宅建試験!初心者のための一発合格サイト

宅建士試験(宅地建物取引士資格試験)初受験やリベンジの方に、短期・中期・長期での宅建学習方法、独学学習・過去問学習のコツ、受験テクニック、学習サポートなど、宅建受験から合格後の宅建取引士証登録迄、幅広く総合的に紹介したブログです。 【Yahooカテゴリー登録サイト】

◎ブログ最新ニュース
●宅建無料メルマガ新規購読者募集中!
詳細と申込はこちらから
  ↓   ↓
 http://blog.takken-get.com/archives/52272722.html

●平成30年宅建士試験を受験される方へ。
まずは、こちらの電子書籍よりお読みください。
『宅建独学者へ!!絶対攻略のための43のヒント』
   ↓     ↓
 http://blog.takken-get.com/archives/52260849.html

●中高年独学の方に参考になる電子書籍紹介
『宅建絶対合格!40代以上の必勝崖っぷち戦略』
   ↓     ↓
 http://goo.gl/mzuA1Z

●まずは、漫画で概要をつかむ
『平成30年宅建受験対策入門書としての活用』
   ↓     ↓
 http://blog.takken-get.com/archives/52260619.html

宅建試験

ブログネタ
宅建試験 に参加中!

前回、テキストの状態について紹介しました。

今回は、得意項目について書きます。

誰にも、得意、不得意はあります。

仕事はある程度オールマイティな私でも、
得意、不得意はあります。

今回は悪までも、得意にだけスポットをあてます。

ある程度、学習されてこられたあなたにとって、
好きな項目はありますか?

「民法の相続が好きだよ」
「都市計画が好きだよ」
「自分にもっとも関係する宅地建物取引主任者が好きだよ」

人によって、それぞれだとおもいます。

また、初めて学習を取り組まれる方にとっても、
テキストをパラパラめくってみて、
何となくここ、「わかりやすいなー」
「面白そうだなー」と感じる所があるはずです。

そんな好きに感じる項目 ⇒ 得意な項目につながっていきます。

例え、最初は、ほんの1項目でも、
得意は、正の連鎖につながります。

2項目、3項目と増えていきます。

得意項目が増えると、
楽しく、うれしくなっていきます。

当然、モチベーションも高まります。
学習も継続されます。
すき間時間の活用も次第にできるようになってきます。

学習が楽しくなってきます。
⇒楽学(らくがく)

宅建試験に向けて、燃えてきます。

更に、プラスの連鎖、プラス指向、ポジティブな考えに
変わっていきます。

残り3ヶ月。
得意項目をうまく活用し、
突破しましょう。


その先には、必ず、合格のゴールが見えてくるはずです。


人気ブログランキング参加中、今日も1クリックお願いしま〜す!
↓  ↓
人気blogランキングへ


資格ブログにも参加しています、こちらも一緒に、1クリックを忘れずに。
↓  ↓
にほんブログ村 資格ブログ


ブログネタ
宅建試験 に参加中!

宅建学習の疑問に答える続編です。


【Q21】独学の場合のお勧めのテキストは何ですか?

《A21》テキスト選択は、結構重要です。
     大手書店に行けば、沢山の宅建関連のテキストがあり、
     目移りしてしまいます。
     特に、資格学習が初めての人は、
     迷いに迷うと思います。

     アマゾン等での一番の売れ筋は、「宅建塾」です。
     ただ、売れているからといってあなたに合う保証はありません。
     私が実際に使用したのは、「出る順」になります。
     最終的には、自分の目で判断するしかありません。
     当サイトのカテゴリー「お勧め市販テキスト(本)」を参照く
     ださい。


【Q22】テキストと問題集は同じ系列のものがいいですか?

《A22》テキストと問題集は、同じ系列で学習した方がわかりやすく、
     使いやすいと思います。
 
     「宅建塾」なら「宅建塾」のシリーズで。
     「出る順」なら「出る順」のシリーズで。
 
     信じて買ったテキスト・問題集を最後まで、
     何度も何度も使い倒すべきです。
     学習途上で、同種のテキスト・問題集を追加で買い揃えるのは、
     あまり関心しません。
     追加で買ったテキストの使用目的がはっきりしていれば別です
     が・・・・
     

【Q23】子供が小さいので自宅で学習できません。どうすれば?

《A23》お子さんが寝た後に、起きる前に、
     学習時間をとるようにしてください。
     他には、通勤時での電車学習や、
     早めに通勤しての会社近くでの、
     ファミレス、ドトール等コーヒーショップの活用があります。
     学習場所は、工夫をすればいろいろ考えられると思います。
     詳しくは、以下の記事を参考にしてください。

     詳しくは、『6ヶ月学習法』カテゴリーの中の記事を参照ください。


【Q24】民法が苦手です。克服法は?

《A24》民法が得意な人は、宅建試験受験者の中では少ないと思います。
     私ももちろん、苦手です。
     私も最初は嫌悪感をしめしました。
     あなたが、民法が苦手で当たり前です。

     ただ、何回も繰り返し読めば読んでいくほど、
     段々と霧が晴れるように、
     それなりに、わかってくると思います。

     民法によって学習の第一歩が踏み出せないのなら、
     宅建業法からスタートに頭を切り替えるべきです。


<私の経験>
実は、私自身も、追加でテキストを購入しました。
但し、同種のものでなく、「出る順解法マスター」というものです。
その時点での弱点を補えたということでは、役にたちました。

が、最初に購入したテキスト・過去問集ほどは、
何回も繰り返せませんでした。
ある一部のポイント利用にとどめるのが、一番いいと思います。
いざ購入してしまって、もったいないからと、
中途半端に手を出しすぎないで下さい。

くれぐれも追加のテキスト購入は、その時点での自分の状況と、
試験までの残り期間を考慮して検討してください。
もちろん、切り札的に使用できれば、
逆に、貴重な1点を拾えることもあります。


人気ブログランキング参加中、今日も1クリックお願いしま〜す!
↓  ↓
人気blogランキングへ


資格ブログにも参加しています、こちらも一緒に、1クリックを忘れずに。
↓  ↓
にほんブログ村 資格ブログ


ブログネタ
平成20年宅建試験 に参加中!

昨日、7月1日より、平成20年度宅建試験の申込が始まり、
9日目となりました。

もう、あなたは、申し込まれましたか?

インターネットでの締め切りは、
本日を入れて後7日です。

7日はあっという間に立ちます。

インターネットでの申し込みを考えられている方は、急いでくださいね。


インターネット申し込む方は、
こちらをご覧になってください。
  ↓  ↓
宅建申込受付開始☆注意するポイントを再確認。


さて、今回は、もう一方の郵送での申し込みです。

締め切り期限までは、
まだ、かなり余裕がありますので、
つい、うっかりすると、
申込期限まで後少しのところまできたりします。

私も、つい仕事が忙しく、後回しにしていたら、
申込が最終日になりました。
油断は禁物です。

また、
郵送での申し込みの場合は、
書類は、ちゃんと届いただろうか?
書類に不備は、なかっただろうか?
記入ミスは、なかっただろうか?

心配される方にとっては、
ちょっとしたことが心配の種になります。

今回は、そんな郵送申込で注意することを
紹介します。


【注意点】
1.配達記録郵便での送付は、郵便局で手続きをすること。

  いくら、7月31日消印有効でも、ポストに投函すればアウトです。

2.希望試験会場は、第1から第5希望までを記入。
  *東京都の場合です。

  試験会場は先着順なので、後で申込をするほど、
  希望の会場にならなくなります。
  試験会場も大事ですよ・・・・。

3.写真は特に要注意。
  
  規定のサイズ、顔の寸法条件を確認して。
  その他の条件にも十分注意をして。

写真は、本当に要注意です。
私が、写真で、あわや受験できない可能性があったことを、
ブログやメルマガでも何度も書きました。

最終日の持込で、顔の大きさが所定の範囲にややかけていたのですが、
幸いにも受理してもらえました。
(持って行った家族のおかげです。感謝感謝)

もし、受理されてなかったら、もちろん、受験できていません。
受験前に戦線離脱になっていました。

たかが写真と絶対に思わないで下さい。
土壇場に申し込んで、写真がNGとなった場合、
取り直し処理の時間がありませんので、
不受理となる可能性があります。


それだけに、写真をとったら、
指定の条件にあっているか、必ず確認してください。


それ以外の注意点は、払込受付証明書の日付印。

封筒も所定のものを利用してください。
差出人の現住所、氏名も必ず記入してください。

最後に、もう一度言います。
絶対に郵便局で、配達記録郵便で郵送してください。

誤って、ポストに投函しないでくださいね。

最後の最後にへまをしないように!

詳しくは、入手した各都道府県の試験案内を参照してください。
よく読んでくださいね。


■ 試験案内(申込書)の配布場所一覧
  ↓  ↓
http://www.retio.or.jp/tacta/application/haifusaki.html

*7月1日から7月31日まで配布しています
 ただし、場所によってはなくなっている可能性もあります。


人気ブログランキング参加中、今日も1クリックお願いしま〜す!
↓  ↓
人気blogランキングへ


資格ブログにも参加しています、こちらも一緒に、1クリックを忘れずに。
↓  ↓
にほんブログ村 資格ブログ


ブログネタ
宅建試験 に参加中!

前回、受験申込について紹介しました。

今回は、テキストの状態について書きます。

テキストの状態?

何やら、意味不明にしか聞こえませんよね。


私は、本を1ヶ月で15冊程度読みます。
多読する人からすれば、普通の読書量です。

本は、新刊派で、
新刊の独特のにおいが好きです。

そのためか、本を汚したり、折り目をつけるのが好きでなく、
読み終わった後も新刊同様の状態になっています。

部屋が本だらけになるので、多少、アマゾンなどで処分を
しております。

さて、そんな状態で本を読む私ですが、
一方、仕事に使う資料はというと、
決して、きれいな状態ではありません。
汚いという意味ではなく、使いつくされているため、
それなりの状態になっています。

いろいろ書き込みされたり、
ポストイット、メモ、データが貼り付けされたりもしています。
いつも、仕事上での大事なことを忘れた時など、
この資料を見れば、一発でわかります。
私にとっては、なくてはならない虎の巻でもあります。
技術は日々進化していますが、基本はかわりませんので、
基本に立ち返る意味合いもあります。

ここで、本題です。

宅建テキスト、過去問の使用している状態はどうですか?

私が本を読むときと同じようにきれいな状態ですか?

もし、きれいな状態であれば、
はっきりいって、駄目です。

あなたの学習スタート時期にもよりますが、
基本で使う宅建テキストや過去問には、
あなたの学習の歴史が刻まれていかなくてはいけません。

新しく得た知識が追加されなくてはいけません。

あなたが理解しやすくしたポイント、図が、
追加されなくてはいけません。

過去問を何回転もさせていれば、
それなりの本の状態になります。

何回転もさせていれば、
新しい発見もあります。
そんな時、ちゅうちょせず記入してほしいのです。

宅建学習において、
テキストや過去問がきれいな状態なのは、
決して誉められたことではありません。

あなたの相棒として、
フルに活用してほしいのです。

ちょっとわからなくなった時、
あなたの虎の巻を広げれば、解決する。

そんな状態に仕上げていってください。

間違いなく、あなたの実力はアップします。

実力がアップした暁には、
合格の2文字しか見えてこなくなります。


人気ブログランキング参加中、今日も1クリックお願いしま〜す!
↓  ↓
人気blogランキングへ


資格ブログにも参加しています、こちらも一緒に、1クリックを忘れずに。
↓  ↓
にほんブログ村 資格ブログ


ブログネタ
宅建試験 に参加中!

今回は、宅建学習の疑問に答えます。
7月に入り、これから、学習を開始される方もいると思います。
また、今まで、断片的に学習をしていたけれど、
これから、本格的に学習を開始される方もいると思います。

そこで、学習に関しての疑問に答えます。

【Q18】学習は、通学と独学、どちらを選べばベストですか?

《A18》通学にすべきか、独学にすべきかは、
     あなた自身を取り巻く学習環境によります。

     費用面で考えれば独学が安くすみますし、
     費用をかけても短期間に確実になると、通学の方が有利です。

     通学の場合は、毎週、通えるかが問題です。
     教育訓練対象講座をとった場合、出席率が悪いと給付金がでなく
     なります。
     通学の場合、講師の生の講座を聞くことは、
     モチベーションの維持につながりそうですし、
     励みもでると思います。
     わからないことは、すぐ質問できるのがありがたいですね。

     一方、独学の場合は、
     自分のペースで自由に学習できます。
     宅建テキスト、過去問集も自分で購入することになります。
     一定のスケジュールで学習できれば、3ヶ月合格も決して、
     夢ではありません。
     ただ、自己管理、時間管理には、人一倍、気を使う必要が
     あります。

     最終的には、自分で判断するしかありません。

     どちらを選択するにしても、
     独学なら独学と決めたら、最後まで独学に
     こだわっていくべきです。

     いざ独学と決めたのに、途中で、
     やっぱり、通学しようかと迷っている時間は、
     もうありません。
     
     スパッと判断しましょう。


【Q19】独学の場合、学習時間はどのくらい必要ですか?

《A19》一般的には、300時間前後と言われています。
     
     しかし、これも一般的な数値であり、
     人によっては、400時間必要な人もいれば、
     人によっては、200時間で十分な人もいます。

     学習時間には個人差があります。
     集中して、学習時間が取れる人もいれば、
     細切れの時間しかとれない人もいます。

     自宅の自室で学習できる人もいれば、
     電車でしか学習できない人もいます。
     学習スタイル・環境は、千差万別です。
     自分の学習スタイルと、残り期間を考えれば、
     自ずとあなたにとっての必要時間がわかります。
     

【Q20】予備校は、どこがお勧めですか?

《A20》予備校は、あなたの住む場所によって違ってきます。
     某校が良いと思っても、通うのに1時間以上かかるのであれば、
     長続きしないと思います。

     まずは、急ぎ、資料を集め、自分がいきたいと感じるところの
     数校の公開説明会などに一度参加してみてください。
     また、通学だけでなく、通信講座もいいところが沢山あります。

     当サイトのカテゴリー『各専門学校の講座紹介』を参照してみてください。

<私の経験>
私は、最終的には独学を選択しました。
最初は、通学を検討しましたが、
費用面と通うことは無理と判断し、独学にしました。
ただ、直前ゼミと公開模試は、LECさんを活用しました。
今にして思えば、公開模試を受けたことは、
大正解だったと思います。
独学を決めた方でも、是非、公開模試は、受けてみてくださいね。
     


人気ブログランキング参加中、今日も応援ポチお願いします!
↓  ↓
人気blogランキングへ


資格ブログにも参加しています、こちらも一緒に、ポチをお願いします。
↓  ↓
にほんブログ村 資格ブログ


↑このページのトップヘ