宅建試験!初心者のための一発合格サイト

宅建試験(宅地建物取引士資格試験)初受験やリベンジの方に、短期・中期・長期での宅建学習方法、独学学習・過去問学習のコツ、受験テクニック、学習サポートなど、宅建受験から合格後の宅建取引士証登録迄、幅広く総合的に紹介したブログです。 【Yahooカテゴリー登録サイト】

独学

◎ブログ最新ニュース
●宅建メルマガ読者募集中!

 詳細と申込みはこちらから
   ↓   ↓
 http://blog.takken-get.com/archives/52231259.html

●宅建初受験、最初に読むべき電子書籍4冊です。
 『宅建独学者へ!!絶対攻略のための43のヒント』
   ↓   ↓
 http://goo.gl/oHSEfz

 『宅建受験生必読!資格合格から未来像を描く成功鉄則20』
   ↓   ↓
 http://goo.gl/VW3WKR

 『宅建絶対合格!40代以上の必勝崖っぷち戦略』
   ↓   ↓
 http://goo.gl/mzuA1Z

 『宅建合格!全受験生に贈る心からの応援歌〜不安・心配に打ち勝とう』
   ↓   ↓
 http://p.tl/p69w

平成29年宅建受験にむけて☆独学か通信・通学講座活用かの意志を固める

今年に入り、独学か通信・通学講座活用かについて紹介しました。

予備校や通信講座についても代表選手を紹介してきました。

インターネット予備校も紹介してきました。
独立系塾も紹介してきました。

もうあなたは、決められましたか?

今年宅建を初受験される方の多くは、
まだ漠然と宅建受験のことを考えられている方が多いと思います。

いろんな取組むことの中で、宅建受験をその一つとして
考えられている場合、あせる必要はありませんが、
のんびりしていると月日の経つのは早いので、手遅れになりやすいのです。
方針は、早めに決めるべきだと感じます。

2月はまだ宅建にとってオフシーズンです。

オフシーズンだからこそ、先手を打てるのです。

また宅建受験に当たり分岐点の一つになるのが、
独学か通信・通学講座活用かになります。

それぞれメリットがあります。
当然デメリットもあります。

ある方にとっては最良の方法でも、
別な方にとっては良くない方法もあります。

まだまだ悩んでいる方は、
是非、上記の二つの宅建独学に関する記事を、
今一度読み直してください。

独学と講座活用の方の比率は、
全受験生からみると独学の方が多いと思います。

でも、自分の性格・学習環境を考えて、
通信講座・通学講座を活用される方も
結構いると思います。


何が何でも絶対に合格しなくてはいけない方は、
費用面を考慮せずに考えると、

1.通学講座 
2.通信講座
の方が合格の確実性はアップすると思います。

宅建合格は一発できめなくてはいけません。

1回目より2回目、
2回目より3回目の方が合格は厳しくなります。


そう考えると講座活用も大事な選択肢になりえるとは思います。
今は、講座も充実しています。

大手予備校の物はそれなりの費用になりますが、
利用の仕方によっては費用対効果は高くなる可能性があります。

大手予備校の総合パックはそれなりのボリュームです。
試験にでにくいものの講義もあります。
逆に、昨年のように偶然にもでることはあります。

テレビCMでお馴染みのユーキャン。
間違っても宣伝だけにつられて申し込まないでくださいね。
ちゃんと資料請求をしてから、検討の上決めてください。

ユーキャンだから絶対に大丈夫、安心と決めるのはよくありません。
フィーリングも大事ですが、それだけでは失敗する大きな要因となります。

自分の学習の力量、
メンタル面なども考慮して考えてみてください。

◎自分の好みの講座を探してみましょう

また、インターネット予備校は、SEPPさんがあります。
検討してみてください。

また、今は独立系講師の方がいい塾を開催されています。
宮嵜さんの「みやざき塾」
大澤さんの「ダイナマイト」
右手さんの「渋谷会」など。
いずれも個性あふれ、甲乙つけがたいですね。

どこを選んでも遜色ないと思いますが、慎重に選んでください。
一番やはりお勧めなのは、みやざき塾です。
自信をもって勧めます。

そして、学習相談やメンタル、学習フォローといえば・・・・
私が実施している宅建学習相談です。

選択に迷っている方は是非相談ください。
本音でズバズバアドバイスします。


初受験の方にとって、方向性をだします。
学習に迷っている方、講座選択に迷っている方・・参加ください。
予備校の公開説明会に行く前に客観的にアドバイスできる私のセミナーを
受講してくださいね。

予備校の説明会にいくと、その路線しかみれなくなります。
企業の戦略にコンサルタントが絡む例が多いですが、
学習も同様と考えてください。

キャリアある学習アドバイザーから適切なアドバイスを受けて、
学習スタイル、方法をきめていく。
とても大事なことですよ。

宅建テキストも安易にきめないでくださいね。


最後に平成28年宅建合格された方へのお願いです。

通信講座、通学講座を利用された経験談を募集いたします。
(独立系講師の方の講座受講経験でもOKです)

あなたの経験は、これから受講される方の参考になります。
是非、ご協力をお願いいたします。

以下の項目にそってコメント欄かメールフォームより記入をお願いできればと
思います。

【平成28年宅建講座利用】

1.受講先
2.受講期間
3.受講講座名
4.何回目で合格ですか?
5.受講してよかったこと
6.受講して悪かったこと
7.平成29年受験生へのアドバイス

尚、コメントされた内容・メールを頂いた内容は、
今後の記事の中に反映させていただきますのでご了承ください。


本日もブログを読んでいただきありがとう。感謝をこめて・・
↓   ↓
人気ブログランキングへ


ダブルで必勝宅建合格祈願!
↓  ↓
にほんブログ村 資格ブログへ
にほんブログ村


平成29年宅建資格初受験☆独学か通学・通信講座活用か?

宅建をこれから受けようと考えている方にとって、
迷うのが宅建資格学習を独学にするか通学・通信講座を活用するかになります

このブログでは、
独学者の方にとっての学習のペースメーカーとなるように、
またモチベーションの維持ができるように、
季節・学習時期・その人の学習期間に応じて、記事内容を変化構成しています。


独学ができるかどうかの関門は、第一に自己管理ができるかどうかになります。

自己管理の必要性は概ね以下の図式になります。

独学 > 通信講座 > 通学講座

もちろん、通学講座と言えども、
全く自己管理がいらないわけではありません。

受講している時はいいのですが、
一旦受講時間を過ぎると後は自由の身です。

学習は受講だけで、
それ以外の時間に学習を全くやらないのでは、
合格確率は間違いなく下がります。

最悪受講に通うのが億劫になり、途中放棄もないとは言えません。

また、どうしても仕事の関係でいけなくなる方も
中にはいると思います。

住まれている地区によっては、
そもそも通学する予備校がないところもあります。

そうなれば、選択肢は必然的に独学か通信講座になります。


通信講座の良いところは、
学習していく順番、ペースがはっきりとしています。

学習ペースをうまく組めない方にとっては、
独学より通信講座の方がやりやすいと思います。

独学の場合は、学習計画を市販テキスト・過去問を使って
自分なりに立てる必要があります。

このブログでもモデルプランは紹介していますが、
個人によって生活スケジュールや学習環境等が違いますので、
最終的には自分にあったものにアレンジする必要があります。

また計画は大胆すぎてもいけませんし、
逆に細かすぎても、途中で行き詰って計画倒れになりやすくなります。

そういう意味からも、
独学を選ぶ場合は、
自分の学習環境だけでなく、
自分自身の性格としっかりと向き合う必要があります。

今回受験の宅建が資格学習が初めてなのか?
それとも資格学習の経験ありなのか?

ここまで学習する環境から遠ざかっていたのか?
それとも資格以外で学習する機会があったのか?

以上のようなことも選択の要素になります。

宅建は、自己管理をして、
学習を継続していけば、独学で合格できる資格です。

1回での合格で考えた場合、費用面は概ね以下です。

独学 < 通信講座 < 通学講座

通学講座が高くて、独学が一番安い構図となります。

いずれにしても、
自分が宅建をとる目的、宅建取得後の姿、
資格取得へ向けてのファーストステップなのかなどを勘案して考えてみてください。

自分にとって何の要素を優先させるのか?

費用なのか?

学習期間なのか?

一発合格必達なのか?


迷ってる方は、まずは、通信講座・通学講座の資料集めをしてみてください。

資料請求は無料ですから、使わない手はありません。

主だった所を列記します。


【資格の大原】
  宅建主任者になるなら

 ・宅建受験生の口コミは良好です。
ユーキャン
 ・いろんな場面で宣伝は強烈です。内容は初心者向けです。
資格の学校TAC<宅建>各種コース開講
 ・スクールは駅前に多いですね。テキストも独自性あり。
宅地建物取引主任者サイトはこちら
 ・最大手です。バリエーションが豊富です。


※一般予備校の資料請求、独立系塾は昨年末の記事を参考にしてください。

平成29年宅建受験☆通信・通学講座活用検討は資料請求からスタート


自分に合わせた学習方法、学習計画などがわからない方は相談ください。

宅建学習相談申込みはこちらより


本日もブログを読んでいただきありがとう。感謝をこめて・・
↓   ↓
人気ブログランキングへ


ダブルで必勝宅建合格祈願!
↓  ↓
にほんブログ村 資格ブログへ
にほんブログ村


平成29年宅建受験にむけて☆宅建独学者への心からのメッセージ

今年も残すところ、後13日となりました。

それぞれの思いの中での今年が終わろうとしています。

残念ながら今年の宅建試験で無念の結果に終わった方は、
今では来年へのリベンジを誓いスタートされている方もいることでしょう。

また、来年になっての本格的なスタートに向けて、
リベンジ決意だけはされた方もいることでしょう。

そして、来年初受験される方・・
特に独学者の方に向けて・・・
今回はメッセージを贈ります。

私のメルマガ・ブログのタイトルにもなっていますが、
このブログでは独学者・初心者の方に向けて、
メインの記事を書いています。

宅建試験は、独学で合格できる試験です。
2年続いた36点の合格基準点、
その後の難易度が上がっての2年連続の33点の合格基準点、
そして、一昨年の32点、昨年の31点、そして宅建士としての
2回目の試験では35点になりました。
今年は難易度が下がりましたが、来年はどうか?
変動するのは、宅建主任者試験時代から当たり前の傾向です。
その変動を予測することは難しいため、
やはり35・6点を合格基準点と考えて学習を構築するべきです。

宅建試験は独学で十分合格できる試験との思いに変わりはありません。

ただ独学はそれなりに自己管理をしっかりと求められます。

暇であればついつい油断し・・・
忙しければやる時間がとれない・・・

一旦わからない壁にあたると時間を浪費することもあります。

できない要因をあげようとすれば、いくらでもでてきます。

但し一旦できないことを自分自身で認め始めると、
思うような効果が期待できないこともままあることです。

私は絶対独学で大丈夫だという人でも、
不安に思うときもあれば、
モチベーションが下がるときもあります。

しかし、これを乗り越えてこそ、独学の妙があります。

多くの先輩方もこの壁を乗り越えてきました。
そして、栄冠の合格を自らの手でつかんでいます。

そんな独学者の方に向けて、
少しでも不安な気持ちをやわらげることができれば、
心休まる気持ちをあげることができれば、
元気・勇気・ヤル気を暖かく最後までサポートできれば、
私の経験を通して・・・

そんな気持ちから、このブログはなりたっています。

来年で12回目の宅建試験を、このブログとして迎えることになります。

卒業生もそれなりにいます。

12年目ということで、
特にかわったことは行わずに原点に振り返りたいと思います。
これだけSNSが多様化している中で、SNSでの走りであるブログの存在意義も
あると思います。

文章主体のブログ。
情報がとりにくい都市圏以外の方にとってはなくてはならない存在かもしれません。

メイン舞台がユーチューブやインスタグラム・フェイスブックに移ることも時代の流れとは感じています。

だからこそ、改めて今や老舗となったこの宅建ブログの存在意義があると思います。
必要と感じてくれている方は、まだまだいる・・・
今年、改めて痛感したことです。

そして、このブログといえば、この言葉。

心の友・・・

以前からの読者の方にとって・・
今年宅建試験後から合格発表日までの間に出会った方にとって・・
心の友は当たり前の認識ですが、
今現在も毎日初訪問の方を迎えています。

来年になれば、もっともっと初訪問の方を出迎えることになります。
そんな初訪問の方にとっては、とても新鮮なものに映るかもしれません。

多分、こういうブログは他にはないですからね。

ときには学習の友として、
あなたの良き宅建学習のアドバイザーとなります。

またあるときは心の支えとして、
あなたが学習に行き詰ったとき、
あなたを励ますエールをお贈りします。

そして心の友として、
常にあなたを暖かく見守っています。

そんなブログが、
『宅建試験!初心者のための一発合格サイト』になります。

宅建をメインテーマに書いていますが、
人の気持ち全般を大事にするブログであることを心がけています。

ときには、宅建から飛躍した記事も今後はでてきます。
横道にそれた話しもでてくるでしょう。

その時は、心を休める止まり木として・・・
また、人生の中での生きていくヒントとして・・・
活用してもらえればと感じます。

初めて当ブログを訪問された方へ。
あなたと縁あって本日出会えたことを感謝します。

独学でも決して一人じゃないよ。
このブログがあるかぎりは・・・

この気持ちを来年の宅建試験日である10月15日まで忘れないでください。

あなたは決して一人じゃない。

心の友として・・・

応援しております。


本日もブログを読んでいただきありがとう。感謝をこめて・・
↓   ↓
人気ブログランキングへ


ダブルで必勝宅建合格祈願!
↓  ↓
にほんブログ村 資格ブログへ
にほんブログ村


平成29年宅建学習☆独学か講座利用か?あなたの学習環境から考察

宅建学習について、最初の分岐点としては、独学か講座利用か?を選ぶことになります。
講座利用なら、通信講座や通学講座か?
判断の分かれるところです。

特に初めて宅建受験を志ざされた方にとっては、
いろんな面で悩むことが多いでしょう。

基本的には、宅建試験は独学で合格可能な試験です。

もちろん、それはあなたが計画的に学習することを前提にしての話です。
独学をするにはそれなりの自己管理が必要になります。

予備校の生講義に出れば、
その間は少なくとも学習を受ける時間となります。
(もちろん講義を受けるだけでは駄目ですが・・)

しかし、独学は全てあなたまかせになります。
いつ、どんな時に、どこで学習を、どの位のペースでやるのか?
全部、自分で決める必要があります。


まずはあなたの置かれている学習環境をよく考えてみてください

独学での学習に自信がない方、
学習の自己管理が難しい方は、
スパッと講座活用を選ぶのも一つの選択肢です。

予備校によってはいろいろと学習方針がありますので、
自分に合う合わないものもあると思います。

担当講師があなたとマッチングすればベストですし、
ビデオ講義であれば、講師の好き嫌いの影響を受けにく面もあります。

でも同じ受けるなら生講義の方が効果は高いと思います。

講師は受講してみないとわからない面もありますから、
有名講師の方を選ぶ気持ちもよくわかります。

L校のM講師などはまさにこれですね。

通学の場合は、費用がそれなりにかかることを覚悟しなければいけません。
また、途中でいやになっても費用は返ってきません。
そのあたり、十分に吟味してください。


通いたい予備校がない場合、または予備校自体がない場合はどうするか?

そんな場合は通信講座があります。

現在、各社から各多様のものが出ていますし、
通学講座をもっている予備校にもWEB講座など多種多様です。
中には、生講義にでれるものまで・・・

予備校の過去記事は、カテゴリー『各専門学校の講座紹介』を参考にしてください。

まずは、資料請求をされじっくり選んでもいいと思います。

最終的に、独学にするか?講座を使って学習するか?を決めるのは、
あなた自身になります。

あなた自身でこれだと思ったもので決めてください。

このブログは、
初心者のために宅建試験を一人で頑張るための応援ブログです。

独学の方をメインに心の友として、応援していきます。

もちろん講座活用を選んだとしても、
心の支えとして、
学習に行き詰った時の不安解消するためのものとして、
また毎日のヤル気のペースメーカーとして、
読んでいただければと思います。
(講座利用の方も結構利用されていますよ)


どちらを選択するにしても、まだ時間はあります。

あなたが必ず納得した上で必ず決定してください。
人から勧められるままに選んで、
後悔することだけはやめましょう。

友達が行くから私も行く。
これも絶対にやらない方がいい。

自分の意思で決めましょうね。

また、独学を選んだ場合、テキストも同様です。
最終的に選んだものは、
あなた自身が責任をもって最大限活用するしかないです。

本棚の隅において、
ほこりをかぶることだけは絶対に避けましょうね。

私も最初に購入した「出る順権利関係のテキスト」は、
開封されることなく、数ヶ月の間、部屋の片隅で埋もれることになりました。
(結局、このテキストは使用しましたが・・・)

こういう可能性は、十分にありますので絶対に要注意です。

自分自身で選んでも興味本位だけだと、
こういう結果になりやすいですから、
しっかりと自分の強い意志をもって決めてくださいね。

そこから、あなたの平成29年に向けての宅建学習がスタートします。

本日もブログを読んでいただきありがとう。感謝をこめて・・
↓   ↓
人気ブログランキングへ


ダブルで必勝宅建合格祈願!
↓  ↓
にほんブログ村 資格ブログへ
にほんブログ村


あてる宅建2016(TAC出版)☆現在販売中

あてる宅建2016」が発売されています。
あなたは、もう購入されましたか?

無敵の宅建からはじまり、あてる宅建としては3年連続での販売になります。
TACさんなりに工夫を重ねられて、昨年のものよりも更に磨きがかかっています。

どんな内容か気になるところだと思います。
書店に行かれる方は直接みれば、わかると思いますが、
なかなか近くに書店が近くにない方は、そうもいかないですね。

アマゾンでのチラ見も最初だけなので、全体的にはみれないです。

そこで便利なのが、TAC出版書籍販売サイトになります。
無料のチラ見も10ページ以上あり、各特集をそれぞれちらみできるようになっています。

そして、会員価格だと10%引きになること。

定価   1,620円(本体価格+税)
会員価格 1,458円(本体価格+税)

TACの書籍を別途使う方には、こちらの方がメリットあります。

もちろん、アマゾンでも購入できます。

ちなみに、アマゾンサイトより商品内容を引用します。


【商品内容】

【本試験対策のクライマックス「直前模試」の最終進化型! “宅建士時代を斬る! "合格のための究極の1冊】

本書は、「資格の学校 TAC」の長年にわたる宅建受験指導の経験と実績、そしてカリスマブロガーまでを交えた、
宅建士受験指導の垣根を越えたコラボレーションによる“最強"の本試験直前対策アイテムです! 

(1)[予想問題・3回分(別冊式)+よくわかる出題論点解説]に加え、
(2)多彩な角度から本試験を読む「巻頭企画」(2色刷り)の2部構成。
さらに、巻末には、付録「直前つめこみBOOK」付き! 
ステータスアップした「宅建士」合格を今年ねらうなら、この1冊です! 

■多彩な執筆陣による充実の「巻頭特集」

☆特集1☆ 
【本試験出題論点 ひと目で分かる総まとめ】
全出題範囲を整理しつつ、分野・論点別の出題数とそれぞれの得点目標がひとめでわかります。
「ココからコレくらい出る!」がわかるので出題ポイントを見渡せます!

☆特集2☆
【2016本試験 最重要テーマ・必勝対策!! 】
過去問かぶり率と正答率から、「民法」「宅建業法」「法令制限・その他」のそれぞれの最重要テーマをはじきだす! 
TACだからこそ! 蓄積されたデータに裏打ちされた「押さえどころ」と「差がつく稼ぎどころ」を解説します!

☆特集3☆
【TAC宅建士講座・講師陣が予想!「入魂の一肢」】
第一線で活躍するTAC宅建士講師陣による「今年イチオシの出る一肢」とそのポイント解説を、メッセージ付きで一挙公開!

☆特集4☆
【カリスマブロガー&合格請負人・八人衆が贈る究極の「宅建士・攻略法」】
宅建士指導に情熱を燃やすカリスマ執筆陣がここに集結! 達人ならではのワザの伝授と
渾身の「直筆メッセージ」で迎え撃つ「宅建士の夏、合格の夏。」

☆特集5☆
【大人気! TAC宅建士独学道場3コース「3シリーズ」各コースの担当講師が贈る 合格へのアプローチ法! 】
宅建士元年の平成27年本試験を解読し、今までの傾向に照らし合わせて徹底分析
なにが同じでなにが違うか 今年の合格にはなにが必要か宅建士時代の本試験を斬る!
TAC宅建士独学道場3コース『みんなが欲しかった! 』『スッキリわかる』『わかって合格る』各コースの担当講師が、
宅建士時代の本試験を鋭く分析します!

■予想問題3回分を収録! 【実力診断シート・肢別の詳しくわかりやすい解説付き】

TAC宅建士講座が総力を挙げて制作! “宅建士時代"の本試験を予想する模擬問題3回分を収録! 
問題冊子は1回ごとに取り外せる「別冊式」、本番さながらの実戦演習ができます! 
また解答解説にはA~Cの難易度も掲載しているので、実力を確認しやすくなっています。

■巻末付録【直前つめこみBOOK】
巻末には、試験会場に持っていける重要ポイント整理集「直前つめこみBOOK」も! 

試験開始のギリギリ間際まで、ぜひ活用してください! 

☆★☆さらに! 本書読者様限定講義 Web無料配信☆★☆ 
【2016本試験をあてる 宅建士プレミアムレクチャー】
学習効果と得点力をさらに引き上げる、ここでしか聞けない特別講義です。
本書を使用して、分野別に予想論点のポイント解説と予想問題を徹底解説します!
視聴にはパスワードが必要です。(本書33ページをご確認ください)
(配信日程:2016年8月中旬~2016年10月31日)


内容としては盛りだくさんです。

独学の方を意識した内容になっています。

独学の方にとっては必要な情報が不足しているケースがありますので、その場合今回のテキストは有効になります。

予想問題は実力チェックのためだけに使用してください。
今がまだ学習途上であれば、8月か9月になってからの予想問題利用で構いません。
予想問題は実力チェックと基本問題や重要度の高い問題を落としていないかのチェックに活用下さい。

特集4では、カリスマブロガーの一人として、私も執筆しています。
特集4を利用するだけでも価値があると思いますし、
実力チェックのための予想問題集を購入するのであれば、お得な1冊になります。

○TAC出版書籍サイトでの購入はこちらから

○アマゾンでの購入はこちらから
    ↓    ↓
 
 

宅建ブログへの応援よろしくお願いします!
↓   ↓
人気ブログランキングへ


資格ブログの方も応援よろしくです
↓  ↓
にほんブログ村 資格ブログへ
にほんブログ村


Categories
Amazonライブリンク