宅建試験!初心者のための一発合格サイト

宅建士試験(宅地建物取引士資格試験)初受験やリベンジの方に、短期・中期・長期での宅建学習方法、独学学習・過去問学習のコツ、受験テクニック、学習サポートなど、宅建受験から合格後の宅建取引士証登録迄、幅広く総合的に紹介したブログです。 【Yahooカテゴリー登録サイト】

◎ブログニュース
1)最新ニュース
●noteで幅広いジャンルの記事を毎日アップ中。
  無料で読めます。
   ↓    ↓
 https://note.com/iccyan

●中高年向け支援マガジン・・是非、購読して下さいね。
『一木秀樹の中高年支援マガジン☆未来を切り開く方法』
  まぐまぐより毎週金曜日発行
  購読費 550円/月
  詳細と申込はこちらから
   ↓    ↓
  https://www.mag2.com/m/0001688139.html

2) トピックス
 ●noteで各種マガジン配信中です。
『物事の考え方・・自分の生き方へのヒント』
 https://note.com/iccyan/m/m78d27529d46c

『初心者のためのインスタグラム講座』
 https://note.com/iccyan/m/m0bea5319637d

『物流が楽しく簡単にわかるマガジン』
 https://note.com/iccyan/m/m9c227d4e05ea

『軍師『黒田官兵衛』の戦略を今の時代に活かすマガジン入門編』
 https://note.com/iccyan/m/mc51b99b1568d

『『黒田官兵衛』の戦略を今の時代に活かすマガジン(実践編』
 https://note.com/iccyan/m/m7faff6892e7a

●12/27受験者用の対策セミナー実施
 現在、開催リクエスト募集中です。
 個別相談対応は随時実施しています。
 詳細は、以下のブログ記事を見て下さい。
  ↓    ↓
 http://blog.takken-get.com/archives/52307203.html

3) 各種メルマガ紹介
●チャレンジメルマガ『ワンツリー』(無料)
 これからのチャレンジのために活用して下さいね。
   ↓    ↓
 http://blog.takken-get.com/archives/52308574.html

●宅建独自メルマガ 宅建学び塾『ウィナー』読者募集中です。
   ↓    ↓
 http://blog.takken-get.com/archives/52308573.html

●『インスタグラマーへの道』(無料)
  インスタグラムでもっと楽しもう!
 ※詳細と登録はまぐまぐサイトにて。
    ↓    ↓
  https://www.mag2.com/m/0001688339.html

宅建試験本番

本日2回目の記事です。
例年よりかなり早い投稿にしました。

昨日に試験前日の過ごし方、やるべきことをアドバイスしました。
早速、電子書籍を買われて読まれた方・・・
いかがでしたか?
その行動力が最後の最後で生きてきます。

大事なことがわかりましたよね。
何をなすべきか?わかりましたよね。

人間は迷い、そしてちょっとしたミスをします。
それを最小限に食い止めるのが、当日の戦い方のシミュレーション及び準備です。

もう一度読んでいただき、あなたなりの宅建前前日・前日をお過ごし下さい。
まだの方は、是非、読んで見てくださいね。
今からでもまにあいます。

さてここで、宅建試験本番に向けての私からのアドバイスです。

1)チェックシートの入手
試験会場に行く途上で各予備校の方がチェックシートを配っています。

LECさん、TACさん、日建学院さん、Wセミナーさん、
ダイエックスさんなどなど・・・・おねえさん、おにいさんが一生懸命配っています。
(中には、そうでない人もいますが・・)
普段は配布物はもらわない人でも、ここはもらってあげてください。
ただしこれを試験場で活用するのではなく、お兄さん・お姉さんの気持ちだけを暖かくもらって、チェックシートはそっと鞄の中に忍ばせておきましょう。
(お兄さん、お姉さんの頑張って配っている運気だけをもらうのです)

試験後解答サービスを利用される方は、その時に初めてご活用ください。

2)食事は軽くすませる。
試験場に入る前、試験会場内(教室除く)での昼食は、軽くにしてください。
炭水化物のとりすぎ、飲料水の飲みすぎには要注意です。
何事も腹八分です。

お腹が満腹になると間違いなく眠くなります。

宅建試験は午後1時開始です。
普段の生活の中でも、ただでさえ昼飯直後は眠気がさします。

流石に試験本番で眠気がさす人はいないと思いますが、満腹により頭の回転が鈍くなると、つまらないミスを誘発します。
サンドイッチかおにぎりなどを、いつもより少なめにとってください。
(全く食べないのも、もちろん駄目ですよ)

3)私からの最後のメッセージ
●リベンジ受験の方へ
何度も何度もブログで書いていることです。
覚えていますか?

1年前の悔しさを絶対に忘れないでくださいね。
絶対に絶対にですよ。
試験本番の最中、思わぬ問題で苦戦した時、難問と対峙した時、思い出してください。

負けてたまるか ⇒ 最後まで絶対に諦めないで頑張りきるぞ!
きっと勇気・元気が沸いてくるはずです。
1点に喰らいつくあなたにきっと勝利は微笑むと私は固く信じます。

誰よりも1点に執着してください。
最後の最後まで1点に執着してください。
あなた自身の本当のファイナルに必ずしましょう。

●初受験の方へ
初めて受験される方は無心で臨んでください。
邪念を捨てること。
深く考えすぎないこと。

これが宅建試験に一発合格する試験当日のコツです。

考えすぎると間違った選択をします。
自分自身の直感を信じてください。
初志貫徹が一番です。

さらっと勉強してない風で合格する方は、実はこういう方なんです。
多少の勉強不足も跳ね返すことができるのです。
こういう強運・悪運は、あなたも絶対に取り入れましょう。

◎このブログを見られている全受験生の方へ
リベンジ受験も初受験も同じ受験生には変わりはありません。
宅建試験は、最後は自分との戦いです。

最初に決められた合格基準点はありませんが、それでも合格の目安となる得点はあるわけです。
そのため、結局は自己との戦いに勝利することが合格の最短距離になります。

他人と自分を絶対に比較しないこと。

「この人、できそう!」

こんな風に考え出すと周りのみんなができる人だらけに見えてきます。
そうすると急に弱気な自分が顔を出します。
そうすると結果は見えてしまいます。

立場は違えど同じ受験生。
宅建試験開始前に優劣は絶対にありません。

少なくともあなたは自分なりに頑張ったはず。
最後まで自分自身に自信をもち、自分自身を鼓舞していくことです。

ここで、下のリンク先からのの合格証書をじっくり見てください。

脳裏にしっかり、焼き付けてくださいね。
焼きつけましたか?

昨日紹介した3つの準備を明日試験前日に、必ず行ってくださいね。
神経が高ぶっても、夜更かしは厳禁です。
いつもより必ず早く寝てくださいね。
眠れなくても、横たわって目をとじるだけでも違います。

試験当日は7時位までには、起きましょう!
カーテンをあけて、朝日を体一杯に浴びてください。
(晴れてなくてもカーテンをあけましょう)

首都圏は例年宅建試験日はよく晴れ間がさします。
今年の日曜日もきっとそうなることを祈ります。

あなたにとって、最高の朝になることを信じて・・
最高の1日になることを信じて・・・

宅建試験当日、私からのあなたへの最後のエールをお贈りします。
あなたに元気・ヤル気・勇気の3大パワーを贈ります。
(6時頃アップ予定)

スマホや携帯電話で見られている方も沢山います。
普段パソコンで読んでいる方は、スマホや携帯電話にアドレスを読み込んでおいてください。

試験場に行く途中や試験会場でも読めます。
(結構、読まれている方が多いですよ)

最後に、私からのお願いです。
宅建試験終了後、毎年恒例のアンケートです。

是非ご協力よろしくお願いします。
試験後に不安になる方もいます。
そんなとき、あなたのコメントが励みになるのです。

そしてもちろん合格祈願の1クリックも忘れずにお願いいたします。

絶対合格!!
あなたの宅建合格を固く固く祈ります。
あなたが宅建試験当日、満面の笑顔を信じて・・・

絶対に合格を勝ち取れ!!

合格証書へのリンク
令和2年宅建士試験合格を目指して、1クリック応援お願いします。
↓   ↓
人気ブログランキングへ


ダブルで合格祈願、応援お願いします。
↓  ↓
にほんブログ村 資格ブログへ
にほんブログ村


このエントリーをはてなブックマークに追加

令和2年宅建士試験まで、後1日となりました。
試験前日です。

今日やることは、もちろんわかっていますよね。
自分でやるべきこと決めていますよね。
はい、OKです。

本日昼間、自分が決めたことをきっちりと実行し、最後は明日の試験本番に備えましょう。
試験前日は・・・早めに寝ることです。
無理ですかね・・・
(笑)

試験前だから早く寝ましょうと言われても・・・
寝れなくて当然です。
その場合は、横になって目をとじるだけでもいいです。

それで、寝れない人は・・・
寝れない時はなかなか寝れないものです。
この気持ちはよくわかります。
(でも寝るようにはしてくださいね)

一旦寝れなくなると、ついつい余計なことを考えてしまいます。

学習は順調だったけど無性に何だか不安になる・・・
学習不足だったのでやっぱり不安になる・・・
リベンジなので、ついプレッシャーが・・・
家族の応援に何とか答えないと・・・

さまざまなプレッシャーがあなたに押し寄せたりします。

苦手な民法をカバーできるだろうか・・・
最後の模試の悪い結果を気にするなと言われても気になる・・・
法令上の制限が最後まで苦手だった・・・・
宅建業法で高得点をとれなんて言われても・・・・
今年はどんな問題がでるのか心配だ・・・・

慣れない問題がでたらどうしよう・・・
個数問題や組合せ問題の連続いやだな・・・
試験当日、頑張れるかな・・・・
マークシート転記も久しぶりだから心配・・・

しかし言えることは、
考えても考えても先は見えないということです。

そこで、あなたに今やってほしいことはただ一つです。

何も考えないこと。
無我の境地です。

いきなり考えるなと言われても難しいことはよくわかります。

とても難しいことかもしれませんが、ここは私の言うことを信じて、余計なことを考えないようにしてほしいのです。

あなた方一人一人は、自分なりの優秀なマイコンピュータ(脳)をもっています。
宅建試験に立ち向かえる熱いハートをもっています。
このブログやメルマガで培った前向きな心をもっています。

その素晴らしい自分自身の内から湧き出るパワーを信じてほしいのです。

何も特別な能力は必要ありません。
あなたが本来、潜在的にもっている能力です。
その自分自身が持っている力を最後の最後は信じてほしいのです。

多くの成功者は自分の成功を信じて、最後まで信じ切ることで成功しています。
スポーツの世界でも昨年はラグビーワールドカップ日本代表が実践していますよね。
誰も勝てると思っていないアイルランド戦を選手達だけは絶対に信じ切っていました。

何も難しいことはないのです。
自分を信じ切ることだけなのでです。

あなたの顕在意識での信じる気持ちが、あなたの潜在意識に働きかけて自己実現に向かっていきます。

人間とはそういう生き物です。

あなたの脳はあなたの潜在能力とタッグを組み、知識や経験を総動員して、下手なコンピュータやAIよりあなたにしかできない的確な判断を下していきます。

これは理屈ではありません。
超優秀なロボットでもできません。

人間には神から与えられた直感力があります。

しかしそんな優秀な脳をもっているのに、私達は下手に立ち止まって考えこむ癖があるのです。

普段はあまり考えない方でも、試験前となるとついつい考えすぎる方が多くなります。

理屈に合わないとか・・
ちょっと違うんじゃないのとか・・
余計なことを考えてしまいます。

あなたがトライする宅建士試験は、考えて考え抜いて難問を解く試験ではありません。
基本問題を正確にやや難しい問題をそれなりにクリアしてある点数を確保すれば合格する試験なのです。

50問中13問も間違えていい試験なのです。
(37点が合格基準点とした場合)

こう考えると少しは楽になりませんか?
ですから肩の力を抜いてください。

合格者の中には駄目もとで受けて合格する方がいます。
模試が散々だめでも合格する方がいます。
今年は予行演習のつもりで受けて合格する方もいます。

そういう試験なのです。
宅建士試験を超高度な試験と思わないでください。

だからこそ肩の力を抜いた方が・・
考えすぎない方がいい結果が出やすいのです。

肩の力を抜く ⇒ リラックスする ⇒ 考えすぎない。
宅建試験本番では絶対に考えすぎない。

正直、私自身は考えすぎて大苦戦しました。

反面教師として、あなたには絶対にそうなってほしくないのです。
同じ徹を絶対に踏んでほしくないのです。
その強い思いからです。
宅建士試験は決して合格しにくい試験ではありません。
合格できる試験です。

ですから、自信をもって臨もう!!

PS.試験前日までの応援クリックありがとうございました。
   まだの方は、宅建合格の祈願をこめて・・

令和2年宅建士試験合格を目指して、1クリック応援お願いします。
↓   ↓
人気ブログランキングへ


ダブルで合格祈願、応援お願いします。
↓  ↓
にほんブログ村 資格ブログへ
にほんブログ村


このエントリーをはてなブックマークに追加

平成30年宅建試験本番に向けて、不安で心が折れそうな方へのエール
今回が4回目です。

本日が第4回目(最終回)となりました。

こうして最終回を連続して向かえると、多少センチメンタルな気分になります。

でもあなたにとっては、これからが本番。
私の最後の力を振り絞って、あなたにエールを贈ります。

今週の平日の学習はしっかりとできましたか?

本当にやろうと思ったら、
学習時間はそれなりの時間を確保できているはずです。

学習不足で不安に思う前に、とにかく学習しましょう。
まずは頭で難しく考えずにアクションを起こすことです。

直前期になると、いろんなネットからの情報が飛び交ってきます。
見ていれば魅力的に映るものも当然です。
でもそれに惑わされないことです。
魅力的なものには棘(とげ)があります。

簡単に楽にできることには、その反動が大きいです。
無料なものには無料なりの理由があります。

直前期は、しっかりと自分の足元をみること。
これが一番大事です。

2本の足でしっかりと自分が歩んできた宅建学習の大地に立つことです。
浮気者は、絶対に好かれません。

時間は有限です。
その限られた時間にネットをさ迷い、そして自分の心まで迷わせてしまう。

これだけは絶対に避けましょう。
例え学習不足で不安だとしても、
自分の歩んできた足跡を絶対に無駄にしないでください。

これこそが自分が自分自身に対して納得して、
自信をもって誇れる頑張った自分への証であり本物の合格です。

確かに何でもいいから合格さえすればいい。
これはこれでいいのですが、
やはり私はプロセスを大事にしてほしいと思います。

宅建合格はあなたの目標の一つにすぎません。
宅建合格だけで燃え尽きるわけにはいきます。
その後のことが一番大事なのです。
ですから、イメージングにおいても宅建後のイメトレをいれています。

これからは益々世の中の厳しさが増していきます。
いろんな顧客といろんな業界の方と接している私にはひしひしと伝わってきます。

その長い厳しいかもしれない道のりを力強く生きていくために、
是非あなたに心の強い人になってほしいのです。
宅建受験をそのきっかけにしてほしいのです。

不安に悩むあなただからこそ、
私は大きく人間的に成長するチャンスがあると思います。

苦しい経験をした人ほど、人の痛みがわかります。
失敗を多く経験した人ほど、這い上がりのパワーは素晴らしいです。

不安をすぐに楽にする手段はあるかもしれません。
でもあくまでも一時的な一過性のものです。

是非不安な気持ちにあなたの力で打ち勝ってください。
そのためのこのブログです。

このブログには、沢山の穏やかな優しい気持ちの方が温かい目でみています。
不安な気持ちは、あなだけはないです。
みんな何かしらの不安を抱えています。

あなたの宅建に関する不安、今現在の不安、将来に向けた不安、
このブログをみている心の友が分散して共有していることを忘れないでください。

あなたは、一人ぼっちじゃない。
同じ独学の仲間でいるんですよ。
もちろん、予備校学習の方も同じブログを通じてつながっています。

だから、不安に負けずまずは最初の関門を乗り越えてください。
10月21日日曜日、宅建試験の舞台に自信を持って臨んでください。

それまで、私も精一杯応援します。
今までの合格者、このブログの卒業生も多数応援しています。

この時期になると思い出したように覗きにきてくれる卒業生がいます。
(暖かく見守ってくれてありがとう)

忘れないでください。
あなたは決して一人じゃない。
絶対に負けないで!

PS.今日も応援クリックありがとうございました。

平成30年宅建合格を祈願して、1クリックお願いします。
↓   ↓
人気ブログランキングへ


ダブルで宅建合格祈願、応援クリックお願いします。
↓  ↓
にほんブログ村 資格ブログへ
にほんブログ村


このエントリーをはてなブックマークに追加

平成30年宅建試験本番に向けて、不安で心が折れそうな方へのエール
今回が3回目です。

明日から、ついに本当の実質的なラストチャンス10月最後の土日ですね。
(試験前日の土曜日は特別なことを実施する前提です。)

段々と緊張も高まっていることと思います。

それと同時に不安も高まっていることと思います。

昨年、今時期での不安に関するアンケートをとっていますが、
その中で一番多いのが学習不足。

学習満足度をどのレベルにおくかにもよりますが、
一般的には300時間といわれていますので、
時間だけでみればそのあたりをみて思われているのかもしれません。

また一方では時間ではなく、
学習内容の理解度や模試結果、
過去問の正答率をみて学習不足と思われている方もいます。

むしろ後者の方が大半かもしれませんね。

今の時期、確かに学習不足を感じる場面は多々あるかもしれません。

また項目によっては「わかった」という実感がなかったり、
同じ過去問を繰り返していると、単に答えを覚えてしまっているだけで、
実力がついている実感がわかないかもしれません。

でもいえることは、
学習を積み重ねればある程度の実力は着実に積み重なります。

そしてある程度のレベルに、実はそれなりの方がいることになります。

いわゆるボーダーライン上になります。
問題はそこから抜け出せるかどうかです。
頭一つ出れるかどうかです。
それを決めるのがこの残り1週間だと思います。

まず第一に気持ちで負けないこと。

第二に、今の自分の学習状況をみて学習を絞ること。

第三に、自分の合格を固く信じ、最後まで諦めないことです。


いいですか?

宅建試験が終わって自己採点の結果、
30点前後になるのか、
33点前後になるのか、
35点前後になるのか、
それとも、38点以上で抜け出すのか?

それは今のあなたにかかっています。

不安に負けるな!
学習不足に負けるな!
人の今の実力を気にするな!

大切なのは、10月21日の自分がどうなるかですよ。

あなたなら、絶対にできる。

必ずできる。

ファイト!

PS.今日も応援クリックありがとうございました。
   今日も最後の応援よろしくお願いします。

平成30年宅建合格を祈願して、1クリックお願いします。
↓   ↓
人気ブログランキングへ


ダブルで宅建合格祈願、応援クリックお願いします。
↓  ↓
にほんブログ村 資格ブログへ
にほんブログ村


このエントリーをはてなブックマークに追加

平成30年宅建試験本番に向けて、不安で心が折れそうな方へのエール
今回が2回目です。

試験本番が近づいてくると不安の虫が騒ぎ出します。
それだけに、少しでもあなたの不安が和らぐことができれば・・
この私の思いからです。

不安の芽は、いろんなことをきっかけにふくらみ始めます。
考えれば考えるほど、深みにはまっていく気がします。

宅建試験に関係ない第三者からすると、
それはささいなことに映るかもしれません。

それでも当事者にとっては大変なことになります。

宅建に関する不安を取り除くには、
宅建のことを更に更に考えていくのがいいのか?

決して、そうではないですね。

今の時期は残り時間が限られてきています。

それだけに、このままほおっておくのも適切ではありません。

そのためにはどうするか?

短期解決は考えないようにするために、
他の宅建に関することに転換していくことになります。

不安を無理に押さえ込もうとすると、反発されます。

だからこそ、不安と上手につきあう。

不安の芽を芽の状態のままにするか、
または、結果としていつのまにか気がついたら
芽の状態で枯れていたが理想です。

絶対的に学習時間が不足している人は、
がむしゃらに宅建前日まで、あらゆる時間を駆使して頑張ることです。

今は頑張ることよりも楽をする風潮の方が強いです。

効率や能率の言葉を利用して単純に楽をする方法を求める。
これでは、この時期が難しいと思います。

今のこの直前期、
これからの超直前期は、頑張る人だけが活路を見出せるはずです。

最終最後の運は、最後まで諦めないで頑張る人に味方します。

模試の結果が悪かったことで不安の尾を引きずっている人は、
何度もこのブログで書いていることですが、
模試は所詮は模試と割り切ってくださいね。

悪かった模試の復習を徹底するよりも、
軽くおさらい程度とし過去問に立ち返ることです。

模試で苦手だった項目の過去問を繰り返しやることにより、
またテキストに立ち返ることにより、
自信を取り戻しましょう。

過去問演習で同じところを何度も間違う方へ。
それは誰にでもあることです。
気にしないことが一番です。

それでも不安な場合は、気分転換として得意項目を徹底的に
やってみましょう。

得意項目をパーフェクトにやることは自信につながります。

仮に宅建業法なら、パーフェクトは20点です。

20点をベースに得点を組み立てられるなら、
宅建試験は鬼に金棒です。

20点が無理でも、18点・17点なら可能です。

不安は真面目な方ほど、おきやすくなります。

それだけにその不安の目を前向きな方に転換できれば
大きなパワーになりやすのです。

どうせなら、前向きな力に転換して有効活用しましょう。

あなたならできます。

しっかりと自分自身の気持ちを締めていきましょう。

やるっきゃないでしょう。

ファイト、ファイト!!

あなたならできる。

平成30年宅建合格を祈願して、1クリックお願いします。
↓   ↓
人気ブログランキングへ


ダブルで宅建合格祈願、応援クリックお願いします。
↓  ↓
にほんブログ村 資格ブログへ
にほんブログ村


このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ