宅建試験!初心者のための一発合格サイト

宅建士試験(宅地建物取引士資格試験)初受験やリベンジの方に、短期・中期・長期での宅建学習方法、独学学習・過去問学習のコツ、受験テクニック、学習サポートなど、宅建受験から合格後の宅建取引士証登録迄、幅広く総合的に紹介したブログです。 【Yahooカテゴリー登録サイト】

◎ブログ最新ニュース
●3ヶ月学習に役立つ電子書籍です
『宅建取引士試験!合格を一発で決めよう!!: 3ヶ月で合格を勝ち取るための王道学習戦略』
   ↓     ↓
 http://blog.takken-get.com/archives/52279384.html

●中高年独学の方に参考になる電子書籍紹介
『宅建絶対合格!40代以上の必勝崖っぷち戦略』
   ↓     ↓
 http://goo.gl/mzuA1Z

●1ヶ月学習をアレンジしての活用も有効的です
『宅建士試験に1ヶ月独学で合格する方法(2017年版)』
   ↓     ↓
 https://www.amazon.co.jp/dp/B072JDF2J3

●メンタルも重要です。
 合格者から元気をもらおう!
『宅建合格!全受験生に贈る心からの応援歌〜不安・心配に打ち勝とう』
   ↓     ↓
   http://p.tl/p69w

●宅建無料メルマガ新規購読者募集中!
詳細と申込はこちらから
  ↓   ↓
 http://blog.takken-get.com/archives/52272722.html

宅建

ブログネタ
宅建試験 に参加中!

宅建学習のポイントについて、
前回に引き続き書いてみました。


宅建について知るを書いている毎週土曜日は、非常にアクセスが減り、
それに比例して人気ブログランキングの投票1クリックも減ります。

今日はどうでしょうか?

それだけに読んでいただいている方には、
できるだけ有益な記事を提供しようとしています。

今日も読んで、1クリックを押していただいている方、
本当にありがとうございます。

うれしいあなたの気持ちの表れとして、ありがたく1票を頂戴したいと思います。

 

さて、本題です。


○法令上の制限での数値の覚え方
     
 数値は、いろいろでてきますね。

 特に、法令上の制限は数値だらけです。
 ラフな感覚で覚えていると、試験本番でどっちだったろうか?と、
 悩む場面がでてきます。

 普段は覚えているつもりでも、
 何でもない数値がはっきりとしなくなるのです。
 一旦、迷いだすともう駄目ですよ。

 数値の覚え方の一般的なものは、語呂合わせになります。
 何でもかんでも語呂合わせにするのは感心しませんが、
 最低限のものは、やってもいいと思います。

 他には、
 ・表にして覚える方法、
 ・図解にして覚える方法、
 ・実際の建物、地域をみて覚える方法、
 ・暗記カードなど、ツールを駆使して覚える方法など・・

 どれがいいかは、自分の性格、今までの学習経験、
 自分の置かれている状況、
 そして、一番大事なのは、自分がやりやすい方法でやってみることです。

 人にとっていいことが、あなたにとっていいとは限りません。

 実際の建物、地域をみて覚える方法は、
 この宅建記事を読んでください。

 『宅建☆徒然なるままに29(法令上の制限は現場学習)』

 

○過去問学習のコツ

 みなさん、最初の過去問のとっかかりが一番時間がかかります。
 それだけに、1回転目は、時間よりも一巡させることに主眼をおいてください。

 途中で放棄して、インプットに帰ったり、
 他の分野にいきなり移行は関心しません。
 
 2回転目、3回転目になっていけば、
 自然に、スピードアップされていきます。

 とにかく、最初は我慢、忍耐でまず一巡させましょう。


 特に、宅建業法は、2回転、3回転とペースがあがっていきます。
 直感的に、瞬時にわかる問題もでてきます。
 秒殺問題も、かならずでてきます。

 民法を解くとき、人の相関図を書きますが、
 これも段々と、正確に要領よくポイントのみを速くかけるようになります。

 速く解ける問題は速く解く。

 問題によっては、少し時間がかかるものもあります。
 そういう問題は、逆に早く解こうとするとあせります。
 あせりはミスを誘発しますので、注意しましょう。


 速く解く問題とそれなりの時間をかけてよく読んで解く問題。


 この問題によるバランスと時間のメリハリが大事です。


 バランスとメリハリの感覚を養うためにも、
 過去問アウトプットの回転数を沢山こなしてほしいのです。

 試験本番では、難しいと感じた問題は、後回しにします。
 (Cランク、もちろんBランクでも)
 あなたにとって難しいと感じることですから、
 問題の難易度は気にすることはありません。
 (難易度の高い問題が解けて、不合格になれば単なる自己満足に終わります。)

 易しく感じる問題、難しいと感じない問題を最初に解けばいいのです。

 

○購入したテキストが使いにくかった時の対処

 折角購入したテキストが、大きく、分厚く、使いにくかった。

 これは、自分の学習環境を考えないで、
 見た目や人の勧めるままに購入した典型的な例です。


 分厚いテキストは場所によっては、本当に使いにくいと思います。
 購入した後に、使い始めて、初めてわかるのも現実ですから、
 購入して間のないのなら、自分の学習環境を考えて、
 スパッと買いなおすことをお勧めします。

 迷っている余裕はありません。
 即行動です。

 こういう状況でのもったいないは、時間の大きなロスになります。
 (時間のお金に換算する価値は、テキスト・問題集の価格の比ではありません)

 一番問題なのは、ある程度、学習が進行されている方です。
 せっかく、慣れてきたテキストを放棄するのは、 正直、お勧めできません。
 
 インプット用のテキストはそのままに、
 もし、アウトプット用の過去問も分厚いのなら、
 手軽に使えるものに、購入しなおすのもいいと思います。

 人によっては、分厚いテキストを切り離して使っている方もいます。
 (私は苦手です。本を切り離すことに抵抗があるので・・)

 
 電車の中や出先での学習は、
 瞬時にテキストや問題集をやりたい時にとりだせるように、
 しておくことが学習スピードを高めます。

 隙間時間や細切れ時間を活用するには、
 気持ちの持ち方もありますが、
 日頃からの準備段取りが必要なのです。

 どんなな剣豪も、瞬時に剣を取り出せなければ勝てません。
 (かの坂本龍馬も北辰一刀流の師範代でしたが、剣を床の間においていたため、
  ふいに斬り込まれたときに対応できなかったのです。)

 剣豪でない、宅建の達人でない普通の人は、それ以上に準備が大事だと思います。

 とにかく、即断即決ですよ。

 迷っている暇はありません。
     

私も権利関係のテキストは分厚く、持ち運びできませんでした。

宅建業法のテキストは薄かったので、持ち運びました。

アウトプット学習は、電車や外出先での学習が主体になりました。
ちょっとした空き時間に、1問、2問と解きましたので、
背広のポケットや鞄の中から、
すぐに取り出せた『出る順』は、本当に重宝しましたよ。


残された宅建試験までの期間を最大限、有効活用できた方が
栄冠を勝ち取ると思います。

人の勧めは、あくまでも勧めです。
参考とし、自分なりにアレンジしてみてください。

人の意見に左右されすぎると、
中途半端な状態で、残り5ヶ月を過ごすことになります。

時間は、取り返しがききませんよ。


『自分自身で決断すること。』


これが、結果的には、宅建試験が終わって後悔しないことにつながります。


読んで頂いた後の応援1クリックお願いしま〜す!
↓  ↓
人気blogランキングへ


目指せ宅建合格!応援ポチお願いしま〜す!
↓  ↓
にほんブログ村 資格ブログへ
にほんブログ村


ブログネタ
宅建試験 に参加中!

宅建月人の初受験ストーリー、本日は第16話です。


それでは、本編スタートです。


・・・本文ここから・・・・・

権利関係はインプットが終わり、アウトプットへ突入しています。

アウトプットだけではどうかとも思い、
違う分野のインプットも併行してスタートさせてみることにしました。

法令上の制限か宅建業法のどちらにするか?


ここは迷わず、宅建業法


宅建業法というと、
宅建試験においては得点源であると聞いたことがあります。

ここは、その得点源である宅建業法に着手し、
宅建試験においての安心感をとっておきたい気持ちもありました。


宅建業法の出る順を開いてみると、
内容的には、民法であった違和感は感じません。

宅建主任者自身に関することもかかれていますし、
何と言っても、宅建資格の独占業務である重要事項の説明や37条書面に
ついても書かれています。


実務に関連する内容だと、
やはり、学習する意気込みも違ってきますね。

全体をパラパラとめくってみましたが、
この宅建業法の分野に関しては、
やれそうな自信がみなぎってきました。


一旦、自信がでると人間とはいうのは不思議なものです。

宅建というものが、好きになりかけています。


好きこそ物の上手なれ。


ゴールデンウィークを終え、ほわーんとした気分になりかけていましたが、
ヤル気スイッチが入ってきました。


一気にやってやるぞーー!!


宅建業法は私のためにある・・・
多少、自信過剰気味になってきましたが、
これくらいの方が学習の波に乗れる気がします。


・・・本文ここまで・・・・・


宅建業法は、1回は、スローペースでじっくりと読んでも、
それ以降は、スピーディーに読むことも心がけてください。

理屈を追求するよりも、繰り返して慣れでの理解を得ることです。

こんなものだと自分に言い聞かせて、先へ先へ進めてください。


宅建業法は、問題によっては、条件反射的に解ける問題もでてきます。
瞬時の選択能力が、短時間で解くコツになりますし、
余った配分時間を民法などの時間のかかる問題に割り当てることが
できます。

解ける問題は、できるだけ短時間で解く。

これが必要です。

そのために、スピーディに読む・解く練習が必要になるのです。

左脳だけに頼らず、右脳をうまく使う。

読んでいるページをパチリと目でとって右脳に写真の状態で納める。
イメージで感覚的にとらえることに慣れている人は、
これができると思います。

問題によっては、右脳に焼きついた問題と解答のイメージで、
判断できる人もでてくると思います。

自分の今の状況にあわせて、
対応能力を段々と身につけていきましょう。


次回へ続く


読んで頂いた後の応援1クリックお願いしま〜す!
↓  ↓
人気blogランキングへ


目指せ宅建合格!応援ポチお願いしま〜す!
↓  ↓
にほんブログ村 資格ブログへ
にほんブログ村


ブログネタ
宅建試験 に参加中!

宅建学習の極意☆頑張るあなたに勝利は微笑む!』

本日は、15回目です。


あなたは勉強において、学生時代、一夜漬け派でしたか?
それとも、コツコツ派でしたか?


私は、一夜漬け派でした。
(一夜漬け派というと、同じ資格系ブログのるんるんりかちゃんも
           そうだったはず・・・AB型は一夜漬け派?)


宿題も試験の学習も土壇場までやりません。

ものの見事に一切やらないのです。


夏休みの宿題は、ラスト3日が勝負。

アニメ「サザエさん」で言えば、かつお状態です。
でも、誰の力も借りず自力でやってしまうのが違うところです。


確かに、それはそれで、一気に進めるので、
集中力、処理スピードはすさまじいです。

のぞみN700系のスピードなみです。

だからこそ、余計、たちが悪いともいえます。

一人でそれなりになんとかなってします・・・・


歴史は繰り返す。

毎年、同じ徹を踏むことになります。


試験においても、一夜漬けパワーはすさまじいです。

英作文など文章毎、丸暗記です。

理解というよりも、ひたすら暗記。


その時の集中力を、日々の学習で使っていたなら・・・・・

分散させていたなら・・・・・・


効果は10倍にも、100倍にもなっていたはず・・・

 

宅建学習において、
短期学習でも、うまくいくケースはあると思います。
1ヶ月学習、場合によっては、1週間の学習でうまく成果につなげられることは
あります。

でも、結果論です。


一かバチかの勝負です。

絶対にお勧めできることではありません。


やはり、宅建学習においては、コツコツ派が強いと思います。

日々努力されている方には、それなりの実力がついていきます。

一朝一夕でついた一時的な実力よりも、
コツコツと溜め込んだ実力の方が応用力が効きます。


まだまだ、宅建試験まで、約5ヶ月あります。

合格のために、秘策を使う時期ではありません。

一発逆転合格を狙う時期でもありません。


今からの学習スタートでも十分合格を狙えます。


それには、やはり、毎日のコツコツ積み重ねていく学習が必要です。

コツコツ派の方、頑張ってくださいね。
今のその調子です。

一夜漬け派の方、気持ちはよくわかります。
その実力を更に活かすためにも、日々の努力も怠りなく。
日々の努力に、一夜漬けのパワー、試験での勝負勘がプラスされれば、
まさに鬼に金棒です。


合格以外に考えられません。


読んで頂いた後の応援1クリックお願いしま〜す!
↓  ↓
人気blogランキングへ


目指せ宅建合格!応援ポチお願いしま〜す!
↓  ↓
にほんブログ村 資格ブログへ
にほんブログ村


ブログネタ
宅建試験 に参加中!

今回は、一見すると読めるようでよめない宅建用語です。


遡及効


何と読むと思いますか?


答えは、「そきゅうこう」と読みます。


私も最初は、読めませんでした。

読み方がわかった後でも、なんのこっちゃと思わせる言葉です。


ただ、個々の単語にするとなんとなくつかめてきます。


「遡」は、さかのぼる。

「及」は、及ぼす。

「効」は、効く、効果?


そんな気がしませんか?


意味は、
「ある時点まで、遡(さかのぼ)って効力を及ぼさせること」
になります。

 

宅建試験に出る「時効の遡及効」は、
時効の効力は、その起算日(時効期間の最初)にさかのぼるになります。
(民法144条)


*注意点としては、時効の効力は、時効が完成した時から生じるのではなく、
 その起算日にさかのぼります。


用語も、こうやって噛み砕いていくとわかりやすいですね。

最初は抵抗のあった遡及効でしたが、
今では何も違和感は感じませんでした。


用語に慣れるとは、そんなことだと思います。


今、宅建に初めて直面して、
特に、この民法関連で不慣れな用語に悪戦苦闘している方がいると
思います。


でも、大丈夫ですよ。


慣れです。


読みにくい用語があったら、10回連続して口に出して読んでみてください。

それから、意味を読む。


習うよりは慣れろです。


これが、宅建学習の近道ですよ。


読んで頂いた後の応援1クリックお願いしま〜す!
↓  ↓
人気blogランキングへ


目指せ宅建合格!応援ポチお願いしま〜す!
↓  ↓
にほんブログ村 資格ブログへ
にほんブログ村


ブログネタ
宅建試験 に参加中!

5月某日、福岡県の大宰府天満宮で、
宅建ブログをご覧の方のために合格祈願をしてまいりました。


学生の頃にはよく来ましたが、
前回来たのは、遥か15年位前になると思います。

本当に久々の大宰府でした。


三つの赤い橋を渡った後、本殿にやってきました。

大宰府本殿

















飛梅も、この時期にみるとまるで別な木に思えてきます。


飛梅



















早速、おみくじです。

ひいた結果は、『末吉』


大宰府おみくじ1



















願い事は、願い事かなえど遅し。

今回の場合は遅くていい気がします。
(宅建試験は、約5ヶ月後です)


学問は、試験入学努力すれば目的を達す。

いい言葉ですね。


今の時期は、まずは頑張りしかありません。

湯島天神では、恒例の絵馬も、
ここ大宰府でもしっかりと納めてきました。

大宰府絵馬詳細




















大宰府絵馬奉納













大宰府では恒例となっている鉛筆です。

マークシート用のものも用意されています。


大宰府マークシート用


































遠方の方には、お守りなどの対応を今ではしてくれているようです。
流石に全国区です。


大宰府お守り購入案内
























私にとって、思い出深い大宰府ですが、
今回のお参りで、一つの区切りになった気がします。


今年、宅建試験を受験される方、
あなたの普段の頑張りどおりに合格の栄冠をとられることを祈ります。


10月17日、力一杯の実力を如何なく発揮するためにも、
今は、まず学習です。


ファイト!!


読んで頂いた後の応援1クリックお願いしま〜す!
↓  ↓
人気blogランキングへ


目指せ宅建合格!応援ポチお願いしま〜す!
↓  ↓
にほんブログ村 資格ブログへ
にほんブログ村


↑このページのトップヘ