宅建試験!初心者のための一発合格サイト

宅建士試験(宅地建物取引士資格試験)初受験やリベンジの方に、短期・中期・長期での宅建学習方法、独学学習・過去問学習のコツ、受験テクニック、学習サポートなど、宅建受験から合格後の宅建取引士証登録迄、幅広く総合的に紹介したブログです。 【Yahooカテゴリー登録サイト】

◎ブログ最新ニュース
●平成30年宅建士試験を受験される方へ。
まずは、こちらの電子書籍よりお読みください。
『宅建独学者へ!!絶対攻略のための43のヒント』
   ↓     ↓
 http://blog.takken-get.com/archives/52260849.html

●中高年独学の方に参考になる電子書籍紹介
『宅建絶対合格!40代以上の必勝崖っぷち戦略』
   ↓     ↓
 http://goo.gl/mzuA1Z

●まずは、漫画で概要をつかむ
『平成30年宅建受験対策入門書としての活用』
   ↓     ↓
 http://blog.takken-get.com/archives/52260619.html

宅建

仕事はじめは、今日か昨日の方が多いと思います。
私は、今日からになります。

まずは、この言葉を年頭のこの時期に贈ります。

『たかが宅建、されど宅建』

宅建受験される方にとっては、考えさせられる言葉です。

『たかが宅建』

この意味は二通りで使われます。

一つは私が実際、知人から言われたことですが、
「宅建とって、どうするの?」

不動産業界にいるならともかく・・
不動産業界に転職するならまだしも・・・
今の仕事と関係ないことなのに・・・
ましてや不動産屋になるわけでもないのに・・・・

悪気がないだけに、
逆に言われてしばらくしてから、
妙にずしりと心に突き刺さる言葉でした。

確かに私が宅建合格した当時は、
宅建をとったことで何をして行くのか、
どのように活かしていくのかなど、
あまり深く考えていなかったのも事実です。

それだけに知人の何気ない一言が、
「宅建とって今の仕事に役立つの?
 役立たない無駄な資格、無駄な資格をとるために時間を無駄遣いしたの」
 と時間が経つにつれて脳裏の奥底に響いてきたのです。

そんな経験もあり、
あなたには逆に私と同じような思いをしてほしくない。
そんな思いからアドバイスしています。


もう一つの意味としては、
宅建学習に悩んでいる方に向けて鼓舞するために使います。

宅建学習なんかに負けないで!
あなたならできる!

頑張って!の励ましの意味がこめられています。
受けて側にとって、元気・ヤル気につながればの思いです。
私が普段使わのは、こちらの方での言い方になります。


『されど宅建』

これは宅建だからといってなめてかかっていると、
思わぬ結果になるので自分自身を戒めるために使います。

順調に学習が進展し模試でも高得点がとれているときに、
心が油断してしまうと、
宅建試験本番で思わぬ結果になることがあります。

実力ある人がよもやの不合格になってしまう。
これは現実にある姿です。

そうならないように注意しましょうの意味で使います。

『たかが宅建、されど宅建』
『されど宅建、たかが宅建』

順番をかえるだけで、受け取り方が違ってきます。

自分のその時々の学習状況に応じて、
自分のモチベーション維持のために、
要所要所での自分の気持ちにくさびを打つ目的で、
使い分けてください。

言葉は使いようによって、
あなたの心の強みにも弱みにもなります。

言霊。

どうせ使うのであればプラスに使っていきましょう。

本日も読んで頂いたことに感謝、 ブログへの応援1クリックお願いします。
↓   ↓
人気ブログランキングへ


こちらもあわせて応援お願いします。
↓  ↓
にほんブログ村 資格ブログへ
にほんブログ村


今年宅建初受験される方は、宅建テキストはこれからの購入だと思います。

リベンジされる方、宅建テキスト・過去問集をどうするか決めましたか?
それぞれの置かれている立場によって、選択肢は違ってきます。

私の一番のテキストのお勧めは、今の時期なら出る順です。
表紙が多少パッとしなくなりましたが・・・
いろんなテキストを手に広げてみましたが、
総合点ではまだ一番だと思います。

先日、紹介したTAC出版からの宅建士の教科書も、
立場によっては使いやすいです。

興味ある方は、以下のブログ過去記事を参照してください。



人の立場は十人十色。
その全員に出る順が必ずしも適切とはいえません。

いい持ち味をもったテキストもあります。
今後立場に則したものも紹介していこうと思います。

もし、出る順を超えるものが今後登場してくれれば嬉しい限りです。


受験時代の私にとっての出る順は、
私の肌にあうというか何故か愛着を感じるテキストでした。

実は、こういう直感的な相性が大事なんですね。

いくら人から勧められても愛着を感じないテキストは
選ばない方がいいと思います。

自分がこれだと思えば、それでいいとと思います。
人が勧めるものが必ずしもあなたにとってパーフェクトとは言えません。
学習は自己責任で自分のために行うものです。
人から勧められたものを安易にセレクトすることは、
学習できない時の自分にとって都合のよい言い訳の要因をつくることになります。

それは絶対にいいことではありません。

ただ宅建初受験の方は、
ある程度人の意見を尊重し素直に選ぶことも考え方によってはいいことです。
(その変わりに浮気はしないでくださいね。)

しかしリベンジの方は、
自分の置かれている状況をしっかりと考えてくださいね。

過去、出る順以外で失敗した人は今年出る順に賭けてみる。
⇒これは、いい考え方です。

出る順を10回転させて、それでも落ちました。
⇒正直考えにくいですがその場合は別なものに変えることを
 検討してみてください。

出る順2回転で駄目でした。
⇒私は、昨年のものをそのまま利用して10回転以上させることをお勧めしますが、
 今の時期なら、新規一転新しいものに変えることも選択肢として考えられます。
 また2冊を併用させるやり方もあります。
    
最終的に自分自身をどう納得させるかです。

宅建テキスト(過去問集含む)は、
これから9ヶ月ちょっとの学習を一緒にする相棒になります。

あなたと苦楽をともにする大切な相棒です。

相棒だからといって、
綺麗なテキストの状態で宅建試験当日を迎えることは絶対にやめましょうね。

相棒だからこそ骨の髄まで分かち合えるように、
徹底的に使いこんでほしいのです。

それでこそ本物の相棒です。

そのため相棒選びは、しっかりとやってほしいのです。

自分によくあう相性のあるテキスト・過去問集を選んでください。

また、自分の学習環境もしっかりと考えてください。

電車学習が主体になるのに、
分厚いテキスト・過去問集は使いずらいです。

自分の学習シーンを想定して考えてください。

それと、女性の方へアドバイスです。
テキストの見た目も大事ですよ。

手にとってみたくならない外観のものは、
絶対にやめた方がいいと思います。
(お気に入りのブックカバーをかければ問題はありません)

後、ファーストインスピレーションも大事にしてくださいね。

いろいろ迷ったあげく、
最初に手にとったテキストに落ち着くことはよくあることです。
自分と相性ピッタンコな相棒を
まるで自分の恋人を選ぶような感覚で品定めしてください。

出る順は、そういう意味でトータルでまとまっています。
(やや優等生タイプです)

宅建塾シリーズは過去問集とあわせてつかえばまだ効果はあります。
特に、マンガ版が登場したのでとっつきやすくなりました。

わかりやすさでいえばスッキリもお勧めです。
スッキリに補足させて合格ラインに持っていった方もいます。
例えば、パーフェクト10年分の過去問集とあわせるなどの対応が必要です。 
楽学もマンガ+テキストだけを考えれば学習しやすいかもしれません。

ダイナマイトは個性があります。
とことん大澤節に真髄してつきあえば効果は出ます?

宅建塾には宅建塾の使い方があります。


いずれにしても、
相棒とは本当に長いつきあいになります。

一旦、相棒を決めて取り組み始めた途上で、
相棒をチェンジすることだけは絶対にしてはいけませんよ。

今後いろんなものが発売されてきますが、
絶対に目移りしてはいけません。
(一問一答、頻出ポイント集、虎の巻など必要に応じての
      追加は構いません。)
追加する場合は、使用用途を限定にして大胆に使ってください。


一度選んだ相手には、一途な気持ちで臨んでください。

しっかりと使い込みましょうね。
沢山のものに手を出すより、
限られたものをとことん使い倒す。
それが宅建合格への最短距離です。

もし選択の仕方がわからない方は下記の詳細を読み私にご相談ください。
無料で相談対応します。
(カウセリングとアドバイスは私の分を含めて交通費や飲み物代など実費は負担になります。)



本日も読んで頂いたことに感謝、 ブログへの応援1クリックお願いします。
↓   ↓
人気ブログランキングへ


こちらもあわせて応援お願いします。
↓  ↓
にほんブログ村 資格ブログへ
にほんブログ村


宅建試験は、1点1点の積み重ねです。
たかが1点ですが、されど1点です。
1点によって喜ぶ側にいたり、はたまた悲しむ側に廻ることになります。
たかが1点ですが、その人の運命が分かれます。
厳しいことですがこれが毎年宅建合格発表後に起こる現実の姿です。

そのため宅建試験について、1点の重みを十分に認識する事が重要です。

仮に受験した年の合格基準点が35点の場合、
45点でも40点でも37点でも35点でも合格です。
しかし、34点では間違いなく不合格になります。

後1点なのに・・・

例年合格基準点の前後の点数には、沢山の方が該当します。
合格基準点は合格日まではわかりませんので、
当然各予備校が出す合格推定点により、
ある範囲でのボーダラインが必然的にしかれ、
自己採点がそのボーダーライン上の方が、
1ヶ月半の間大変な不安と戦うことになります。

残念ながら現状の試験スタイルでは、どうしても毎年繰り返される出来事になります。

またマークシートの間違いがなかったか?と、
毎年不安に思う方がかなりいますので、
合格推定(予想)点より上の方でも心配の種はつきません。

この不安を少しでも和らげるために、
ブログでは合格発表日までの間、
いろんなエール・激励・サポートを行なっています。
そのため、毎年沢山の方が訪れることになります。
できることなら今この時点でこのブログを読まれているあなたには、
この輪には入ってほしくないのが私の今の率直な気持ちです。
余裕の心持ちで合格発表日を迎えるあなたであってほしい。

それを実現するためには、1点の重みをしっかりと知るべきです。
1点だからといって、難問・奇問に執着しろということでは決してありません。

ゴルフでは30cmのパッドも、ドライバーでのロングショットも同じ一打です。
いくらドライバーがナイスショットでも、パッドを何打も叩けばスコアはくずれます。
グリーンまわりのアプローチを失敗すればスコアはまとまりません。

宅建試験も同じように、学習中や模擬試験において難問・奇問を正解すれば、
確かに気持ちは爽快かもしれません。
がしかし得点は3点・4点とあるわけではありません。

基本問題と同じ1点です。

同じ1点であれば、基本問題の1点を固くとることの方がより確実です。

宅建に合格するためには、難しいテクニックもコツもいりません。

基本を押さえること。
基本である1点をおさえること。
基本である1点を積み重ねていくことです。

基本があれば、その延長上の多少の応用は突破できます。
宅建試験で初めて出くわす目新しい問題にもそれなりに対処できます。

基本をきっちりと理解していれば、
どんな方式の問題が登場しようともあわてなければ対処できます。

よく試験後に宅建を難しく捉える感想を目にします。
そのため、宅建試験を難しく捉えて次年度の学習を失敗する方をみかけます。

宅建試験のハードルを上げるも下げるも自分次第です。
自らにハードルを上げ過ぎることは決していいことではありません。

もちろん見下すことはもっとよくありませんが、
敵を知った上で、宅建試験のハードルを下げてください。
自らの宅建試験のハードルを下げるためにも、1点の重みを自覚してください。

そうすれば必ず、あなたにとっての宅建試験の合格ラインは見えてくるはずです。

決して難しく、複雑にしないこと。
シンプルにとらえていくこと、解釈していくことです。

宅建は決して難しい試験ではありません。
1点の重みを理解さえすれば、活路は開けます。

あなたの過去の状況がどうあれ、
学歴がどうであれ、
勉強ができなかったとしても、
それはこれからのあなたの学習には関係ありません。

今をどうするか?
今後をどうしていくかだけです。

本日も読んで頂いたことに感謝、 ブログへの応援1クリックお願いします。
↓   ↓
人気ブログランキングへ


こちらもあわせて応援お願いします。
↓  ↓
にほんブログ村 資格ブログへ
にほんブログ村


新年あけましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いいたします。

今年も首都圏は晴天ですね。
昨年も一昨年も初日の出が自宅のベランダから拝むことができました。

あなたの場所での初日の出はいかがでしょうか?
きっと美しい初日の出が見れたことでしょう。
(日本海側の方はすみません)

今年も恒例の1月1日より、無事ブログ記事を発信しています。
発信できることは健康あってこそなので、今健康であることに感謝です。
こうして1月1日を迎えられたことが、またうれしいですね。

では今年の私の抱負です。

1.宅建ブログ関連の維持継続
2.電子書籍出版
3.旅行・温泉・自己投資
4.インスタ拡充とブログとの連携
5.健康維持
6.読書40冊

【宅建ブログ関連の維持継続】
メインブログとしての現ブログを継続していきます。
地方の方にとっては、このブログは貴重な情報源になりますので、
情報発信という点でも継続に重きをおきます。
・フェイスブック、アメブロにメインブログへの入口として継続します
・インスタグラム(宅建アカウント)との連携を強化します
・メルマガも週1発行を継続します、あわせて速報性の臨時発行も行います

【電子書籍出版】
昨年がほとんど手つかずでしたので、今年は10冊は出したいですね。
宅建だけにとらわれず、新ジャンルのものにチャレンジします。
・宅建関連 3冊
・小説 1冊
・エンタメ系 3冊
・ビジネス系 3冊

【旅行・温泉・自己投資】
外を飛び回るのも脳がリフレッシュできていいですね。
特に温泉は、肉体と精神の両方がいやされます。
・旅行は年3回行きます
・温泉は10回以上(箱根、伊豆、群馬、長野など)
・自己投資は、ロボット/機械化/ioTの技術系の知識を更に高めます

【インスタ拡充とブログとの連携】
インスタについては個人アカウントももっていますが、食べログなので、
新規にブログをおこして連動させていきたいと思います。
・インスタグラムの写真投稿に、ブログでの補完を行う
・頑張っている飲食店や店もクローズアップする
・東京ローカル情報の発信

【健康維持】
人の死や知人で倒れた人などの話を聞くと、健康の大切さを痛感させられます。
心技体の充実を図りたいですね。
・定期健診 年4回実施
・人間ドッグ 1回実施
・なるべく歩く、ウォーキングも月2回行う

【読書40冊】
去年が30冊に終わっただけに、少し増やす程度にしました。
どうしても情報発信をしていると、スマホやパソコンを操作する時間に
時間をとられるので必要最小限にしました。


今年も目標を高くしすぎないで全力で取組ます。
今年は戌年・・・
仲間の輪も大切にしたいですね。


最後に、当サイトの主旨について説明します。

当サイトは、宅建受験生、特に独学者の目線にたって内容を構成しています。

受験生の不安な気持ちを、少しでもやわらげることができれば・・
元気・勇気・ヤル気をあげることができれば・・
そんな気持ちから、毎日の記事をアップをしています。

人は人生のいろんな局面、場面で壁を迎えます。
そんな時にこのブログに書かれている言葉やメッセージが、
あなたの心に響き、あなたへの安らぎ・癒しになればと思っています。
また、一つの言葉が、
あなたの壁を乗り越える・打ち破る勇気・元気の源になればと考えています。

当サイトは、
宅建合格を目標にはしていますが、それだけが最終的なゴールとしていません。
それが他の宅建ブログやサイトととは全く違うところです。

これからの長い人生の中で、
ここで得た考え方が、
あなたの困難を打ち破る強い力、
前向きに進んでいく強い意志につながっていくことを臨んでいます。

心が病みやすくなった時代だけに、
小手先の知識、技術、テクニックだけにこだわらない
人間の心の部分やメンタル面を重視した記事構成としています。

今の時期はメンタル面の記事を書くとあまり読まれる方はいません。

しかし本当に必要になってくるだろう今後の学習途上での壁にぶつかった時
そして、宅建直前期、宅建試験時などの今後の先々の中での必要性が産まれた
時のために、今の時期から定期的にアップしています。

読者対象は独学の方に向けて書いていますが、
実際、独学以外の予備校に通っている方、通信講座をされている方にも、
幅広く読まれています。

それは、予備校や塾以外での学習は、もちろん一人だからです。
一人で学習する時のペースメーカーとして・・・
決してあなたは一人ではないと勇気づけます。

心でつながっている仲間が常にいることを・・・
目にはみえないけれど、暖かい気持ちのつながりがあることを・・・
あなたに実感してもらいながら、宅建試験当日までナビゲートしていきます。

そんな中で、あなたの感性が育まれて、
あなたの人生を切り開くサポートができればと考えています。

一人でも多くの方に生きていく上での糧になるブログ、それが究極の目標です。

それだけに、ブログだけでのつながりだけでなく、
フェイスブックグループでのつながりへ。
フェイスブックからリアルなつながりへ。

そして、今年は更にインスタグラムを多様していきます。

最終的にはリアルでのおつきあいが一番大事になります。
できるだけ、今年もリアルな機会を増やしていきます。
どこかであなたと出会えることを期待して・・・

宅建合格だけでなく、宅建合格後のその先・・・
あなたの将来に向けて・・・

まずはこのブログは宅建合格を当面の目標にしながら、
その他のものに拡げていけるようにしていきます。

時折、宅建以外の記事の投稿も入れていきたいとおもいます。

最後になりましたが、平成30年があなたにとって、
楽しく元気で明るい1年になることをお祈りいたします。

今年もどうぞよろしくお願いいたします。

本日も読んで頂いたことに感謝、 ブログへの応援1クリックお願いします。
↓   ↓
人気ブログランキングへ


こちらもあわせて応援お願いします。
↓  ↓
にほんブログ村 資格ブログへ
にほんブログ村


平成29年(2017年)も本日をもって終了になります。

宅建試験!初心者のための一発合格サイト」を開設し、
12回目の宅建試験を無事迎えることができました。

今年も沢山の方々に読んで頂き、本当にうれしい限りでした。
いろんな読者の方とご縁ができたことを心から感謝申し上げます。

一時は下降の一途のブログも、底辺を脱し、今は安定したブログになっています。

来る平成30年は、
この宅建ブログとして13回目の宅建試験を迎えることになります。
変わらない大切さを維持して、読者によりそうブログとして現在の立ち位置を全うしていきたいと思います。

あなたにとっても私にとっても、
お互いがハッピィーになる明るい一年にしていきたいですね。

このブログもおかげさまで老舗化し、根強いファンの方も多くなっているのが現状です。
特に地方在住の方にとっては貴重な情報源になっていることは間違いありません。
それにこたえるべく情報発信を継続していきます。
今後とも応援をよろしくお願いしますね。

まずは今年一年間、本当にありがとうございました。

今年の総括です。

1.宅建関連の継続
2.電子エバンジェリスト
3.旅行・イベント・体験・投資
4.定期検診と健康維持
5.読書50冊


【宅建関連の継続】
・宅建ブログの維持と見直し
 →こちらは計画どおり実践しました。
  直前期の合格エールメールを無料で実践しました。(大好評でした)

・電子書籍はリベンジ物と初受験者向けを各1冊発刊
 →1カ月学習版の2017年版発行だけに終わりました。
・インスタグラムの更なる活用
 →宅建直前期と合格発表まで投稿を行いました。フォロワーは現在413名です。
・あてる宅建と宅建フェスティバルはご縁があれば継続
 →あてる宅建にカリスマブロガーとして登場しました。
・学習は相談は無料で対応
 →こちらも延べ10名以上の方に対応しました。

【電子エバンジェリスト】
今年は単発的活動になります。
・個人相談対応
 →数名の方に特別対応しました。(とても感謝されました。)
・セミナー企画
 →時間がとれず全くの未実施になりました。

【旅行・イベント・体験・投資】
・定期的な旅行に、今年は6回行く
 →4回に終わりました。富山、兵庫・京都(日本海側)など・・九州にはいけず
・いろんイベントにも積極参加、映画も見る
 →イベントは展示会やセミナーに多数いきました。映画は、12/15のスターウォーズのみ。
・いろんな初チャレンジも実施
 →業務上での勉強会・説明会の企画運営・実施をしました。
・投資も自己や新たなことを含めてチャレンジ
 →投資は新しい仮想通貨、投資信託、その他2つ新しいチャレンジをしました。

【定期検診と健康維持】
・検診は2ヶ月に1回程度・・・
 →計画どおりに実施、よって食事をおいしく食べられますことに感謝
・健康維持のため、徒歩毎日1万歩の継続
 →1日平均7,666歩。

【読書50冊】
・日頃あまり読まない小説の分野にもチャレンジ
 →30冊に終わりました。iPhoneの便利さに依存していますね。
  読書量が減った分、メンテル面強化で音楽を聞くことが多くなりました。


いろいろと抱負をたてて実践しましたが、今年はメインの仕事が多忙を極め、
ボランティア色が強いそれ以外のことに回せる時間が限られたこともあり、
自己投資が限られました。

電子書籍エバンジェリストとして、
自身の電子書籍の新作が全く出せないなかったことは悲しい限りです。
(来年こそは・・・の心境です)

旅行ももっと行きたかったですね。
業務上では、あちこちに出張しましたが、プライベートとしては限られました。
そんな中で城崎温泉に行けたのは良かったです。
もっとも温泉大好きなので、近郊である箱根には日帰りでよく行きました。

イベントの企画・運営は、年の後半戦、多数を集中してこなしました。
過去の人脈はありがたいですね。
いずれも大成功に終わったのは、感謝の限りです。

投資関係は勉強の年でした。
チャレンジにより多くの出費になりましたが、これも勉強ですね。
良い経験にはなりました。

健康には気を使いました。
といっても無理なダイエットや我慢我慢のようなやり方はしませんでした。
おかげで人間ドッグでは数値が改善されました。

読書量が落ちているのが課題でした。
通勤時が一番の読書量を発揮する場だったはずなのに・・・
ドトールなどでゆったりと読む場と時間帯を月の中で作ることが大事ですね

最後に、今年もこの宅建ブログを、毎日更新できたことは自信となりました。
継続させることは大変であり、その分感謝のメールを頂くとヤル気がでますね。
(うっかり配信遅れもありましたが・・)

いずれにしても、毎年変わらないのはこの宅建ブログが私のネット活動での原点であり、
今後も基礎になることは間違いありません。
よって来年もコツコツと継続実施していきます。
フェイスブック、インスタグラム、ツイッターとの併用にはなりますが、
今日もあなたが読者でいてくれたことに感謝いたします。

今年一年ありがとう!

来年があなたにとって、
よりよい一年でありますように心から祈ります。

心をいやすイッチャンとして・・・
愛あるブログとして・・・
前向きにチャレンジしていくあなたを応援していきます。

それでは、良いお年をお迎えください!!

来年もよろしくお願いしますね。

本日も読んで頂いたことに感謝、 ブログへの応援1クリックお願いします。
↓   ↓
人気ブログランキングへ


こちらもあわせて応援お願いします。
↓  ↓
にほんブログ村 資格ブログへ
にほんブログ村


↑このページのトップヘ