宅建試験!初心者のための一発合格サイト

宅建士試験(宅地建物取引士資格試験)初受験やリベンジの方に、短期・中期・長期での宅建学習方法、独学学習・過去問学習のコツ、受験テクニック、学習サポートなど、宅建受験から合格後の宅建取引士証登録迄、幅広く総合的に紹介したブログです。 【Yahooカテゴリー登録サイト】

◎ブログニュース
1)最新ニュース
●令和2年宅建(12月受験)試験の合格体験記を募集中
   ↓    ↓
http://blog.takken-get.com/archives/52312054.html

●令和3年度受験用セミナー開催リクエスト募集中
   ↓    ↓
 https://www.street-academy.com/myclass/8019

●中高年向け支援マガジン・・是非、購読して下さいね。
『一木秀樹の中高年支援マガジン☆未来を切り開く方法』
  まぐまぐより毎週金曜日発行
  購読費 550円/月
  詳細と申込はこちらから
   ↓    ↓
  https://www.mag2.com/m/0001688139.html

2) トピックス
 ●noteで各種マガジン配信中です。
『物事の考え方・・自分の生き方へのヒント』
 https://note.com/iccyan/m/m78d27529d46c

『初心者のためのインスタグラム講座』
 https://note.com/iccyan/m/m0bea5319637d

『物流が楽しく簡単にわかるマガジン』
 https://note.com/iccyan/m/m9c227d4e05ea

『軍師『黒田官兵衛』の戦略を今の時代に活かすマガジン入門編』
 https://note.com/iccyan/m/mc51b99b1568d

『『黒田官兵衛』の戦略を今の時代に活かすマガジン(実践編』
 https://note.com/iccyan/m/m7faff6892e7a

3) 各種メルマガ紹介
●『インスタグラマーへの道』(無料)
  インスタグラムでもっと楽しもう!
 ※詳細と登録はまぐまぐサイトにて。
    ↓    ↓
  https://www.mag2.com/m/0001688339.html

資格スクエア

時代は刻々と変化します。
日本も先進国ですが、IT分野にかけては・・・遅れていると思います。

製造分野では強いのですが、上位を握るシステム・ソフト系は海外勢に牛耳られている現状です。
日本の官公庁関連の対応も遅れている状況です。

さて、宅建学習ではアナログ試験が続いている以上はアナログ学習を私も基本的には重視していました。
サラリーマンとしては長く機械での自動化に取り組んでいましたので、日本の資格試験の実態をなげいている立場ではありました。

そんな中で、オンライン講座を各予備校が取り入れていましたが、やはり餅屋は餅屋。
オンラインを得意とする会社が対応する方が私は今までとは違う面白さがあると思います。

そんな会社がこちらです。

『資格試験のオンライン学習サービス資格スクエア』

宅建資格講座においても着々と実績を拡大しています。
e-learningを活用した未来問パックもいいですね。
十分効率よく学習できると思います。

(資格スクエアの特徴)
従来の通学型資格予備校との違い
・校舎を持たず固定費や人件費を抑えているので価格が安い
・校舎に行かなくてもいいから自分のペースで勉強を進められる!
・いつでもどこでも何度でも講義が視聴できる!

(通信講座との違い)
・DVDやCDではなくオンラインなので、スマホがあればいつでもどこでも勉強できる!
・脳科学の権威であり、東京大学薬学部教授の池谷裕二氏の全面協力の「IT×脳科学」を利用した問題演習機能!
・WEBで全て完結!講義動画の横に編集可能なオンラインレジュメ!
・条文リンク機能で辞書を引く必要はもうありません!

さらに・・・
・みんなの質問を共有できるみんなの質問機能!
・受講生同士のオンライン単語帳の共有機能!
・講義動画の21段階倍速機能で1時間の動画が最短20分に!

(内容)
インプット講座:約50時間 単品価格 98,000円(税抜)
初めて宅建の学習をするに際して、必要な知識をマスターして頂くための講座です。

アウトプット講座:40時間単品価格 58,000円(税抜)
過去問をベースとした問題演習を通じて、実際の試験本番で確実な解答をできることを目指します。

直前対策講座:20時間単品価格 15,000円(税抜)
前年度の出題から、翌年度の出題を徹底予測。直前に総まくりを行い合格を引き寄せます。

まずは、登録から初めてみて下さいね。
講座検討はその後でいいと思います。

教材とのご縁は、興味が涌いた時から・・・
やはりきっかけが一番大事ですよ。
今回のきっかけを大事にして下さいね。



宅建士試験合格を目指して、1クリック応援お願いします。
↓   ↓
人気ブログランキングへ


ダブルで合格祈願、応援お願いします。
↓  ↓
にほんブログ村 資格ブログへ
にほんブログ村


このエントリーをはてなブックマークに追加

オンライン講座の資格スクエアを先月紹介させて頂きました。
オンラインというとまだまだなじみがないため、躊躇する方もいるかもしれません。

そんな場合は、無料体験を利用してみるのがいいですね。

私が資格スクエアがいいと思ったのは・・・
1)重要な点にしぼり、無駄なところは割愛していること
2)オンラインで手軽に受講できること
3)AIを駆使した未来問に応用していること



AIは活用の仕方さえ間違えなければ効果を出してくれます。
近年の将棋もその影響?で変わりつつあるのは周知の事実です。

無駄なものをそぎ落とす考えは大好きです。
だから、一部YouTubeで宮嵜さんと波長もあったのでしょう。
納得です。

新しいしくみには、先進性の良さがあります。
時代も変わりつつある中で有効なツールは活用しましょうね。

無料講座を視聴してから申込をすると、77,000円(税別)⇒61,600円(税別)になります。
上手に活用しましょう。

まずは無料講義で試して見て下さいね。


ブログ応援ありがとう、1クリックお願いします。
↓   ↓
人気ブログランキングへ


ダブルで応援クリックお願いします。
↓  ↓
にほんブログ村 資格ブログへ
にほんブログ村


このエントリーをはてなブックマークに追加

今年に入り、独学か通信・通学講座活用かについて紹介しました。

もうあなたは、決められましたか?

今年宅建を初受験される方の多くは、まだ漠然と宅建受験のことを考えられている方が多いと思います。

いろんな取組むことの中で、宅建受験をその一つとして考えられている場合あせる必要はありませんが、のんびりしていると月日の経つのは早いので手遅れになりやすいのです。
方針は、早めに決めるべきだと感じます。

2月はまだ宅建にとってオフシーズンです。

オフシーズンだからこそ、先手を打てるのです。

また宅建受験に当たり分岐点の一つになるのが、独学か通信・通学講座活用かになります。

それぞれメリットがあります。
当然デメリットもあります。

ある方にとっては最良の方法でも、別な方にとっては良くない方法もあります。

まだまだ悩んでいる方は、是非、上記の二つの宅建独学に関する記事を今一度読み直してください。

独学と講座活用の方の比率は、全受験生からみると独学の方が多いと思います。

でも自分の性格・学習環境を考えて、通信講座・通学講座を活用される方も結構いると思います。


何が何でも絶対に合格しなくてはいけない方は、費用面を考慮せずに考えると、
1.通学講座 
2.通信講座
の方が合格の確実性はアップすると思います。

宅建合格は一発できめなくてはいけません。

1回目より2回目、2回目より3回目の方が合格は厳しくなります。

そう考えると講座活用も大事な選択肢になりえるとは思います。
今は、講座も充実しています。

大手予備校の物はそれなりの費用になりますが、利用の仕方によっては費用対効果は高くなる可能性があります。

大手予備校の総合パックはそれなりのボリュームです。
試験にでにくいことの講義もあります。
逆に、過去の試験のように偶然にもでることもあります。

テレビCMでお馴染みのユーキャン。
間違っても宣伝だけにつられて申し込まないでくださいね。
ちゃんと資料請求をしてから、検討の上決めてください。

ユーキャンだから絶対に大丈夫、安心と決めるのはよくありません。
フィーリングも大事ですが、それだけでは失敗する大きな要因となります。

自分の学習の力量、メンタル面なども考慮して考えてみてください。

自分の好みの講座を探してみましょう


独立系や新しいネット系も増えてきています。
どこを選んでも遜色ないと思いますが、慎重に選んでください。

先月紹介した資格スクエアなども狙い目です。
やはり学習範囲を絞りこんでいるのは、効率的で学習が苦手な方には取り組みやすいです。

○資格スクエアはこちらから
   ↓    ↓


そして、学習相談やメンタル、学習フォローといえば・・・・
私が実施する宅建学習戦略セミナーです。

3月に実施を考えています。

その際は、是非参加下さいね。
現在開催リクエスト受付中です。


初受験の方にとって、方向性をだします。
学習に迷っている方、講座選択に迷っている方・・参加ください。
予備校の公開説明会に行く前に客観的にアドバイスできる私のセミナーを受講してくださいね。

予備校の説明会にいくと、その路線しかみれなくなります。
企業の戦略にコンサルタントが絡む例が多いですが、学習も同様と考えてください。

キャリアある学習アドバイザーから適切なアドバイスを受けて、学習スタイル、方法をきめていく。
とても大事なことですよ。

宅建テキストも安易にきめないでくださいね。

ブログ応援ありがとう、1クリックお願いします。
↓   ↓
人気ブログランキングへ


ダブルで応援クリックお願いします。
↓  ↓
にほんブログ村 資格ブログへ
にほんブログ村


このエントリーをはてなブックマークに追加

時代は刻々と変化します。
日本も先進国ですが、IT分野にかけては・・・遅れていると思います。

製造分野では強いのですが、上位を握るシステム・ソフト系は海外勢に牛耳られている現状です。
日本の官公庁関連の対応も遅れている状況です。

さて、宅建学習ではアナログ試験が続いている以上はアナログ学習を私も基本的には重視していました。
サラリーマンとしては長く機械での自動化に取り組んでいましたので、日本の資格試験の実態をなげいている立場ではありました。

そんな中で、オンライン講座を各予備校が取り入れていましたが、やはり餅屋は餅屋。
オンラインを得意とする会社が対応する方が私は今までとは違う面白さがあると思います。

そんな会社がこちらです。

資格試験のオンライン学習サービス資格スクエア

宅建資格講座においても着々と実績を拡大しています。
e-learningを活用した未来問パックもいいですね。

十分効率よく学習できると思います。

(講座内容)
インプット講座(約50時間)
アウトプット講座(約40時間)
直前対策講座(約10時間)
未来問(2,3回目)(問題・解答・解説)  

費用も77,000円と格安です。
利用価値は高いと思いますよ。
講座学習を検討中の方は是非申込してみてください。

今なら、77,000円 → 69,300円になります。

チャンスですね。




合格のためのスリム学習・・・
なんだか宮嵜さんとの考え方に近いですね。

と思ったら、なんとタイアップしていましたね。

毎週土曜日、民法改正の動画をYouTubeの資格スクエア公式チャンネルで流すようです。
是非、活用ください。


ブログ応援ありがとう、1クリックお願いします。
↓   ↓
人気ブログランキングへ


ダブルで応援クリックお願いします。
↓  ↓
にほんブログ村 資格ブログへ
にほんブログ村


このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ