宅建試験!初心者のための一発合格サイト

宅建士試験(宅地建物取引士資格試験)初受験やリベンジの方に、短期・中期・長期での宅建学習方法、独学学習・過去問学習のコツ、受験テクニック、学習サポートなど、宅建受験から合格後の宅建取引士証登録迄、幅広く総合的に紹介したブログです。 【Yahooカテゴリー登録サイト】

◎ブログニュース
1)最新ニュース
 ●noteでいろんなジャンルの記事を毎日アップ中。
  無料で読めます。
   ↓    ↓
 https://note.com/iccyan

2) トピックス
 ●不動産業界へ転職のためのエージェント紹介
  登録は無料、詳細はこちらの記事へどうぞ
   ↓  ↓
  http://blog.takken-get.com/archives/52298837.html

3) 各種メルマガ紹介
 ●『一木秀樹の中高年支援マガジン☆未来を切り開く方法』
  まぐまぐより毎週金曜日発行
  購読費 550円/月
  詳細と申込はこちらから
   ↓    ↓
  https://www.mag2.com/m/0001688139.html

 ●『インスタグラマーへの道』(無料)
  インスタグラムでもっと楽しもう!
 ※詳細と登録はまぐまぐサイトにて。
    ↓    ↓
  https://www.mag2.com/m/0001688339.html

自己採点

宅建試験後のポイントについて書きます。

今年リベンジされる方にとっては、嫌でも昨年の苦い経験を思い出してしまうかもしれません。

あのときの悔しさ・・・・

そのために今頑張っているはずです。

そして、初受験される方にとっては、試験後のことを把握する程度に読んでいただければと思います。

〇受験後の自己採点
・受験後の自己採点をする方法は・・・
1.当日もしくは翌日にインターネットに公開される各予備校の解答速報を見て自己採点を行なう。
2.当日行われる各予備校の解答速報会に参加する。
  (無料です。)
3.試験会場を出た後に、各予備校の人から渡される葉書に書いて、応募し採点結果が届くのを待つ。
4.インターネットで、自己採点サービスに申し込む。
     
当ブログでも、各解答速報状況については準備アップします。
是非、このブログを基点にしての活用をしてください。

〇模範解答について
・模範解答について、各予備校が全て公開当初、一緒になるわけではありません。

平成18年の場合は、ほぼ一緒でした。
(有名予備校の中で1校だけが違う解答でしたが、後に変更され、同じになりました。)

但し、その後、論議を呼ぶ問題があり、ある別な1校が一石を投じる解答を行いました。とても勇気ある果敢なことでした。

平成19年の場合は、主要校は一緒でした。
この年も、ある問題に一石が投じられましたが、この場合は、その時点から試験結果にに反映される可能性は低いとみられ、早番、この話題はフェードアウトしました。

平成20年の場合は、何と主要予備校3校が一部違う解答をアップされました。
(その後、全て、同じ解答になりましたが・・・)

平成21年の場合も、複数の学校の回答がわれました。
平成18年の再来かと思われましたが、
日を追うごとに落ち着くところにまとまる結果となりました。

平成22年の場合は、平成19年同様に主要校は一緒でした。

平成23年の場合は、当初主要予備校のうち1校だけがちがうだけでしたが、その後一致しました。
そして、忘れることができないのが11月22日での機構側からの緊急告知。
問48の問題誤記による全員正解にする処置。
ここで明暗が別れました。

平成24年の場合は、問5に意見がわれました。
どうなるか注目され、なんとなく平成18年の再来を予感させました。
結果は複数肢正解で、平成18年同様になりました。

平成25年の場合は、没問問題が発生しましたが、平成19年同様に早めに収束しました。

平成26年は特に大きな波風もない年でした。
結果は、32点。
主任者としての最後の試験は合格率も高くなりました。

平成27年も大きな波風もなく推移しました。
宅建士としての最初の試験の結果は、31点。
難易度どおりの結果となりました。

平成28年は、当初宅建士2年目として平成27年と同等の難易度が予想されていました。
結果は、逆に問題が軟化しました。
疑義問題も試験後に浮上しましたがすぐに沈静化し、結果は35点。
宅建主任者試験同様に問題の難易度はかわり、それに伴い合格基準点も上下することが確認できました。
宅建士試験になったとはいえ、試験対策については何ら変わりはないことがわかりました。

平成29年は、予想が1点位下がるのではないかの期待感もありましたが、
前年同様の35点になりました。

平成最後の年は・・・
37点、38点、ひょっとして39点など予想が飛び交いました。
一方で何とか36点の期待もありましたが、平成最後の宅建士試験は初の37点になりました。

令和最初の年は、36点の様相でしたが、当ブログは35点にも期待をしていました。
結果は、35点。
多くの受験生が救われたことになります。
合格率も久し振りにあがりました。

さて自己採点については、受験された大半の方がやられます。

試験結果がめちゃくちゃ良かった方、逆に、全く駄目だった方は、やらない方もひょっとしたらいるかもしれませんが、正直なところやりたくなるのが人情です。
各予備校が発表する合格推定点が気になるものなのです。

私ももちろんやりました。
    
〇私が印象に残った平成18年の結果について
・平成18年は、試験後、ある程度の期間が経ってから、49問目問題論議が浮上しました。
(この点平成19年、21年の傾向とは、ちょっと違います)

最終的には、問題の解答について、その時点で最良と思われる判断が下されました。

合格発表時に、不動産取引適正推進機構のホームページ上で、解答が発表されましたが、何と、49問目は、正解肢が2つになりました。

正解肢は通常、一つですが、2肢ともに正解にした判断は正しかったと今でもそう思います。

今年はどんな問題が出題されるでしょうか?
こればかりは考えても考えても私達が知りえることはできません。

今年試験問題を作成される方は、是非良識ある問題を作成される事を希望いたします。
ここ3年間は、試験問題に関して没問問題もなく、平穏な年でした。
試験問題を作成された方達には、本当に感謝いたします。

さて、今年の試験はどうなるか?
まだまだ余談を許さない状況ではあります。
延期や中止になる覚悟は、もっておいた方が良さそうです。
その上で、メンタル面をコントロールして、まずは10月18日を目指していきましょう。

ブログ応援ありがとう、1クリックお願いします。
↓   ↓
人気ブログランキングへ


ダブルで応援クリックお願いします。
↓  ↓
にほんブログ村 資格ブログへ
にほんブログ村


このエントリーをはてなブックマークに追加

【あなたが問題を解かれた順番について教えてください】
・宅建業法    13件 (32.5%)
・権利関係    8件 (20.0%)
・法令上の制限 3件 (7.5%)
・税・その他    1件 (2.5%)
・5点免除問題 15件 (37.5%)

「宅建業法」
業法からが一番良いような気がします。
40歳代男性福岡

5問免除がありましたので。業法→権利→法令→税の順で解いていきました。
不安箇所は△、自信ありは○、要確認は×と「問○」のところに記しながら解きました。
20歳代男性熊本

「5点免除問題」
やはり免除の統計は瞬殺
50歳代男性東京

統計問題から業法への流れ
50歳代男性宮城

5点免除から、宅建業法、法令上の制限、税金、権利関係と解答しました。
40歳代女性岡山

合格した方のブログを拝見すると多くの方が5点免除から解答されていたので私もそうしました。
5点免除は簡単な問題が多いと思いますので、そこから波に乗れるのだとおもいます。
50歳代女性神奈川

宅建業法か5点免除問題から解くのがやはり主流ですね。
未だに権利から解かれている実態もあるのですね。
記号をつけて分類されている方は、よくブログや電子書籍を読んで下さったのだなと実感しました。
ありがとうございます。


【解答にどれくらいの時間がかかったかを教えてください。】
・2時間            5件 (12.8%)
・1時間45分〜2時間未満    11件 (28.2%)
・1時間半〜1時間45分未満 12件 (30.8%)
・1時間15分〜1時間半未満 7件 (17.9%)
・1時間14分未満       4件 (10.3%)

「1時間半〜1時間45分未満」
1時間40分くらい。模試より丁寧に回答しました。
今思えば、もっとスピード重視で良かったかも。
男性大分

着手する順番はよかったが、丁寧にやり過ぎて最後の民法の時間が足りなかった
50歳代男性東京

できる問題から取り組みましたので、時間配分には自信ありました
40歳代女性岡山

「1時間45分〜2時間未満」
全部解いて5分しか余りませんでした。
40歳代男性福岡

「1時間15分〜1時間半未満」
一時間半くらいで解き終えて、見直ししました。
50歳代男性

理想は、1時間半くらいで一通り解き終えて、そこから保留問題や不確かなものを再確認するが理想です。
試験時間2時間を意識しての模擬シミュレーションも大事ですね。


【試験問題の難易度について、あなたの感想を教えてください。】
・難しかった  22件 (25.9%)
・やや難しかった  34件 (40.0%)
・普通       21件 (24.7%)
・やや簡単だった  4件 (4.7%)
・簡単だった      4件 (4.7%)

「難しかった」
流石に昨年より難しかった。合格点が昨年度と同じになってしまうなら、民法大改正前の影響だと思います。
とにかく受験された皆様。お疲れ様でした。
30歳代男性東京

怖くて解答速報見てないです
40歳代女性福井

公開模試より、市販の模試より難しかった。
50歳代女性新潟

過去問解いても太刀打ちできない問題が多かったように思います。
30歳代男性広島

2時間あっという間でした。
凡ミスで正解取れるところを取れていなかったところが意外と多かったところに未熟さを感じました。
30歳代男性長崎

「やや難しかった」
初挑戦です。建築基準法、土地区画整理法、景表法が完敗でした。
男性大分

5回目のチャレンジです。受かると良いなあ。
50歳代男性長野

免除問題、問47 あまりにもひねくれた問題であきれました。
50歳代男性大阪

業法が去年より難易度上がりました
50歳代男性東京

過去問を中心に勉強しましたが、見たことのない問題や迷う問題があり、試験中合格は厳しいのではないかと大変不安になりました。
50歳代女性神奈川

初受験でした。法令が難しかったので焦りましたが、業法が個数問題多かったものの、やや簡単めだったかなというカンジでした。

「普通」
今年こそは必ず合格するという強い意志を持ち、過去問は平成30年分すべて9割以上取れるようにして臨みました。
おそらく大丈夫だと思いますが、12月になるまで不安な日々です。
30歳代男性福岡

あまり難しいとは思わなかったです。
分からない問題は、ありましたが、業法の問題が普通の難易度で助かりました。
50歳代男性宮城

「やや簡単だった」
過去問やりこんでれば解ける問題ばかりだった。
40歳代男性東京

「簡単だった」
合格された方、おめでとうございます。
ただ、改正民法を勉強しないと、合格しても、使えないと思います。
40歳代女性岡山

予備校などの総評通りの受験生の大方の受け取り方を反映していると思います。

アンケートにご協力を頂いた方、ありがとうございました。
とても参考になる内容でした。

令和元年宅建合格を信じて、1クリックお願いします。
↓   ↓
人気ブログランキングへ


ダブルで宅建合格祈願、応援クリックお願いします。
↓  ↓
にほんブログ村 資格ブログへ
にほんブログ村


このエントリーをはてなブックマークに追加

令和元年宅建士試験自己採点投票のコメント紹介です。
本日は、ボーダーライン(37点・36点・35点)の方のコメントを転載します。

「37点」
宅建は過去問を熟すうえで、基礎をどれだけ固めるか、そして当日の時間との戦いであると今回の試験で感じました。ギリギリ合格点だと思いますが、業法で15点しか取れなかった事が悔やまれます。
30歳代男性福岡

多分大丈夫ですよね?
40歳代男性山口

受かってますように
20歳代男性東京

リベンジ組です。昨年同様、やっぱり業法が凡ミスばかりで。
得意な法令もダメダメで。諦め気味でしたが権利が予想以上に取れてて。ギリ行けると信じてます。
40歳代女性熊本

凡ミス多発でした!
40歳代男性三重

辛い戦いでしたが、やり切りました。
50歳代男性神奈川

お願いします。去年は1点に泣きました。
40歳代男性群馬

「36点」
昨年より難しく感じました。
50歳代男性長野

中高年のためのブログ今になって拝見しました。
もっと早く見つけていればと・・・とても為になります。
ありがとうございます。宅建業法が苦手で個数問題にやられました。
50歳代女性埼玉

うーむ、微妙だ・・・。
40歳代男性京都

個人的には権利が難しく感じました。
業法の個数問題にも多少苦戦しました。
総評として「難しかった」という結論になります。
30歳代男性東京

4回目です。毎回1〜2点足らずに落ちてます。今回どうでしょうか?
50歳代男性香川

不動産投資の勉強のために受けたのだけど・・・やっぱり、合格したいなぁ。
40歳代男性滋賀

「35点」
不安です、、
20歳代女性埼玉

独学で3ヶ月程勉強して、試験に望みました。
あとで見直すと、解答できた問題もありましたが、これが限界です。
50歳代男性大阪

ボーダーライン 上の苦しみがあります
40歳代男性埼玉

去年同様一点差で落ちた
30歳代男性東京

毎年のことながら、ボーダーラインの方の悲痛なコメント・・・胸が痛みます。

特に35点の方は、可能性がかなり厳しい現実なだけに辛いですね。

結果がでるまでの期間は1ヵ月を切りましたが、それでも約1ヵ月あります。

かなり長い待機期間です。

この期間をどう過ごすか?
結論としてはあなた次第にはなります。

どうしても諦めきれない方のためには、このブログがあります。
合格発表まで、まずはお付き合いください。

令和元年宅建合格を信じて、1クリックお願いします。
↓   ↓
人気ブログランキングへ


ダブルで宅建合格祈願、応援クリックお願いします。
↓  ↓
にほんブログ村 資格ブログへ
にほんブログ村


このエントリーをはてなブックマークに追加

令和元年宅建士試験自己採点投票のコメント紹介です。
まずは、38点以上と34点以下の方のコメントを転載します。

「46点以上」
基礎的な問題が多かったです、過去問題集をしっかりと問いていくとおのずと答えに導きだせました
40歳代女性広島

「44・45点」
独学で初受験でした。約10ヶ月勉強しました。
試験後、全く手応えがなく不安でしたが意外と点数がとれていてビッックリです。感が冴えていたようです。
50歳代女性神奈川

「42・43点」
去年に比べて、民法の面白問題が出なかったので、民法は平均点数が上がり、業法は個数問題が増えて平均点数が下がり、ボーダーは去年並みかなと考えています。
40歳代男性東京

思ったよりは取れてた。業法むずい気もしたけど権利でかなり助けられた。
40歳代男性東京

やり切りました!
30歳代女性東京

昨年からマンション管理士を勉強してる者です。
予行練習として昨年に続き受験したのですが、昨年は33点しか取れなかったのに今年は42点取れました。
試験後も今年の方が簡単に感じました。
50歳代男性東京

らくらく宅建塾で学習
20歳代男性大阪

TACで勉強しました
10歳代男性愛知

 「41点」
「出来なかった感」満載で、試験直後は落ち込んでいました。
初見の問題が多く、素直な問題が少なかったような気がしてるのは私だけ?
50歳代女性新潟

「40点」
初挑戦は独学で半年くらい。
10月初め時点で市販の模試で30点も取れずでしたが、過去問も模試も振り返りで一問一肢ずつ考え方を確認しながら取り組みました。
(必ず正誤の理由を確認してました)
30歳代男性岩手

独学3ヶ月
20歳代男性東京

権利は予想より易しい問題があったと感じました。
問の1.3 は4個全文読まなくても1を読んだらすぐ解答できました。
ただ全般に 最後まできっちりと読まないと、ミスする問題もありました。
60歳代男性大阪

初挑戦。マークミスないか不安。
20歳代女性東京

いっちゃんさんのメルマガのおかげで、1カ月前の模試の結果で落ちこんでいる所からなんとか乗り越えることが出来ました!
ありがとうございました‼

初めての宅建試験から、3年目にして、やっと安心できる合格点を取ることができました。
一木先生のブログにも励まされここまで来ました。
本当にありがとうございました!!
20歳代男性熊本

「39点」
受かりたい!
50歳代女性宮城

初受験、独学、緊張感有りました。
40歳代男性大阪

2年連続の1点差不合格を乗り越え、やっと今年ボーダー超えを果たしました
50歳代男性東京

「38点」
3ヶ月、往復5時間の通勤時間を使ってテキストを読みまくった結果、凡ミス2点!後は祈るばかり。
50歳代男性神奈川

何とか終わったという心境です。欠席者の多い会場でした。
被災者の方には、本当にお見舞い申し上げます。
50歳代男性宮城

不安です
20歳代女性大阪

マークミスがないか心配です!
30歳代男性東京

「34点」
緊張し過ぎて、思うように解けませんでした。
50歳代女性東京

マークミスが2.3問発覚し、一応最低での点数を申告します
40歳代女性神奈川

期待しないほうがよいでしょうか?
30歳代男性大阪

優しい問題で間違えた。見直す時間が足りなかった。涙
50歳代男性東京

「30点」
何とか来年は合格したいです。
40歳代男性福岡

「29点以下」
試験終了後、46点以上取れると確信しました。
やりきったと思っていましたが、まさかの27点で史上最悪でした。悔いはないです。
公開模試で36点、過去問題で45点以上キープしていました。
40歳代女性岡山

初挑戦でした。権利以外はお話になりませんでした。
個数問題で問題用紙には正解肢を選んでおきながら、解答用紙に誤答肢を選ぶというミラクルを連発してたのでもっと落ち着くべきでした。

38点以上の方は、ひとまず合格おめでとうございます。
マークミスを心配されている方のコメントも見受けられますが、心配される方ほど結果は・・・大丈夫ですよ。
ですから、心配しないでお待ちくださいね。

34点以下の方、コメント頂きありがとうございます。
特に、模試と過去問が順調だったのに結果は・・・
今は辛いと思います。
ですが、是非、一日も早く気持を切り替えて、まずは今年の結果の分析をしてみてください。
もしよかったら、無料学習相談も活用くださいね。
間接的に分析してあげた方が但しい分析ができます。

ボーダーラインの方のコメントは午後を予定しています。

令和元年宅建合格を信じて、1クリックお願いします。
↓   ↓
人気ブログランキングへ


ダブルで宅建合格祈願、応援クリックお願いします。
↓  ↓
にほんブログ村 資格ブログへ
にほんブログ村


このエントリーをはてなブックマークに追加

令和元年宅建士試験後より、例年同様の自己採点の総合点と項目別得点のアンケートを行いました。

アンケートにご協力頂いた方、ありがとうございました。

自己採点総合点の結果からです。

◎令和元年宅建士試験での自己採点結果を教えてください 
投票数:345件

・46点以上 7件 (2.0%)
・44・45点 8件 (2.3%)
・42・43点 19件 (5.5%)
・41点 9件 (2.6%)
・40点 17件 (4.9%)
・39点 24件 (7.0%)
・38点 35件 (10.1%)
・37点 41件 (11.9%)
・36点 63件 (18.3%)
・35点 74件 (21.4%)
・34点 24件 (7.0%)
・33点 10件 (2.9%)
・32点 1件 (0.3%)
・31点 2件 (0.6%)
・30点 5件 (1.4%)
・29点以下 6件 (1.7%)

最多投票は、35点の21.4%です。
36点、37点と続きます。

過去の3年間と比較してみましょう。

◎平成30年宅建試験での自己採点結果を教えてください 
投票数:949件

・46点以上 25件 (2.6%)
・44・45点 36件 (3.8%)
・42・43点 67件 (7.1%)
・41点 37件 (3.9%)
・40点 63件 (6.6%)
・39点 58件 (6.1%)
・38点 81件 (8.5%)
・37点       151件 (15.9%)
・36点       192件 (20.2%)
・35点       134件 (14.1%)
・34点 47件 (5.0%)
・33点 24件 (2.5%)
・32点 13件 (1.4%)
・31点 3件 (0.3%)
・30点 4件 (0.4%)
・29点以下 14件 (1.5%)

最多投票の得点は36点です。

36点の次は、37点、35点となっています。
投票1日間だけをみると、35点が最多得点でした。
最終的には、合格基準点は37点でした。

◎平成29年宅建試験での自己採点結果を教えてください 
投票数:2191件

・46点以上 22件 (1.0%)
・44・45点 25件 (1.1%)
・42・43点 56件 (2.6%)
・41点 64件 (2.9%)
・40点 67件 (3.1%)
・39点 81件 (3.7%)
・38点 109件 (5.0%)
・37点 146件 (6.7%)
・36点 174件 (7.9%)
・35点 279件 (12.7%)
・34点 384件 (17.5%)
・33点 404件 (18.4%)
・32点 212件 (9.7%)
・31点 79件 (3.6%)
・30点 27件 (1.2%)
・29点以下 62件 (2.8%)

合格基準点は35点でした。
ボリュームゾーンの33点・34点の1点上が合格基準点でした。
(投票1日間だけをみると、34点が最多得点でした。)
合格率は、15.6%でした。

〇平成28年宅建試験での自己採点結果を教えてください 
投票数:781件

・46点以上   18件  (2.3%) 
・44・45点  15件  (1.9%) 
・42・43点  28件  (3.6%) 
・41点     23件  (2.9%) 
・40点     20件  (2.6%) 
・39点     36件  (4.6%) 
・38点     46件  (5.9%) 
・37点     51件  (6.5%) 
・36点     90件  (11.5%) 
・35点     126件  (16.1%) 
・34点     133件  (17.0%) 
・33点     94件  (12.0%) 
・32点     49件  (6.3%) 
・31点     22件  (2.8%) 
・30点     10件  (1.3%) 
・29点以下   20件  (2.6%) 

合格基準点は35点でした。
最多得点の1点上が合格基準点になっています。
合格率は、15.4%でした。

単純に傾向だけで推測すると、最多投票又はボリュームゾーンの上が合格基準点になっています。
この投票だけを単純にみると、令和元年の合格予想点は36点の可能性が高いと言うことになります。
35点が合格基準点になる場合、やはりそれなりに合格率があがる必要があります。
ここのところ、合格率は4年連続で15%になっています。
平成26年に17%台がありましたので、願わくばそこにできるだけ近づいてほしいものです。

令和最初の宅建試験として合格率が上がってほしいものです。


いずれにしても投票を頂いた方に感謝です。
ご協力ありがとうございました。

自己採点のコメント転載は明後日以降を予定しています。
自己採点のコメントを読むと、得点それぞれの思いが込められていますね。

いずれにしても、この時期の願いは一つ。
一人でも多くの方に合格の吉報を!
そのためにも・・・願う35点!

令和元年宅建合格を信じて、1クリックお願いします。
↓   ↓
人気ブログランキングへ


ダブルで宅建合格祈願、応援クリックお願いします。
↓  ↓
にほんブログ村 資格ブログへ
にほんブログ村


このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ