宅建試験!初心者のための一発合格サイト

宅建士試験(宅地建物取引士資格試験)初受験やリベンジの方に、短期・中期・長期での宅建学習方法、独学学習・過去問学習のコツ、受験テクニック、学習サポートなど、宅建受験から合格後の宅建取引士証登録迄、幅広く総合的に紹介したブログです。 【Yahooカテゴリー登録サイト】

◎ブログ最新ニュース
●3ヶ月学習に役立つ電子書籍です
『宅建取引士試験!合格を一発で決めよう!!: 3ヶ月で合格を勝ち取るための王道学習戦略』
   ↓     ↓
 http://blog.takken-get.com/archives/52279384.html

●中高年独学の方に参考になる電子書籍紹介
『宅建絶対合格!40代以上の必勝崖っぷち戦略』
   ↓     ↓
 http://goo.gl/mzuA1Z

●1ヶ月学習をアレンジしての活用も有効的です
『宅建士試験に1ヶ月独学で合格する方法(2017年版)』
   ↓     ↓
 https://www.amazon.co.jp/dp/B072JDF2J3

●メンタルも重要です。
 合格者から元気をもらおう!
『宅建合格!全受験生に贈る心からの応援歌〜不安・心配に打ち勝とう』
   ↓     ↓
   http://p.tl/p69w

●宅建無料メルマガ新規購読者募集中!
詳細と申込はこちらから
  ↓   ↓
 http://blog.takken-get.com/archives/52272722.html

試験会場

来週には、今年の申込状況の速報が流れると思います。

今年は昨年と比べて郵送を含めての申込状況はどうなっているでしょうか?
その前に、今週、インターネットの申込み状況が発表になると思います。
インタネーット申込が昨年は前年を下回りましたので、今年はどうなるか?

いずれにしても速報が出た時点で、改めてコメントしたいと思います。

さて、ここで、今後のスケジュールについてです。

まずは、受付票が各都道府県の協力機関より届きます。

○試験会場通知の送付
・試験会場案内図・注意事項等を記載した試験会場通知(はがき)が協力機関より届きます。
 例えば、東京都の場合であれば、東京都防災・建築まちづくりセンターより郵送されます。
 *別途届く受験票には試験会場案内図は記載されません。

・試験会場通知は、8月頃発送予定です。
 (平成29年は、8月21日頃でした。)
・もし8月28日以降に各協力期間まで問合せください。

試験会場通知は、受験するまで大切に保管してくださいね。
試験会場通知に記載された試験地及び試験会場は、受験生の都合で変更することは一切できません。

今回届く試験会場通知は、受験票ではありませんので注意してください。
平成29年までは、受付票とよばれていましたが、紛らわしいので変更したのではないかと思います。

受験票は、みどりいろの葉書で、10月2日以降に郵送されてきます。

試験会場に絶対もっていかなくてはいけないのは、この受験票なのでお間違いなく。

もし、この受験票が10月9日まで届かない場合は、10月10日以降、不動産適正取引推進機構、協力機関に問合せ下さい。
(土日・祝日を除く9:30〜17:00)

保管先には注意してくださいね。

毎年、この試験会場通知と受験票を混同される方がでてきます。
今の時期であれば、みなさんしっかりと認識されているのですが、試験はまだ3ヶ月先です。

ついうっかり試験に行く際にバッグの中に試験会場通知をだけを間違って入れてしまう。

あながちありえないことではありません。

それ故このブログでは、警鐘をならしています。
両方もっていく方が無難です。

もちろん、試験会場通知を忘れても、会場の地図はスマホで検索すれば、
いくらでも調べれます。

対処法を決めておけば、決してあわてないのです。

要所要所で大事な確認ポイントについては、今後もこのブログにて告知していきますので、お気に入りにいれてのチェックをお忘れなきようにしてください。

平成30年宅建合格を目指して、ブログへの応援1クリックお願いします。
↓   ↓
人気ブログランキングへ


ダブルで宅建合格祈願、応援クリックお願いします。
↓  ↓
にほんブログ村 資格ブログへ
にほんブログ村


ブログネタ
宅建受験 に参加中!

インターネットでの平成24年度宅建試験申込受付速報について、
今日か明日には不動産適正推進機構から発表されるのでは
ないでしょうか?


どれくらいでしょうか?


ちなみに、
平成19年は、40,769人
平成20年は、43,707人
平成21年は、45,713人
平成22年は、45,501人
平成23年は、47,065人。


今年は、平成23年を上回るでしょうね。

最終的な郵送を含めた申込数もどうなるでしょうか?


ちなみに、
インターネット・郵送全体での申込者数は、
平成19年が260,633人
平成20年が260,591人
平成21年が241,944人
平成22年が228,214人
平成23年が231,596人


申込としては昨年を上回るでしょうか?

多分、上回る気がします。


平成21年の最終的な受験者数は、
195,515人
受験率 80.8%


最終的には、この中から、
34,918人の方が合格の栄冠を勝ち取ることになりました。

合格率17.9%。

脅威の高合格率でした。


平成22年の最終的な受験者数は、
186,542人
受験率 81.7%


合格者数 28,311人

合格率 15.2%

平成21年に比べると大幅に厳しい結果となりました。

合格基準点も久しぶりの36点でしたので・・・


そして前年平成23年の最終的な受験者数は、
188,572人
受験率 81.4%

合格者数 30,391人
 
合格率 16.1%

誤記問題で、問49が全員正解となり、
その影響もあってか2年連続の36点になりました。


昨年の合格発表日は今でも鮮明に思い出します。


リベンジの方、絶対に頑張りましょうね。


さて、今年の合格者ですが、
どの程度になるでしょうか?


いずれにしても、
ボーダーラインを超える点数を確保することが
必達になります。


余裕での合格発表を迎えるためにも、
今のひと踏ん張りです。


絶対に、今年は、あなたが合格する番ですよ。

是非、平成24年度は、あなたがこの栄冠を勝ち得てくださいね。


栄冠を勝ち得るための最低条件が、
まずは、宅建受験申込を完了し受理されること。


平成24年度宅建試験申込も本日を含め、
後9日となりました。


大半の方は、申込み完了されていると思いますが、
ついつい忘れていた方、月末の郵便局も混んでいます。


昼休みにすまそうと思っていて、
予想以上に混んでいて、昼休みの時間切れとなると
アウトですよ。


夕方は、小さい郵便局は、早くしまります。

遅くとも、今週末までにはすませましょうね。


写真や申込の不備で受理されなかったら、
それでアウトですよ。

事前準備はパーフェクトにしてから、郵便局に行ってください。


もちろん、支払いは、ATMでやっちゃ駄目ですよ。

必ず、窓口でしてください。

郵便局での支払いは15時で終わりです。
(銀行と一緒)


でも、コンビニならOKですからね。


支払いをすませ、証明書を受験申込書に必ず貼る事。


すごく当たり前のことを、この時期に書きますが、
毎年、必ずと言っていいほど、あわてんぼうやさんが出てきます。
だから、言っているのですから、耳を塞がないでくださいね。


油断したら、我が身ですよ。


最終日に手続きをした私だからこそ、
あわや受験できなかったかもしれない私だからこそ、
その気持ちがよくわかるのです。


落ち着いて対応しましょうね。


封をするまえに、
必ず、もう1回確認してくださいね。


人間誰しも、うっかりミスはありますが、
この大事な場面では絶対やっては駄目です。

最低限の受験権利は、確実にすませましょう。


PS.いつもご愛読ありがとうございます。
   今後も引き続きあなたの暖かい応援をよろしくお願いいたします。

目指せ、宅建合格、応援1クリックお願いしま〜す!
↓   ↓
人気ブログランキングへ


応援1ポチよろしくお願いします!
↓  ↓
にほんブログ村 資格ブログへ
にほんブログ村


ブログネタ
宅建受験 に参加中!

平成24年宅建試験申込開始に伴い、
試験会場について、
平成19年・平成20年・平成21年・平成22年・平成23年の
宅建試験会場と比較してみました。


まずは、東京都です。


【平成24年東京地区試験会場】


1.日本大学経済学部
2.上智大学(四谷キャンパス)
3.専修大学
4.東京海洋大学(品川キャンパス)
5.慶応義塾大学
6.工学院大学
7.昭和第一高等学校
8.岩倉高等学校
9.立正大学
10.東京大学(駒場キャンパス)
11.日本荏原高等学校
12.日本大学文理学部
14.立教大学
15.大正大学
16.聖学院中学校・高等学校
17.東京聖栄大学
18.中央大学
19.大成高等学校
20.明星中学高等学校
21.和光大学
22.東京電機大学中学校・高等学校
23.首都大学東京(日野キャンパス)


【平成23年東京地区試験会場】


1.日本大学法学部
2.日本大学経済学部
3.上智大学(四谷キャンパス)
4.専修大学
5.東京海洋大学(品川キャンパス)
6.昭和第一高等学校
7.岩倉高等学校
8.立正大学
9.東京大学(駒場キャンパス)
10.日本荏原高等学校
11.日本大学文理学部
12.國學院大学
13.立教大学
14.大正大学
15.東京聖栄大学
16.亜細亜大学
17.大成高等学校
18.明星中学高等学校
19.和光大学
20.首都大学東京(日野キャンパス)
21.一橋大学(国立キャンパス)


会場数だけみると、
ここ3年より2会場増えました。

平成21年・平成22年・平成23年は21会場です。

今年、応募が増えるとの予想でしょうか?


ちなみに平成19年は23会場、平成20年は25会場でした。


3年前から、東京大学駒場キャンパスが入っています。
結構、人気受験地になったのではないでしょうか?


また、一昨年・昨年とあった一橋大学がなくなっています。

慶応大学が復帰しましたね。

他には昨年あった日本大学法学部、亜細亜大学がなくなっています。
東京電機大学中学校・高等学校が入っています。


岩倉と聖学院中学校・高等学校が男性専用会場です。
3年前は、女性専用会場として東京女子大学がありました。


土足厳禁、スリッパ持参が5会場。
岩倉高等学校、日本荏原高等学校、
聖学院中学校・高等学校、大成高等学校、
明星中学高等学校。


平成20年から始まった登録講習修了者用の会場は、
昨年は6会場に減りましたが、
今年は一昨年と同じ7会場になっています。


ちなみに平成20年 3会場、平成21年 5会場でした。


1.駒込高等学校
2.華学園
3.中央工学校
4.武蔵大学
5.首都大学東京(南大沢キャンパス)
6.昭和第一学園高等学校【SDG】
7.嘉悦大学


次に神奈川県です。


【平成24年神奈川地区試験会場】


1.神奈川大学
2.浅野工学専門学校
3.大原簿記情報ビジネス専門学校
4.アーツカレッジヨコハマ
5.かながわ労働プラザ
6.武相中・高等学校
7.横浜商科大学(みどりキャンパス)
8.横浜市立大学(金沢八景キャンパス)
9.日本溶接構造専門学校
10.専修大学
11.神奈川歯科大学/湘南短期大学
12.日本大学
13.柏木学園高等学校
14.総合電子専門学校
15.神奈川総合産業高等学校
16.旭丘高等学校

【平成23年神奈川地区試験会場】

1.神奈川大学
2.浅野工学専門学校
3.大原簿記情報ビジネス専門学校
4.アーツカレッジヨコハマ
5.かながわ労働プラザ
6.武相中・高等学校
7.横浜商科大学(みどりキャンパス)
8.横浜市立大学(金沢八景キャンパス)
9.専修大学
10.神奈川歯科大学/湘南短期大学
11.日本大学
12.柏木学園高等学校
13.桜美林大学(PFC)
14.神奈川総合産業高等学校
15.旭丘高等学校


神奈川県は、16会場に増えています。

平成23年は15会場、平成22年は20会場、
平成21年は21会場でした。


昨年より増えた会場は、日本溶接構造専門学校、
総合電子専門学校。

昨年よりなくなった会場は、桜美林大学。

ちなみに平成19年は12会場、平成20年は23会場でした。
(平成19年は、展示会をよくやる広い会場がありましたので、
 一概には比較はできません。)


武相中・高等学校は、男性専用会場です。

土足厳禁、スリッパ持参が必要なところは、2会場です。

武相中・高等学校、柏木学園高等学校。

登録講習修了用の会場は昨年と同じ4会場です。
桜美林はこちらになっていますね。


・横浜創学館高等学校 
・横浜商科大学(つるみキャンパス)
・桜美林大学(PFC)
・相洋中/高等学校


次に、埼玉県です。


【平成24年埼玉地区試験会場】


1.芝浦工業大学
2.立正大学
3.栄東高等学校
4.聖学院大学
5.獨協大学
6.東京国際大学第1キャンパス
7.埼玉工業大学
8.小松原高等学校
9.小松原女子高等学校
10.埼玉大学
11.日本工業大学


【平成23年埼玉地区試験会場】


1.芝浦工業大学
2.立正大学
3.栄東高等学校
4.聖学院大学
5.獨協大学
6.東京国際大学第1キャンパス
7.埼玉工業大学
8.小松原高等学校
9.小松原女子高等学校
10.埼玉大学
11.日本工業大学


みたとおりです。
昨年と全く一緒です。


ちなみに平成22年・平成21年は12会場、
平成20年は14会場でした。


一昨年より埼玉大学が会場として復活しています。

そして、昨年からは私が受験した芝浦工業大学が復帰しています。
(うれしいですね。)


小松原高等学校は、男性専用会場です。

小松原女子高等学校は、女性専用会場です。
(土足厳禁、スリッパ持参が必要です)


栄東高等学校も土足厳禁、スリッパ持参が必要です。


登録講習修了者専用の会場は、
1.「芝浦工業大学」、2.「立正大学」です。


次に千葉県です。


【平成24年千葉地区試験会場】


1.日本大学理工学部 船橋校舎
2.日本大学生産工学部 津田沼校舎  
3.日本大学生産工学部 実籾校舎
4.明海大学
5.千葉経済大学・短期大学部


【平成23年千葉地区試験会場】


1.日本大学理工学部 船橋校舎
2.日本大学生産工学部 津田沼校舎  
3.日本大学生産工学部 実籾校舎
4.明海大学
5.千葉経済大学・短期大学部


千葉県も、昨年と全く一緒です。


群馬県です。


【平成24年群馬地区試験会場】


・関東学園大学
・上武大学伊勢崎校舎
・高崎健康福祉大学
・群馬大学荒牧校舎


【平成23年群馬地区試験会場】


・関東学園大学
・上武大学伊勢崎校舎
・高崎健康福祉大学
・群馬大学荒牧校舎


群馬県も全く一緒です。
平成20年から4会場は変わりません。


登録講習修了者用の会場は、群馬大学荒牧校舎になります。


栃木県です。


【平成24年栃木地区試験会場】

1.宇都宮大学[峰キャンパス・陽東キャンパス(工学部)]


【平成23年栃木地区試験会場】

1.宇都宮大学[峰キャンパス・陽東キャンパス(工学部)]


試験会場数・試験会場は、通年と変わりません。


最後に山梨県です。


【平成24年山梨地区試験会場】

1.山梨学院大学


【平成23年山梨地区試験会場】

1.山梨学院大学


毎年同じです。
箱根駅伝でおなじみの大学です。


茨城県は、ホームページ上に試験会場の記載がありませんので
載せていません。


東京、埼玉、神奈川については、
交通至便な会場程、早く埋まってしまう可能性がありますので、
できるだけ、手続きを早くすませてくださいね。


試験会場は、何と言っても自宅から近いところがベストです。


遅くに申し込んで、自宅から一番離れた会場にでもなったら
試験当日が悲惨ですよ。


まだの方は、少なくとも今週中に手続きを終えるようにしましょう。


目指せ、宅建合格、応援1クリックお願いしま〜す!
↓   ↓
人気ブログランキングへ


応援1ポチよろしくお願いします!
↓  ↓
にほんブログ村 資格ブログへ
にほんブログ村


ブログネタ
宅建受験 に参加中!

インタネットでの宅建申込みも本日を入れて、
後9日となりました。


インターネットで申込される方は、急いでくださいね。


さて、今回は、郵送での申込のポイントについて、
紹介します。


郵送での申込みは、
締め切り期限までは、
まだ、かなり余裕がありますので、
つい、うっかりすると、
申込期限真近までになります。


私も、つい仕事が忙しく、後回しにしていたら、
申込が最終日になりました。

油断は禁物です。


また、
郵送での申し込みの場合は、
書類は、ちゃんと届いただろうか?
書類に不備は、なかっただろうか?
記入ミスは、なかっただろうか?


心配される方にとっては、
ちょっとしたことが頭痛の種になります。


今回は、そんな郵送申込で注意することを紹介します。


【注意点】

1.簡易書留での手続きをすること。
  近くのポスト投函は絶対駄目ですよ。
  必ず、郵便局で手続きをすることです。


2.希望試験会場は、第1から第5希望までを記入。
  *東京都の場合になります。

  試験会場は先着順なので、後で申込をするほど、
  希望の会場にならなくなります。
  試験会場は本当に大事ですよ・・・・。


3.写真は特に要注意。
  
  規定のサイズ、顔の寸法条件を確認して。
  その他の条件にも十分注意をして。

  縦4.5cm×横3.5cm(パスポートサイズ)
  顔の寸法は、頭頂からあごまで3.2cm以上3.6cm以下
  のもの。

  平成24年4月1日以降に撮影したもの
  (カラー、白黒いずれでも可)


写真は、本当に要注意です。
私が、写真で、あわや受験できない可能性があったことを、
ブログやメルマガでも何度も書きました。


最終日の持込で、顔の大きさが所定の範囲にややかけていたのですが、
幸いにも受理してもらえました。
(持って行った家族のおかげです。感謝感謝です)


もし、受理されてなかったら、もちろん、受験できていません。

受験前に白旗になっていました。

たかが写真と絶対に思わないで下さい。

土壇場に申し込んで、写真がNGとなった場合、
取り直し処理の時間がありませんので、
不受理となる可能性があります。


それだけに、写真をとったら、
指定の条件にあっているか、必ず確認してください。


4.受験手数料の納付方法
  郵便局または銀行の窓口で支払ってください。
  (ATMは駄目です。)

  受付証明書に受付印がないものは、受付されません。
  赤い枠で囲まれた振替払込受付証明書(銀行の場合は、
  銀行振込受付証明書)


封筒も所定のものを利用してください。
差出人の現住所、氏名も必ず記入してください。


5.提出書類

  ○受験申込書

   訂正は、二重線で消して書き直してください。
   (訂正印はいりません)

  
最後の最後にへまをしないように十分注意してください。

できるだけ、今週末の3連休7月16日までに手続きを終えてください。


詳しくは、入手した各都道府県の試験案内を参照してください。
よく読んでくださいね。


今、仮に、大阪にいても、現住所が東京であれば、
東京都で受験するしかありません。

例え、仕事で長期出張でも融通はききません。


試験会場が複数ある都道府県では、先着順で決まっていきます。

希望する試験会場や場所がある場合は、
とにかく、早めの応募をしてください。


簡易書留ですから、ポストに投函しないでくださいね。
必ず、郵便局の窓口で簡易書留の手続きをしてください。

書留の申請用紙は、郵便局にあります。


送り先の宛名、差出人(自分の名前)を書いて郵便の窓口でやってください。

小さい郵便局は、平日大体夕方5時位までです。
土日・祝日はやっていないと思います。


配達をしている大きめの郵便局は、7時くらいまで大丈夫だと思います。
場所によっては、時間外でも受付してくれるところもあると思います。


いずれにしても、試験案内をよく読み、
今からインターネットで申し込まれる方は、
写真や支払い方法など決めて、落ち着いて入力してください。


郵送の場合も、落ち着いて書けば大丈夫です。


インターネットの場合は、後で一部修正が可能です。
(パスワードの忘れにも注意してくださいね。)


郵送の場合でも、後で届く受付票を見て誤りがあれば、
修正できます。

もちろん、受験地の変更、試験会場の変更は、
後では絶対にできませんから、注意してくださいね。


最後に、もう1回。


写真はとにかく大事です。


何度も書いていますが、私もあわや不受理になりかけましたので、
しつこいくらいに警鐘をならしています。


みなさんが、何事もなく手続きを無事終え、
気持ちを更に高めて、学習に邁進されていくことを祈るばかりです。


今後も要所要所で、
書類に関する注意すべきことを記事としてアップしていきますので、
当ブログ、メルマガ、ツイッター、フェイスブックに注目してください。


是非、お気に入りて毎日ペースメーカーとして使用されることを
お勧めします。


目指せ、宅建合格、応援1クリックお願いしま〜す!
↓   ↓
人気ブログランキングへ


応援1ポチよろしくお願いします!
↓  ↓
にほんブログ村 資格ブログへ
にほんブログ村


ブログネタ
宅建受験 に参加中!

平成24年宅建試験申込が開始され、
今日で6日目となりました。


あなたは、もう申し込まれましたか?


インターネット申込は早い手続きをできるのが特徴です。

その便利性を活かさない手はないですね。


今回は、そんなインターネット申込に絞って注意するポイントを
解説いたします。


◎写真

 しつこいくらい書きますがが、
 何よりも、写真が一番要注意点です。

 試験案内も、写真に注意することを促しています。
 それだけ重要なことなのです。


 ・ファイルの形式はJPEG形式

 ・ファイルの規格 縦832ピクセル×横640ピクセルのもの
    顔の縦の長さが写真縦の70〜80%の顔写真ファイル。
  (所定の画像切り取りツールが使えます。)

 ・平成24年4月1日以降に撮影したもの
  (受験時に本人確認のために使用されます。)


◎申込入力

 ・使用する文字は、「JIS第一水準・第二水準」とし、
  「漢字」「ひらがな」「カタカナ」を全角で入力してください。


 ・電話番号は、平日の昼間に連絡をとれる番号を必ず記入すること。
  (3ヶ所ありますが、本人の携帯電話が一番いいと思います。)
  電話番号を入力しないとインターネット申込はできません。


 ・申込データ送信後に申込データを受信した旨のメールが通知されます。
  携帯のメールアドレスをご記入いただいた場合、
  迷惑メール対策でドメイン指定などによるメール着信拒否を
  行っている場合は、メールが届かない場合がありますのでご注意ください。


 ・試験会場の前に「満」の表示のある場合は、
  インターネット申込枠がすでに定員に達しているものです。
  また、「満」の表示がなく、画面上選択できた場合でも、
  残席数が少数で同時申込が殺到したことにより、
  結果的に次画面以降で「選択した試験会場は満席です」と表示され、
  申込みできない場合があります。


 ・一旦決まった受験地、試験会場は、受験者の都合でかえることは
  できません。


◎決済
 ・クレジット決済。
  受験手数料 7,000円+事務手数料250円

  JCB・Diners・VISA・Master・アメリカン・エキスプレス・UC・
  Cedyna・AEON・JACCS・トヨタファイナンス


  申込者本人名義以外のクレジットカードは利用できません。
  支払は、1回払いのみ


 ・コンビニ決済
  受験手数料 7,000円+事務手数料250円。
   
   セブンイレブン・ローソン・ファミリーマート・サークルKサンクス・
   ミニストップ・デイリーヤマザキ・ヤマザキデイリーストア・セイコーマート
   のコンビニのいずれかを選択の上、画面に表示される番号
   (コンビニにより名称が異なります。)をメモしていただくか、
   画面を印刷していただき、選択したコンビニで払込んでください。


   払込期限 平成24年7月18日(水)の午後11時59分まで

   この払込期限内に払込みがない場合には、
   インターネットによる受験申込みは無効となりますので、ご注意ください。

   受験手数料の払込みがなされるまでは、「仮申込」です。
   払込みが確認でき次第、正式な 「データ送信完了」 となります。
 
   つい、うっかりがありますので、十分注意してくださいね。


◎申込情報の確認及び訂正

 確認・訂正ができる期間
  平成24年7月2日(月)午前9時30分から
             平成24年7月26日(木)午後11時59分


 ・ 申込状況を確認をしたい場合
  ・ 入力ミスによる連絡先等の訂正を行う場合
  ・ コンビニ決済を選択された方で、払込みに必要な番号を忘れてしまった場合
 
 *確認・訂正を行うには、申込みの際提供されるユーザID及び
  パスワードが必要となります。

  忘れずにメモしてください。


  もし、ユーザID及びパスワードを忘れた場合は、
  「受付トップ」の「確認・訂正はこちら」を選択した後に表示される
  「ログイン」画面の「パスワードを紛失された方はこちらへ」において
   再発行を受けることができます。


 *「確認・訂正はこちら」の画面で訂正できる項目は、
  「町村」、「番地」、「建物名及び部屋番号等」、「電話」、「携帯電話」、
  「その他の連絡先の名称」、「その他の連絡先の電話番号」「職業区分」、
  「メールアドレス」のみとなります。
  
  上記の訂正可能な項目以外の項目を訂正したい場合は、
  申込みをされた都道府県の協力機関に連絡してください。


  受験申込後、引越等により住所を変更した場合や、
  婚姻等により改姓等のあった場合については、
  「訂正画面」での訂正はできません。

  試験当日に試験監督員から「データ修正票」を受け取り、
  修正事項を記入の上、試験終了時に提出してください。


◎申込後住所を変更した場合

 最寄りの郵便局へ「転居届」を出して受験票を転送できる
 ようにしてください。


◎その他

 ・申込後、他の都道府県に転勤になっても、
  受験地、試験会場の変更はできません。
  費用も返却されませんので、ご注意ください。


インターネット申込Q&A

いずれにしても、写真を事前に準備し、
落ち着いてやれば、絶対に大丈夫ですよ。


IDとパスワードを使っての確認は、
念のために必ず行なってください。


ただし、入力して反映されるまでに、
2〜3日にかかるようなので、間隔をおいてからやってください。


最後に、
コンビニ決済を選んだ方は、期限までの払い込みを
絶対に忘れないように。


PS.いつもブログの愛読ありがとうございます。
   宅建試験に向けて突っ走りましょう。


目指せ、宅建合格、応援1クリックお願いしま〜す!
↓   ↓
人気ブログランキングへ


応援1ポチよろしくお願いします!
↓  ↓
にほんブログ村 資格ブログへ
にほんブログ村


↑このページのトップヘ