宅建試験!初心者のための一発合格サイト

宅建士試験(宅地建物取引士資格試験)初受験やリベンジの方に、短期・中期・長期での宅建学習方法、独学学習・過去問学習のコツ、受験テクニック、学習サポートなど、宅建受験から合格後の宅建取引士証登録迄、幅広く総合的に紹介したブログです。 【Yahooカテゴリー登録サイト】

◎ブログ最新ニュース
●3ヶ月学習に役立つ電子書籍です
『宅建取引士試験!合格を一発で決めよう!!: 3ヶ月で合格を勝ち取るための王道学習戦略』
   ↓     ↓
 http://blog.takken-get.com/archives/52279384.html

●中高年独学の方に参考になる電子書籍紹介
『宅建絶対合格!40代以上の必勝崖っぷち戦略』
   ↓     ↓
 http://goo.gl/mzuA1Z

●1ヶ月学習をアレンジしての活用も有効的です
『宅建士試験に1ヶ月独学で合格する方法(2017年版)』
   ↓     ↓
 https://www.amazon.co.jp/dp/B072JDF2J3

●メンタルも重要です。
 合格者から元気をもらおう!
『宅建合格!全受験生に贈る心からの応援歌〜不安・心配に打ち勝とう』
   ↓     ↓
   http://p.tl/p69w

●宅建無料メルマガ新規購読者募集中!
詳細と申込はこちらから
  ↓   ↓
 http://blog.takken-get.com/archives/52272722.html

独学

ブログネタ
宅建受験 に参加中!

平成25年宅建試験リベンジへの道の10回目です。


今回のテーマは複数回受験の気持ちの持ち方です。


リベンジは1回目であれば自分自身の前年の悔しい気持ちに闘志を燃やし、
それをばねにリベンジ合格を果す方が多くいます。


1年目のリベンジで成果を出すことは、
総合的に大変なパワーがいりますが、
気持ちの面では感情移入がしやすいと言えます。


しかしこれが、2回目・3回目のリベンジとなってくると、
ことはそう簡単にはいきません。


このブログを読まれている方の中にも、
2回目・3回目のリベンジで合格された方はいます。

4回目のリベンジで合格された方もいます。

もちろん、もっとそれ以上の涙ぐましい方もいます。


回数が重なれば重なるほど心理的に苦しくなりますが、
肝心要なところで自分自身に歯止めをかけ、
土俵際で粘り、見事合格という栄冠を勝ち得たと思います。

これは想像以上に苦しかったと思います。


試験に失敗すれば失敗するほど、
逆に試験慣れしてしまい、
宅建試験に合格するということよりも、
いつしか受験することが気がつかないうちに、
自分の目的になっている可能性があります。


本人はそんなつもりはなくても、
自分自身の気持ちの奥深くの中で、
そんな気持ちになっていく可能性が高いのです。


今年の受験が2回目以上のリベンジの方へ。
昨年なぜ一回でリベンジできなかったのかを考えてみてください。

何か原因、原因のための要因があるはずです。


それをしっかりと自分自身で分析していますか?


あなたがリベンジできなかった原因?

まずは、これが何であったのかを自分自身で知るべきです。


自分でわからなければ、
人に教えてもらうのもいいですが、
一人で頑張っている方には無理なことなので、
あなた自身で本質原因を考えてみてください。


自分のことは、自分が一番わかっているはずです。

複数回受験の方にとっては、
失敗した原因をしっかりと何であったのかを、
過去の受験を思い出しながらノートや手帳に書き出してみてください。


1年10個を目安に書き出してください。


苦手分野が要因なのかをしれません。

基本問題の取りこぼしが要因かもしれません。

ケアレスミスをよくやっているのかもしれません。

2択からの最後の絞込みがよく間違っているのかもしれません。

基本がないがしろになっているのかもしれません。


わかったつもりになって、毎回同じ基本問題をまちがっているかもしれません。

ちょっと問題をひねられると出題者に意図にはまっているかもしれません。

学習法自体がまちがっているのかもしれません。


よく過去問の必要性を書いていますが、
最初のリベンジで10回転させましたか?

あなたの過去問の使い方、間違っていませんか?

過去問は、500問前後のものを使用していますか?


1回でリベンジされる方は、
やはり前年の失敗を反省し、分析し、
その反省の上に計画をたて実行されていると思います。

基本を重視していると思います。


リベンジが2回目以上の方、
リベンジ受験は今年が最後にすることを誓ってください。


あなたならできるはずです。


自分自身の心に中にある甘えを解き放ってください。


宅建合格するとの不退転の強い気持ちがあれば、
絶対に今年が最後の宅建受験になるはずです。


合格は必ず見えてくるはずです。


絶対に今年、宅建合格です。


ファイト!ファイト!!


最後に、現在、『宅建資格!リベンジへの道【計画編】』発売中です。


今日も読んでくれてありがとう、1クリックお願いしま〜す!
↓   ↓
人気ブログランキングへ


ダブル感謝ありがとう!
↓  ↓
にほんブログ村 資格ブログへ
にほんブログ村


ブログネタ
宅建受験 に参加中!

今年に入り、独学通信・通学講座活用かについて紹介しました。


平成25年宅建初受験☆独学か通学・通信講座活用か?』


宅建独学について☆内的要因、外的要因を考える


もうあなたは、決められましたか?


今年、宅建を初受験される方の多くは、
まだ、漠然と宅建受験のことを考えられている方も多いと思います。


いろんな取組むことの中で、宅建受験をその一つとして
考えられている場合、あせる必要はありませんが、
ともすると月日の経つのは早いので、
方針は、早めに決めるべきだと感じます。


2月はまだ宅建にとってオフシーズンです。

オフシーズンだからこそ、先手を打てるのです。

また宅建受験に当たり分岐点の一つになるのが、
独学か通信・通学講座活用かになります。


それぞれメリットがあります。
当然デメリットもあります。


ある方にとっては最良の方法でも、
別な方にとっては良くない方法もあります。


まだまだ悩んでいる方は、
是非、上記の二つの宅建独学に関する記事を、
今一度読み直してください。


独学と講座活用の方の比率は、
全受験生からみると独学の方が多いと思います。


でも、自分の性格・学習環境を考えて、
通信講座・通学講座を活用される方も
結構いると思います。


何が何でも絶対に合格しなくてはいけない方は、
費用面を考慮せずに考えると、


1.通学講座 
2.通信講座
の方が合格の確実性はアップすると思います。


宅建合格は一発できめなくてはいけません。

1回目より2回目、
2回目より3回目の方が合格は厳しくなります。


そう考えると講座活用も大事な選択肢になりえると思います。

今は、講座も充実しています。


大手予備校の物はそれなりの費用になりますが、
費用対効果は高くなると思います。


テレビCMでお馴染みのユーキャン。

自分の学習の力量、
メンタル面なども考慮して考えてみてください。


平成25年宅建学習☆通信・通学講座の活用、まずは資料請求から始める


また、今は独立系講師の方がいい塾を開催されています。


宮嵜先生の「みやざき塾」

大澤先生の「ダイナマイト」

右手先生の「渋谷会」など。

いずれも個性あふれ、甲乙つけがたいものですね。


そして、学習相談や学習フォローといえば・・・・
私が開催している宅建学び塾です。


独学の方にはもちろんですが、
予備校に通う方にとっても活用できますよ。


是非是非、ご検討ください。


宅建学び塾の案内と資料請求はこちらから


いずれにしても最終的に決めるのは、もちろんあなた自身です。


今後、受講された方の経験なども紹介していきますので、
そちらを参考にされてもいいと思います。

経験された方の意見は参考になると思います。


最後に平成24年宅建合格された方へのお願いです。


通信講座、通学講座を利用されての合格体験記を募集いたします。
(独立系講師の方の講座受講経験でもOKです)


あなたの経験は、これから受講される方の参考になります。

是非、ご協力をお願いいたします。


以下の項目にそってコメント欄への記入をお願いできればと
思います。

もちろん、メールフォームからでもOKです。


【平成24年宅建講座利用】

1.受講先
2.受講期間
3.受講講座名
4.何回目で合格ですか?
5.受講してよかったこと
6.受講して悪かったこと
7.平成25年受験生へのアドバイス


尚、コメントされた内容・メールを頂いた内容は、
今後の記事の中に反映させていただきますのでご了承ください。


メールフォームはこちらをクリック


今日も読んでくれてありがとう、1クリックお願いしま〜す!
↓   ↓
人気ブログランキングへ


ダブル感謝ありがとう!
↓  ↓
にほんブログ村 資格ブログへ
にほんブログ村


ブログネタ
宅建受験 に参加中!

この宅建ブログでは定期的にアンケートを実施しております。


読者の方の貴重な財産が、新規にブログを訪れる方の参考になっています。

宅建初受験でまず考えることは、これしかないでしょう。


テキストをどうするかです。


その場合、是非、こちらのアンケート結果を参照ください。


宅建アンケート結果(学習方式・使用テキスト・学習時間)


ご覧のように、平成24年宅建受験された方の学習方式、
使用テキスト、学習時間の結果が記入されています。


テキストを迷われている方にとっては、
とっても参考になると思います。

自分が共感できるコメントもあることでしょう。


それに学習時間。

今の時期、学習時間はピンとこないかもしれません。


その日の流れに任せてなんとなく学習している方も多いと
思います。


そういう方こそ、是非、参考にしてくださいね、


次に、こちらです。


平成24年宅建受験された方の受験動機と受験回数の結果

初受験の方には大事なことです。

あなたの受験動機いかがですか?


受験回数、初受験の方にとっては今回初めてなので、
参考にならないとお考えの方もいることでしょう。


でも、ともすれば多年受験に陥りやすい宅建試験の最近の傾向です。

先輩諸氏のありがたいコメントが残されています。


宅建一発合格果たすためにも、先輩諸氏の言葉を胸に前向きに頑張る気持に
転換していきましょう。


自分の力にプラスしていくことです。


他にも、アンケートについてはパソコンで見られている方には、
サイドバー下側に複数のアンケート結果を記載しています。


また、カテゴリー「アンケート」からも過去のアンケート結果をみることが
できます。


是非、あなたの宅建合格ロードを練るためのお役に立ててください。


私が運営する宅建学び塾では、こういうアンケート結果も踏まえて、
それぞれ個々の特性をみさせていただいてアドバイスしています。


宅建試験の概要的なこと、
全体の合格発表までの流れを知りたい方は、
こちらの電子書籍もお読みください。


◎「宅建独学者へ!!絶対攻略のための43のヒント」 


今日も読んでくれてありがとう、1クリックお願いしま〜す!
↓   ↓
人気ブログランキングへ


ダブル感謝ありがとう!
↓  ↓
にほんブログ村 資格ブログへ
にほんブログ村


ブログネタ
宅建受験 に参加中!

宅建試験の過去の状況について紹介します。


申込者数・受験者数・受験率・合格者数についてになります。

まずは、昨年平成24年です。


【平成24年度】
 ○申込者数:236,350人
 ○受験者数:191,169人
 ○受験率 :80.9%
 ○合格者数:32,000人


過去、15年間さかのぼってみますと、


【平成23年度】
 ○申込者数:231,569人
 ○受験者数:188,572人
 ○受験率 :81.4%
 ○合格者数:30,391人


【平成22年度】
 ○申込者数:228,214人
 ○受験者数:186,542人
 ○受験率 :81.7%
 ○合格者数:28,311人


【平成21年度】
 ○申込者数:241,944人
 ○受験者数:195,515人
 ○受験率 :80.8%
 ○合格者数:34,918人


【平成20年度】
 ○申込者数:260,591人
 ○受験者数:209,415人
 ○受験率 :80.4%
 ○合格者数:33,946人


【平成19年度】
 ○申込者数:260,633人
 ○受験者数:209,684人
 ○受験率 :80.5%
 ○合格者数:36,203人


【平成18年度】
 ○申込者数:240,278人
 ○受験者数:193,573人
 ○受験率 :80.6%
 ○合格者数:33,191人


【平成17年度】
 ○申込者数:226,665人
 ○受験者数:181,880人
 ○受験率 :80.2%
 ○合格者数:31,520人


【平成16年度】
 ○申込者数:216,830人
 ○受験者数:173,457人
 ○受験率 :80%
 ○合格者数:27,639人


【平成15年度】
 ○申込者数:210,182人
 ○受験者数:169,625人
 ○受験率 :80.7%
 ○合格者数:25,942人


【平成14年度】
 ○申込者数:209,672人
 ○受験者数:169,657人
 ○受験率 :80.9%
 ○合格者数:29,423人


【平成13年度】
 ○申込者数:204,629人
 ○受験者数:165,104人
 ○受験率 :80.7%
 ○合格者数:25,203人


【平成12年度】
 ○申込者数:210,465人
 ○受験者数:168,094人
 ○受験率 :79.9%
 ○合格者数:25,928人


【平成11年度】
 ○申込者数:222,913人
 ○受験者数:178,384人
 ○受験率 :80%
 ○合格者数:28,277人


【平成10年度】
 ○申込者数:224,822人
 ○受験者数:179,713人
 ○受験率 :79.9%
 ○合格者数:24,930人


【平成9年度】
 ○申込者数:234,175人
 ○受験者数:190,131人
 ○受験率 :81.2%
 ○合格者数:26,835人


申込者数は、
平成9年から平成13年まで減少し続けていたものが、
平成14年から反転して増加に転じています。

その傾向は、平成19年まで続き平成20年で横ばいのあと、
減少に転じましたが、平成23年から増加傾向に変わっています。


この状況からすると、今年も更に増加することが予想されます。

受験率については、
79.9%から81.7%の間で変動しています。

平成22年は、ここ14年の中では最高になっています。
平成元年までさかのぼってみても、平成元年83%に次ぐ高い受験率と
なっています。


合格者数については、
申込者数・受験者数と全く同じ傾向ではなく、
多少、違う傾向を示しています。
それは、どうしても、合格者数は合格率・合格基準点の影響を受けるためです。


現状では仕方のない結果です。


平成24年の結果は、記憶に新しいところです。
平成18年に次ぐ複数正解がなければ・・・
そんな思いを受けた方もいると思います。


平成25年はどうなるでしょうか?

問題の難化傾向が続くか、一転して問題の難易度が下がるのか?


願うは一つ。

是非、このブログでご縁のある方が一人でも多く合格を勝ち得てほしい。


そう思います。

いろんな噂に惑わされることなく、自分が信じた学習方法、
自分が選んだ学習スタイルを貫いていくことが一番の近道です。

今日も読んでくれてありがとう、1クリックお願いしま〜す!
↓   ↓
人気ブログランキングへ


ダブル感謝ありがとう!
↓  ↓
にほんブログ村 資格ブログへ
にほんブログ村


ブログネタ
宅建受験 に参加中!

ついにこの日を迎えました。

うれしいニュースです。


昨年から、宅建フェスティバルや宅建七夕イベントでご一緒させて頂いている
宅建人気講師の宮嵜先生とコラボレーション。


今度は、電子書籍で実現しましたよ。


宅建試験に負けるもんか!』


今年、宅建試験を受けられる全国にいられる全受験生に向けて
二人が心を込めました。


二人が今回電子書籍でコンビを組んだ訳は・・・

一人でも多くの方に宅建の魅力を伝えるとともに、
宅建試験は決して歯がたたない試験では絶対ないよということを知ってほしい。


一人でも多くの全国津々浦々の宅建受験生に伝えたい。


宅建に負けないで!

あなたに心からのエールと元気を贈りたい。


そんな思いからです。

ここで、アマゾンkindle版について、ここで少し説明します。

一番多い質問が、ハードであるKindleを購入しないと読めないかと
いうことです。

答えは、
アマゾンが発売しているハードのKindleを購入しないと読めないわけではありません。

iPhoneなら、アップルストアで無料のkindleアプリをダウンロードすれば
kindle版を販売価格でダウンロード出来ます。
(もちろん、iPadもiPad-miniも)


たまに、連続して購入しようとするとハードのKindle paper whiteの購入を
勧めてきますが、一旦アマゾンサイトから再ログインすればkindle版電子書籍を
購入できます。


私も電子書籍は、今のところiphoneで読んでいます。
(通勤の時は、できるだけ小型サイズの方がいいので)

アンドロイド系のスマホも同様の無料アプリがあります。


もし、kindleを購入されるのなら、paper whiteが私のお勧めです。
重さが軽量なので、持ち運びが便利ですし、片手で電車で読む時に
重量感を感じさせません。


ヤマダ電機では販売していませんが、ビックカメラやビックロで
実機を手にとって確認できます。

私も近日に購入予定です。


さて、『宅建試験に負けるもんか!』


概要です。


1)宅建受験決意の強い動機づけ
2)メンタルをベースでの学習構築
3)学習環境の作り方
4)平日での学習方法
5)休日での学習方法
6)学習テーマの絞り込み
7)権利関係 身近な具体例で考えれば、難しくない!
8)宅建業法 身近な具体例で考えれば、難しくない!
9)法令上の制限 恐れるに足らず


今後、負けるもんかはシリーズものとして、
続編、続々編を出していきます。


まずは、今回はその第一弾です。


宅建試験に負けるもんか!


是非、私達二人からの熱い思いを受け取ってください。


この本を読んで、宅建学習にはずみをつけましょう!


今日も読んでくれてありがとう、1クリックお願いしま〜す!
↓   ↓
人気ブログランキングへ


ダブル感謝ありがとう!
↓  ↓
にほんブログ村 資格ブログへ
にほんブログ村


↑このページのトップヘ