宅建試験!初心者のための一発合格サイト

宅建士試験(宅地建物取引士資格試験)初受験やリベンジの方に、短期・中期・長期での宅建学習方法、独学学習・過去問学習のコツ、受験テクニック、学習サポートなど、宅建受験から合格後の宅建取引士証登録迄、幅広く総合的に紹介したブログです。 【Yahooカテゴリー登録サイト】

◎ブログニュース
1)最新ニュース
●令和2年宅建(12月受験)試験の合格体験記を募集中
   ↓    ↓
http://blog.takken-get.com/archives/52312054.html

●令和3年度受験用セミナー開催リクエスト募集中
   ↓    ↓
 https://www.street-academy.com/myclass/8019

●中高年向け支援マガジン・・是非、購読して下さいね。
『一木秀樹の中高年支援マガジン☆未来を切り開く方法』
  まぐまぐより毎週金曜日発行
  購読費 550円/月
  詳細と申込はこちらから
   ↓    ↓
  https://www.mag2.com/m/0001688139.html

2) トピックス
 ●noteで各種マガジン配信中です。
『物事の考え方・・自分の生き方へのヒント』
 https://note.com/iccyan/m/m78d27529d46c

『初心者のためのインスタグラム講座』
 https://note.com/iccyan/m/m0bea5319637d

『物流が楽しく簡単にわかるマガジン』
 https://note.com/iccyan/m/m9c227d4e05ea

『軍師『黒田官兵衛』の戦略を今の時代に活かすマガジン入門編』
 https://note.com/iccyan/m/mc51b99b1568d

『『黒田官兵衛』の戦略を今の時代に活かすマガジン(実践編』
 https://note.com/iccyan/m/m7faff6892e7a

3) 各種メルマガ紹介
●『インスタグラマーへの道』(無料)
  インスタグラムでもっと楽しもう!
 ※詳細と登録はまぐまぐサイトにて。
    ↓    ↓
  https://www.mag2.com/m/0001688339.html

自己採点

令和2年宅建士本試験12月受験、大変お疲れ様でした。

受験した感触は、いかがでしたか?
うまくいきましたか?
あなたにとっていい展開になりましたか?

バッチリいった方は、本当におめでとうございました。
各予備校の解答速報が順次アップされてきますので、落ち着いたら自己採点をやってみてください。
また、各予備校から合格推定点が三点予想で発表されます。
しかし、日建からの発表は翌日ライブになりました。
やはり年末ですからね・・・人手がいないのでしょうね。

年末での初めての実施・・・
試験問題によっては模範解答がばらついたり、推定点もばらけるかもしれません。

越年での合格発表にはなりますが、まずは推定点を超えるか上限の得点になることをお祈りします。

まあまあだった方、悲観しないでくださいね。
まあまあでも結構、そこそこ解けていたりします。

苦戦した方、気を落とさないで下さい。

結果はまだまだこれからですよ。
過去、ぜんぜん駄目だったと言われていた方でも、ボーダーラインを超えた方は結構います。

決してあわてる必要はありません。
当サイトは、いい結果が出た人のためには心から祝福をするとともに、苦戦したあなたのために心やすらぐサイトを目指しています。
苦戦したあなたのために、出来るだけのフォローアップをしていきます。
元気を与えつづけるブログです。

宅建試験後の心の癒し(いやし)サイトとしても、お役立てください。

是非、お気に入りにいれて毎日読んでいただければと思います。

まずは心を十分に落ち着けて、深呼吸しましょう。
背筋を伸ばして、足の屈伸運動をしたりするのもいいでしょう。
とにかく少しでも緊張感・不安感を和らげてから、自己採点にとりかかってください。

何度もいいますが、決してあわてないことです。

自己採点は、パソコン・スマホ対応の各予備校サイトの解答速報を利用して、実施してください。

少なくとも、2校以上で確認してくださいね。
試験直後の速報は、問題によっては予備校の解答が割れることがあります。

令和2年の10月受験では、解答が一部われて、日建さんが最後まで複数解答を出しましたが、結果そのようになりました。
合格率が17.6%にも関わらず合格基準点は38点でした。

令和元年・平成30年・平成29年は波風が全くありませんでした。
平成28年は多少だけ波風立ちましたが、それだけでした。
平成27年・26年は、平成29年同様に波風ない年でした。

平成25年は、問6で割れました。
(最終的には、ほぼ同じ解答になりました)

平成24年は、問5で割れました。
(最終的には複数正解)

平成23年は、1校だけ差異がありましたが、それ以上は広がりませんでした。
(その後、没問は発生しましたが)

平成22年は、主要予備校間での解答の相違はありませんでした。

平成21年は、疑義問題があり最初は解答の一部が主要5校で分かれていました。

平成20年は、最初は、一部違う予備校がありました。

平成19年は、ほぼ全ての予備校の解答が一致していました。

平成18年は、最初の解答速報では、主要な予備校全ての解答が、一致していませんでした。
       
もう一度言いますが、本当に心落ちつけてから自己採点をしてくださいね。
あわてて自己採点すると、採点ミスをすることがあります。

自己採点の失敗で合格日まで悩まされるなんてことになったら、目もあてられませんから・・・
とにかく心落ちつけてから、自己採点をしましょう。

各校のインターネット解答速報の日程です。
【LEC】
・インターネット解答速報(LIVE)  12月27日(日)17:00〜
 ※PDFでの解答速報は18時頃公開予定
 

【TAC】
・インターネット解答速報  12月27日(日)16:30〜
 

【日建学院】
・解答速報 17:30〜
 合格推定点発表 12/28 12:00〜ライブ

【大原】
 ・合格ライン予想&講評 12月27日20:00〜

自己採点後のあなたに6つのお願いです。

1)自己採点得点結果アンケート
  自己採点得点結果を教えてください。


2)各項目別の得点結果も教えてください。
  (権利関係、法令上の制限、宅建業法、5点免除、税)




3)今年の試験問題に対して感想を教えてください。


4)解答時間がどれだけかかったかを教えてください。


5)最初にどの項目から解き始めたかを教えてください。


6)最後は、もちろん二つのランキングへのクリックのお願いです。
  宅建合格を祈願して、合格を確信に変えるために、
  そして、このブログへの応援も込めて。

令和2年宅建士試験合格を目指して、1クリック応援お願いします。 
↓   ↓
人気ブログランキングへ


ダブルで合格祈願、応援お願いします。 
↓  ↓
にほんブログ村 資格ブログへ
にほんブログ村

このエントリーをはてなブックマークに追加

最後は、自己採点36点の方へです。

【自己採点36点の方へ贈る言葉】
自己採点36点。

普通なら合格確実です。
一般的に宅建試験は最低35点を得点することをベースに私も考えてきました。

しかし、2度目の36点があり、次にまさかの37点もありました。
よって、36点が安全圏とはいえなくなった現実があります。

問題の難易度によって、合格基準点は変動します。
それ故、宅建士試験は毎年多くのボーダーライン上で苦しむ方を生んでしまうのです。

36点・・・
今年に限っては、もはや期待する人もいないかもしれません。
既に、新しいことに目を向けている・・・
それでいいのです。

ですが・・・
もし、一人でも36点に期待を寄せる気持ちの方が残っているのであれば・・・
このブログを読んでいるのであれば・・・

そんなあなたに奇跡が起きてほしい。
良い方のマークミスで・・・合格
合格基準点が38点だったのに・・・合格
自己採点せずに合格発表をまつ・・・合格
何かわからないけど・・・合格

こういう合格は、必ず毎年起こります。
運が良かった。
確かにそうです。

でも、その運を引き寄せたのあなた自身です。
運も実力のうちです。
立派な合格ですよ。

そんな奇跡的な・・・
ドラマチックな合格が・・・
あなたのもとに舞い降りることを私は祈ります。

勝利の女神は、下駄をはくまでわかりません。
合格の可能性は最後の最後まで残ります。

例え、1%でも・・・

奇跡よ、おきれ!

令和2年宅建士試験合格を目指して、1クリック応援お願いします。
↓   ↓
人気ブログランキングへ


ダブルで合格祈願、応援お願いします。
↓  ↓
にほんブログ村 資格ブログへ
にほんブログ村


このエントリーをはてなブックマークに追加

今回は、自己採点37点の方へです。

【自己採点37点の方へ贈る言葉】
自己採点37点。

普通なら合格確実です。
今までの年なら・・・

平成で最後の年に、37点という実績がでました・・・
それでも、ただの一度きりです。

それ以外は、36点以下が合格基準点です。
笑って合格発表日を迎えるべき得点です。

ただ、37点・・・今年の状況からいえばかなり厳しいところです。
でも・・可能性が全くないわけではありません。

合格率がどうなるも大事なポイントです。
昨年は合格率が17%になり、ボーダーラインの下位にスポットが合格発表日にあたりました。

合格率が17%台になれば・・固いのではないでしょうか?
既に、主催側できまり合格者用の合格証書も印刷されているころでしょう。
決まっているけれど、合否がわかるのは12月2日です。

37点・・
平成でただ一度の合格基準点・・・
何とか平成30年と同様に、37点にとどまってほしいものです。

今年は宅建士試験として6回目の年・・・
東京オリンピックも1年延期になりました・・・
宅建士を増やす方向になるのか?
例年どおりなのか?
最終的な合格率はどうなったのか・・
2回目試験とのバランスは・・・

全く予測できないことだらけです。
今年はどんな結論になったのかで、37点の可能性が違ってきます。
37点・・・合格範囲に絶対にきてほしいですね。

37点の方へ。
どうせここまで待ったのなら、必ずいけるという強い気持ちをもって待ちましょう。

もし不幸にも期待が外れた時、一時的なショックはあるかもしれません。
それでも希望をもって合格発表日を迎えたあなたには、次に向かう力強い気持ちが宿っているはずです。

希望をもって、自信をもって残り期間を過ごしていきましょう。

ここまできたら最終的には祈るしかないかもしれません。
でも受身の祈りではなく、自分自身も前向きな気持ちにして、合格を引き寄せるくらいの気概をもって祈ってみてください。

神頼み、げんかつぎ、何でも頼れるものは利用してみましょう。
あなたの心が落ち着くのなら・・・

今年の合格基準点はすでに決まっていることでしょうが、あなたの願いが届くことを深く固く祈ります。

もし不安に感じたら、自分の胸に手をあてて自分はどうしたいのかを考えてみてください。
宅建試験のことが頭から離れないのであれば、自分を信じて待ってみましょう。
合格発表後に新しいスタートをきっても遅くないはずです。
37点の方に、合格の栄冠がとどくことを、心から祈ります。

令和2年宅建士試験合格を目指して、1クリック応援お願いします。
↓   ↓
人気ブログランキングへ


ダブルで合格祈願、応援お願いします。
↓  ↓
にほんブログ村 資格ブログへ
にほんブログ村


このエントリーをはてなブックマークに追加

令和2年宅建士試験合格発表日まで、後10日。

本日2回連続で、令和2年宅建士試験☆自己採点38点、37点、36点の方へ贈る言葉をおおくりします。

38点〜36点の方はボーダーライン上の点数です。
(厳密にいうと、39点もそうですが・・今回の贈る言葉でははずしています)
最終的に何点が合格基準点になるかはわかりませんが、最後まで合格の可能性を信じ、一人でも多くの方が12月2日を喜びで迎えることを願うことです。

既に新しい資格を目指して進みはじめている方もいます。
そんなあなたは、前に向かって前進してほしいと思います。

私自身は宅建受験後、簿記3級受験を決意し受験しました。
ただし主目的は簿記をとりたいというのではなく、宅建のあまりの自己採点のふがいなさを忘れるために、何かの学習に集中したい気持ちからでした。
是非、皆さんには前向きな考えで取り組んでほしいと思います。

さて、話を戻します。
以前の記事にも書きましたが、毎年思うことは、不幸にもボーダーライン上にこられた方の中には、なかなかそう簡単に割り切れない方も結構います。
今このブログを見ている方の多くがそうかもしれません。

日頃の模試は良かったのに本番が・・・・
過去問を何回転もして解けてたのに・・・・
普段の実力を発揮できなかった・・・・
高得点をとるつもりだったのに・・・・
そして最後まで、自分なりに一生懸命頑張ったのに・・・・

こういう感情が、やはり諦めきれない・やりきれない気持ちにさせるのだと思います。
どうしても諦めないきれない方は、それぞれの自己採点結果の思いをもって、ここまで進んできたわけです。
そしてこれからも残り期間、合格発表日まで進むことになります。
そんなあなたに贈る言葉です。

まずは38点からのスタートです。

【自己採点38点の方へ贈る言葉】
自己採点38点。

各学校・各宅建関連サイトの中でも、本命にされているところが多くみられる点数です。
期待が十分に持てる点数です。

まさか、このコーナーで38点のことを書くことになろうとは・・・
それ故に、38点でも仕事をしている時や何かをしている時は大丈夫でも、ふとしたことで不安が訪れる時があるはずです。
39点に合格基準点がなるのでは・・・

そこは人間ですから、不安になるのは仕方のないことです。

・39点になったりしないだろうか?・・・
・マーク転記は大丈夫だろうか?・・・
・あの問題さえ、ちゃんとしていれば39点・40点だったのに・・・
・ネットをみていないと不安になる・・・

不安は、考えれば考えるほどどんどん増殖されていきます。
考えれば考えるほど心配すればするほどそういう気になるから不思議なものです。

私個人の考えとしては、合格基準点で39点になっちゃいけないと思っています。
いや、絶対にあってはいけない・・・
38点以下であることを信じたい・・・

あたなも38点が合格基準点の上限として合格範囲になることを固く信じましょう。
38点は確実にくるっきゃないでしょう。

確かに受験生の結果コメントをみていると感触の割には得点をとられている方もいますので、難易度の感触の割には合格基準点があがる・・・否定はできません。
その通りになった年もありますし、そうでない年もあります。
問題の難易度が低かった平成30年もまことしやかに合格基準点が38点になると断言されている所もありました。
結果は37点。

昨年も36点は最低限当たりまえでしょうの雰囲気でした。
35点に可能性を見いだしていたのは当サイトのみです。
結果は35点。

よって、吉とでるか、凶と出るかは12月2日にならないとわかりません。
なので、宅建士としての6回目の試験・・・合格基準点が最低でも38点になることを固く信じて待ちましょう。

自信を持って合格する日を待ちましょう。
合格を固く信じましょう。

そんなあなたに、12月2日に吉報が必ず訪れることを祈ります。
絶対に合格。

令和2年宅建士試験合格を目指して、1クリック応援お願いします。
↓   ↓
人気ブログランキングへ


ダブルで合格祈願、応援お願いします。
↓  ↓
にほんブログ村 資格ブログへ
にほんブログ村


このエントリーをはてなブックマークに追加

令和2年宅建士試験自己採点投票のコメント紹介です。
本日は、ボーダーライン(38点・37点・36点)の方のコメントを転載します。

「38点」
権利関係で1問目から意表をつかれ、それ以降は解答に迷いが生じてしまい、業法でも取れるはずの問題を取りこぼすなど、悔いが残る結果となりました。
月並みですが、やはり模試は受けておくべきでした。
30歳代男性香川

「36点」
受かりたい、お願い!!!
30歳代女性富山

去年と極端には変わらないと思う
40歳代男性愛知

権利関係苦戦して負け越して、業法は19問正解。
後半は23問正解。奇跡起きる予感!
40歳代男性東京

問42が日建さんは1と4が正解になる可能性があると言ってますがどうなんでしょうか?
50歳代男性和歌山

毎年のことながら、ボーダーラインの方の悲痛なコメント・・・胸が痛みます。
特に36点の方は、可能性がかなり厳しい現実なだけに辛いですね。

結果がでるまでの期間は1ヵ月を切りましたが、それでも約1ヵ月あります。
かなり長い待機期間です。

この期間をどう過ごすか?
結論としてはあなた次第にはなります。

どうしても諦めきれない方のためには、このブログがあります。
合格発表まで、まずはお付き合いください。

36点に奇跡はおきないのか??

令和2年宅建士試験合格を目指して、1クリック応援お願いします。
↓   ↓
人気ブログランキングへ


ダブルで合格祈願、応援お願いします。
↓  ↓
にほんブログ村 資格ブログへ
にほんブログ村


このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ