宅建試験!初心者のための一発合格サイト

宅建士試験(宅地建物取引士資格試験)初受験やリベンジの方に、短期・中期・長期での宅建学習方法、独学学習・過去問学習のコツ、受験テクニック、学習サポートなど、宅建受験から合格後の宅建取引士証登録迄、幅広く総合的に紹介したブログです。 【Yahooカテゴリー登録サイト】

宅建試験

◎ブログ最新ニュース
●宅建無料メルマガ購読者募集します。
   ↓     ↓
 http://blog.takken-get.com/archives/52254888.html

◆合格発表までの待機期間中に読んでほしい電子書籍2冊
 1)いろんな合格体験記に掲載されています。
   『宅建合格!全受験生に贈る心からの応援歌〜不安・心配に打ち勝とう』
     ↓      ↓
   http://p.tl/p69w

 2)以前大河ドラマで盛り上がった官兵衛、現代によみがえって不動産業界で
   大活躍します。楽しく読んでください。
   『もしも黒田官兵衛があなたの軍師だったら』
     ↓      ↓
   http://goo.gl/vLxI7Q

●平成29年宅建本試験後のアンケートへのご協力ありがとうございました。
 結果公開中。
   ↓     ↓
 http://blog.takken-get.com/archives/52255884.html

平成29年宅建士試験後☆宅建独自メルマガ新規購読者募集します!

宅建試験後にこのブログを読まれている方もいると思いますので、
宅建無料メルマガをご紹介します。

毎週金曜日17時に配信しています無料メルマガになります。

タイトルは、宅建学び塾『ウイナー』。

文字通り、あなたに宅建試験での勝者になっていただきたい思いをこめています。

先週で280号まで発行しています。
無料メルマガです。

試験当日には、合格当日エールメールを配信しました。
おかげさまで毎年好評です。

そこで、改めてメルマガ読者の募集を行います。
この機会に是非、お申込みください。

参考までに、宅建試験直前期の内容の一部を転載します。


・・・・転載ここから・・・・

・‥…━━☆・‥…━━☆☆☆・‥…━━☆・‥…━━☆☆☆・‥…━━☆

 ◆宅建学び塾『ウイナー』第276号◆

・‥…━━☆・‥…━━☆☆☆・‥…━━☆・‥…━━☆☆☆・‥…━━☆

(はじめに)

こんにちは。

イッチャンこと一木です。

宅建試験前としては、公式としては最後の発行になります。

ただし、実際は3段構えの構成になっています。
本日のこのメルマガは、試験前のメルマガ3段構えの第一弾になります。

明日試験前日に第二弾のメールが飛びます。

そして、最終最後は試験当日の合格エールメールです。

このメルマガを読まれている方、全員に送ります。

配信は、午前9時頃を予定しています。

【今日のテーマ】

今日のテーマは、宅建試験当日です。

ここでは大事なポイントだけ書きます。

詳細は、
「宅建試験必勝対策☆前日・当日編:運命の日に勝利するのはあなただ!」
                       販売価格:100円
*アマゾンページはこちらから
    ↓   ↓                      
  http://goo.gl/wBsKqT


1)試験会場の最寄り駅から試験会場に行く間に、
 予備校の方からチェックシートをもらったら、
 それは試験場では利用しないでください。
 (元気運だけをありがたくもらって、鞄にしまっておきましょう)

2)試験会場で学習をする場合は、普段自分が利用した過去問、
 法令上の制限などの数値のチェック、統計など基本的な項目を
 確認する軽めのメニューしましょう。

3)緊張しやすい方は、試験会場内の教室の自分の席で学習するよりも
 違う場所を利用した方がベストです。
 回りの人が賢く見え、急に自信がなくなる方がいます。
 そんな時は、エールメールや7カ条の記事をチェックしましょう。

4)食事は軽めにしましょうね。
 13時はどうしても脳の回転が鈍くなります。
 集中力が一番発揮できる時間帯には限りがあります。
 宅建業法を先に解くことを勧めるのはそのためです。

集中力のある時に、固い点数固めを行うのです。
 ケアレスミスは、集中力が段々とおちてくる時間帯におこりやすいのです。

 人間の集中力は20分とも30分とも言われています。
 適度な間隔で、一旦、手をとめ、深呼吸するなど。
 それも、集中力を継続させるためのコツです。

5)宅建業法から解き始める。
 または、先に統計の1問をかたづける。
 あわせて5点免除をかたづける。
 これは、自分の状況を勘案して決めて下さい。

6)どの順番で解いていくか?
 マークシートの転記のタイミング?
 前日に決めておきましょうね。 
 試験当日の流れにまかせるとブレます。
 ケアレスミスの誘発になるので、必ず決めておきましょう。

7)わかる問題からどんどん解いていく。
 わからない問題はいったん保留にしておきましょう。
 そのあたりのやり方はブログに書いていますので、
 読んでおきましょう。

一番大事なことは最後の最後まで、
試合終了のホイッスルがなるまでは絶対にあきらめないことです。

わかる問題が解き終わったあと、
あなたには、どれくらいの保留した問題がのこるでしょうか?

残り時間を確認して、ペース配分を決めましょう。

いずれにしても絶対することは、マークシートを全問埋めること。

そして不用意な解答の変更はしない。

なぜ、変更をしない方がいいかはブログを読めばわかることです。
最後は、自分が最初に決めた答えを信じる方が結果的には正解につながって
いくのです。変えないことの後悔より、変えたことによる後悔の方が大きいのですよ。

試験前日の明日と当日のブログ記事を必ず読まれることをお忘れなく。

きっと、あなたへの心からのエールになるはずですよ。

絶対合格を信じて!!
____________________________________
◎1.平成29年宅建初受験に向けて
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
今回のテーマは、6ヶ月学習、3ヶ月学習、1ヶ月学習と・・・
人により学習期間の違いはありますが、
頑張られてきたことには変わりありません。

それもこれも明日の宅建試験本番で最高の成果を発揮するためにです。
そして、見事、目標である宅建合格を手にするためにです。

そんなあなたに、私から最後のエールをおおくりしたいと思います。

それでは、最後のエールをお贈りします。

《6ヶ月学習の方へのエール》

・あなたは、本当にコツコツと頑張られてきました。
 本当に頑張られましたね。

 たとえ、宅建試験本番中に、難しい問題に直面した時でも、
 頑張った自分を思いだし、なにくその気持ちで難局を突破してください。
 頑張って学習したあなたには、合格する権利があります。
 
 普段の実力を発揮さえすれば、あなたはきっと大丈夫です。
 合格切符は、あなたのためにあります。
 あなたの合格ステージは、あなたのためにすでに用意されています。
 後は自ら、合格ステージに立ちましょう。

《3ヶ月学習の方へのエール》

・私も同じ3ヶ月学習でした。
 見事一発合格です。

 もちろん、あなたにもできるはずです。

 最後まで、1点のあくなき追及をしてください。
 1点、1点、積み重ねていってください。
 そうすれば、栄光の扉は開きます。
 待っていては駄目です。
 自らの手でつかみとってください。
 
 泥臭くてもいい。

 はいつくばってもいい。

 合格を必ずや奪い取りましょう。

 あなたのために最高の舞台が整っています。

 あなたは合格できる人です。

 自信をもって全力でぶつかろう。

 そんなあなたに勝利の女神が、宅建の神様が微笑むことを
 祈ります。

《1ヶ月学習の方へのエール》

・勢いで頑張っているあなた。
 その勢いを最後迄忘れないで下さい。

 立ち止まっては駄目です。
 最後まで走りぬきましょう。

 勝利の女神は、時には無邪気です。
 そんな頑張るあなたに、奇跡の合格切符を与えてくれるかもしれません。。
 それには、あなたが合格を諦めないことです。

 棚から牡丹餅。
 おおいに結構、

 何でもいいから、合格をこの手でもぎとりましょう

奇跡は、決して起こらないことではありません。
 起こるからこそ、奇跡なのです。


・・・転載ここまで・・・


以下の募集要項をご確認の上でお申し込みください。


【宅建独自メルマガ募集要項】

申込は、「◎宅建独自メルマガ申込はこちらから」の
リンクをクイックするとメールフォームが立ちあがり
ますので、以下の必要事項を入力の上、
お申込みください。

・氏名
・メールアドレス(ホットメール・ヤフーメールは届きにくいので、
         なるべく、他のメールアドレスでお願いします。
         Gメールは迷惑フォルダーに振り分けられる場合が
         ありますので、注意ください。
         携帯アドレスでもOKですが受信設定が必要です。)

・都道府県 →お住まいの都道府県を選択してください。

・件名 → 「宅建独自メルマガ配信申込」

・メッセージ →今年の受験結果などお書きください。

宅建メルマガ申込はこちらより


必勝宅建合格、合格への思いを込めて、1クリックお願いします。
↓   ↓
人気ブログランキングへ


ダブルで必勝宅建合格祈願!
↓  ↓
にほんブログ村 資格ブログへ
にほんブログ村


平成29年宅建試験後にボーダライン上で心悩む受験生に贈る言葉

宅建試験後に必ず発生する状況があります。
それがボーダーラインです。

合格基準点が毎年一定ではないため、
どうしても仕方のないことなのですが、必ずボーダーラインが生まれます。

本当に悲しいことに・・
残念なことに・・
誰かが・・・
しかもかなり多くの方が・・・・
毎年該当することになります。

今年のボーダーラインは、
35点、34点、33点になると思います。

ボーダーラインは、各予備校(サイト)推定点をもとに発生します。

推定点・予想点である以上は確定点ではないので、
実際は自分自身が真のボーダーにいたかどうかは、
合格基準点が確定する合格発表日である11月29日までは誰にもわからないことになります。

平成28年のボーダーラインは36点〜34点でした。
結果は35点。

平成27年のボーダーラインは33点〜29点でした。
結果は31点。

平成26年のボーダーラインは34点〜31点でした。
結果は32点。

平成25年のボーダーラインは35点〜32点でした。
結果は33点。

平成24年のボーダーラインは36点〜33点でした。
結果は33点(複数正解肢あり)

平成23年のはボーダーラインは37点〜32点でした。
結果は36点(誤記問で全員正解問題あり)

平成22年のボーダーラインは36点〜34点でした。
こちらも結果は36点。

この時期になると、毎年のことですが買い物したりしたレシートが、ボーダラインの
下側の数字の組合せだったらうれしくなったりします。

データは確かに精度が高くなっているとは思いますが、
でも全受験生のデータがみれる訳ではないので、
あくまでも単なる予想にすぎないことに変わりありません。

また、国の政策なども影響を受ける可能性もあります。

最終的には、関係者によって決定されることなので、
結局のところは11月29日にならないと私達がわからない状況には
変わりはありません。

今年も比較的狭い範囲内にボーダーライン収まっています。

受験生の真の出来はどうだったのか?
得点分布はどうなのか?
今年の合格者数は?
合格率が高めになるのか、
それとも低めになるのかでも
大きく違ってきます。

気持ちの切り替えができた方は、次にむかって進みましょう。
(参考になる記事も今後アップする予定です)

でもどうしても諦めきれない人は、
とことんこだわってみるのもいいことです。
時間の無駄かどうかはその人にとっての価値観にもよります。
諦めてと言われても、どうしても諦めきれないで、
自分の仕事や周りの仕事に影響を与えるのであれば、
とことん合格にこだわって、その変わり目の前の仕事も人一倍頑張る。
そういう気概が必要です。

とかく、今の世の中あっさりしすぎている方が多いので、
昔堅気のこだわりも大事です。
(そのためか私の周りの60代・70代は元気な人が多いです)

特にこれからの次代を担う方には、いい意味でのこだわりは必要です。

何かに賭けてみる。
こういう冒険心も必要です。

やんちゃさも大事です。

何でもかんでもみんなと一緒ではなく個性は必要です。

無難からは無難な結果しか絶対に生まれません。
コツコツと研究を積み重ねる。
こういう地道さも必要です。
その上で、大きな発見につながる・・・

自由な発想、独創的な発想が今後ますます必要になります。

もちろん待っている間、いろんな今後のことを考えていきましょう。

時間はお金に換えられないほど大切です。
最近は、考える時間が不足している方が多いので、
是非、この機会に意識して実行してみましょう。

考えることにお金はかかりません。
自分の脳をとことん考えることに使ってみましょう。
いろんなアイディアが浮かんだりします。

最初はなかなか難しいかもしれませんが、ある瞬間、一気に感覚が芽生えます。

待つ経験は長い人生の中で、これからまだまだあると思います。
宅建合格発表までの約1ヶ月ちょっとは確かに長いです。
でも人生の中で考えれば、短い期間だと言えます。

待った結果、残念な結論がでる可能性はあります。
その可能性がある以上は、駄目なときの覚悟を作っておく必要があります。
この待つ経験により、来年のあなたは精神的により強くなっていることは間違いありません。

待つことは、前述のようにくよくよ毎日悩むことではありません。
もちろん、悶々として過ごすことでもありません。

合格の可能性を信じて、そしてアクティブに考え、活動しながら発表を待つことです。
ここに意義があります。

是非、前向きな気持ちになって待ってみる。
いろんな前向きなことを考えて待ってみる。

私の受験経験は、既に先日お話ししましたが、
私自身は試験後ボーダーライン上にすらいませんでした。
それでも合格しています。

運がよかったといえばそれまでですが、相当に苦しんだことには間違いありません。

それから考えれば、ボーダーライン上と言えども、
今あなたは合格できる可能性の位置にいるのです。
合格確率は分かれますが可能性は残されているのです。
合格できるチャンスは残されているのです。
そのことを絶対に忘れないで下さい。

昨年もありました。
合格を諦めていて、来年の相談を受けていたら合格しちゃった・・・
学習相談を考えていたら、合格しっちゃった・・・

珍しいことではありません。

まだまだ、合格発表日までには日数があります。

是非自分を信じて、この1ヶ月ちょっとをアクティブに過ごしてみてください。
これを乗り切ったあなたは、自分自身に自信がついているはずです。

不安になった時は、
まずはゆったりと深呼吸して心を落ち着かせてください。
それから過去の合格者の喜びの声を読んでみてください。
きっと、勇気・元気が出ることと思います。

卒業生の多くが越えてきた道です。
あなたにもできます。

宅建合格の吉報が、あなたのもとにも今年届くことを心から祈ります。

必勝宅建合格、合格への思いを込めて、1クリックお願いします。
↓   ↓
人気ブログランキングへ


ダブルで必勝宅建合格祈願!
↓  ↓
にほんブログ村 資格ブログへ
にほんブログ村


宅建試験!初心者のための一発合格サイト☆読者への感謝と平成29年宅建合格に向けて

宅建試験!初心者のための一発合格サイト』を宅建試験後に初めて読まれている方へ

平成29年宅建試験後に、初めて当サイトへ訪問していただいている方に向けて、
当ブログについてお話させていただきますとともに、
今後のブログの内容についてご説明させて頂きます。

【当宅建ブログについて】

ご縁があって、宅建試験後に当ブログにお立ち寄り頂きありがとうございます。
このブログは、平成18年に個人ブログから宅建に内容を絞って独立させた
ブログになります。

宅建は合格基準点が固定でないため、
毎年、ボーダーライン上で沢山の方が、大変苦しい辛い思いをされます。
そんな方達のために一日でも多く希望の灯をともせれば・・・
一人でも多くの方の気持ちを少しでも安らげさせることができれば・・
そんな思いからのスタートでした。

私自身の宅建は、決してかっこよく高得点で合格したわけではありません。
40点以上での合格を考えていましたが、
自己採点の結果出たあまりにも情けない点数になってしまい、
呆然とし、意気消沈し、某予備校の合格予想で更にとどめを刺されました。

ボーダーならまだしも、当時の私はボーダーライン以下の点数・・・

その後、パソコンを封印しネットを長い期間見ることはありませんでした。

自己嫌悪、絶望、諦め、未練・・・
そんな思いのなか、そんな気持ちから逃げ出すために、
簿記受験 ⇒ 合格。

でも・・・心が晴れることはありませんでした。
むしろ、情けない気持ちは更に強まるばかり・・・
(今のポジティブな私とは正反対の自分がいました)

そんな状況の中で大きな運命が待っていたのです。
(詳細は、合格体験記をお読みください。)

おかげさまで、そうした状況だったにもかかわらず、
見事一発合格を果たしました。

もし私が普通に自己採点で合格を確信する点数であったなら・・・
このブログを開設していなかったでしょう。
仮に開設していたとしても、
宅建資格を軽んじ、
高めから受験生を見下ろしたブログになっていたかもしれません。

当然の如く、今のように熱い気持ちをもって、
このブログを作ることなどできなかったでしょう。

自分自身が、苦しんで、苦しみぬいて合格したからこそ、
同じ立場に立たされた方の気持ちが痛いほどよくわかるのです。
同じ立場の気持ちになって考えてあげることができるのです。

人の痛みがわかる人ほど、他人に優しくできる。
いたわりの気持ちが強いほど、自分自身も強くなれる。


救ってあげたい。
心を安らげてあげたい。
癒してあげたい。
希望を捨てないで、最後まで諦めるなと、
元気、勇気を与えてあげたい。

今の苦しい経験は、
きっとあなたの将来に役立つはず。
今後、力強く生きていくうえで必ず必要なあなたの力となるはず。

そんな気持ちを伝えたい・・・
そんな思いからでした。

そんな姿勢が多くの読者の共感を読んだのか?
瞬く間に人気ブログとなり、
お陰様で活況を呈しました。
宅建試験後、合格発表時のコメント、
それ以外の時期でもお礼や感謝の言葉をいただきました。

大変ありがたいことです。

ただ実際のところ、365日毎日記事を書き続け、
この合格発表までの期間を
私自身もモチベーションを維持していくことは、かなりの労力を要します。

毎晩の残業が終わってからの作業、
昼休みを惜しんでの記事構想、
休日出勤で思うように記事がかけない、
朝6時過ぎに家をでて、帰宅するのは11時で早い方、
出張移動の新幹線の中で、
泊まりのホテルの中で四六時中宅建ブログを意識する。

記事を書かなくてはいけないプレッシャー・・・

そんな状況の中で、
仕事で更に別部署も兼任することになった平成20年に、
流石に、無理だと思い平成20年合格発表後の閉鎖を考えていました。

しかし、多くの方からのこのブログででしかできない存在理由を
改めて知った時、奮いたったのです。
人間やってやれないことはない。

傷つきかけた受験生の心をいやせるブログは他にはない。
このブログを閉鎖したら、この時期の受験生を誰が救えるのか。

そういう強い気持ちがあって、今の継続につながっています。

またここの卒業生が訪れた時に閉店状態では、
故郷がなくなったようで、大変申し訳ない気持ちもありました。

今年で12回目の宅建試験を見届けた今、感じることは根強いブログファンはいるんだなという思いです。

今やユーチューブやインスタグラムが主流です。
私もインスタをやっており個人アカウントは1万人を超えるフォロワーがいます。

それでも、今ブログの必要性も感じています。
それは、亡くなられた小林麻央さんのブログからです。
独身時代からファンだっとこともあり、文面からは愛があふれ、感動でした。

このブログも、そんな思いに立ち返っているところです。

SNSの多様化で、選ばれる頻度は以前よりも大幅に下がりましたが、
一方で必要としてくれている方がいる。

心がやんできている今、このブログの原点の考えであるメンタルに立ち返るべき・・
変わらぬことの大切さも実感しています。

時代の流れとともに変化していく・・・
一方でかたくなに大事なことを守り続ける。

このブログは後者であるべきと考えます。

必要としてくれる方がいる限りは、
毎日更新が無理になったとしても継続していくブログと考えています。

ボーダーラインの方にとって、
合格発表日までの長い道のりはまだ始まったばかりです。

一人でも多くの方が合格することを祈りつつ、
突き進んでいきますので、
最後までおつきあいいただければ幸いです。

【今後のブログ内容について】
改めて自己採点で、良い結果を出されたあなたへ。

本当におめでとうございました。

頑張ったあなた自身をほめてあげてくださいね。
頑張った自分自身に、一足早いご褒美をあげてくださいね。

まずは、合格発表までゆったりと過ごしてください。

特にリベンジの方。
本当に、本当に良かったですね。
とても、私もうれしいです。

昨年、(中にはそれ以前)のボーダーラインでの苦しみがあったからこそ、
喜びは更に大きいことと思います。
本当に自分をほめちぎってくださいね。

ひとまずはお疲れ様でした。

さて、残念なことに、ボーダーラインにきてしまったあなたへ。

とても不安な気持ちのことと思います。

不幸にも、ボーダーラインの下限のあなた。
悲しい気持ちで一杯だと思います。
でも、負けないでくださいね。

今不安に思われている方は、あなただけではありません。
同じ思いの方は他に沢山います。
それだけに、一人でしょいこまないでください。

一人では苦しいこともこのブログでつながった仲間で共有すれば、
多少なりともやわらぐことになります。

昨年も、一昨年も、そのまた前の年も、
多くの方が、このボーダーラインの苦しみを乗り越えてきました。

12年間、いろんな方々と接し、ともに乗り越えてきました。

今後の当ブログはそんなあなたのために第一の存在意義があります。
合格発表のその日まで、勇気・元気を提供していきます。
ただし、前向きな取り組み記事もあります。
待機期間の中で新しいことを吸収していきましょう。

折角の待機期間中ですから、
今後の自分の展開についても考えていく場にしています。

次なる資格の構想を練る。
資格意外の自分の活かし方を考える。
ビジネス展開を考える。
などなど・・・

また、既に来年受験に向けてスタートをきろうとしている方のためには、
学習相談・アドバイスも組み入れていきます。
どういう学習方法をとっていけばいいのか?
予備校と独学どちらがいいのかなど。

そして、沈んだ気持ちを多少なりとも元気を出してもらう企画も考えています。

そういうなかで時間が経過し、最終的には11月29日に
一人でも多くの方に、季節外れの満開の桜が咲くことを祈ります。

必勝宅建合格、合格への思いを込めて、1クリックお願いします。
↓   ↓
人気ブログランキングへ


ダブルで必勝宅建合格祈願!
↓  ↓
にほんブログ村 資格ブログへ
にほんブログ村


平成29年宅建試験でのマークシート☆転記ミスを心配されている方へメッセージ

アンケートへのご協力ありがとうございます。
いろんなコメントに今年の試験模様のそれぞれの光景が目に浮かぶようでした。

引き続き、アンケートの方は続いていますので、
まだの方はご協力頂ければと思います。

そのアンケートのコメントに、皆さんがよく書かれていることがあります。

それは、宅建試験においてのマークシートの転記ミスに関するものです。

自己採点でボーダーラインを越えているのに、マークシートミスを心配される方が結構います。
ボーダーライン上の方は、もし転記ミスしていたら・・・
そんな気持ちもよくわかります。

でも試験前に戦術として取り組んでいれば、こんな心配をする必要がないはずなのに・・・

・マークシートに正しく記入しただろうか?
・マークシートに自分の解答通り転記しただろうか?
・転記漏れはないだろうか?
・濃く鉛筆で塗りつぶしただろうか?
・マークシートを書き直した時にちゃんと消しただろうか?

・転記した時に一段づつずらしたりしなかっただろうか?
・二重に読み取られることはないだろうか?
・コンピュータが正しく読み取ってくれるだろうか?
・採点ミスは、ないだろうか?
             ・・・・・・・・・等々

よくよく考えてみると、試験においてのマークシートは久しぶりの方にもいるので、
心配や不安が当然のようにでてくるのもわかります。

ボーダーラインを越えていても、もし、転記ミスをしていたら・・

マークシートミスに関して、一旦不安を感じ始められたら、
それは更に自分の中で増幅され、
とめどもなくどんどん不安が広がっていきます。

特に現在ボーダーライン上にいる方は、マークミスは確かに致命傷になります。

折角ボーダーで合格できたはずなのに・・・合格欄に番号がない。
(中には、いらっしゃるのも事実です)

それだけにちょっとしたことがきっかけで、
普段なら気にならないことが気になったりするものです。
わかっていても気になるのが人情だともいえます。

独学で受験された方は、どうしても試験に関しての情報が少なくなるので、
マークシート転記のやり方を事前に決めていなかった方もいると思います。

過去の宅建フェスティバルでの講義の際も、
いくつかのやり方があることすら知らない方が大半の雰囲気でいた。
(一問づつ解答して転記していく・・)

問題を解く順番においても、問1から解かれた方は、権利関係でかなり時間をとられことと思います。
(流石に、このパターンは少なくなりました。
 それでも現時点でのアンケートでは、権利関係を最初の解き始めた方も結構いますね)

また宅建業法から解かれた方の中でも、
個数問題対策をされてこなかった方は予想以上に時間をとられ、
自分自身が安心と思えるマークーシートの転記時間の確保、
転記のチェックができなかった人もいると思います。
(対策をしてきても、今年また2つ個数問題が昨年よりも増えましたので、嫌と感じる方もいたと思います)

中には何度マークシートをチェックしても、試験後不安になる方もいます。

でもここで言いたいのは・・・
そんな心配をされる方ほど、実際はマークミスをしていない可能性が高いということです。

私の経験から言えば、現在マークシートが気になっている方は、
転記ミスの可能性は限りなく無いと思います。

気にされる方というのは、それだけ普段注意深く行動される方だと思うからです。

家をでてドアの鍵を閉めた瞬間、
「電気、消したっけ」
「窓、しめたっけ」
「エアコン、切ったっけ」
「トイレの電気、消したっけ」
と不安になる時があると思います。

そんなとき再度確認した結果どうですか?

ちゃんとやっていることが多いと思いますよ。
無意識のうちに、きちんとされていると思うのです。

そんな気になる不安に思うあなたは、試験中においても、
自分では意識はしていなくても、無意識のうちにあなたの潜在意識が注意深く行動しています。

そういうものですよ。

過去、転記ミスをしていた方は、そういう意識がない方の方が多いです。
だからこそ、今心配しているあなたの転記ミスは限りなくゼロです。

ですから今マークシートの心配をされているあなたは、もう心配しないでくださいね。

あなたの自己採点結果がそのままのあなたの平成29年宅建試験の点数と考えてください。

コンピュータのマークシートの読み取りは、人力よりは間違いなく正確です。

マークシートシステムそのものを信じましょう!

自分の転記を信じましょう。
転記したあなた自身を信じましょう。

きっと11月29日の合格発表で合格された暁には、
何でこんなことで悩んでいたのだろうと思われることでしょう。

ですから、心配したり不安に思ったりすることは絶対にやめましょう。
今すぐにやめてくださいね。

自分の合格を固く信じて・・・

宅建、絶対合格!!

PS.いつも暖かい応援ありがとうございます。
   合格に向けて、今後とも1クリックをいただければと思います。

必勝宅建合格、合格に一念をこめて、1クリックお願いします。
↓   ↓
人気ブログランキングへ


ダブルで必勝宅建合格祈願!
↓  ↓
にほんブログ村 資格ブログへ
にほんブログ村


平成29年宅建試験☆合格予想点・推定点について

このブログとしての合格予想点についてはやめています。
やめたのは6年前になります。

宮嵜さんとのご縁が第一ですが、
第二としては、ゆっくりと検討する時間がないこと。
第三としては、予想についてこのブログでやる必要性があるかの自分自身の葛藤があったからです。

私がやめた後、いろんな所でまとめサイトが増えてきました。
それだけに必要も全く感じなくなったのも事実です。

それに単に予想をあてるということだけを考えれば、
本命から前後にちらす一般的な3点予想にすれば、
それなりの確率であてることは可能です。
(一般的な予備校によくあるパターンです)

今年でいえば、34±1点。

現状では、一部のデータをみることができるようになったので、
分析すれば以前より出しやすい環境にはなっています。

また、この時期のこのブログは予想をあてることが目的ではありません。

来年に向けて既にスタートした方には、アドバイスをしていくこと。
そして、今現在ボーダーライン上で苦しむ方のためには、
少しでも不安を取り除き次の展開に向けて一歩を踏み出すきっかけを与えてあげること。

合格発表までの待機期間を少しでもいやす場と、
前向きに取り組んでいく場を作ってあげたい。

待機期間中に今後のことに目を向けて、
自分の人生を考えていく、いい機会になれば・・・

単に待つだけではなく、前向きに新しいことにチャレンジしていく。

合格基準点は最終的に国の政策などの影響を受けます。
最終的にどうなるかは、私達が知りえるのは11月29日深夜0時を回ってからです。

昨年までは、合格発表前日の日付が変わった瞬間に週刊住宅から速報が流れました。
(今年は週刊住宅さんが廃業されましたから、住宅新報から速報が流れるかも?)

このブログでは過去12年間の中でいろんな結果を見てきました。
いろんな悲喜こもごもがありました。

でも今振り返ってみると、
ボーダーライン上の仲間と一緒に励ましあい、
期待しあい自分の合格の可能性を信じて待ったことは、
決して無駄ではなかったと今でも思います。
(さすがに今はブログ全盛期はおわり、SNS多様化により分散していますので以前のような盛り上がりはありません)

独学で宅建試験を迎え、不幸にもボーダーライン上に来てしまい、
合格発表まで孤独で迎えるのは悲しい限りです。

そんな時に、このブログの存在があれば救われる方もいるはず・・・

以前ほど、このブログは活況がなくなりました。
コメントもほとんどなく、ROM専の方が圧倒的の現状です。

でも、今回のようにアンケートを実施しますと多くの方がコメントされています。
特にボーダーライン上の方の不安な気持ちはよくわかります。

今年でブログとしては、12回目の宅建試験を迎えました。
これだけ続けられたことは読者あってこそになります。

ブログ全盛期は、炎上を何度も経験しました。
でも、そんな時にこのブログを守ってくれたのは、他ならぬ読者だったのです。
読者に恵まれたこと、未だに感謝にたえません。

当ブログを読んでくれているあなたへ、本当にありがとう。

さて、このブログの願い、私の願いは毎年一つです。

試験が終了した今は、ご縁があった方達に一人でも多く合格してもらいたい。
もちろん、学習を頑張って継続してきた方々に対してです。

このブログでは、
絶対にボーダーライン上にきてはいけないことを力説していました。
がしかし、頑張ったけれど不幸にもボーダーライン上にきてしまった・・・
そんな方をむげにはできないのです。

それみたことか、人の言ったとおりにしないから・・
あれほどアドバイスしたのに何故・・・

でも試験は一発勝負です。
それ故、計算できない予想できないことも起こりえます。
それがこの世の中です。

結果的には弱者になってしまった人たちを切り捨てることは、私にはできません。

おせっかいと言われようとも、
必要としている方が一人でもいるのなら、
私は合格発表の瞬間までエールをおくりたいのです。

中にはスパッと気持ちを切り替えて、
前に向かわれている方もいます。
私もそうです。
気持ちの切替は早いです。

でも、それをできない人は中にはいるのです。
それもわかってあげてください。

うじうじしていると非生産的だと非難する方もいます。
でも昔の私がそうでしたから・・・

イジイジと悪いことを引っ張ってします。
超ネガティブ思考。
今の私を知る方からは、絶対に想像できないと思います。

みんないろんな辛い過去があります。
辛いことがあっても仕方がない。
辛いことがあるからこそ、
喜びはより一層の喜びに変わるのだから・・


近年の宅建試験で私が一番思い出深いのは、平成21年になります。

予想の時は今年の合格基準点33点は正直厳しいと思っていました。

それがまさか合格率17.9%になり、
合格基準点が33点になろうとは・・・

そうです。
そのまさかがあったのです。

そう考えれば、今年そのまさかがないとは言い切れません。
決めるのは予備校や予想をしているサイトではありませんから・・・

ボーダーの下側に位置していた33点の方が救われた、
本当にうれしい年となりました。
(実はリーク情報がもたらされました。今だから言えますが、このブログをみて心ある方が
 投稿してくれたのです。流石にすぐには発表できませんでしたが・・)

今後当ブログは、ボーダーライン上の方へ向けた記事の比重が高くなりますが、
その中にあっていろんな企画を盛り込んでいきたいと考えています。

いろんなことにチャレンジしながら、合格発表日を迎えることができれば、
生産的であり、強い自分にかわれるきっかけになることでしょう。

来年に向けてスタートする方にも、サポートする記事をアップしていきます。

本当はスパッと試験のことを忘れて、
今後の新しいことだけの記事構成するのがベストだとは思います。

でも、ボーダーの方にとってはそれもなかなか難しいことです。
私もその経験者ですから、ボーダーの方の気持ちはよくわかるんです。
考えないようにしても、つい考えてしまう・・

ならば徹底的にこだわっていくのも、一つの道だとの考えも強いのです。
そんな方のためにも合格予想点の指針はだすつもりです。

結果はどうでるかは誰にもわかりませんが、
可能性を信じて前向きに進むのも一つの方法です。

祈願宅建合格!

PS.いつも暖かい応援ありがとうございます。
   合格に向けて今後とも1クリックをいただければと思います。

必勝宅建合格、合格に一念をこめて、1クリックお願いします。
↓   ↓
人気ブログランキングへ


ダブルで必勝宅建合格祈願!
↓  ↓
にほんブログ村 資格ブログへ
にほんブログ村


Categories
Amazonライブリンク
記事検索