宅建試験!初心者のための一発合格サイト

宅建士試験(宅地建物取引士資格試験)初受験やリベンジの方に、短期・中期・長期での宅建学習方法、独学学習・過去問学習のコツ、受験テクニック、学習サポートなど、宅建受験から合格後の宅建取引士証登録迄、幅広く総合的に紹介したブログです。 【Yahooカテゴリー登録サイト】

◎ブログ最新ニュース
●3ヶ月学習に役立つ電子書籍です
『宅建取引士試験!合格を一発で決めよう!!: 3ヶ月で合格を勝ち取るための王道学習戦略』
   ↓     ↓
 http://blog.takken-get.com/archives/52279384.html

●中高年独学の方に参考になる電子書籍紹介
『宅建絶対合格!40代以上の必勝崖っぷち戦略』
   ↓     ↓
 http://goo.gl/mzuA1Z

●1ヶ月学習をアレンジしての活用も有効的です
『宅建士試験に1ヶ月独学で合格する方法(2017年版)』
   ↓     ↓
 https://www.amazon.co.jp/dp/B072JDF2J3

●メンタルも重要です。
 合格者から元気をもらおう!
『宅建合格!全受験生に贈る心からの応援歌〜不安・心配に打ち勝とう』
   ↓     ↓
   http://p.tl/p69w

●宅建無料メルマガ新規購読者募集中!
詳細と申込はこちらから
  ↓   ↓
 http://blog.takken-get.com/archives/52272722.html

宅建試験

平成30年宅建6ヶ月学習サポートの14回目です。

あなたは過去問何回転できましたか?

夏休みが本日でおわり、明日からは通常に戻る方も多いと思います。

夏休み最後の日曜日、あなたはアウトプット学習、今現在で何回転できているでしょうか?

3回転
5回転
7回転
10回転・・・・・

現実的には、3〜5回転くらいの方が多いのかもしれません。

使っている過去問集の問題数にもよりますので一概には言えません。

そのため人と比較して回転数が少ないと感じても、単純に悲観してくださいね。


もちろん問題数が少ないものを使用して、かつ、回転数が少ないのならお話になりませんが・・・・

そういう方ももちろん、再度気持ちを引き締めなおしてください。

今の時期の気の緩みは大変な致命傷になります。

アウトプット学習を順調に進めている人は、テキストで必要に応じての知識補充を忘れずにしてください。

アウトプットばかりでは、あきる方もいます。

でも、ここが踏ん張りどころです。

根気を維持するためにも、解き方の工夫をしてくださいね。

解き方の順番を変えるだけでも、解答選択力の強化、問題を解く順番を決める選択眼を磨くことになります。

まだまた、今の段階では、6ヶ月学習者の強みがあります。

忘れないでくださいね。

余裕をもって、気を楽にしていきましょう。


平成30年宅建合格を目指して、ブログへの応援1クリックお願いします。
↓   ↓
人気ブログランキングへ


ダブルで宅建合格祈願、応援クリックお願いします。
↓  ↓
にほんブログ村 資格ブログへ
にほんブログ村


今日は今後の宅建試験までのスケジュールについて考えてみましょう。


平成30年宅建試験日は・・・もちろん10月21日(日)

合格発表日は・・・12月5日(水)

そこまで意識する方は多いのですが、それ以外は・・・?

まずは、8月に協力期間より試験会場案内図・注意事項等を記載した試験会場通知(はがき)が郵送されてきます。

東京都なら、東京都防災・建築まちづくりセンターになります。
(受験票には、試験会場案内図は記載されていません。平成29年は、8月21日頃でした。)

次に、受験票です。
色はみどりいろ色のはがきです。

10月2日以降、不動産適正取引推進機構試験部より郵送されてきます。

試験日に必要なのは、もちろんこの受験票です。


ここで大事なポイントです。

こういうものが届くことによって、自分自身へ学習への意識付けにつなげて欲しいのです。

大事な節目です。
よし、気持ちを切り替えて頑張っていくぞ!

こういう学習へのプラスへ変えていくことが大事です。

やはり、短期で合格したり、1回で合格される方はこういうポイントをなんとなくうまく利用しています。

残された期間は、後2ヶ月です。

長いようで短いです。
何もしなければ、あっという間に10月になります。

10月になれば・・・時遅しです。

節目節目をしっかりと意識して、うまく自分のモチベーションコントロールにつなげましょうね。

さて、もう1つ大事なポイントがあります。

1つ目は、公開模試です。

あなたは今年受けますか?

一番のお勧めは、MOGIです。

4社合同で実施されます。
(日建、ユーキャン、住宅新報社、大原)

他にもTACやLECなどでも実施されます。
但し、LECは何回も実施されます。

間違ってもご丁寧に全部参加する・・・これはやめた方がいいです。
1回でいいですよ。

公開模試に参加することには目的があります。

詳しくは、電子書籍「宅建試験に向けて模試を100%活用する方法:模擬試験は得点よりも大事なことがある」
をお読みください。

販売価格は1コイン100円です。

●詳細と購入はこちらから
  ↓    ↓





平成30年宅建合格を目指して、ブログへの応援1クリックお願いします。
↓   ↓
人気ブログランキングへ


ダブルで宅建合格祈願、応援クリックお願いします。
↓  ↓
にほんブログ村 資格ブログへ
にほんブログ村


先週木曜日に、不動産適正取引推進機構より、インターネットでの平成30年度宅建試験申込受付速報が発表されています。

平成19年は、40,769人
平成20年は、43,707人
平成21年は、45,713人
平成22年は、45,501人
平成23年は、47,065人
平成24年は、51,053人
平成25年は、52,776人
平成26年は、55,434人
平成27年は、58,200人
平成28年は、54,743人
平成29年は、58,678人

そして、平成30年は、64,599人。
速報値ですが、平成29年より上回りましたね。
2年連続で伸びたことになります。

各都道府県のインターネット申込み状況をみてみますと、相変わらず東京がダントツに多いですね。
唯一の1万人超えです。(15,604人)

次の神奈川が6,807人ですから相変わらず2倍強ですね。

続いて、大坂、埼玉の順です。
これも、例年と同じ状況です。

もちろん、都道府県別に合格者を決定するわけですから、どこで受験しようとも合格率は変わりません。

試験会場の大きなところではどうしても人数が沢山いますので、ついつい人の多さを意識しがちになります。

人の多さに唖然としてしまうと、もう敵の術中にはまってしまいます。
こうなると、普段の実力が全くだせない精神状態でのスタートとなります。

これは絶対に避けなくてはいけないことです。

私自身が経験したことですからよくわかります。

申込者数・受験者数とは所詮数値です。

自分の学習意欲やヤル気を高めるために活用すれば、あなたにとってプラスになります。
ですから、必ずプラス思考で活用してくださいね。

最後に郵送申込は明日限りです。
明日の消印が必要になりますので、もし申込がまだの方は郵便局があいている時間帯に
手続きしてくださいね。

平成30年宅建合格を目指して、ブログへの応援1クリックお願いします。
↓   ↓
人気ブログランキングへ


ダブルで宅建合格祈願、応援クリックお願いします。
↓  ↓
にほんブログ村 資格ブログへ
にほんブログ村


宅建3ヶ月学習サポートの2回目です。

3ヶ月学習のあなたは、まだインプット学習がメインディッシュです。

モデルプランどおりですと宅建業法が終わり、権利関係をやっている最中だと思います。

インプットは、ただ知識を詰め込めばいいわけではありません。

インプットはあなたの基礎になる学習です。

本来なら十分な理解をしながらの学習が望ましいことですが、3ヶ月学習のあなたにとっては正直時間に限りがあります。

重要な項目、頻出の項目は理解を深める。
それ以外の項目は割り切って、浅い理解でさらっと流していく。

この割り切り、メリハリが大事だと思います。

3ヶ月学習には3ヶ月学習のやり方があります。

何でもよくばりすぎると、かえって逆効果になりますよ。

知らないことが幸せだったなんてことはこの世の中には沢山あります。

下手な知識を知っていると、かえって惑わされる要因となります。

ある問題で格闘し下手な知識が幻覚となり、2肢から最後の1肢に絞りこむときに悩む要因になるのです。

一番短期学習でこわいのは、時間が足りなくて感じるあせりです。

あせりを自分自身に感じさせないためにも、ペースは維持するように心がけましょう。

平成30年宅建合格を目指して、ブログへの応援1クリックお願いします。
↓   ↓
人気ブログランキングへ


ダブルで宅建合格祈願、応援クリックお願いします。
↓  ↓
にほんブログ村 資格ブログへ
にほんブログ村


あなたは既に平成30年宅建試験合格を諦めていませんか?

毎年、宅建試験において、実力は?なのに合格される方がいます。
宅建試験後において、自己採点が合格基準点未満なのに合格される方がいます。

私自身、宅建ブログにて10年以上の経験がありますが、
嬉しい意味での予想外の結果は、往々にして起きるのです。

運が良かったといえばそれまでですが、
でも、この強運は、厳しい人生を生き抜くためには必須なことです。

・最後まであきらめなかった
・学習材料/ポイントを絞り込んで徹底的にやった
・マークミスをいい方に間違った。
・自己採点でのカウントを間違った。
・問題の解答記入とマークシート記入に差異があった。

などなど、要因はあれこれ考えられますが、
ここで、大事なのは、あなたもその強運を引き寄せることなのです。

強運は、舞い込んでくるのを待っているだけでは、なかなか来てくれません。

宝くじ以上に確率は悪いかもしれません。

では確率をあげるにはどうするか?

引き込む工夫をすることです。

運は、自ら引き込み、そしてはぐくむことができるものだと思います。

運は真剣に必要としている、
そして引き込む努力をしている人に舞い降りる可能性が高くなります。

もちろん、中には日頃意識してはいないけど、
結果的には行動や考え方がそうしている方もいます。

勝利の女神はときにはきまぐれです。

そのきまぐれを味方につけるのも、あなたの実力のうちですね。

場合によっては、
コインの表か裏かの判断で人生に大きく影響する場面もあるはずです。

そういうときの選択眼も、日頃の積み重ねだと思います。

選択の場面は、試験であれば、思い描いた展開と違った場合、
その場面が急に登場します。

そういうとき、瞬時に運も味方につけると
有利な結果になりやすいですね。

基本は、王道での余裕の合格ですが、
苦戦しても、土俵際で粘り、
最後は不合格をうっちゃって合格という勝利をもぎとる。

こういう姿勢が運を招き、逆転合格につなげます。

あなたにも、そのチャンスはあるはずです。

ですから、例え現時点での合格確率が低くても合格を諦めないでくださいね。


平成30年宅建合格を目指して、ブログへの応援1クリックお願いします。
↓   ↓
人気ブログランキングへ


ダブルで宅建合格祈願、応援クリックお願いします。
↓  ↓
にほんブログ村 資格ブログへ
にほんブログ村


↑このページのトップヘ