宅建試験!初心者のための一発合格サイト

宅建士試験(宅地建物取引士資格試験)初受験やリベンジの方に、短期・中期・長期での宅建学習方法、独学学習・過去問学習のコツ、受験テクニック、学習サポートなど、宅建受験から合格後の宅建取引士証登録迄、幅広く総合的に紹介したブログです。 【Yahooカテゴリー登録サイト】

◎ブログ最新ニュース
1)新宅建電子書籍発刊
  ラスト1週間の王道戦略を紹介します。
 『宅建士本試験直前対策☆絶対に最後まで合格を諦めない(2019年版)』
   ↓      ↓
 https://www.amazon.co.jp/ebook/dp/B07XXK4GM5/

2) 令和元年宅建合格エールメール希望者募集中!
  募集期限は9/27まで。
  申込みはお早めに!
   ↓    ↓
 http://blog.takken-get.com/archives/52295404.html

3) あなたの未来を切り開くメルマガ
 『一木秀樹の中高年支援マガジン☆未来を切り開く方法』
  まぐまぐより毎週金曜日発行
  発行費用 540円/月
  まぐまぐのアカウント作成が必要です。
 (無料)
 ※詳細と登録はまぐまぐサイトにて
    ↓    ↓
  https://www.mag2.com/m/0001688139.html

4)宅建直前期新刊発売しました。ご活用くださいね。
 『宅建士試験に1ヶ月独学で合格する方法(2019年版):
    合格を絶対に諦めないための逆転合格バイブル』
   ↓    ↓
 https://www.amazon.co.jp/dp/B07WR32G66/

5)新メルマガ創刊
 『インスタグラマーへの道』
  インスタグラムをもっと楽しもう!
 ※詳細と登録はまぐまぐサイトにて。
    ↓    ↓
  https://www.mag2.com/m/0001688339.html

自己採点

宅建試験後のポイントについて書きます。

今年リベンジされる方にとっては、嫌でも昨年の苦い経験を思い出してしまうかもしれません。

あのときの悔しさ・・・・

そのために今頑張っているはずです。

そして、初受験される方にとっては、試験後のことを把握する程度に読んでいただければと思います。

〇受験後の自己採点
・受験後の自己採点をする方法は、

1.当日もしくは翌日にインターネットに公開される各予備校の解答速報を見て自己採点を行なう。

2.当日行われる各予備校の解答速報会に参加する。
  (無料です。)
  
3.試験会場を出た後に、各予備校の人から渡される葉書に書いて、応募し採点結果が届くのを待つ。

4.インターネットで、自己採点サービスに申し込む。
     
当ブログでも、各解答速報状況については準備アップします。
是非、このブログを基点にしての活用をしてください。

〇模範解答について
・模範解答について、各予備校が全て公開当初、一緒になるわけではありません。

平成18年の場合は、ほぼ一緒でした。
(有名予備校の中で1校だけが違う解答でしたが、後に変更され、同じになりました。)

但し、その後、論議を呼ぶ問題があり、ある別な1校が一石を投じる解答を行いました。とても勇気ある果敢なことでした。

平成19年の場合は、主要校は一緒でした。
この年も、ある問題に一石が投じられましたが、この場合は、その時点から試験結果にに反映される可能性は低いとみられ、早番、この話題はフェードアウトしました。

平成20年の場合は、何と主要予備校3校が一部違う解答をアップされました。
(その後、全て、同じ解答になりましたが・・・)

平成21年の場合も、複数の学校の回答がわれました。
平成18年の再来かと思われましたが、
日を追うごとに落ち着くところにまとまる結果となりました。

平成22年の場合は、平成19年同様に主要校は一緒でした。

平成23年の場合は、当初主要予備校のうち1校だけがちがうだけでしたが、その後一致しました。
そして、忘れることができないのが11月22日での機構側からの緊急告知。
問48の問題誤記による全員正解にする処置。
ここで明暗が別れました。

平成24年の場合は、問5に意見がわれました。
どうなるか注目され、なんとなく平成18年の再来を予感させました。
結果は複数肢正解で、平成18年同様になりました。

平成25年の場合は、没問問題が発生しましたが、平成19年同様に早めに収束しました。

平成26年は特に大きな波風もない年でした。
結果は、32点。
主任者としての最後の試験は合格率も高くなりました。

平成27年も大きな波風もなく推移しました。
宅建士としての最初の試験の結果は、31点。
難易度どおりの結果となりました。

平成28年は、当初宅建士2年目として平成27年と同等の難易度が予想されていました。
結果は、逆に問題が軟化しました。
疑義問題も試験後に浮上しましたがすぐに沈静化し、結果は35点。
宅建主任者試験同様に問題の難易度はかわり、それに伴い合格基準点も上下することが確認できました。
宅建士試験になったとはいえ、試験対策については何ら変わりはないことがわかりました。

平成29年は、予想が1点位下がるのではないかの期待感もありましたが、
前年同様の35点になりました。

そして平成最後の年は・・・
37点、38点、ひょっとして39点など予想が飛び交いました。
一方で何とか36点の期待もありましたが、平成最後の宅建士試験は初の37点になりました。

さて自己採点については、受験された大半の方がやられます。

試験結果がめちゃくちゃ良かった方、逆に、全く駄目だった方は、やらない方もひょっとしたらいるかもしれませんが、正直なところやりたくなるのが人情です。

各予備校が発表する合格推定点が気になるものなのです。

私ももちろんやりました。
    
〇私が印象に残った平成18年の結果について
・平成18年は、試験後、ある程度の期間が経ってから、49問目問題論議が浮上しました。
(この点平成19年、21年の傾向とは、ちょっと違います)

最終的には、問題の解答について、その時点で最良と思われる判断が下されました。

合格発表時に、不動産取引適正推進機構のホームページ上で、解答が発表されましたが、何と、49問目は、正解肢が2つになりました。

正解肢は通常、一つですが、2肢ともに正解にした判断は正しかったと今でもそう思います。

今年はどんな問題が出題されるでしょうか?
こればかりは考えても考えても私達が知りえることはできません。

今年試験問題を作成される方は、是非良識ある問題を作成される事を希望いたします。
ここ3年間は、試験問題に関して没問問題もなく、平穏な年でした。
試験問題を作成された方達には、本当に感謝いたします。

是非、今年も続けてくださいね。
今年は、令和での最初の宅建士試験ですから・・・
よろしくお願いいたします。

令和元年宅建合格を目指して、1クリックお願いします。
↓   ↓
人気ブログランキングへ


ダブルで宅建合格祈願、応援クリックお願いします。
↓  ↓
にほんブログ村 資格ブログへ
にほんブログ村


今回は、自己採点36点の方へです。

自己採点36点の方へ贈る言葉

自己採点36点。

普通なら合格確実です。

今までの年なら・・・

ただ、36点・・・今年の状況からいえばかなり厳しいところです。

私のブログでとったアンケートからしても・・・
でも・・可能性が全くないわけではありません。

合格率が17%台になれば・・固いのではないでしょうか?
16%台でも可能性が残るのではないでしょうか?

既に、主催側できまり合格者用の合格証書も印刷されているころでしょう。
決まっているけれど、合否がわかるのは12月5日です。

36点・・
近年での最高合格基準点・・・

この壁を・・・越えてほしくない。
今は祈りたい。

今年は宅建士試験として4回目の年・・・
そして平成最後の宅建試験です。
東京オリンピックも間近・・・

宅建士を増やす方向になるのか?

例年どおりなのか?

最終的な合格率はどうなったのか・・・

それにより、36点の可能性が違ってきます。

36点・・・合格範囲に絶対にきてほしいですね。

36点の方へ。
どうせここまで待ったのなら、
必ずいけるという強い気持ちをもって待ちましょう。

もし不幸にも期待が外れた時、
一時的なショックはあるかもしれません。

それでも希望をもって合格発表日を迎えたあなたには、
次に向かう力強い気持ちが宿っているはずです。

希望をもって、自信をもって残り期間を過ごしていきましょう。

ここまできたら最終的には祈るしかないかもしれません。
でも受身の祈りではなく、自分自身も前向きな気持ちにして、
合格を引き寄せるくらいの気概をもって祈ってみてください。

神頼み、げんかつぎ、
何でも頼れるものは利用してみましょう。
あなたの心が落ち着くのなら・・・

今年の合格基準点はすでに決まっていることでしょうが、
あなたの願いが届くことを深く固く祈ります。

もし不安に感じたら、
自分の胸に手をあてて自分はどうしたいのかを考えてみてください。

宅建試験のことが頭から離れないのであれば、
自分を信じて待ってみましょう。

合格発表後に新しいスタートをきっても遅くないはずです。

36点の方に必ずや合格の栄冠がとどきますことを、心から祈ります。


br />平成30年宅建合格を祈願して、1クリックお願いします。
↓   ↓
人気ブログランキングへ


ダブルで宅建合格祈願、応援クリックお願いします。
↓  ↓
にほんブログ村 資格ブログへ
にほんブログ村


平成30年宅建試験合格発表日まで、後10日。

本日2回連続で、
平成30年宅建試験☆自己採点37点、36点の方へ贈る言葉をおおくりします。

37点〜36点の方はボーダーライン上の点数です。
最終的に何点が合格基準点になるかはわかりませんが、
最後まで合格の可能性を信じ、一人でも多くの方が12月5日を喜びで迎えることを願うことです。

既に新しい資格を目指して進みはじめている方もいます。
そんなあなたは、前に向かって前進してほしいと思います。

私自身は宅建受験後、簿記3級受験を決意し受験しました。

ただし主目的は簿記をとりたいというのではなく、
宅建のあまりの自己採点のふがいなさを忘れるために、
何かの学習に集中したい気持ちからでした。

是非、皆さんには前向きな考えで取り組んでほしいと思います。

さて、話を戻します。

以前の記事にも書きましたが、
毎年思うことは、
不幸にもボーダーライン上にこられた方の中には、
なかなかそう簡単に割り切れない方も結構います。

今このブログを見ている方の多くがそうかもしれません。

日頃の模試は良かったのに本番が・・・・
過去問を何回転もして解けてたのに・・・・
普段の実力を発揮できなかった・・・・
高得点をとるつもりだったのに・・・・
そして最後まで、自分なりに一生懸命頑張ったのに・・・・

こういう感情が、やはり諦めきれない・やりきれない気持ちにさせるのだと思います。

どうしても諦めないきれない方は、
それぞれの自己採点結果の思いをもって、ここまで進んできたわけです。

そしてこれからも残り期間、合格発表日まで進むことになります。

そんなあなたに贈る言葉です。

まずは37点からのスタートです。


【自己採点37点の方へ贈る言葉】
自己採点37点。

各学校・各宅建関連サイトの中でも、本命にされているところが多くみられる点数です。

期待が十分に持てる点数です。

ただそんな37点でも、
仕事をしている時や何かをしている時は大丈夫でも、
ふとしたことで不安が訪れる時があります。

そこは人間ですから仕方のないことです。

・38点になったりしないだろうか?・・・
・マーク転記は大丈夫だろうか?・・・
・あの問題さえ、ちゃんとしていれば39点・40点だったのに・・・
・ネットをみていないと不安になる・・・

不安は、考えれば考えるほどどんどん増殖されていきます。

考えれば考えるほど心配すればするほどそういう気になるから
不思議なものです。

37点が合格基準点の上限といて合格範囲になることを固く信じましょう。
37点は確実にくるっきゃないでしょう。

確かに、受験生の結果コメントをみていると感触の割には得点をとられている方もいますので、
難易度の感触の割には合格基準点があがる・・・否定はできません。

宅建士としての4回目の試験、固く信じて待ちましょう。

自信を持って合格する日を待ちましょう。

合格を固く信じましょう。

そんなあなたに、12月5日に吉報が必ず訪れることを祈ります。
絶対に合格。

平成30年宅建合格を祈願して、1クリックお願いします。
↓   ↓
人気ブログランキングへ


ダブルで宅建合格祈願、応援クリックお願いします。
↓  ↓
にほんブログ村 資格ブログへ
にほんブログ村


35点〜37点の方が主要予備校のボーダーライン上の点数であります。

今の時期での当ブログの指針は、毎年のことながら、
合格の可能性は低くても最後まで合格の可能性を信じる方には、
ともに一緒に歩き、一人でも多くの方が12月5日を喜びで迎えることを
願うことです。

既に新しい資格を目指して進みはじめている方もいます。
マン管・管業を受ける方もいます。
FP3級や簿記を受ける方もいることでしょう。
しっかりと自分の考えをもって前に向かって前進していってほしいと思います。

また、宅建に関しても来年に向けて考えている方もいます。
今年の結果を分析して、今年のうちに来年の概略的でもいいので計画を
たてましょう。

毎年思うことは、
不幸にもボーダーライン上にこられた方の中には、
なかなかそう簡単に割り切れない方も結構いることです。

これは理屈ではありません。
辛い経験はだれも望んでしていることではありません。

日頃の模試は良かったのに本番で・・・・
過去問を何回転もして解けてたのに・・・・
普段の実力を発揮できなかった・・・・
高得点をとるつもりだったのに・・・・
そして、最後まで自分なりに一生懸命頑張ったのに・・・・

今年はここ数年と違って、民法から解き始めたとしても、
何とかなった方もいるでしょう。
もし、5点免除問題、宅建業法から先に解いていたら・・
もう少し、試験後に楽な展開になっていたかもしれません。

こういう感情が、やはり諦めきれない気持ちにさせるのだと思います。

どうしても諦めない切れない方は、
それぞれの自己採点結果の思いをもって、
合格発表日まで進むことになります。

またボーダーラインの一番上側の37点や
それより上の38点でも、中には不安に思われている方はいます。
マークシートの転記ミスを心配される方は、例年どおりですが、
今年は更により一層、そのコメントが多いようにも感じました。

そんなあなたに贈るメッセージです。

【ボーダーライン上の方へ】

各校の予想・推定点が膠着状態になっているだけに、
期待と不安がいり混じっているかもしれません。

宅建のことをしばし忘れ、
新しいことを始めてみたものの、
どうしても宅建の行方が気になってついついネットをみてしまう。

こんな方もいると思います。

しかしあなたがボーダーラインにきた現実は変えられません。
変えられない以上は、
期待と不安が交錯しながらも前を向いて歩いていくしかありません。

結果は、12月5日には必ずでます。

その結果がどうでるかは、
受け手側である私達には待つしかないことには変わりありません。

苦しんで苦しんで得た合格の喜びはより大きいですし、
この先々の自信にもつながっていきます。

仮に残念な結果になったとしても、
(今は考えたくないことですが・・)
当分悔しい時期を過ごす方もでるとは思いますが、
リベンジに向けて、より一層力強い自分を発見できるはずです。

不安で心配な日々を過ごすよりも、
同じ過ごすのであれば、
自分の合格の可能性を信じて待ってみてください。

自分の合格の可能性を信じることは、
自分の不安な心をだんだんと鎮めますし、
合格発表日に例えどんな結果になろうとも、
それに戦える心を作っていけます。

例え合格の可能性が数%でも、
合格する可能性は12月5日までは残ります。

各予備校の予想(推定)は、あくまでも予想(推定)です。
決定ではありません。

それまでは合格を願う希望を奪う権利は誰にもありません。
あなたが自分で決めた道、歩んで下さい。

中には何度もボーダーラインにきてしまった方もいるでしょう。
もし、来年もう一度になった場合は、
しっかりと今までの自分の学習のあり方について、
見なおすことが必要です。

安易な気持ちで独学は無理だと決めつけて、学校に通う。
これは、やめた方がでいいです。
自分をしっかりと分析した後であればいいですが、
学校に行けば、合格が保証されるわけでもありません。

仮に、来年もう一度になった場合は不退転の気持ちで計画を
立て直して実行する必要があります。

まずは、メンタルな部分をしっかりとさせるべく、
自分の将来を見据えたことを今の待機期間中ととらえてください。

以下の電子書籍も考え方の参考にして頂ければ幸いです。


平成30年宅建合格を祈願して、1クリックお願いします。
↓   ↓
人気ブログランキングへ


ダブルで宅建合格祈願、応援クリックお願いします。
↓  ↓
にほんブログ村 資格ブログへ
にほんブログ村


平成30年宅建試験自己採点投票のコメント紹介です。
最後は、ボーダーラインの37点・36点・35点のコメントを転載します。

「37点」
合格ラインもさることながら、マークミスは神経質に見直ししたから大丈夫なんだけど、
訂正箇所を消しゴムでいくら擦っても綺麗に消えなくて、それがダブルマークになって無効解答にならないか心配だ。
そんなことで落ちたら悔やんでも悔やみきれない。
40歳代男性神奈川

いつもより時間的な余裕がなかった
40歳代女性三重

あと1点欲しかった!
50歳代女性神奈川

ボーダーですが、落ちても来年まで5点免除があるので来年は必ず合格できそうです。
50歳代男性福岡

マークシートのずれが怖い。
二回確認はしたんですがてが震えて枠内からちょっとはみ出したりしてるかも!
20歳代男性沖縄

37点で不合格の可能性が相当高いとは…とどんよりしています。
ここのアンケート結果みても、足切り点は38点ですよね…
30歳代男性東京

37点 ボーダーにいるので不安な日々です。
凡ミスをしているので悔しくて夢にもでます。
40歳代女性東京

時間があまりなかったです。
40歳代男性岩手

3週間の独学で受検しました。
20歳代女性京都

自己採点37点でした・・・38点予想が出ていて不安
40歳代男性東京

日建の38点予想のせいで気が気じゃない
40歳代男性愛知

リベンジ受験ですが、過去にない高得点続出でボーダー?かな
40歳代男性愛知

初試験!どうか合格できますように!
放火と台風で勝手に屋根直す隣人と電話でダメだから訪問する人に笑っちゃいました笑
40歳代女性宮城

基本的には計算通りでしたが、民法が7点。あと3点取れたもんだいだった。
それにしても予想が高いなぁ。ギリギリか。
40歳代男性北海道

「36点」
初めての受験でした。ほぼほぼ諦めてます…。話題の36点取得者ですが、全て出したつもりだったので、これが実力なんだと思いました。
40歳代女性秋田

過去36点超えのボーダーは、無い信じてます!
30歳代男性福島

過去問だけで合格する時代は終わったと信じて 
変に細かい所を抑えたのに 過去問だけで40点オーバーってなんだよ!
変に裏目で6点落とした よ〜
30歳代男性

試験自体、久々で落ち着きがありませんでした。。
40歳代男性神奈川

まさか、36点不合格無いですよね?不安ですけど・・・。
皆さん大丈夫ですか?

時間がなさ過ぎて最後問題を冷静に読む時間がなかった。
冷静に読んでたら間違えなかった問題があった
40歳代女性京都

子育て(3月に男児産まれました)で嫁が里帰りしない中、
独学でここまで取れたなと自負してます笑
20歳代男性千葉

凡ミス1点は痛い。合格発表まで辛すぎる・・・
40歳代男性北海道

残り5分で答えを変えたら元々の答えがあってました。
この一点で落ちるかもしれません。答えは一度決めたら変更しない事をオススメします。
変えて間違った時の後悔は悔しすぎます。
40歳代女性東京

こういうの見る人って、私みたいに合否 ボーダー上にいる人がたくさんだと思う。
40歳代男性群馬

初試験で挑み自己採点36点で喜んでいたらまさかの予想37点多発で震える…
帰宅後問題文読み返した所、合格したら家あげるよって言った
家を自ら放火したキチガイや隣家の屋根を留守中勝手に直して
修理代請求するお節介等登場人物異常すぎて笑い転げる
30歳代女性千葉

あやふやな知識で時間が足りませんでした。
途中で問題の字の多さにめげました。合格36までさがりますよう
50歳代女性福岡

新たな改正部分など、直前の不勉強が結果に出てしまった感が否めません。
報酬問題などは、きちんと読めばすぐに分かるもの、
勿体ないというより、自分の実力のなさです。
後は、結果次第ですが、受かるまで受け続けます。
40歳代男性岐阜

独学で初受験でした。
40歳代男性秋田

初受験でした3ヶ月通信教育で勉強しました
30歳代男性新潟

合格基準点発表まで不安でしかない…
30歳代男性群馬

発表までの日がツライ
40歳代男性群馬

今年は合格点が高そうだと聞いてがっくりきています。
40歳代女性京都

業法が思ったより取れず、予想合格点ボーダーで悶々としています。
終わった直後は支えてくれた家族への感謝と一年間頑張った自分へ自然に涙がでそうになりました。
結果をみると不安ですが、もう祈るのみです。
50歳代女性沖縄

あと2点は取れたはず基礎落としました。頼む合格!桜咲いて‼
40歳代女性東京

民法がダメダメでした。
50歳代女性東京

ボーダー微妙ですね(^◇^;)35-36点合格を祈ります
20歳代男性京都

業法が難しかった。
30歳代男性群馬

「35点」
今年は3回目で一番おいこんだ。もうしたくない
40歳代女性和歌山

ケアレスミスでマイナス2点し
30歳代女性神奈川

そこまで簡単とは感じませんでしたよ。
40歳代女性兵庫

難しかったです。
40歳代男性兵庫

35点合格になりますように
40歳代男性神奈川

マークシートの塗り間違えなく受かりますように!合格祈願!
20歳代男性三重

1つ選択肢を変えなければ36でした。悔しいです。
20歳代女性埼玉

はじめてで緊張感しました。
40歳代男性福島

非常に。微妙なライン
50歳代男性福井

結果を待ちます(T_T)見やすいサイトを立ち上げていただきありがとうございましたございます。
20歳代男性埼玉d

微妙な位置
20歳代男性大阪

まさかの高平均点…。
40歳代男性京都
35点基準点が史上最高になりそうなんて予想が出ていて、ショックです。
50歳代男性東京

だめかも
30歳代女性東京

無理だわ
50歳代女性東京


悲痛なコメント・・・胸が痛みます。

今年は35点だけでなく、36点の方も不安がよぎります。
37点でも・・もしやの気持ちはあると思います。

過去37点になるのでは?
の年もありましたが・・今年ほどその雰囲気はなかったかもしれません。

結果がでるまでの期間は1ヵ月を切りましたが、
それでも約1ヵ月あります。

かなり長い待機期間です。

この期間をどう過ごすか?
あなた次第にはなります。

どうしても諦めきれない方のためには、このブログがあります。
合格発表まで、まずはお付き合いください。

平成30年宅建合格を祈願して、1クリックお願いします。
↓   ↓
人気ブログランキングへ


ダブルで宅建合格祈願、応援クリックお願いします。
↓  ↓
にほんブログ村 資格ブログへ
にほんブログ村


↑このページのトップヘ