宅建試験!初心者のための一発合格サイト

宅建士試験(宅地建物取引士資格試験)初受験やリベンジの方に、短期・中期・長期での宅建学習方法、独学学習・過去問学習のコツ、受験テクニック、学習サポートなど、宅建受験から合格後の宅建取引士証登録迄、幅広く総合的に紹介したブログです。 【Yahooカテゴリー登録サイト】

◎ブログ最新ニュース
●平成30年宅建士試験を受験される方へ。
まずは、こちらの電子書籍よりお読みください。
『宅建独学者へ!!絶対攻略のための43のヒント』
   ↓     ↓
 http://blog.takken-get.com/archives/52260849.html

●中高年独学の方に参考になる電子書籍紹介
『宅建絶対合格!40代以上の必勝崖っぷち戦略』
   ↓     ↓
 http://goo.gl/mzuA1Z

●まずは、漫画で概要をつかむ
『平成30年宅建受験対策入門書としての活用』
   ↓     ↓
 http://blog.takken-get.com/archives/52260619.html

宅建試験

平成30年宅建試験をリベンジされる方に、
今年最後のメッセージをお贈りします。

あなたと当ブログの出会いについては、いろいろです。

一昨年以上前からのご縁の方・・
昨年からのご縁の方・・
今年新年を迎えてからのご縁の方・・
4月になってからのご縁の方・・・
夏になってからのご縁の方・・・
宅建試験直前からのご縁の方・・・
そして宅建試験後からのご縁の方も・・・・

どの時期からのご縁であっても、私は大変うれしく感じます。

『一期一会』

一つの出会いは、とても大切なことです。

日本は狭いといえども、
北は北海道から南は沖縄まであります。
リアルな世界ではなかなかご縁ができにくい方でも、
ネットになると距離感を感じることなく、瞬時につながることができます。

そのためか身近な接していた方たちが、
実は後でかなり遠方の方とつながっていたことがわかることがあります。
(実際にお会いした時、初対面とは言えない盛り上がった会話になることがしばしばです)

そんな大切なあなたとのご縁。

あなたにとっては、
今年宅建試験に関しては残念な結果に終わられました。
しかし既に気持ちを切り替えられ、
明日に向かって歩み始められていることと思います。

リベンジにはそれなりのパワーが必要です。
例え予備校や塾に頼ったとしても、最後は自分自身の力が必要です。
どんなに良い講師とで会えても、
自分の足で乗り切る力がポイントになります。

特に、独学であれば必須のことです。

今のあなたには、十二分な気持ちのパワーがあります。
その気持ちを宅建試験本番に向けて高めていけば、
結果はおのずとみえてきます。

たとえ、学習の途中で荒波が押し寄せようとも・・・
たとえ、外部からのいろんな声に惑わされようとも・・・
たとえ、知人からの何気ない一言に心傷つくことがあろうとも・・・

あなたになら乗り越えられるはずです。

リベンジは決して恥ずかしいことではありません。
リベンジすることによって、あなたの心に大きな財産ができるはずです。

リベンジに対峙する強い気持ちと、
リベンジすること自体を大きな愛で包み込む大胆な心をもってください。

リベンジはあなたを一回りも二回りも、
状況によっては想像できない位にあなたを成長させることでしょう。

そんな中で迎える来年の宅建試験当日は、
あなたなりの素晴らしい力を如何なく発揮されることでしょう。

そして、来年の12月5日平成30年宅建試験合格発表日、
あなたの喜びの笑顔、喜び、
うれしさの様子が今にも脳裏にイメージとして浮かんできそうです。

そして手にする合格証書は、あなたにとっての輝かしい勲章になるでしょう。

平成30年はあなたが主役の1年になるはずです。

自分が思い描くあなたなりのストーリーを、あなた自身のシナリオで演じてください。

あなたなら、それができるはずです。

来年、何が何でも絶対にリベンジ合格果たしましょう!!
私は、そんなあなたを最後まで応援しています。

本日も読んで頂いたことに感謝、 ブログへの応援1クリックお願いします。
↓   ↓
人気ブログランキングへ


こちらもあわせて応援お願いします。
↓  ↓
にほんブログ村 資格ブログへ
にほんブログ村


それでは、最後の4つめの合格体験記になります。


【Sさんの平成29年宅建試験合格体験記】

宅建試験から、大分時間がたち、本日の合格発表で、無事合格していました。

私は、2歳と5ヶ月のこどもを抱えています。
私自身が、宅建の受験を決めたのは、出産を控えた、4月のことでした。


1人目を出産後に正社員だった会社を、遠方に引越ししたため退職し、
すぐに、ある県警の臨時職員をしていた時でした。

ちょう ど、民法に触れる機会があり、興味が湧いた時でした。
民法をもう少し知りたい。
そう思ったとき、2人目の妊娠がわかり、退職させられました。
また、賃貸に住んでおり、契約時に重要事項説明がなかったのもあり、
不動産の事も知りたい、再就職で履歴書に箔をつけたいのが、きっかけでした。

二人目の出産の約二ヶ月前から、市販のテキストを細々と読みめ、
出産をはさみ、 産後二週間位からテキストを読むことを再開しました。

お互いの両親を頼らず、また里帰り出産をあえてせず、
主人と協力しながら、二人の育児をしてました。
幸い、二人目は昼も夜ぐっすり眠ってくれたので、
育児の合間に、眠さと戦いながら、勉強をすることができました。

そして、7月に受験申込をし、本格的に受験勉強に力を入れました。
しかし、過去問題や模試を解いても、思うように得点できず、孤独になっていました。
法律系の国家試験の勉強がこんなにも大変で、この孤独だとは、思っていませんでした。

どうしても合格したい。自分に自信をつけたい。
そんな思いを抱え、あっという間に9月になりまし た。

9月になっても点数は、伸びず。
もう、宅建受験の申込みなんかしなければ、よかった。
そう思ったとき、エールメールのことを知り、申込みました。
くじけそうなとき、少し息抜きしたいとき、 エールメールを読むと、
不思議と勉強を頑張ろうと思えたのです。

また、普段温厚な夫に「もう、だめだ。絶対に、受からない」と話すと、
「そんな生半可な気持ちで受験決めたの?」と、鞭を打たれました(笑)
夫のその言葉もあったため、「絶対に合格してやる!!」と、妙に燃え出したりしました。


毎日、テキストを開き、過去問を解き、間違えた個所の解説を読み、テキストに戻るの繰り返し。
解説は、「なぜ、この解答なのか」と意識しながら読みました。
また、問題を解く際には、なるべく本番でも見直しの時間が取れるように、
時間を計り、1時間半で全問解き終えるようにしました。
それでも、一度も、合格点には届きませんでした。

すでに 時間がなかったため、民法は軽く読み流し、深入りはしませんでした。
よくでる借地借家法等の特別法は、さすがに繰り返しました。

それでも半分くらいは、とれていたので、
宅建業法と法令上の制限/税・その他は、何度も繰り返しましたが、宅建業法が、伸びず、苦戦しました。

本当は、過去問も10年分を何回も繰り返したほうが良いのかもしれません。
しかし、過去問を始めたときには、すでに試験まで、3週間を切っていました。
もう時間がありませんでしたので、直近5年分を3回転しました。
今となっては、それが良かったのかもしれません。

宅建試験前は、すでに決まっていた上の子の運動会があり、試験当日は、 試験直前まで、追い込み。

受験中は、統計、その他、宅建業法、法令、税、民法の順に解きました。
時間も1時間半で、全問解き終わり、見直しの時間も十分にとることができました。

宅建試験後は、いつも通りに家事や育児をし、寝る前に、自己採点しました。
自己採点では、34点。
ボーダー上でした。
あんなにやったのに。宅建試験、甘くない。
これでダメならば、しかたないと思いながら、 今日を迎えました。

速報で、合格点35点と知ったときは、「終わった」と、正直、思いました。

合格発表の照会をするにあたり、なかなかボタンが、 押せませんでした。
勇気を出して、ボタンをおしてみたところ、
「合格」の2文字がありました。
その瞬間、「うそー。信じられない」
涙があふれ、震えてきました。
きっといい意味でのマークミスがあったのだと思います。
(逆を返せば、かなりハイリスクにもなりますが)

合格したことが、信じられず、受験した県庁の合格発表の掲示板まで、見に行きました。
そこでも、確かに自分の受験番号がありました。
そして、外出から帰ってくると、合格通知が届いており、改めて合格したことを実感しました。

私は、居住地が過疎の進んでいるところに住んでいるため、出産して翌年度には、働きに出たいことで、
たまたま上の子を保育園に育児休業扱いとして、預けられたこと、夫がときに鞭を打ってくれたこと、
また、勉強時間が取れたこと等があったので、なんとか合格することができました。

中には、働きながら子育てや家事をし、その合間で宅建受験や、難関国家資格を受験し、見事合格している方もいます。
私は、そのような方をとても尊敬します。

独学で宅建受験をして感じたことは、本当に孤独です。
法律初学者は、特に。
わからないことがあっても、自力で調べるしかなく、何度もくじけました。
でも、くじけても、エールメールのように、励ましてくれる方もいたから、何とか立ち直り、勉強を続けられました。

もし、あ のときエールメールを申し込んでいなかったら、 独学で勉強していた私は、試験を棄権していました。
ありがとうございました!

<イッチャンより>
Sさんありがとうございました。
女性の方は、どうしても家事・お子さんのこと、そして出産が絡むケースがあります。
その中での向学心の思いを最後まで結果にするのは、とても大変なことだと思います。
本当におめでとうございました。
女性の受験生にとって、とても参考になると思います。

本日も読んで頂いたことに感謝、 ブログへの応援1クリックお願いします。
↓   ↓
人気ブログランキングへ


こちらもあわせて応援お願いします。
↓  ↓
にほんブログ村 資格ブログへ
にほんブログ村


それでは、3つめの合格体験記になります。


【K・Tさんの平成29年宅建試験合格体験記】

合格発表を終えて・・・

プロフィール
・20代
・男
・地方公務員

合格発表日から10日が経過しました。
私は今年初受験で独学で1発合格しました。
そこで今後受験を予定されている方の参考になればと思い、
受験まで取り組んだ学習法について記述したいと思います。

まず初めに、宅建を受験しようと思った動機ですが、
宅建は宅建業法以外の法律(民法・税法・都市計画法・農地法・・・)が
私の職場で活かせると考え受験しました。

実際に現在までに会議等で開発許可等の知識が役にたちました。

宅建の受験勉強についてですが、私は2月から学習を開始しました。
参考書はユーキャンの平成27年度版をフリマアプリで購入しました。
ユーキャンの参考書は「権利関係」、「宅建業法」、「税その他」が
基礎と実践テキストとの2分野に分かれて計6冊あります。

この基礎テキストを2月から4月までとりあえず読みとおしました。
この際に付属してあった分野ごとの基礎問題も解きました。

5月から7月にかけては、上記3分野の実践テキストを読みながら、
分野ごとに過去問を解きながら読み進めました。

8月から9月の中旬までは実践テキスト内の過去問を学習し、
理解しながら解けた問題に○、何となく解けた問題に△、
解けなかった問題に×を書いて、
2回目以降の過去問学習は△と×を中心に過去問を繰り返し学習しました。

9月中旬以降は、実践的な2時間で50問を解く過去問演習に入り
平成18年度からの過去問演習及び復習をし、本番を迎えました。

本番は40分前には試験会場の教室に入室し、統計問題対策を中心に学習しました。
統計問題はこの当日だけの準備で対応できました。
統計対策としましては、Youtubeの宅建動画の渋谷会を利用しました。

試験が始まり1時間30分程度で問題が解き終わり、
10分で解答用紙のマークシートの塗りつぶし、
残りの20分で見直しとマークミスのチェックを行いました。

私の問題の解き方は、最初に問題を解いていき
不安な問題は解答せずに自信のある問題だけ最初にダァーと解いていき
2周目で悩んだ問題に取り組みました。

解き終わって見直しの時間を設けて確認していたため
自己採点で38点でしたがマークミスについては
何も感じることなく安心して合格発表を迎えることができました。

長々と書いてきましたが、
まとめると最初のうちはテキストを読破→過去問→苦手克服→実践形式の過去問という風に学習し
平日は1時間から2時間、休日は半日程度の学習を2月から試験日まで取り組みました。

たまに勉強から離れてリフレッシュしながらオン、オフしっかり切り換えて
コツコツ勉強すればどなたでも可能性はあると感じました。

今後受験される方のご検討を御祈りして私の体験談とさせていただきます。

<イッチャンより>
K・Tさんありがとうございました。
初受験で一発合格おめでとうございました。
こちらも非常に参考になる内容ですね。
学習方法を時期別に時系列にまとめて頂いてます。
初受験の方、参考にしてくださいね。

IMG_1567


本日も読んで頂いたことに感謝、 ブログへの応援1クリックお願いします。
↓   ↓
人気ブログランキングへ


こちらもあわせて応援お願いします。
↓  ↓
にほんブログ村 資格ブログへ
にほんブログ村


先日募集しました宅建合格体験記について4人の方から応募がありました。
応募された方、ありがとうございます。

本日と明日で、4つの合格体験記を紹介します。

それでは、最初の宅建合格体験記、O・Mさんからスタートです。


【O・Mさんの平成29年宅建試験合格体験記】

40代男性です

平成28年の時は、失敗しましたが、平成29度の試験では、一回のリベンジで見事に合格する事が出来ました。
合格した時、嬉しくてガッツポーズしちゃいました(笑)

私は、親が不動産関係の仕事をしているのがきっかけで、宅建試験の受験しました。

昨年、某予備校に通うも本試験の独特の雰囲気にのまれ、
頭の中が真っ白になってしまい、結果は1点差で不合格となってしまいました。

何日間かは、悔しさでなかなか寝れませんでした。

そして、悔しい気持ちのまま諦めたくなかったので、今年の2月から最挑戦をしようと心に決め、
もう一度予備校に通う事にしました。

勉強する上で、試験不合格だった時の悔しさと、
今年こそは絶対に合格をしてやる!って強い気持ちがあっても、
どうしても不安になり心が折れそうになる時がありました。

そんな時に、イッチャンさんのブログと出会い、勉強で辛い時にイッチャンさんの言葉に励まされながら、勉強を頑張れました。

大まかな、学習プランは以下の通りです。

2月〜7月まで、一番の得点力である宅建業法と法令上の制限を中心に、
過去問をひたすら解き、その後にテキストで確認するようにして、基礎固めを徹底的に行いました。

その甲斐あって、LECの模試では高得点を取る事が出来ました。

8月〜9月は、権利関係のAとBランク中心に過去問を解きつつ、
業法と法令の知識の精度を上げるべく、過去問を解くスピードを少しずつ上げていきました。


10月〜試験前々日までは、宅建業法と法令上の制限の最終チェック。

試験前日は、5問免除を軽く見直しをして、もうやるべき事は全てやり終え、当日を迎えました。

本試験では、どうしても緊張してしまうと思い、
いつも使用している過去問を電車で移動中に解き、
試験会場でも頭が真っ白にならないよう、過去問を解いて思考力をMAX状態にもっていきました。

試験中では、正しいのを選ぶのか、誤ってるものを選ぶのかを把握する為に、
問題文の横に大きく○×を書きました。

選択肢は、読み飛ばしをしないよう、ペンでなぞるようにして読み、
キーワードとなる部分には大きく○で囲み、正誤の判断材料に役立てました。

また、少しでも難しい問題が出たら一度飛ばして、一旦深呼吸をして心を落ちつかせて、
新たな気持ちで問題を解き進め、一度全ての問題を解いてから、
解けない問題に取り掛かり、最後まで諦めない気持ちでやりました。

その結果、権利9点 業法18点、法令6点 税 その他5点 の38点で合格する事が出来ました。

やはり、しっかりと過去問を回転させつつ、テキストの読み込みをして基礎固めする事によって、
微妙な言い回しが違っても、それに対応が出来たと思いますし、
今まで勉強を頑張ってきたのだから、自分に自信を持って試験に望めば、きっと結果がついてくると実感しました。

最後に、いつもブログやメルマガで励まし続けてくれたイッチャンさんのお陰で、辛い時期を乗り越える事が出来ました。

心の友、イッチャンさんありがとうございました。

そして、これから受験する皆さん、自分を信じて頑張って下さいね。

<イッチャンより>
O・Mさんありがとうございました。
リベンジ一発合格おめでとうございます。
リベンジ受験では、ともすれば初受験と同じ結果になりやすいのですが、
見事突破されましたね。
学習スタイルと試験当日の対応は、まさにこのブログでも書いていることを実践されていると感じました。
来年リベンジ受験される方は是非、参考にしてくださいね。

本日も読んで頂いたことに感謝、 ブログへの応援1クリックお願いします。
↓   ↓
人気ブログランキングへ


こちらもあわせて応援お願いします。
↓  ↓
にほんブログ村 資格ブログへ
にほんブログ村


先週、平成29年宅建試験問題をやってみることを推奨しましたが、
やってみましたか?

自分の気持ちに変化はみられましたでしょうか?

やられていない方は、
今年中に1回は実施することをお勧めします。

平成29年宅建試験に、
心身ともにけじめをつけるのが目的なので、
決して身構えないでくださいね。

あなたにとっての答えは一つではないかもしれないけれど、
それでいいんです。
難しく考えないでください。

来年に向けての前向きな気持ちで今年を終われればいいことなのです。

以前の自分より、多少でも、意欲が高まればいいことです。

気持ちの整理ができれば、それでいいんです。

学習は二の次、三の次です。

リベンジ合格をする最大のキーポイントは、気持ちにあります。
気持ちなくして、リベンジは語れません。

平成29年宅建試験で、それなりの点数をとられたあなたにとっては、
普通に学習し、普通に受ければリベンジ合格の可能性はかなり高いです。
でも、現実には・・・・明暗が分かれます。

それは何故か?

高得点で余裕でリベンジされる方、
ボーダを上回って余裕で合格発表を迎える方、
これがリベンジでの理想です。

でも現実には、
またもやボーダーライン上になる方、
ボーダーラインにものらない方・・・あります。

・学習方法
・過去問の回転数
・理解度
・読解力
・判断力
・直感力

確かに大事です。

ですが、それ以上に大事なのは、やはりあなたの気持ちなのです。

平成29年宅建試験の結果の呪縛のままで、
平成30年宅建試験に突入すれば、それだけリスクが高くなるのです。

普通に学習を真面目やって、普通に受ければ合格する可能性は高くなります。

それでも、いろんなことで悩み苦しむのです。
自分自身で合格へのハードルをあげてしまう現実があるのです。

ですから、平成29年宅建試験の呪縛から解き放れた状態で、
平成30年を迎えてほしいのです。

1点差で負けた悔しさ、
是非その悔しさを平成30年宅建試験に向けて転換してください。

悔しい気持ちが多いかたほど来年のリベンジはより確実になります。

一番危険なのは、今年の結果に妙に簡単に納得してしまうこと。
それだけで合格のハードルがぐんと下がります。

また、あなたの気持ちがあってこそ、真の学習ができます。

肝心な時期でのモチベーションアップにつなげられるのです。

理解もできます。

今はピンとこないかもしれませんが、
それだけ大事なので、今の時期にあえて力説しています。

リベンジのあなたは、それほど効率を意識する必要はありません。

リベンジのベースは、
あくまでもあなたの気持ちにおいてください。

気持ちあってこそのリベンジです。

まず、自分自身の気持ちをしっかりと固めることが、
あなたの合格を不動のものにします。

リベンジは、必ず、一回で決めましょう。

残念なことに、
今回が二度目、三度目、それ以上の方は、
絶対に平成30年を最後にしましょう。

次はありません。
不退転の強い気持ちが必要です。

その気持ちをしっかりと持っていれば絶対に大丈夫です。
忘れないでください。

平成30年10月21日は、あなたの晴れ舞台になります。

そして、平成30年12月5日は、
あなたにとって最高の喜びを迎える日となるでしょう。

そして、素敵なクリスマスイヴを迎えましょう。
絶対にです。


本日も読んで頂いたことに感謝、 ブログへの応援1クリックお願いします。
↓   ↓
人気ブログランキングへ


こちらもあわせて応援お願いします。
↓  ↓
にほんブログ村 資格ブログへ
にほんブログ村


↑このページのトップヘ