宅建試験!初心者のための一発合格サイト

宅建士試験(宅地建物取引士資格試験)初受験やリベンジの方に、短期・中期・長期での宅建学習方法、独学学習・過去問学習のコツ、受験テクニック、学習サポートなど、宅建受験から合格後の宅建取引士証登録迄、幅広く総合的に紹介したブログです。 【Yahooカテゴリー登録サイト】

◎ブログ最新ニュース
1)令和元年宅建士試験お疲れ様でした。
  ただいま、試験後のアンケートを実施中です。
  ご協力をお願いします。
   ↓    ↓
  http://blog.takken-get.com/archives/52296301.html

2) あなたの未来を切り開くメルマガ
 『一木秀樹の中高年支援マガジン☆未来を切り開く方法』
  まぐまぐより毎週金曜日発行
  発行費用 540円/月
  まぐまぐのアカウント作成が必要です。
 (無料)
 ※詳細と登録はまぐまぐサイトにて
    ↓    ↓
  https://www.mag2.com/m/0001688139.html

3)新メルマガ創刊
 『インスタグラマーへの道』
  インスタグラムをもっと楽しもう!
 ※詳細と登録はまぐまぐサイトにて。
    ↓    ↓
  https://www.mag2.com/m/0001688339.html

心が折れる

令和元年宅建試験本番に向けて、不安で心が折れそうな方へのエール
今回は3回目です。

あさってから、ついに本当の実質的なラストチャンス10月3連休ですね。

段々と緊張も高まっていることと思います。

それと同時に不安も高まっていることと思います。

昨年、今時期での不安に関するアンケートをとっていますが、その中で一番多いのが学習不足。

学習満足度をどのレベルにおくかにもよりますが、一般的には300時間といわれていますので、時間だけでみればそのあたりをみて思われているのかもしれません。

また一方では時間ではなく、学習内容の理解度や模試結果、過去問の正答率をみて学習不足と思われている方もいます。

むしろ後者の方が大半かもしれませんね。

今の時期、確かに学習不足を感じる場面は多々あるかもしれません。

また項目によっては「わかった」という実感がなかったり、同じ過去問を繰り返していると、単に答えを覚えてしまっているだけで、実力がついている実感がわかないかもしれません。

でもいえることは、学習を積み重ねればある程度の実力は着実に積み重なります。

そしてある程度のレベルに、実はそれなりの方がいることになります。

いわゆるボーダーライン上になります。
問題はそこから抜け出せるかどうかです。
頭一つ出れるかどうかです。
それを決めるのがこの残り1週間だと思います。

まず第一に気持ちで負けないこと
第二に、今の自分の学習状況をみて学習を絞ること
第三に、自分の合格を固く信じ、最後まで諦めないことです


いいですか?

宅建試験が終わって自己採点の結果、30点前後になるのか、33点前後になるのか、35点前後になるのか、それとも、38点以上で抜け出すのか?

それは今のあなたにかかっています。

仮に難易度が上がった場合は、合格基準点は下がります。
ですから、その得点を目指して、最終的に合格基準点以上であれば合格になります。
合格基準点と同じでも、5点以上上回っても同じ合格に変わりはありません。

不安に負けるな!
学習不足に負けるな!
人の今の実力を気にするな!

大切なのは、10月20日の宅建試験当日に自分がどうなるかですよ。

あなたなら、絶対にできる。

必ずできる。

ファイト!

PS.今日も応援クリックありがとうございました。
   今日も最後の応援よろしくお願いします。

令和元年宅建合格を目指して、1クリックお願いします。
↓   ↓
人気ブログランキングへ


ダブルで宅建合格祈願、応援クリックお願いします。
↓  ↓
にほんブログ村 資格ブログへ
にほんブログ村


令和元年宅建試験本番に向けて、不安で心が折れそうな方へのエール
今回は2回目です。

試験本番が近づいてくると不安の虫が騒ぎ出します。
それだけに、少しでもあなたの不安が和らぐことができれば・・
この私の思いからです。

不安の芽は、いろんなことをきっかけにふくらみ始めます。
考えれば考えるほど、深みにはまっていく気がします。

宅建試験に関係ない第三者からすると、それはささいなことに映るかもしれません。

それでも当事者にとっては大変なことになります。

宅建に関する不安を取り除くには、宅建のことを更に更に考えていくのがいいのか?

決して、そうではないですね。

今の時期は残り時間が限られてきています。

それだけに、このままほおっておくのも適切ではありません。

そのためにはどうするか?

短期解決は考えないようにするために、他の宅建に関することに転換していくことになります。

不安を無理に押さえ込もうとすると、反発されます。

だからこそ、不安と上手につきあう

不安の芽を芽の状態のままにするか、または、結果としていつのまにか気がついたら芽の状態で枯れていたが理想です。

絶対的に学習時間が不足している人は、がむしゃらに宅建前日まで、あらゆる時間を駆使して頑張ることです。

今は頑張ることよりも楽をする風潮の方が強いです。

効率や能率の言葉を利用して単純に楽をする方法を求める。
これでは、この時期が難しいと思います。

今のこの直前期、これからの超直前期は、頑張る人だけが活路を見出せるはずです。

最終最後の運は、最後まで諦めないで頑張る人に味方します。

模試の結果が悪かったことで不安の尾を引きずっている人は、何度もこのブログで書いていることですが、模試は所詮は模試と割り切ってくださいね。

悪かった模試の復習を徹底するよりも、軽くおさらい程度とし過去問に立ち返ることです。

模試で苦手だった項目の過去問を繰り返しやることにより、またテキストに立ち返ることにより、自信を取り戻しましょう。

過去問演習で同じところを何度も間違う方へ。
それは誰にでもあることです。
気にしないことが一番です。

それでも不安な場合は、気分転換として得意項目を徹底的にやってみましょう。

得意項目をパーフェクトにやることは自信につながります。

仮に宅建業法なら、パーフェクトは20点です。

20点をベースに得点を組み立てられるなら、宅建試験は鬼に金棒です。

20点が無理でも、18点なら可能です。

不安は真面目な方ほど、おきやすくなります。

それだけにその不安の目を前向きな方に転換できれば
大きなパワーになりやすのです。

どうせなら、前向きな力に転換して有効活用しましょう。

あなたならできます。

しっかりと自分自身の気持ちを締めていきましょう。

やるっきゃないでしょう。

ファイト、ファイト!!

あなたにならできる。

令和元年宅建合格を目指して、1クリックお願いします。
↓   ↓
人気ブログランキングへ


ダブルで宅建合格祈願、応援クリックお願いします。
↓  ↓
にほんブログ村 資格ブログへ
にほんブログ村


令和元年宅建試験本番に向けて、不安で心が折れそうな方へのエール

では、第一回目のスタートです。

あなたはここまで、あなたなりに頑張って学習してきたはずです。

それは紛れもない事実です。

自信をもってください。

時には、ちょっとした問題につまずくかもしれません。
人間ですから、そんな時もあります。

でも、あなたには、確実に自分なりの実力がついてきているはずです。

それを今から更に一気に伸ばすのも、
このままのレベルのままで停滞させるのも、
今後のあなた次第になります。

今の時期大切なのは、自分に自信をもつことです。

あなたはできない人ではない。

あなたはできる人です。

だって、あなたは宅建学習に対して前向きだからこそ、
今、この宅建ブログを読まれています。

宅建試験を放棄した人なら、読むわけがありません。

だからこそ、あなたには可能性が残されています。

その可能性は、人のよって違うかもしれません。

でも、今が30%の人でも、
50%にするのか、80%にするのか?

それは、残り期間のあなた次第になります。

試験前日で80%、そして試験当日90%以上になる。

そういうことも不可能ではありません。

まだまだ、時間は残されています。

やってやれないはずはありません。

あなたはできる人です。

今日もまだ時間は残されています。

残り期間、全力で取り組んでみませんか?

あなたならできる。
きっとできる。

あなたには、多くの心の仲間がついています。

私も微力ながら最後の最後まで応援しています。

あなたならできる。

令和元年宅建合格を目指して、1クリックお願いします。
↓   ↓
人気ブログランキングへ


ダブルで宅建合格祈願、応援クリックお願いします。
↓  ↓
にほんブログ村 資格ブログへ
にほんブログ村


↑このページのトップヘ