解く順番を決める選択眼を磨くことになります。

まだまた、今の段階では、6ヶ月学習者の強みがあります。

忘れないでくださいね。

余裕をもって、気を楽にしていきましょう。


平成30年宅建合格を目指して、ブログへの応援1クリックお願いします。
↓   ↓
人気ブログランキングへ


ダブルで宅建合格祈願、応援クリックお願いします。
↓  ↓
にほんブログ村 資格ブログへ
にほんブログ村


↑このページのトップヘ