宅建試験!初心者のための一発合格サイト

宅建士試験(宅地建物取引士資格試験)初受験やリベンジの方に、短期・中期・長期での宅建学習方法、独学学習・過去問学習のコツ、受験テクニック、学習サポートなど、宅建受験から合格後の宅建取引士証登録迄、幅広く総合的に紹介したブログです。 【Yahooカテゴリー登録サイト】

◎ブログ最新ニュース
●平成30年宅建士試験を受験される方へ。
まずは、こちらの電子書籍よりお読みください。
『宅建独学者へ!!絶対攻略のための43のヒント』
   ↓     ↓
 http://blog.takken-get.com/archives/52260849.html

●中高年独学の方に参考になる電子書籍紹介
『宅建絶対合格!40代以上の必勝崖っぷち戦略』
   ↓     ↓
 http://goo.gl/mzuA1Z

●まずは、漫画で概要をつかむ
『平成30年宅建受験対策入門書としての活用』
   ↓     ↓
 http://blog.takken-get.com/archives/52260619.html

独学

ブログネタ
宅建試験 に参加中!
あなたは今、今年の宅建学習についてどう考えていますか?
通学や通信講座の活用を考えていますか?
それとも独学でしょうか?

今回はそんなあなたのために、
独学に向くかどうかを
内的な要因・外的な要因、そして費用面から考えてみたいと思います。

まずは内的な要因です。
血液型から考えてみました。

ズバリ独学に一番向いている血液型は、A型ではないかと思います。

コツコツ型のA型の方は、
真面目に毎日コツコツと学習を積み重ねていくと思います。
一番安心してみていられる代表選手です。

次に向くのはAB型ではないかと思います。

独創的なAB型は、
既成の概念にとらわれない自分なりの学習スタイルを
構築していくはずです。
通信講座や通学講座での決められた形での枠には、
はまりきれないものがあります。

他の血液型や、
A型とAB型に関する詳しい記事は以下の記事を参照してください。



次に外的な要因です。
外的な要因として一部を列記してみました。

・仕事有無(学生、社会人、自営業など)
・仕事の勤務体形(定時、フレックス、早出、遅出など)
・仕事の職種(内勤、外勤など)
・残業の有無
・通勤時間(30分未満、1時間、1時間30分、2時間など)
・通勤方法(電車、バス、自動車など)
・休み(完全週休2日など)
・昼食時間帯、昼食場所(会社の食堂、事務所、会議室、外食など)
・自宅での学習場所(自室の有り無し、リビングなど)
・家族の有無

上記のほかにも、いろいろと諸条件は考えられます。

そこで例をつくり考えてみました。

【状況例】

・社会人
・定時(9時〜18時)
・内勤、事務職
・残業は基本的になし
・通勤時間 30分
・電車通勤 乗り換えなし
・完全週休2日
・昼食は事務所 1時間
・自宅は、自室があり
・独身 家族と同居

1.専門学校通学の可否
 ・土曜日から日曜日に自宅から近いところで可能性あり。
 ・平日、勤務先に近いところまたは通勤途上で可能性あり。

2.通信講座、独学の場合の考えられる学習場所
 ・自室
 ・通勤時
 ・昼食後
 ・通勤時の会社近くのコーヒーショップなど
 ・仕事後の会社近くか、自宅近くのコーヒーショップなど

3.学習環境をみての推定
 ・学習環境は比較的めぐまれています。
  通学、通信、独学、どれも選択肢として考えることができます。


あなたの今おかれている状況、
これから10月までのおかれるであろう状況を想定して、
考えてみてください。

上記以外の例については、以下の過去記事を参照してください。



最後は費用面です。
費用は外的な要因の一つにもなりますが、
多くの人にとっては判断の大事な要素になります。

まず最初は、費用を最低限のパターンで考えた場合です。

宅建学習を宅建まんが+テキスト+問題集にするケースです。

例えば、ユーキャンで揃えると3冊になります。


費用は、書籍購入費 8,208円です。
他に、日々の学習消耗品(シャーペンの替芯、消しゴム、ノートなど)
が必要になりますので、100円ショップで揃えたとして、
仮に1,080円とすると、トータル9,288円になります。

実際、過去にユーキャンのテキスト・問題集だけで合格された方はいます。

でも普通は、この時期からの学習や現状の宅建試験の状況を考えると、
これだけで大丈夫?と不安に感じる方が多いと思います。
それで当然です。
過去問や一問一答集など増やす必要がありますので、
実際は1万5,000円から2万前後にはなります。

次に出る順シリーズでテキスト・問題集を揃えると、
費用は書籍購入費 12,744円。
上述と同じように学習消耗品費を仮に1,080円とすると、
トータル 13,824円になります。

ユーキャンよりは高くなります。
(LECで直接購入は上記よりも安くなります)


一方、通信講座の最大手ユーキャンの場合は、
63,000円(一括払いの場合)になります。


LECの場合のWEB講座主体で考えた場合、
一番代表的なコース『プレミアム合格フルコース』の
通信Web・音声DL・スマートフォン可 模試会場受験【1月末までの早期割引価格】で
123、930円〜になります。

他に、短縮した講座やポイントを絞ったものなどあるので、
選択の仕方によっては、費用を絞ることは可能です。


教室通学受講後の評価の高い大原さんは、
『完全合格週2コース・入門パック』で、
通学コースで154,000円になります。



通学講座を選択した場合は、それなりの費用はかかります。
ただしっかりと通学し担当講師とあなたがマッチングすれば、
学習のペースメーカーになりますので、
宅建独学ほど自己管理を意識する必要はないかもしれません。

また、通うということはあなたが通い続けられるかと
いうことをしっかりと考えておかなくてはいけません。

そして、予備校系の教材パック・コースはそれなりのボリュームが
あります。
そこを粛々と進めていきますので、あなたが宅建をとる目的を
しっかりと考えてください。
そうでないと学習途上でぶれますし、
とってから右往左往することにもなります。

予備校系はそれなりの費用をかけるわけですから、
絶対にかけた費用の元はしっかりととらないといけないという意識が
芽生えればよりベターです。

また、首都圏なら独立系塾もありますし、
宮嵜さんのようなユーチューブ活用や、
大澤さんのようなユーストリーム活用型もありますので、
全国どこでも視聴できるものはあります。

自分が宅建試験学習で、かけてもいい費用の基準を決めて
選択するのが一番いいでしょう。

ただし、あまりに費用を意識しすぎて、
自分の性格、自分の学習環境とあわない選択をすると、
合格を長引かせることにつながりますので、
十分注意してくださいね。

自分の学習方法がわからない方は、私まで相談ください。

詳細は以下の記事を確認ください。

宅建学習相談・宅建合格後の進路相談☆承りますよ!



費用面の過去記事は、以下も参照ください。


*ここに掲載している各予備校の講座・テキスト価格例は
 平成28年1月6日に確認したものです。
 そのため、それ以降に見る方は、
 価格は変更になる可能性もありますので目安としてください。
 各講座の最新価格は、各予備校のリンクよりご確認ください。

宅建ブログへの応援よろしくお願いします!
↓   ↓
人気ブログランキングへ


資格ブログの方も応援よろしくです
↓  ↓
にほんブログ村 資格ブログへ
にほんブログ村


ブログネタ
宅建試験 に参加中!

宅建をこれから受けようと考えている方にとって、
迷うのが宅建資格学習を独学にするか通学・通信講座を活用するかになります。


このブログでは、
独学者の方にとっての学習のペースメーカーとなるように、
またモチベーションの維持ができるように、
季節・学習時期・その人の学習期間に応じて、記事内容を変化構成しています。


独学ができるかどうかの関門は、第一に自己管理ができるかどうかになります。

自己管理の必要性は概ね以下の図式になります。


独学 > 通信講座 > 通学講座


もちろん、通学講座と言えども、
全く自己管理がいらないわけではありません。


受講している時はいいのですが、
一旦受講時間を過ぎると後は自由の身です。

学習は受講だけで、
それ以外の時間に学習を全くやらないのでは、
合格確率は間違いなく下がります。

最悪受講に通うのが億劫になり、途中放棄もないとは言えません。

また、どうしても仕事の関係でいけなくなる方も
中にはいると思います。

住まれている地区によっては、
そもそも通学する予備校がないところもあります。

そうなれば、選択肢は必然的に独学か通信講座になります。


通信講座の良いところは、
学習していく順番、ペースがはっきりとしています。

学習ペースをうまく組めない方にとっては、
独学より通信講座の方がやりやすいと思います。


独学の場合は、学習計画を市販テキスト・過去問を使って
自分なりに立てる必要があります。


このブログでもモデルプランは紹介していますが、
個人によって生活スケジュールや学習環境等が違いますので、
最終的には自分にあったものにアレンジする必要があります。


また計画は大胆すぎてもいけませんし、
逆に細かすぎても、途中で行き詰って計画倒れになりやすくなります。


そういう意味からも、
独学を選ぶ場合は、
自分の学習環境だけでなく、
自分自身の性格としっかりと向き合う必要があります


今回受験の宅建が資格学習が初めてなのか?
それとも資格学習の経験ありなのか?

ここまで学習する環境から遠ざかっていたのか?
それとも資格以外で学習する機会があったのか?


以上のようなことも選択の要素になります。

宅建は、自己管理をして、
学習を継続していけば、独学で合格できる資格です。


1回での合格で考えた場合、費用面は概ね以下です。


独学 < 通信講座 < 通学講座


通学講座が高くて、独学が一番安い構図となります。


いずれにしても、
自分が宅建をとる目的、宅建取得後の姿、
資格取得へ向けてのファーストステップなのかなどを勘案して考えてみてください。

自分にとって何の要素を優先させるのか?

費用なのか?

学習期間なのか?

一発合格必達なのか?


迷ってる方は、まずは、通信講座・通学講座の資料集めをしてみてください。

資料請求は無料ですから、使わない手はありません。

主だった所を列記します。


【資格の大原】
宅建主任者になるなら

 ・宅建受験生の口コミは良好です。
ユーキャン
 ・テレビ広告ガンガンです。初心者向けです。
資格の学校TAC<宅建>各種コース開講
 ・スクールは駅前に多いですね。テキストも独自性あり。
宅地建物取引主任者サイトはこちら
 ・最大手です。バリエーションが豊富です。


※一般予備校の資料請求、独立系塾は昨年末の記事を参考にしてください。

平成28年宅建受験☆通信・通学講座活用検討は資料請求からスタート


自分に合わせた学習方法、学習計画などがわからない方は相談ください。

宅建学習相談申込みはこちらより


宅建ブログへの応援よろしくお願いします!
↓   ↓
人気ブログランキングへ


資格ブログの方も応援よろしくです
↓  ↓
にほんブログ村 資格ブログへ
にほんブログ村


ブログネタ
宅建試験 に参加中!

今年も残すところ、後11日となりました。

それぞれの思いの中での今年が終わろうとしています。


残念ながら今年の宅建試験で無念の結果に終わった方は、
今では来年へのリベンジを誓いスタートされている方もいることでしょう。


また、来年になっての本格的なスタートに向けて、
リベンジ決意だけはされた方もいることでしょう。


そして、来年初受験される方・・
特に独学者の方に向けて・・・
今回はメッセージを贈ります。

私のメルマガ・ブログのタイトルにもなっていますが、
このブログでは独学者・初心者の方に向けて、
メインの記事を書いています。


宅建試験は、独学で合格できる試験です。
2年続いた36点の合格基準点、
その後の難易度が上がっての2年連続の33点の合格基準点、
そして、昨年の32点、今年の31点。
難しくなった・・・そう思う方もいることでしょう。

イベントなどで宅建合格者の方と話すと、そう言われる方もいます。

でも、私は宅建試験は独学で十分合格できる試験との思いに変わりはありません。


ただ独学はそれなりに自己管理をしっかりと求められます。

暇であればついつい油断し・・・
忙しければやる時間がとれない・・・

一旦わからない壁にあたると時間を浪費することもあります。


できない要因をあげようとすれば、いくらでもでてきます。

但し一旦できないことを自分自身で認め始めると、
思うような効果が期待できないこともままあることです。

私は絶対独学で大丈夫だという人でも、
不安に思うときもあれば、
モチベーションが下がるときもあります。


しかし、これを乗り越えてこそ、独学の妙があります。

多くの先輩方もこの壁を乗り越えてきました。
そして、栄冠の合格を自らの手でつかんでいます。


そんな独学者の方に向けて、
少しでも不安な気持ちをやわらげることができれば、
心休まる気持ちをあげることができれば、
元気・勇気・ヤル気を暖かく最後までサポートできれば、
私の経験を通して・・・


そんな気持ちから、このブログはなりたっています。

来年で11回目の宅建試験を、このブログとして迎えることになります。

卒業生もそれなりにいます。


11年目ということで、
このブログとしては、次のステージにいくことも考えています。


このブログならではの貢献はできたと感じます。
また、情報がとりにくい都市圏以外の方にとってはなくてはならない存在かもしれません。

メイン舞台がユーチューブやフェイスブックに移ることも時代の流れとは感じています。

だからこそ、改めて今や老舗となったこの宅建ブログの存在意義があると思います。
必要と感じてくれている方は、まだまだいる・・・
今年、改めて痛感したことです。


そして、このブログといえば、この言葉。

心の友・・・


以前からの読者の方にとって・・
今年宅建試験後から合格発表日までの間に出会った方にとって・・
心の友は当たり前の認識ですが、
今現在も毎日初訪問の方を迎えています。


来年になれば、もっともっと初訪問の方を出迎えることになります。
そんな初訪問の方にとっては、とても新鮮なものに映るかもしれません。

多分、こういうブログは他にはないですからね。


ときには学習の友として、
あなたの良き宅建学習のアドバイザーとなります。

またあるときは心の支えとして、
あなたが学習に行き詰ったとき、
あなたを励ますエールをお贈りします。


そして心の友として、
常にあなたを暖かく見守っています。


そんなブログが、
『宅建試験!初心者のための一発合格サイト』になります。


宅建をメインテーマに書いていますが、
人の気持ち全般を大事にするブログであることを心がけています。

ときには、宅建から飛躍した記事も今後はでてきます。
横道にそれた話しもでてくるでしょう。


その時は、心を休める止まり木として・・・
また、人生の中での生きていくヒントとして・・・
活用してもらえればと感じます。


初めて当ブログを訪問された方へ。
あなたと縁あって本日出会えたことを感謝します。


独学でも決して一人じゃないよ。
このブログがあるかぎりは・・・


この気持ちを来年の宅建試験日である10月16日まで忘れないでください。

あなたは決して一人じゃない。


心の友として・・・

応援しております。


宅建合格祈願!合格への強い思いをこめて、応援よろしくお願いします!
↓   ↓
人気ブログランキングへ


ダブルで合格祈願、あなたの合格に強いパワーをこめて、応援よろしくです
↓  ↓
にほんブログ村 資格ブログへ
にほんブログ村


ブログネタ
宅建試験 に参加中!
このブログを読んでいる方は、独学の方が多いと思います。
独学者にむけてスタートした歴史もありますし、そういう内容を主構成になるのでそうなるかもしれません。

今では、独学者だけに限られず、通学講座・通信講座をされている方も学習のペースメイクとして利用されている方が多いです。

ただし、SNSに広がりができましたので、一時のブログ程の活況はありませんが宅建ブログの中では老舗的存在になっています。

独学の方は、周りに学習仲間がいなく孤独の中で学習している方が多いです。
そのため、ちょっとわからないことや壁にあたると挫折しやすい面があります。

そして、安易に通学講座や通信講座をうけてしまう。
残念ながら、この流れになると講座の効果はでにくくなります。

独学には独学の方法やコツがあります。

学習方法だけでなく、環境の作り方、継続のさせ方、メンタル面など・・・

特に、学習が久しぶりの方・・・
資格学習が初めての方・・・
法律系が初めての方・・・
不動産系が初めての方・・・

つい考えてしまいますよね。

独学した場合、どうしても相談する相手がいないから・・・

それを解消する意味で、今後は私もスカイプとユーストリームも組み入れていきたいと思います。

メール相談だと文章をまとめる手間があります。
直接会って会話が一番ですが、遠方の場合はそうもいかないので、今後はこういうことが必要になりますね。

独学の方を応援するブログとして・・・
孤独感の解消の手段として・・・

あなたのお役に立てれば幸いです。

宅建を通じてのご縁に感謝、応援クリックよろしくお願いします!
↓   ↓
人気ブログランキングへ


資格ブログ村も併せて、応援よろしくです
↓  ↓
にほんブログ村 資格ブログへ
にほんブログ村


このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

ブログネタ
宅建試験 に参加中!
今年に入り、独学か通信・通学講座活用かについて紹介しました。

予備校や通信講座についても代表選手を紹介してきました。

インターネット予備校も紹介してきました。
独立系塾も紹介してきました。

もうあなたは、決められましたか?

今年、宅建を初受験される方の多くは、
まだ、漠然と宅建受験のことを考えられている方も多いと思います。

いろんな取組むことの中で、宅建受験をその一つとして
考えられている場合、あせる必要はありませんが、
ともすると月日の経つのは早いので、
方針は、早めに決めるべきだと感じます。

2月はまだ宅建にとってオフシーズンです。

オフシーズンだからこそ、先手を打てるのです。

また宅建受験に当たり分岐点の一つになるのが、
独学か通信・通学講座活用かになります。

それぞれメリットがあります。
当然デメリットもあります。

ある方にとっては最良の方法でも、
別な方にとっては良くない方法もあります。

まだまだ悩んでいる方は、
是非、上記の二つの宅建独学に関する記事を、
今一度読み直してください。

独学と講座活用の方の比率は、
全受験生からみると独学の方が多いと思います。

でも、自分の性格・学習環境を考えて、
通信講座・通学講座を活用される方も
結構いると思います。


何が何でも絶対に合格しなくてはいけない方は、
費用面を考慮せずに考えると、

1.通学講座 
2.通信講座
の方が合格の確実性はアップすると思います。

宅建合格は一発できめなくてはいけません。

1回目より2回目、
2回目より3回目の方が合格は厳しくなります。


そう考えると講座活用も大事な選択肢になりえるとは思います。
今は、講座も充実しています。

大手予備校の物はそれなりの費用になりますが、
利用の仕方によっては費用対効果は高くなる可能性があります。

大手予備校の総合パックはそれなりのボリュームです。
試験にでにくいものの講義もあります。

テレビCMでお馴染みのユーキャン。
間違っても宣伝だけにつられて申し込まないでくださいね。
ちゃんと資料請求をしてから、検討の上決めてください。

惰性やただなんとなくで決めるのは絶対によくありません。
フィーリングも大事ですが、それだけでは失敗する大きな要因となります。

自分の学習の力量、
メンタル面なども考慮して考えてみてください。


◎自分の好みの講座を探してみましょう

また、インターネット予備校は、SEPPさんがあります。
高得点合格者の方にも利用された方がいて、
お話しを聞くと納得させられた場面がありました。
検討してみてください。


また、今は独立系講師の方がいい塾を開催されています。
宮嵜さんの「みやざき塾」
大澤さんの「ダイナマイト」
右手さんの「渋谷会」など。
いずれも個性あふれ、甲乙つけがたいですね。

どこを選んでも遜色ないと思います。

そして、学習相談やメンタル、学習フォローといえば・・・・
私が実施している宅建学習相談です。

選択に迷っている方は是非相談ください。。


また、今週別途告知いたしますが、
3/28(土)AM10:300〜
宅建セミナーを開催することにしました。
今回はリベンジの方への自己分析にも力を入れていきます。
あなたの弱点を見極め、それを改善するとともに、
得意なところを伸ばして学習を楽しく継続させることに、
重きをおいていきます。


最後に平成26年宅建合格された方へのお願いです。

通信講座、通学講座を利用された経験談を募集いたします。
(独立系講師の方の講座受講経験でもOKです)

あなたの経験は、これから受講される方の参考になります。
是非、ご協力をお願いいたします。

以下の項目にそってコメント欄かメールフォームより記入をお願いできればと
思います。


【平成26年宅建講座利用結果】

1.受講先
2.受講期間
3.受講講座名
4.何回目で合格ですか?
5.受講してよかったこと
6.受講して悪かったこと
7.平成27年受験生へのアドバイス

尚、コメントされた内容・メールを頂いた内容は、
今後の記事の中に反映させていただきますのでご了承ください。



宅建を通じてのご縁に感謝、応援クリックよろしくお願いします!
↓   ↓
人気ブログランキングへ


資格ブログ村も併せて、応援よろしくです
↓  ↓
にほんブログ村 資格ブログへ
にほんブログ村


↑このページのトップヘ