宅建試験!初心者のための一発合格サイト

宅建士試験(宅地建物取引士資格試験)初受験やリベンジの方に、短期・中期・長期での宅建学習方法、独学学習・過去問学習のコツ、受験テクニック、学習サポートなど、宅建受験から合格後の宅建取引士証登録迄、幅広く総合的に紹介したブログです。 【Yahooカテゴリー登録サイト】

◎ブログ最新ニュース
●宅建無料メルマガ新規購読者募集中!
詳細と申込はこちらから
  ↓   ↓
 http://blog.takken-get.com/archives/52272722.html

●平成30年宅建士試験を受験される方へ。
まずは、こちらの電子書籍よりお読みください。
『宅建独学者へ!!絶対攻略のための43のヒント』
   ↓     ↓
 http://blog.takken-get.com/archives/52260849.html

●中高年独学の方に参考になる電子書籍紹介
『宅建絶対合格!40代以上の必勝崖っぷち戦略』
   ↓     ↓
 http://goo.gl/mzuA1Z

●まずは、漫画で概要をつかむ
『平成30年宅建受験対策入門書としての活用』
   ↓     ↓
 http://blog.takken-get.com/archives/52260619.html

法令上の制限

作年から自己採点について、項目別もあわせてアンケートを実施しています。
では、昨年と比較しながらみてみましょう。

【宅建業法】
(平成29年)
投票数:294件

平成29年宅建業法


最多投票は17点、次に15点、18点の順番です。
できれば18点とりたい宅建業法でした。

昨年と比較してみましょう。

(平成28年)
投票数:115件

・20点   3件  (2.6%) 
・19点  10件  (8.7%) 
・18点  17件  (14.8%) 
・17点  19件  (16.5%) 
・16点  28件  (24.3%) 
・15点  14件  (12.2%) 
・14点  10件  (8.7%) 
・13点   8件  (7.0%) 
・11点   2件  (1.7%) 
・10点以下  3件  (2.6%) 

最多投票は16点、次に17点、18点の順番です。
今年と比較しても傾向は似ています。


次に権利関係です。
【権利関係】
(平成29年)
投票数:243件

平成29年権利


最多投票は9点、次が6点以下、7点と続きます。
意外に問題の難易度とは違って、得点できているのでは?
そんな印象です。

昨年です。
(平成28年)
投票数:98件

・14点   4件  (4.1%) 
・13点   5件  (5.1%) 
・12点   6件  (6.1%) 
・11点  13件  (13.3%) 
・10点  11件  (11.2%) 
・9点   13件  (13.3%) 
・8点   22件  (22.4%) 
・7点   14件  (14.3%) 
・6点以下  10件  (10.2%) 

8点が最多投票、次が7点、9点・・・
判断が難しいところですが、今年と大きなさはないと感じます。


法令上の制限です。
【法令上の制限】
(平成29年)
投票数:209件

平成29年法令


最多投票は6点、次に7点、5点・・・
6点はほしい法令上の制限でした。

昨年です。
(平成28年)
投票数:78件

・8点   4件  (5.1%) 
・7点   8件  (10.3%) 
・6点  29件  (37.2%) 
・5点  23件  (29.5%) 
・4点   8件  (10.3%) 
・3点以下  6件  (7.7%) 

最多投票は6点、次に5点・・・
同難易度と捉えられた今年と同じ傾向です。


5点免除問題です。
【5点免除問題】
(平成29年)
投票数:198件

平成29年5点免除


最多投票は5点、次に4点。
5点がとれた今年の問題でした。

昨年です。
(平成28年)
投票数:76件

・5点  37件  (48.7%) 
・4点  26件  (34.2%) 
・3点  11件  (14.5%) 
・2点   2件  (2.6%) 
・1点   0件  (0.0%) 

最多投票は5点、次に4点。
全く今年と同じ傾向ですね。


最後・税です。
【税】
(平成29年)
投票数:125件

平成29年税


最多投票は2点、次に1点。
税は難しいですね。
2点とれれば立派です。

昨年です。
(平成28年)
投票数:69件

・3点  18件  (26.1%) 
・2点  39件  (56.5%) 
・1点  12件  (17.4%) 

最多投票は2点、次に3点でした。
やはり税は、2点とりたい所です。
1点でも仕方がない現実ですが・・・

投票のご協力ありがとうございました。


必勝宅建合格、合格への思いを込めて、1クリックお願いします。
↓   ↓
人気ブログランキングへ


ダブルで必勝宅建合格祈願!
↓  ↓
にほんブログ村 資格ブログへ
にほんブログ村


宅建アウトプット学習のポイント、今回は法令上の制限対策のコツです。
今は、宅建学習アウトプット真っ只中の方が多いと思います。

法令上の制限は、用語や数値が沢山登場し、意外と勘違いしやすい分野になります。

法令上の制限の項目によっては苦手な方もいると思います。

自分なりに、うまく工夫しイメージを膨らませて覚えていくことが大事です。

宅建業法は、誰もが得意とする分野です。
そのため、試験問題の内容によっては差がつきにくいともいえます。
(それだけに、ケアレスミスは許されません)

そう考えるとある意味、法令上の制限の出来が、宅建試験の合格基準点突破に影響するともいえます。

平成21年からの問題数が1問減により、宅建業法ばかりにクローズアップがいっているなかで、しっかりと押さえれば、他の人と差をつける可能性を秘めています。

ただし法令上の制限は、得点しやすいようで間違えやすい分野でもあります。

うっかりミス、勘違いミス、数値や対象範囲があやふやとなって、間違いに吸い込まれていく・・・

正しく理解していたつもりだけど、宅建試験本番で、どっちだっかわからなくなる。

意外とあることです。

残念ながら一旦迷走を始めると、不思議と間違った方向に吸い込まれていきます。

また、一通り解き終わった後、解答を見直したときに、妙に気になり、解答の判断を迷い、結局、答えを修正して間違えたなんてことにもなります。

私自身も経験者です。
明暗を分ける法令上の制限。
しっかりと自分の味方につけましょう。

法令上の制限のアウトプット学習でのコツは、

1.実際の建物、風景をみて、できるだけ右脳を使ってイメージ
  しながら脳に記憶を植えつける。
  あなたの目(レンズ)で、右脳のカメラを使って、
  パッシャ、パッシャと撮ってください。
 
2.過去問で間違えた問題は、間違え問題の解説を読むだけでなく、
  関連する用語、数値をまとめて復習する。

3.数値は、カードを活用する。
  特に、カードは、関連する数値一覧表作成だけでなく、
  見方をいくつか変えてのカードを作成する。
  特に、間違えやすい数値には効果あり。
    (今なら、スマホのいろんなアプリを使うのも一手です。)

4.宅建業法同様、回転させるスピードを上げること。
  右脳で覚えたことは直感的に解答ができます。
  *下手に左脳を使って、考えすぎないことです。
   考えすぎると間違いを誘発しやすくなります。


私自身、数値では建築基準法の防火・準防火をよくまちがえました。
学習しているときは自信があるのに、何故か間違えてしまう。

これは、もう理屈では語れません。

ブラックホールや磁力で引き寄せられるように、ついつい間違いに引き込まれてしまうのです。

車を運転していてよく間違う道があります。

不思議と何ヶ月ぶりかに行くと同じように間違うのです。

この負の潜在の記憶の流れを止める必要があります。

そのため、私は、いろんな角度から、数値を引っ張りだせるようにしたのです。それにより、パーフェクトに近づけました。

一応、建築学科出身なので・・・・・
都市計画専攻でしたから・・・・
でも、細かい数値は関係ありませんから・・・

要は、宅建問題を解くのに建築出身、法科出身は関係ありません。

下手な余計な知識がない方が、宅建学習はしやすい。

そんな気がします。

ですからあまり深く考えないで、右脳をしっかり使ってくださいね。

現場に沢山のヒントがあります。

現場で確認したことは、イメージと組み合わせたものは、なかなか忘れません。

通勤の電車から見る光景の中にも、沢山のイメージングのヒントが隠されています。

数値と用語に嫌気がさしたら、外にでてみましょう。

実地学習でリフレッシュできますし、ものによっては権利関係の学習とも結びつきます。

過去の受験生の中で、用地めぐりドライブをされていた方もいました。

これも一つの方法です。

法令上の制限、自分の味方につけましょう。


本日もブログを読んでいただきありがとう。感謝をこめて・・
↓   ↓
人気ブログランキングへ


ダブルで必勝宅建合格祈願!
↓  ↓
にほんブログ村 資格ブログへ
にほんブログ村


<
本日もブログを読んでいただきありがとう。感謝をこめて・・
↓   ↓
人気ブログランキングへ


ダブルで必勝宅建合格祈願!
↓  ↓
にほんブログ村 資格ブログへ
にほんブログ村


ブログネタ
宅建試験 に参加中!
宅建アウトプット学習のポイント、今回は法令上の制限対策のコツです。
今は、宅建学習アウトプット真っ只中の方が多いと思います。

法令上の制限は、用語や数値が沢山登場し、意外と勘違いしやすい分野になります。

法令上の制限の項目によっては苦手な方もいると思います。

自分なりに、うまく工夫しイメージを膨らませて覚えていくことが大事です。

宅建業法は、誰もが得意とする分野です。
そのため、試験問題の内容によっては差がつきにくいともいえます。
(それだけに、ケアレスミスは許されません)

そう考えるとある意味、法令上の制限の出来が、宅建試験の合格基準点突破に影響するともいえます。

平成21年からの問題数が1問減により、宅建業法ばかりにクローズアップがいっているなかで、しっかりと押さえれば、他の人と差をつける可能性を秘めています。

ただし法令上の制限は、得点しやすいようで間違えやすい分野でもあります。

うっかりミス、勘違いミス、数値や対象範囲があやふやとなって、間違いに吸い込まれていく・・・

正しく理解していたつもりだけど、宅建試験本番で、どっちだっかわからなくなる。

意外とあることです。

残念ながら一旦迷走を始めると、不思議と間違った方向に吸い込まれていきます。

また、一通り解き終わった後、解答を見直したときに、妙に気になり、解答の判断を迷い、結局、答えを修正して間違えたなんてことにもなります。

私自身も経験者です。
明暗を分ける法令上の制限。
しっかりと自分の味方につけましょう。

法令上の制限のアウトプット学習でのコツは、

1.実際の建物、風景をみて、できるだけ右脳を使ってイメージ
  しながら脳に記憶を植えつける。
  あなたの目(レンズ)で、右脳のカメラを使って、
  パッシャ、パッシャと撮ってください。
 
2.過去問で間違えた問題は、間違え問題の解説を読むだけでなく、
  関連する用語、数値をまとめて復習する。

3.数値は、カードを活用する。
  特に、カードは、関連する数値一覧表作成だけでなく、
  見方をいくつか変えてのカードを作成する。
  特に、間違えやすい数値には効果あり。
    (今なら、スマホのいろんなアプリを使うのも一手です。)

4.宅建業法同様、回転させるスピードを上げること。
  右脳で覚えたことは直感的に解答ができます。
  *下手に左脳を使って、考えすぎないことです。
   考えすぎると間違いを誘発しやすくなります。


私自身、数値では建築基準法の防火・準防火をよくまちがえました。
学習しているときは自信があるのに、何故か間違えてしまう。
これは、もう理屈では語れません。

ブラックホールや磁力で引き寄せられるように、ついつい間違いに引き込まれてしまうのです。

車を運転していてよく間違う道があります。
不思議と何ヶ月ぶりかに行くと同じように間違うのです。

この負の潜在の記憶の流れを止める必要があります。

そのため、私は、いろんな角度から、数値を引っ張りだせるようにしたのです。それにより、パーフェクトに近づけました。

一応、建築学科出身なので・・・・・
都市計画専攻でしたから・・・・
でも、細かい数値は関係ありませんから・・・

要は、宅建問題を解くのに建築出身、法科出身は関係ありません。

下手な余計な知識がない方が、宅建学習はしやすい。

そんな気がします。

ですからあまり深く考えないで、右脳をしっかり使ってくださいね。

現場に沢山のヒントがあります。

現場で確認したことは、イメージと組み合わせたものは、なかなか忘れません。

通勤の電車から見る光景の中にも、沢山のイメージングのヒントが隠されています。

数値と用語に嫌気がさしたら、外にでてみましょう。

実地学習でリフレッシュできますし、ものによっては権利関係の学習とも結びつきます。

過去の受験生の中で、用地めぐりドライブをされていた方もいました
これも一つの方法です。

法令上の制限、自分の味方につけましょう。

宅建を通じてのご縁に感謝、応援クリックよろしくお願いします!
↓   ↓
人気ブログランキングへ


資格ブログ村も併せて、応援よろしくです
↓  ↓
にほんブログ村 資格ブログへ
にほんブログ村


ブログネタ
宅建試験 に参加中!
宅建アウトプット学習のポイント、今回は法令上の制限対策のコツです。
今は、宅建学習アウトプット真っ只中の方が多いと思います。

法令上の制限は、用語や数値が沢山登場し、意外と勘違いしやすい分野になります。

法令上の制限の項目によっては苦手な方もいると思います。

自分なりに、うまく工夫しイメージを膨らませて覚えていくことが大事です。

宅建業法は、誰もが得意とする分野です。
そのため、試験問題の内容によっては差がつきにくいともいえます。
(それだけに、ケアレスミスは許されません)

そう考えるとある意味、法令上の制限の出来が、宅建試験の合格基準点突破に影響するともいえます。

平成21年からの問題数が1問減により、宅建業法ばかりにクローズアップがいっているなかで、
しっかりと押さえれば、他の人と差をつける可能性を秘めています。

ただし法令上の制限は、得点しやすいようで間違えやすい分野でもあります。

うっかりミス、勘違いミス、数値や対象範囲があやふやとなって、間違いに吸い込まれていく・・・

正しく理解していたつもりだけど、宅建試験本番で、どっちだっかわからなくなる。

意外とあることです。

残念ながら一旦迷走を始めると、不思議と間違った方向に吸い込まれていきます。

また、一通り解き終わった後、解答を見直したときに、妙に気になり、解答の判断を迷い、
結局、答えを修正して間違えたなんてことにもなります。

私自身も経験者です。
明暗を分ける法令上の制限。
しっかりと自分の味方につけましょう。

法令上の制限のアウトプット学習でのコツは、

1.実際の建物、風景をみて、できるだけ右脳を使ってイメージ
  しながら脳に記憶を植えつける。
  あなたの目(レンズ)で、右脳のカメラを使って、
  パッシャ、パッシャと撮ってください。
 
2.過去問で間違えた問題は、間違え問題の解説を読むだけでなく、
  関連する用語、数値をまとめて復習する。

3.数値は、カードを活用する。
  特に、カードは、関連する数値一覧表作成だけでなく、
  見方をいくつか変えてのカードを作成する。
  特に、間違えやすい数値には効果あり。
    (今なら、スマホのいろんなアプリを使うのも一手です。)

4.宅建業法同様、回転させるスピードを上げること。
  右脳で覚えたことは直感的に解答ができます。
  *下手に左脳を使って、考えすぎないことです。
   考えすぎると間違いを誘発しやすくなります。


私自身、数値では建築基準法の防火・準防火をよくまちがえました。
学習しているときは自信があるのに、何故か間違えてしまう。
これは、もう理屈では語れません。

ブラックホールや磁力で引き寄せられるように、ついつい間違いに引き込まれてしまうのです。

車を運転していてよく間違う道があります。
不思議と何ヶ月ぶりかに行くと同じように間違うのです。

この負の潜在の記憶の流れを止める必要があります。

そのため、私は、いろんな角度から、数値を引っ張りだせるようにしたのです。
それにより、パーフェクトに近づけました。

一応、建築学科出身なので・・・・・
都市計画専攻でしたから・・・・
でも、細かい数値は関係ありませんから・・・

要は、宅建問題を解くのに建築出身、法科出身は関係ありません。

下手な余計な知識がない方が、宅建学習はしやすい。

そんな気がします。

ですからあまり深く考えないで、右脳をしっかり使ってくださいね。

現場に沢山のヒントがあります。

現場で確認したことは、イメージと組み合わせたものは、なかなか忘れません。

通勤の電車から見る光景の中にも、沢山のイメージングのヒントが隠されています。

数値と用語に嫌気がさしたら、外にでてみましょう。

実地学習でリフレッシュできますし、ものによっては権利関係の学習とも結びつきます。

過去の受験生の中で、用地めぐりドライブをされていた方もいました
これも一つの方法です。

法令上の制限、自分の味方につけましょう。


その繰り返しの中で、あなたのなりの創意工夫を加えてください。

これが過去問繰り返しのポイントです。
 
今年の自分の目標達成・宅建合格に向けて、応援クリックよろしくお願いします!
↓   ↓
人気ブログランキングへ


資格ブログ村への応援もお願いします。
↓  ↓
にほんブログ村 資格ブログへ
にほんブログ村


ブログネタ
平成25年宅建合格 に参加中!

新しいアンケートを二つ同時にスタートします。


1)平成25年宅建試験において、あなたが問題を解かれた順番について

2)平成25年宅建試験において、マーク転記のタイミングについて


毎年、初受験される方にとって迷うところです。
そのため、例年アンケートをとって次年度以降の宅建受験生に活かせるように
しています。


昨年より以前の例を先に転載します。


1)について、
平成24年の結果です。
(投票数 146票)

・宅建業法       56件  (38.4%)
・権利関係      30件  (20.5%)
・法令上の制限 15件  (10.3%)
・税                3件  (2.1%)
・5点免除問題  42件  (28.8%)


平成23年の結果です。
(投票数 193票)

・宅建業法         90件  (46.6%)
・権利関係         35件  (18.1%)
・法令上の制限 15件  (7.8%)
・税                      3件  (1.6%)
・5点免除問題  50件  (25.9%)


平成22年の結果です。
(投票数 127票)

・宅建業法         57件  (44.9%)
・権利関係         33件  (26.0%)
・法令上の制限 13件  (10.2%)
・税                1件  (0.8%)
・5点免除問題  23件  (18.1%)


5点免除問題から解かれている方の割合が増えてきたのが近年の特徴です。
統計を解いて、ついでに5点免除を全部する。

ここ数年は5点免除問題の難易度は下がっているため、
この方法は有効になっています。

王道は宅建業法からや、統計を真っ先にやって宅建業法にいくスタイルです。


平成24年のコメントから転載します。


「宅建業法」
40歳代/男性/新潟
最初は業法からでしたが、
数問解いて個数が多くて時間がかかりそうでしたから、
法令にすぐ移動しました。


30歳代/男性/広島
5点免除者なので、宅建業法(問)45からとき始めました。
正直言いまして時間がギリギリでした!


30歳代/女性/宮城
業法から。でも時間がかかってしまった。


40歳代/男性/奈良
宅建業法からやりました。頭が元気なうちに確実に。


50歳代/女性/埼玉
今年は最後が良かったかも!


20歳代/女性/神奈川
これが一番よかったです


20歳代/男性/京都
一番簡単だから


40歳代/女性/群馬
セオリーみたいなので


20歳代/女性/宮城
スムーズに問題を解くため。
法令からやると時間足りなくなる…


30歳代/女性/千葉
ここを取らずしての意気込みで、後半に勢いをつけるため!


30歳代/男性/神奈川
業法からやりました?lecで教えてもらった。


40歳代/男性/岡山
定番通り問26から問50を「40分」を目途に解いた後、
問25から問1に向かって勢いで解きました。


40歳代/男性/神奈川
宅建業法メインに勉強してましたから・・・。


20歳代/女性/東京
業法で萎えましたがね…


30歳代/男性/千葉
これから解き始めるのが定番だと聞いて


30歳代/男性/大阪
直前まで迷いましたが、正解でした。
どこから解くかは好みですが、
事前に決めておくことを強くオススメします。


50歳代/男性/滋賀
去年までは順番通り。
2年連続の1点足らずだったので、今年は業法からにしてみました。
精神的には例年より余裕を持てた気が・・・
結果はどうだろう(^^;)


50歳代/男性/兵庫
業法→5問免除→権利→法令→税法他、
つまり、26問から50問、次に1問から25問です。
後は、見直しです。


30歳代/女性/大阪
時間が読めやすいから。
40分を目標にしていたが実際は難しかったり
慎重になりすぎて1時間かかった。

40歳代/男性/山口
頭を試験に慣らすため


40歳代/男性/神奈川
時間配分できるから!


40歳代/男性/大阪
解きやすいから!


20歳代/男性/北海道
今年は業法からやったら、権利関係で時間が無くなった


50歳代/男性/神奈川
転記ミスない様に、業法?法令?税?権利と進みました。
(免除者)


30歳代/男性
今後は業法が難化しそうなので考えないといけないかも・・


20歳代/男性/千葉
一番重要でかつ簡単な業法から解くのがセオリーかなと。


50歳代/男性/兵庫
後ろ半分から解きました 26?50 1?25


30歳代/女性
意外に時間が掛かってしまい、権利になったとき焦ってしまった。


50歳代/男性/愛知
例年、比較的簡単なはずなので、
業法からやりましたが、今年は難しかった。


40歳代/女性/大阪
業法で落ちたかとおもった


「権利関係」
30歳代/女性/東京
残り時間と残り問題数を比較しやすい最初から。


50歳代/男性/鹿児島
マークミスが怖いので権利関係から順に。


40歳代/女性/東京
時間のかかる民法から解く方が自分は安心できます。


20歳代/女性/山口
あっちこっちするのは気が散りそうなので、順番通りに…。


40歳代/男性/岡山
権利関係が自信がありましたが、
まさに問1で時間をロスして焦ってしまいました。


20歳代/男性/東京
第一問目から解くのが自分の中でのセオリー


50歳代/男性/埼玉
特に意識せず出題の順に解きましたが、冒頭から苦戦でした。


30歳代/男性/愛媛
性格的に、嫌なものは先に片づけたいから。


30歳代/男性/愛知
1問目からいつも解いていたので。


40歳代/男性/神奈川
マークミス防止の為


「法令上の制限」
30歳代/女性/埼玉
問15からやりました。時間ギリギリでした。


40歳代/女性/千葉
問15から


30歳代/女性/神奈川
何となく一番時間をかけたから。でもこれで正確だったみたい?


30歳代/女性/島根
法令か業法か迷ったけど、暗記ものがおおい法令から解いた。


40歳代/男性/奈良
法令、税、業法、免除、権利です。1
5-50をマークして、最後に権利をマークです。


40歳代/男性/神奈川
(国土、開発、農地、宅造、だけ先に解いてから)
-->26~50-->1~25


30歳代/男性/京都
法令、税と行って業法、権利でした。


30歳代/男性/鹿児島
権利関係から解くのは、難しいから


「税」
40歳代/男性/福岡
応用が多く時間が掛かる後ろから解きました。


「5点免除問題」
30歳代/男性/茨城
免除、業法、法令税、権利の順で解きました。
取れる所から確実に。

40歳代/女性/埼玉
早く知りたい


50歳代/男性/東京
時間のかからない免除問題からはじめ、
あとは民法から順にといていきます。
今回の失敗は時計を忘れたこと。


60歳代/男性/千葉
最後の方から挑戦しました。


20歳代/男性/北海道
まず統計から、忘れないうちに。


50歳代/女性/宮城
ギリギリ暗記で48から


40歳代/男性/東京
直前まで統計を覚えまくって開始後即解答!
これだと確実に取れます。


50歳代/女性/神奈川
統計をトップに5問免除を全部やった


40歳代/男性/京都
絶対5点免除にきまっている


30歳代/女性/東京
忘れないうちに免除を解き、時間のかかる権利のそして業法・・、
業法であんなに時間がかかるとは。。。


30歳代/男性/北海道
免除:5分・宅建業法:50分・法令:20分・権利30分
・税10分の割合で解答できればGOODです


20歳代/女性/大阪
直前まで統計見ていたのでまずそこから。


60歳代/東京
去年、土地で落としたので、
慎重に1点ゲットするためぼ方策でした。


50歳代/女性/東京
t統計だけ答えて宅建業法へ。
法令に取り掛かれたのは一時間後、
権利ではとにかく流し読みで答えた感じ。


20歳代/女性/大阪
短期記憶の統計を取敢えず終わらせたかったから


40歳代/男性/東京
直前に暗記した統計問題を1番先におこなったが、
間違えた。


30歳代/男性/神奈川
統計→借地借家法→宅建業法→免除問題→法令上の制限
→税→最後に1から権利関係


あなたはどうでしたか?

こちらから投票お願いいたします。



次に2)についてです。


平成24の結果です。
(投票数 101票)

・1問ずつ転記した                      71件  (70.3%)
・分野ごとに転記した              5件  (5.0%)
・ある程度解答してから転記した 11件  (10.9%)
・一番最後にまとめて転記した    14件  (13.9%)


平成23年の結果です。
(投票数 131票)

・1問ずつ転記した                        75件  (57.3%)
・分野ごとに転記した                5件  (3.8%)
・ある程度解答してから転記した   15件  (11.5%)
・一番最後にまとめて転記した     35件  (26.7%)
・時間がなくて、あわてて転記した  1件  (0.8%)


平成22年の結果です。
(投票数 96票)

・1問ずつ転記した               70件  (72.9%)
・分野ごとに転記した                     1件  (1.0%)
・ある程度解答してから転記した    7件  (7.3%)
・一番最後にまとめて転記した     18件  (18.8%)
・時間がなくて、あわてて転記した  0件  (0.0%)


1問ずつ転記の割合が圧倒的に多いです。
次はまとめて転記か、ある程度まとめて転記です。


平成24年のコメントから転載します。


「1問ずつ転記した」
40歳代/男性/新潟
いつも1問ごとなので、いつも通りです。
このやり方で今までミスは無かったので。


30歳代/男性/茨城
マークミスが怖いし、1問づつ以外の発想自体なかった。


30歳代/男性/広島
1問ずつマークシート及び問題用紙に解答記入しましたが、
正直言って時間がギリギリだったので微妙です・・・


40歳代/男性/奈良
1問ずつ。えっ!まとめてやる人いるんだ!
そうなんや。


30歳代/女性/埼玉
ある程度、まとめて転記するつもりだったが、
落ち着かなくて1問ずつマークしていました


40歳代/女性/東京
自己採点は合格点ですがマークシートの確認を怠ったので不安です。


30歳代/女性/神奈川
せっかちだから


40歳代/男性/福岡
後で転記はミスの元。


20歳代/男性/北海道
まとめると、忘れそうで。


50歳代/男性/広島
1問づつ転記が最も安全確実と考えてます


40歳代/女性/群馬
効率悪いという説もありますが、
マークミスを防ぐため1問ずつの方がいい気がします。


40歳代/男性/神奈川
確実に転記するためです。


40歳代/男性/京都
これが1番確実であるのです


30歳代/女性/東京
1問ずつ。あとでミスに気づいてあわてないように。
最後にも見直したから大丈夫かと。


20歳代/女性/東京
後で付けるとミスりやすい気がしますよ


30歳代/男性/千葉
基本、1問ずつでしょう


30歳代/男性/大阪
見直す余裕なんてありません。全力解答。


50歳代/男性/滋賀
なぜかいつもそう。


30歳代/男性/京都
学生時代からのやり方を変えなかった


20歳代/女性/大阪
後で転記は時間なかったときに怖いので。いつもこの方法でした。


50歳代/男性/神奈川
転記ミスしない様注意しながら・・・


50歳代/女性/東京
これが一番確実。抜かして解答した時は
転記ミスしないよう注意しました。


20歳代/女性/大阪
それ以外、考えられない


50歳代/男性/兵庫
まとめてすると時間がきになるので


30歳代/男性/愛媛
一問一問、確実にしたほうが転載ミスのリスクが少ないかと。


30歳代/男性/愛知
マークミスがいやなので。


40歳代/男性/神奈川
マークミス防止の為


40歳代/男性/東京
出来たごとに転記、間違いなく、残り時間も気にせずいいと思う


50歳代/男性/愛知
それ以外考えられないのですが・・・。


「分野ごとに転記した」
20歳代/男性/千葉
ミスが少ない気がする。最後に全体チェックは必須。


「ある程度解答してから転記した」
20歳代/男性/京都
テンポよく問題解いて、最後に見直ししたら大丈夫


40歳代/男性/東京
おおよそ10問ごとに転記した。
1問ずつだとマークに時間がかかりそうだし、
全部まとめてだと時間切れがこわいので


30歳代/男性/神奈川
ページごとに転記しました。


40歳代/男性/岐阜
3回見直しましたが、ミスがないか?不安です。


30歳代/女性/佐賀
1問ずつより、余計時間を気にするので、
わずかでも見直しの時間を確保できる。


「一番最後にまとめて転記した」
40歳代/男性/東京
まず問題に集中→問題見直し&転記→
ラストにもう一度見直しでした


50歳代/女性/神奈川
転記の時間を考えておきました


40歳代/男性/岡山
転記と見直しで10分間設け2時40分を目途にして転記した


30歳代/男性/北海道
まとめて転記がまよわず、安心です。


50歳代/男性/埼玉
時間節約を第一に考えました。


40歳代/男性/神奈川
今年はイッチャンおすすめにした。
結果的に時間がなくて、あわてて転記した(笑)

30歳代/女性
問題用紙の裏に最後に全部書き写した。


あなたはどうでしたか?

こちらから投票お願いいたします。


祈願宅建合格、自分の合格を固く信じて!
↓   ↓
人気ブログランキングへ


ダブルで合格祈願! あなたの合格を祈ります
↓  ↓
にほんブログ村 資格ブログへ
にほんブログ村


↑このページのトップヘ