宅建試験!初心者のための一発合格サイト

宅建士試験(宅地建物取引士資格試験)初受験やリベンジの方に、短期・中期・長期での宅建学習方法、独学学習・過去問学習のコツ、受験テクニック、学習サポートなど、宅建受験から合格後の宅建取引士証登録迄、幅広く総合的に紹介したブログです。 【Yahooカテゴリー登録サイト】

◎ブログニュース
1)最新ニュース
 ●noteでいろんなジャンルの記事を毎日アップ中。
  無料で読めます。
   ↓    ↓
 https://note.com/iccyan

2) トピックス
 ●不動産業界へ転職のためのエージェント紹介
  登録は無料、詳細はこちらの記事へどうぞ
   ↓  ↓
  http://blog.takken-get.com/archives/52298837.html

3) 各種メルマガ紹介
 ●『一木秀樹の中高年支援マガジン☆未来を切り開く方法』
  まぐまぐより毎週金曜日発行
  購読費 550円/月
  詳細と申込はこちらから
   ↓    ↓
  https://www.mag2.com/m/0001688139.html

 ●『インスタグラマーへの道』(無料)
  インスタグラムでもっと楽しもう!
 ※詳細と登録はまぐまぐサイトにて。
    ↓    ↓
  https://www.mag2.com/m/0001688339.html

登録実務講習

宅建登録実務講習、今回は「通信講座」「スクーリング(演習)」「修了試験」の中から最後の修了試験でのアドバイスです。

実務講習のスクーリング・修了試験を終了され、資格登録に進みはじめた方も出ていますね。

スクーリング・修了試験を終了された方は、是非感想をお寄せくださいね。

修了証の即日交付が増えています。
不動産流通センターは全日程とも即日交付ですね。
本当に早くなったと思います。
早い方ですと2月中に、宅建士証を手にされる方が出てきます。

ただあせる必要はないですからね。
自分のスケジュールや都合に沿って、粛々と進めてください。

修了試験について、不動産流通推進センターより引用します。

●修了試験は、演習2日目15:50〜17:00(70分間)
 休憩10分の後、判例紹介が30分あり、17:50〜交付開始です。

(持参するもの)
●修了試験受験票(受講結果引換票・出席票×2日分)
顔写真を貼付の上、2日間持参してください。
※写真サイズ:3cm×2.4cm(白黒・カラーどちらでも可、無帽、無背景)

●テキスト
「ワークブック」「宅地建物取引業務の知識」
※ワークブックは、演習1日目の朝、回収します。
表紙裏面の「事前レポート」と、全ての赤枠を記入することが必須です。
再度ご確認の上、演習にお越しください。
ワークブック記入の際の筆記用具に指定はありません。
※「登録実務講習テキスト」は必要ありません。

●筆記用具(鉛筆・ふせん等)
「修了試験」は鉛筆又はシャープペンシル(HB又はB)のみ使用できます。

●時計
携帯電話を時計代わりに使用することはできません。

(修了試験と修了証発行)
●テキスト持ち込み可
通信講座と演習の内容から出題。「ワークブック」「演習レジュメ」「宅地建物取引業務の知識」を持ち込み参照できます。

●合格ライン
A. 正誤式(30問)⇒80%以上の正解で合格
B. 空欄記述式(40問)⇒80%以上の正解で合格
AB両方とも合格された方が、修了試験の合格者となります。
※ 万一、不合格の場合も、受講料無料で再受講することができます。

●修了試験当日、合格者には修了証を発行します
登録実務講習修了証の交付要件 下記の(1)(2)(3)をすべて満たした方に「登録実務講習修了証」を発行します。
(1)演習の前日までに通信講座を修了すること
(2)2日間の演習を受講すること
(3)修了試験に合格すること
※ この「登録実務講習修了証」は宅地建物取引士資格登録申請をする際の提出書類です。
登録実務講習修了証の有効期限の取り扱いは、都道府県により異なります。宅建試験受験地である都道府県の担当窓口にご確認ください。

●未修了者へのご案内
未修了の方へは、その旨を記した受講結果を受講結果交付時に会場で手渡しさせていただくか、後日郵送いたします。

次の場合は未修了となります。
1. 修了試験に不合格だった場合
※受講料無料で再受講が可能です。
※最終期の演習につきましては、再受講を受けることができません。ご了承ください。
2. 演習を欠席し、会場変更期限日までに演習会場・日程を変更しなかった場合
※再受講制度は適用されませんので、再度受講をご希望の方は、もう一度、Web申込の手続きを行ってください。
※通信講座未修了により演習を欠席された場合も再受講制度は適用されません。

 (該当ページはこちらから)

いろいろと細々と書かれていますが、大事なことは・・・・

1.修了試験を受けること。
2.問題をよく読んで、問題に沿った回答をすること。
 (○×選択、記述など)
3.全部回答すること。
4.必要な持ち物を忘れないこと

はい、至ってシンプルです。

いらぬ心配は御無用。
8割以上の正解はまず大丈夫です。

試験を受ければ合格するしかありえない試験だともいえます。

それにこれだけ民間に講習システムが開放されると各校にとっても実務講習で合格できなかった人が出たなんて噂でもでたらたまったものではないと普通は思います。
(受講生申込が減ってしまいますから・・・)

よってまだ心配な方も、本当に安心して受けてくださいね。

受けないと流石に合格はありえませんから・・・・

もちろんだからといって折角の教材・DVD、ないがしろにしないでくださいね。

また特にこの時期、雪による影響が一番懸念されます。
首都圏の電車も平日はよく遅れます。
余裕をもって出かけてくださいね。

また健康管理も十分に。
風邪予防もお忘れなく。

マスクも場合によっては、あった方がいいかもしれません。

あと、受講場所の連絡先を携帯電話に登録しておいてくださいね。

急なハプニングの準備はお忘れなく。

また、先に受けられた方のコメントも参考にしてくださいね。

次回より、資格登録申請に移ります。

ブログ応援ありがとう、1クリックお願いします。
↓   ↓
人気ブログランキングへ


ダブルで応援クリックお願いします。
↓  ↓
にほんブログ村 資格ブログへ
にほんブログ村


このエントリーをはてなブックマークに追加

宅建登録実務講習、今回は、
「通信講座」
「スクーリング(演習)」
「修了試験」
の中から今回はスクーリング(演習)でのアドバイスです。

みなさん、実務講習の通信学習の状況はいかがですか?

早い方ですと既にスクーリングを終えられている方も
いるかもしれません。

いずれにしても、
淡々と各過程を消化していって下さいね。

さて今回は、
今後あなたが受けることになるスクーリング(演習)についての
アドバイスをおおくりします。

現在のスクーリングは2日間です。

そして2日目(最終日)の最終時限には、修了試験が行われます。

私が受けた当時と比べると、
かなり短期間に宅建主任者証交付まで進めるので、
いいことだと思います。

スクーリングで注意することのポイント再確認です。

ポイントは、3つです。
1.遅刻、早退しないこと。
2.2日間の全時限の授業を受けること。
3.修了試験を受けること。

本当にシンプルです。

要は何度も書いていますが、
普通に受講すれば大丈夫です。

言い直せば、普通に淡々と消化していくことがポイントです。
もちろん油断してはいけませんよ。

まずは体調管理。
これに一番注意してください。

体調を壊して受講できないことは最悪です。
受講先によっては考慮してくれるところもあるかもしれませんので、
もしもの場合は連絡をしてみてください。

無断欠席の場合は、普通は絶対に駄目ですね。

他は遅刻です。
公共交通機関の遅れは十分に考えられます。

時間に余裕をもって出かければ、
ある程度時間の遅れは許容範囲に収まりますが、
余裕をもたないと遅刻になります。

私は普段の通勤では、
会社には始業の1時間以上前に出社しています。
そのため多少の遅れがあっても遅刻にはまずなりません。
電車が遅れたと思っても他の人よりも早い出社となっています。

特に遠方からスクーリングに行かれる方は、
場合によってはビジネスホテルに泊まる選択も考えた方が
いいかもしれませんね。

受講時期によっては雪の影響が考えられます。
考えられる不安の要素は、
事前に消す準備段取りは怠りなくしておきましょう。

電車の遅れについては寛容に対応してくれるところもあると思いますので、
緊急の学校の連絡先を携帯電話に忘れずに登録しておきましょう。
(メルアド登録もお忘れなく)

あとは修了試験を忘れずに受けて帰ることです。(笑)

本当に当たり前のことなのですが、
緊急な用事などないとは言えません。

全時間は無理でも、ある程度の時間を受けて途中退席も
事情を話せばできるかもしれません。

まずは担当官の方に相談してみることです。

スクーリングの2日間を連続して受ける方、
1週間飛びで受ける方、
それ以上の間隔をあけて受ける方なども
受講先のスケジュールによってはあるかもしれませんが、
受け方によっての有利不利はありませんので、
安心して臨んでください。

スクーリングがあなたにとっての貴重な経験になるように、
期待しています。

いい講師とのめぐりあわせになることを祈ります。

次回は修了試験です。

2019年宅建合格を目指して、1クリックお願いします。
↓   ↓
人気ブログランキングへ


ダブルで宅建合格祈願、応援クリックお願いします。
↓  ↓
にほんブログ村 資格ブログへ
にほんブログ村


このエントリーをはてなブックマークに追加

宅建登録実務講習、今回は、
「通信講座」
「スクーリング(演習)」
「修了試験」
の中から今回は最後の修了試験でのアドバイスです。

実務講習のスクーリング・修了試験を終了され、資格登録に進みはじめた方も出ていますね。

スクーリング・修了試験を終了された方は、
是非、感想をお寄せくださいね。

修了証が自分の手元に届くのも従来より、かなり早くなっています。

近代化センターで約1週間?
別なところでは2日で合否の結果を送付されてくるとか?
即日の所もあるようです。
(修了証が同時送付かはわかりませんが)

本当に早くなったと思います。

早い方ですと2月中に、
宅建士証を手にされる方が出てきます。

ただあせる必要はないですからね。
自分のスケジュールや都合に沿って、
粛々と進めてください。

修了試験は受けてみればわかりますが、
心配されていた方には取越し苦労だったことがわかります。

毎年、受講される方にとっては初めてなので、
やはり心配になります。

でも大丈夫なことは、
徐々に実感できていることでしょう。

修了試験の出題内容に関しては、
講義中にポイントを教えてくれるところや、
試験直前の20分間とかの休憩で出題ポイントを
まとめたDVDを放映してくれるところなど、
各校によって対応はまちまちですが、
どこでうけても試験に関しての心配は全くいりません。

再度、修了試験のポイントを確認します。

1.修了試験を受けること。
2.問題をよく読んで、問題に沿った回答をすること。
 (○×選択、記述など)
3.全部回答すること。


はい、至ってシンプルです。

いらぬ心配は御無用。
8割以上の正解はまず大丈夫です。

試験を受ければ合格するしかありえない試験だともいえます。

それにこれだけ民間に講習システムが開放されると
各校にとっても実務講習で合格できなかった人が出たなんて
噂でもでたらたまったものではないと普通は思います。
(受講生申込が減ってしまいますから・・・)

よってまだ心配な方も、
本当に、本当に、安心して受けてくださいね。

受けないと流石に合格はありえませんから・・・・

もちろんだからといって折角の教材・DVD、
ないがしろにしないでくださいね。

また、特にこの時期、
雪による影響が一番懸念されます。
首都圏の電車も平日はよく遅れます。
余裕をもって出かけてくださいね。

また健康管理も十分に。
風邪予防もお忘れなく。

マスクも場合によっては、あった方がいいかもしれません。

あと、
受講場所の連絡先を携帯電話に登録しておいてくださいね。

急なハプニングの準備はお忘れなく。

また、先に受けられた方のコメントも参考にしてくださいね。

次回より、資格登録申請に移ります。

本日も読んで頂いたことに感謝、 ブログへの応援1クリックお願いします。
↓   ↓
人気ブログランキングへ


こちらもあわせて応援お願いします。
↓  ↓
にほんブログ村 資格ブログへ
にほんブログ村


このエントリーをはてなブックマークに追加

宅建登録実務講習、今回は、
「通信講座」
「スクーリング(演習)」
「修了試験」
の中から今回はスクーリング(演習)でのアドバイスです。

みなさん、実務講習の通信学習の状況はいかがですか?

早い方ですと既にスクーリングを終えられている方も
いるかもしれません。

いずれにしても、
淡々と各過程を消化していって下さいね。

さて今回は、
今後あなたが受けることになるスクーリング(演習)についての
アドバイスをおおくりします。

現在のスクーリングは2日間です。

そして2日目(最終日)の最終時限には、修了試験が行われます。

私が受けた当時と比べると、
かなり短期間に宅建主任者証交付まで進めるので、
いいことだと思います。

スクーリングで注意することのポイント再確認です。

ポイントは、3つです。
1.遅刻、早退しないこと。
2.2日間の全時限の授業を受けること。
3.修了試験を受けること。

本当にシンプルです。

要は何度も書いていますが、
普通に受講すれば大丈夫です。

言い直せば、普通に淡々と消化していくことがポイントです。
もちろん油断してはいけませんよ。

まずは体調管理。
これに一番注意してください。

体調を壊して受講できないことは最悪です。
受講先によっては考慮してくれるところもあるかもしれませんので、
もしもの場合は連絡をしてみてください。

無断欠席の場合は、普通は絶対に駄目ですね。

他は遅刻です。
公共交通機関の遅れは十分に考えられます。

時間に余裕をもって出かければ、
ある程度時間の遅れは許容範囲に収まりますが、
余裕をもたないと遅刻になります。

私は普段の通勤では、
会社には始業の1時間以上前に出社しています。
そのため多少の遅れがあっても遅刻にはまずなりません。
電車が遅れたと思っても他の人よりも早い出社となっています。

特に遠方からスクーリングに行かれる方は、
場合によってはビジネスホテルに泊まる選択も考えた方が
いいかもしれませんね。

受講時期によっては雪の影響が考えられます。
考えられる不安の要素は、
事前に消す準備段取りは怠りなくしておきましょう。

電車の遅れについては寛容に対応してくれるところもあると思いますので、
緊急の学校の連絡先を携帯電話に忘れずに登録しておきましょう。
(メルアド登録もお忘れなく)

あとは修了試験を忘れずに受けて帰ることです。(笑)

本当に当たり前のことなのですが、
緊急な用事などないとは言えません。

全時間は無理でも、ある程度の時間を受けて途中退席も
事情を話せばできるかもしれません。

まずは担当官の方に相談してみることです。

スクーリングの2日間を連続して受ける方、
1週間飛びで受ける方、
それ以上の間隔をあけて受ける方なども
受講先のスケジュールによってはあるかもしれませんが、
受け方によっての有利不利はありませんので、
安心して臨んでください。

スクーリングがあなたにとっての貴重な経験になるように、
期待しています。

いい講師とのめぐりあわせになることを祈ります。

次回は修了試験です。

本日も読んで頂いたことに感謝、 ブログへの応援1クリックお願いします。
↓   ↓
人気ブログランキングへ


こちらもあわせて応援お願いします。
↓  ↓
にほんブログ村 資格ブログへ
にほんブログ村


このエントリーをはてなブックマークに追加

宅建登録実務講習、今回は、
「通信講座」
「スクーリング(演習)」
「修了試験」
の中から、今回は通信講座での学習アドバイスです。

実務講習の申込も終わり、
教材が届いて学習を始められている方も中にはいると思います。

テキストを見ると、
見慣れない内容もあると思いますが、
実務に関連する知識なので、さーっと読み進めることです。

立ち止まって考えこむようなところは、特にないと思います。

毎年、修了試験について聞かれる方がいますが、
修了試験は、基本的なことしか出ませんので、
決して難しくはありませんしまず99%大丈夫です。

大丈夫といえば逆に心配される方もいますが、
本当に本当に大丈夫ですから・・
安心して取り組んでください。

通信講座学習時には、修了試験のことは、
頭の中から一旦、外へ出しておいてください。

学習をする度合いについては諸説云々ありますが、
折角、それなりの費用を払っているわけですから、
学習はしてほしいと思います。

特にこの先、実務に付かない方にとっては、
この機会を逃すと実務的な学習をすることは、
今後二度とないと思いますので、
読まないで本棚の片隅に埋もれさせるよりも、
学習をしてから本棚に置くようにしましょう。

テキストについては、
学習するというよりも本を読んでいく感覚でいいと思います。

ここで得た知識はあなたにとってすぐには役立つことはないと
思いますが、将来的に何かのタイミングで必要になることもあります。

必要な時は、突然前触れもなくやってきます。

人生とはそういうものです。

無駄かそうでないかは、
その時でないとわからないことです。

今決めつけるよりも、
先のことを考えて取り組んでみてください。

そういう場面にいざ遭遇した時、
やってて良かったと思うはずです。

想定外のことは突然やってきます。

さて、スクーリング=修了試験の日程にもよりますが、
通信講座は、できるだけ早めに終わらせてください。
(とにかく時間のあるうちに消化してしまいましょう)

スクーリング直前にまとめてやろうとすると、
都合ができて、ほとんどできないという事もあります。
特にこれからは、クリスマス、年末年始、
年明けの3連休と遊ぶ要素は沢山あります。

先手必勝。

事前の備えあれば憂いなしです。

とにかく早め早めの対応を心がけてくださいね。

通信講座の学習のポイントを最後にまとめます。

1.通信講座は、早めの学習開始をする
2.演習問題の提出義務はありませんが、必ず一度は解く。
3.間違った問題は、見直しテキストで確認する。
4.スクーリングまでの期間があく方は、
  スクーリング直前に、テキストと演習問題を総括的にざっと見直す。

気を楽に、さっさと取組んでくださいね。

本日も読んで頂いたことに感謝、 ブログへの応援1クリックお願いします。
↓   ↓
人気ブログランキングへ


こちらもあわせて応援お願いします。
↓  ↓
にほんブログ村 資格ブログへ
にほんブログ村


このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ