宅建試験!初心者のための一発合格サイト

宅建士試験(宅地建物取引士資格試験)初受験やリベンジの方に、短期・中期・長期での宅建学習方法、独学学習・過去問学習のコツ、受験テクニック、学習サポートなど、宅建受験から合格後の宅建取引士証登録迄、幅広く総合的に紹介したブログです。 【Yahooカテゴリー登録サイト】

◎ブログ最新ニュース
1)令和2年宅建受験される方へのアンケートです。
  読者把握のためにご協力お願いします。
   ↓     ↓
  http://blog.takken-get.com/archives/52297909.html

2) 合格体験記募集集中です。
  あなたの合格体験が未来の受験生への希望です。
  詳細と申込はこちらから
   ↓    ↓
  http://blog.takken-get.com/archives/52297626.html

2) 各種メルマガ紹介
 ●『一木秀樹の中高年支援マガジン☆未来を切り開く方法』
  まぐまぐより毎週金曜日発行
  購読費 550円/月
  詳細と申込はこちらから
   ↓    ↓
  https://www.mag2.com/m/0001688139.html

 ●『インスタグラマーへの道』(無料)
  インスタグラムでもっと楽しもう!
 ※詳細と登録はまぐまぐサイトにて。
    ↓    ↓
  https://www.mag2.com/m/0001688339.html

 ●ネクストチャレンジ『ワンツリーサークル』(無料)
  いろんなチャレンジを応援します。
 ※詳細と申込はこちらから
    ↓    ↓
  http://blog.takken-get.com/archives/52296419.html

 ●宅建学び塾『ウィナー』(無料)
  宅建受験生必須のメルマガです。ブログと合わせて購読で効果発揮!
 ※詳細と申込はこちらから
    ↓    ↓
  http://blog.takken-get.com/archives/52296418.html

独学

現在メルマガについては、5誌発行しています。
個人で発行しているものが2誌、まぐまぐさん経由で発行しているものが3誌になります。
まぐまぐさんで発行されているもののうち、1誌が有料メルマガです。
それ以外は無料になります。

まずは、個人で発行している2誌について紹介します。
1誌目は、宅建ブログを読まれている方におなじみなのは、宅建独自メルマガです。

●宅建学び塾『ウィナー』
宅建試験において勝者になってほしいとの願いをこめています。
毎週金曜日に配信しています。

参考までに、試験直前期に配信したもの転載いたします。

・・・転載ここから・・・

令和元年宅建試験前としては、公式としては最後の発行になります。

ただし、実際は3段構えの構成になっています。
本日のこのメルマガは、試験前のメルマガ3段シリーズの第一弾になります。

明日試験前日に第二弾のメールが飛びます。

そして、最終最後は試験当日の合格エールメールです。
このメルマガを読まれている方、全員に送ります。

配信は、午前8時頃を予定しています。

【今日のテーマ】
今日のテーマは、宅建試験当日です。

ここでは大事なポイントだけ書きます。

詳細は、
「宅建士試験土壇場対策☆前日・当日編(2019年版):宅建士合格を勝ち取れ!」
                       販売価格:159円
*アマゾンページはこちらから
    ↓   ↓                      
 https://www.amazon.co.jp/B9-ebook/dp/B07Y6HJ94N/


1)試験会場の最寄り駅から試験会場に行く間に、予備校の方からチェックシートをもらったら、それは試験場では利用しないでください。
 (元気運だけをありがたくもらって、鞄にしまっておきましょう)

2)試験会場で学習をする場合は、普段自分が利用した過去問、法令上の制限などの数値のチェック、統計など基本的な項目を確認する軽めのメニューしましょう。

3)緊張しやすい方は、試験会場内の教室の自分の席で学習するよりも違う場所を利用した方がベストです。
 回りの人が賢く見え、急に自信がなくなる方がいます。
 そんな時は、エールメールや7カ条の記事をチェックしましょう。

4)食事は軽めにしましょうね。
 13時はどうしても脳の回転が鈍くなります。
 集中力が一番発揮できる時間帯には限りがあります。
 宅建業法を先に解くことを勧めるのはそのためです。
 集中力のある時に、固い点数固めを行うのです。
 ケアレスミスは、集中力が段々とおちてくる時間帯におこりやすいのです。

 人間の集中力は20分とも30分とも言われています。
 適度な間隔で、一旦、手をとめ、深呼吸するなど。
 それも、集中力を継続させるためのコツです。

5)宅建業法から解き始める。
 または、先に統計の1問をかたづける。
 あわせて5点免除をかたづける。
 これは、自分の状況を勘案して決めて下さい。

6)どの順番で解いていくか?
 マークシートの転記のタイミング?
 前日に決めておきましょうね。 
 試験当日の流れにまかせるとブレます。
 ケアレスミスの誘発になるので、必ず決めておきましょう。

7)わかる問題からどんどん解いていく。
 わからない問題はいったん保留にしておきましょう。
 そのあたりのやり方はブログに書いていますので、読んでおきましょう。

一番大事なことは最後の最後まで、試合終了のホイッスルがなるまでは絶対にあきらめないことです。

わかる問題が解き終わったあと、あなたには、どれくらいの保留した問題がのこるでしょうか?

残り時間を確認して、ペース配分を決めましょう。

いずれにしても絶対することは、マークシートを全問埋めること。

そして不用意な解答の変更はしない。

なぜ、変更をしない方がいいかはブログを読めばわかることです。
最後は、自分が最初に決めた答えを信じる方が結果的には正解につながっていくのです。

変えないことの後悔より、変えたことによる後悔の方が大きいのですよ。

試験前日の明日と当日のブログ記事を必ず読まれることをお忘れなく。

きっと、あなたへの心からのエールになるはずですよ。

__c0__さんの絶対合格を信じて!!
____________________________________
◎1.2019年宅建初受験に向けて
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
今回のテーマは、6ヶ月学習、3ヶ月学習、1ヶ月学習と・・・
人により学習期間の違いはありますが、頑張られてきたことには変わりありません。

それもこれも明日の宅建試験本番で最高の成果を発揮するためにです。
そして、見事、目標である宅建合格を手にするためにです。

そんなあなたに、私から最後のエールをおおくりしたいと思います。

それでは、最後のエールをお贈りします。

《6ヶ月学習の方へのエール》
・あなたは、本当にコツコツと頑張られてきました。
 本当に頑張られましたね。

 たとえ、宅建試験本番中に、難しい問題に直面した時でも、頑張った自分を思いだし、なにくその気持ちで難局を突破してください。
 頑張って学習したあなたには、合格する権利があります。
 
 普段の実力を発揮さえすれば、あなたはきっと大丈夫です。
 合格切符は、あなたのためにあります。
 あなたの合格ステージは、あなたのためにすでに用意されています。
 後は自ら、合格ステージに立ちましょう。

《3ヶ月学習の方へのエール》
・私も同じ3ヶ月学習でした。
 見事一発合格です。
 もちろん、あなたにもできるはずです。

 最後まで、1点のあくなき追及をしてください。
 1点、1点、積み重ねていってください。
 そうすれば、栄光の扉は開きます。
 待っていては駄目です。
 自らの手でつかみとってください。
 
 泥臭くてもいい。

 はいつくばってもいい。

 合格を必ずや奪い取りましょう。

 あなたのために最高の舞台が整っています。

 あなたは合格できる人です。

 自信をもって全力でぶつかろう。

 そんなあなたに勝利の女神が、宅建の神様が微笑むことを祈ります。

《1ヶ月学習の方へのエール》

・勢いで頑張っているあなた。
 その勢いを最後迄忘れないで下さい。

 立ち止まっては駄目です。
 最後まで走りぬきましょう。

 勝利の女神は、時には無邪気です。
 そんな頑張るあなたに、奇跡の合格切符を与えてくれるかもしれません。
 それには、あなたが合格を諦めないことです。

 棚から牡丹餅もおおいに結構、

 何でもいいから、合格をこの手でもぎとりましょう。

 奇跡は、決して起こらないことではありません。
 起こるからこそ、奇跡なのです。
____________________________________
◎2.2019年宅建リベンジ受験への道
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
リベンジの方に対する思いは、今までお伝えしてきました。

運命で決定づけたくないですが、私はリベンジのあなたは今年合格できる運命の人だと思いたい。

リベンジは必ず一発で達成すること。
これは、ブログの当初で書いていること。

一度失敗すると、二度三度といきやすい。
だから、一発で決めましょう。

もちろん、今が複数回受験の方は、絶対に今回が最後です。

いいですか!

絶対に絶対にですよ。

今回がファイナル受験。

そして、宅建士試験としての最初の試験を華やかに飾ろうではないですか!

・・・転載ここまで・・・

以下の募集要項をご確認の上でお申し込みください。

【宅建独自メルマガ募集要項】
申込は、「◎宅建独自メルマガ申込はこちらから」のリンクをクイックするとメールフォームが立ちあがりますので、以下の必要事項を入力の上、お申込みください。

・氏名
・メールアドレス(ホットメール・ヤフーメールは届きにくいので、
         なるべく、他のメールアドレスでお願いします。
         Gメールは迷惑フォルダーに振り分けられる場合が
         ありますので、注意ください。
         携帯アドレスでもOKですが受信設定が必要です。)

・都道府県 →お住まいの都道府県を選択してください。

・件名 → 「宅建独自メルマガ配信申込」


令和元年宅建合格を信じて、1クリックお願いします。
↓   ↓
人気ブログランキングへ


ダブルで宅建合格祈願、応援クリックお願いします。
↓  ↓
にほんブログ村 資格ブログへ
にほんブログ村


宅建平日学習への休日学習からのバトン
それでは、第4回目のスタートです。

7月に入り、当ブログへの訪問が増えています。
宅建試験申込が始まり、意識し始めた方が増えたからだと思います。

ここでこのブログを見たことをきっかけに、学習をスタートできるかどうかであなたの道は分かれます。

残念なことに宅建学習の意識はしたものの、学習をスタートさせない方もそれなりにいます。
いえ、かなりかもしれません。

折角のご縁です。
このブログや無料の宅建メルマガ、そして宅建電子書籍、
是非、ご活用くださいね。

初めて訪問された方へ。

折角のきっかけです。
このきっかけを大切にしてくださいね。

学習をスタートさせるには、きっかけが必要です。
そのきっかけが、この宅建ブログであれば幸いです。

今、ここで学習をスタートすれば道は開かれていきます。
でも一旦あなたの今の思いを封印すると、再び学習を意識し始めるのは9月になります。

下手をすると10月の宅建直前の方もいます。

あわてて予想問題に手を出す・・・
当然の如く結果は見えています。

10月の電車の中での光景・・
いかにもあわてて予想問題にかじりついている受験生の学習姿をよくみかけます。
頑張れ!と声援は贈るものの・・・厳しいと言わざるおえません。

あなたもそういう状況にあなた自身をもっていかれますか?

でも今なら大丈夫です。

決意して、学習をやり始めるのはいつか?
今でしょう。

ですから、今この時このご縁を大切にしてください。
少なくとも、今日学習スタートの決意を固めてくださいね。

さて、話は学習を継続させている方への内容に戻します。

今週の土日祝の学習はいかがでしたか?
先週と比べてどうでしたか?

量を頑張った。
先週とは違う内容に取り組んだ。
過去問を解き始めた・・・などなど。

これだと言えることがあることは素晴らしいことです。
そういう一つ一つがあなたの知識の財産になっていきます。

波乱万丈よりもマイペース。
これが、長い学習ロードを戦い抜くためのポイントです。
是非、今の調子続けてくださいね。

残念ながら今週の土日の学習を苦戦された方は、今週は今週として一旦リセットしてください。

いつまでも、悔やんでは駄目ですよ。
終わったことは仕方ありません。

気持ちを切り替えて、来週新しい1ページを刻んでいきましょう。

自分を追い詰めないこと。

むしろ自分自身にエールを贈ってくださいね。

来週の新しい自分に向かって走れ!
来週があなたにとって、良い1週間でありますように!!

令和元年宅建合格を目指して、1クリックお願いします。
↓   ↓
人気ブログランキングへ


ダブルで宅建合格祈願、応援クリックお願いします。
↓  ↓
にほんブログ村 資格ブログへ
にほんブログ村


令和元年宅建6ヶ月学習サポートの9回目です。

今日は七夕さんですね。
あなたの地域での天気はいかがでしょうか?

さて、宅建6ヶ月学習で宅建学習計画を組まれた方は、ちょうど折り返しの中間点を過ぎたあたりになりましたね。

3ヶ月間頑張ってこられたあなたなら、まずは中間点到達おめでとうございます。

さて、ここからが本等の勝負です。

あなたの実力が更に更に飛躍していくチャンスの時です。

ここで手を抜いちゃ駄目ですよ。

ここで手を抜くと折角の飛躍のチャンスを棒にふることになります。

それだけに、一番肝心なところです。
必ずや、残り3ヶ月も乗り切れるはずです。

宅建試験において、6ヶ月学習はやはり王道です。

いち早く、学習に取り組んだあなたを最後の最後まで応援します。
さて、今はもちろんあなたはアウトプット学習が中心のはずです。

人によってはインプットに立ち返りながらアウトプットに勢を出しているかもしれません。

その調子です。
それでいいんです。

6ヶ月学習の方は、やはり過去問は10回転してほしいですね。

10回転やれば、かなりの実力アップにつながります。
アウトプット学習は、なんやかんや言っても過去問集の回転をこなすことが一番の近道です。
とにかく繰り返す。

余計なことを考えすぎないで、ひらすら繰り返す。

結局はこの継続が、一番確実です。
昨日書いたスピードも自然と意識せずついてくるはずです。

あなたの先行者としての優位性を保つのも、このアウトプット次第になります。
そのための回転です。

余計な外部の声は気にせず、今は自分自身をしっかりとみつめて頑張りましょう。

宅建試験本番で最大の力を発揮するために。
宅建試験後の自己採点でボーダーを大きく上回るために。
そして、余裕で合格発表を迎えるためにです。

合格のステージは、あなたのために用意されています。

令和元年宅建合格を目指して、1クリックお願いします。
↓   ↓
人気ブログランキングへ


ダブルで宅建合格祈願、応援クリックお願いします。
↓  ↓
にほんブログ村 資格ブログへ
にほんブログ村


宅建学習を頑張るあなたへのエール

その4回目です。

夏本番間近になりました。
いきなりの真夏が来てもいいように・・・あなたの学習状況はいかがですか?

さて、夏場は持続・継続力が鍵をにぎります。

それだけに続けることを意識してください。

持続力がない人は、小期間の目標設定で達成感をできるだけ味わえるようにしてみてください。

インプット中の方であれば、民法を5項目終わらせたとか・・・
法令上の制限であれば、都市計画法を終わらせたとか・・

アウトプット中の方であれば、いつもは1日50問のところを70問といたとか・・・
電車通勤中往復で50問解いたとか・・・

インプット+アウトプット併用中の方であれば、初めてアウトプットと併行学習したとか・・・

小さな達成感を積み上げていくようにしてみてください。

小期間の目標設定は、何も期間を最低1週間と区切る必要はありません。

3日間でもいいですし、もちろんある1日だけでもいいです。

自分の中で勝手にイベントを作ってもいいですね。

ある休みの1日を利用して、テキストを1冊読破するでもいいです。

名づけて「ワンデイトライアル」など過去問50問をタイムトライアルするのもいいですね。

やり方はいろいろあると思います。

是非、工夫をしてみてください。

9月末になってあなたが更に今のあなたより実力アップしていることを信じて・・
そうイメージングしながら取り組んでください。

だらだらと学習をしていくことよりもメリハリをつけての方が効果が上がりやすいです。

自分自身の合格ロードをイメージしながら・・

宅建合格あるのみです。

まずは、今の学習にファイト!ファイト!!

令和元年宅建合格を目指して、1クリックお願いします。
↓   ↓
人気ブログランキングへ


ダブルで宅建合格祈願、応援クリックお願いします。
↓  ↓
にほんブログ村 資格ブログへ
にほんブログ村


宅建平日学習への休日学習からのバトン
それでは、第3回目のスタートです。

明日から7月に入り、宅建受験申込みも始まりましたので多少はそわそわするかもしれません。

でも独学の方にとっては、幸か不幸かそういう世間のそわそわ感が伝わりにくいのかもしれません。

それならそれで、そのことを有効利用した方が得策です。

申込みをチャッチャと済まし、いつもの学習ペースに戻る。

そういう切替の早さが試験場でも活きてきます。

できるだけ平常心で試験問題と格闘する。
この状況が理想的展開ですね。

そのためには、日頃の学習姿勢も関係してくるような気がします。

例え土日の学習に不安が残っても、明日月曜日から平常心になって学習を進める。

1週間単位でリセットするやり方はいいと思います。

とにかく後に後に不安な気持ちを引きずることがいけません。

開き直りも大切です。

あなたの前に立ちはだかった大きな壁を乗り越えるには、絶対に必要な気持ちの持ち方だと思いますよ。

あなたは今週を振り返ってどうでしたか?

もし不安な気持ちが強いのなら、一旦リセットしましょう。

終わってしまったことにクヨクヨせず、前に前にですよ。

明日から7月最初の月曜日が始まります。
ナイススタートでいきましょう!

令和元年宅建合格を目指して、1クリックお願いします。
↓   ↓
人気ブログランキングへ


ダブルで宅建合格祈願、応援クリックお願いします。
↓  ↓
にほんブログ村 資格ブログへ
にほんブログ村


↑このページのトップヘ