宅建試験!初心者のための一発合格サイト

宅建士試験(宅地建物取引士資格試験)初受験やリベンジの方に、短期・中期・長期での宅建学習方法、独学学習・過去問学習のコツ、受験テクニック、学習サポートなど、宅建受験から合格後の宅建取引士証登録迄、幅広く総合的に紹介したブログです。 【Yahooカテゴリー登録サイト】

◎ブログニュース
1)最新ニュース
●noteで幅広いジャンルの記事を毎日アップ中。
  無料で読めます。
   ↓    ↓
 https://note.com/iccyan

●中高年向け支援マガジン・・是非、購読して下さいね。
『一木秀樹の中高年支援マガジン☆未来を切り開く方法』
  まぐまぐより毎週金曜日発行
  購読費 550円/月
  詳細と申込はこちらから
   ↓    ↓
  https://www.mag2.com/m/0001688139.html

2) トピックス
 ●noteで各種マガジン配信中です。
『物事の考え方・・自分の生き方へのヒント』
 https://note.com/iccyan/m/m78d27529d46c

『初心者のためのインスタグラム講座』
 https://note.com/iccyan/m/m0bea5319637d

『物流が楽しく簡単にわかるマガジン』
 https://note.com/iccyan/m/m9c227d4e05ea

『軍師『黒田官兵衛』の戦略を今の時代に活かすマガジン入門編』
 https://note.com/iccyan/m/mc51b99b1568d

『『黒田官兵衛』の戦略を今の時代に活かすマガジン(実践編』
 https://note.com/iccyan/m/m7faff6892e7a

●12/27受験者用の対策セミナー実施
 現在、開催リクエスト募集中です。
 個別相談対応は随時実施しています。
 詳細は、以下のブログ記事を見て下さい。
  ↓    ↓
 http://blog.takken-get.com/archives/52307203.html

3) 各種メルマガ紹介
●チャレンジメルマガ『ワンツリー』(無料)
 これからのチャレンジのために活用して下さいね。
   ↓    ↓
 http://blog.takken-get.com/archives/52308574.html

●宅建独自メルマガ 宅建学び塾『ウィナー』読者募集中です。
   ↓    ↓
 http://blog.takken-get.com/archives/52308573.html

●『インスタグラマーへの道』(無料)
  インスタグラムでもっと楽しもう!
 ※詳細と登録はまぐまぐサイトにて。
    ↓    ↓
  https://www.mag2.com/m/0001688339.html

NHK

大河ドラマ『麒麟が来る』・・・
放映前からいろいろと騒がしい状況が続いていましたが、視聴率も好スタートでなりよりです。
さて、そんな大河ドラマですが同じ戦国物としては近年では、『軍師官兵衛』V6岡田君の好演が光っていました。

真田丸も良かったですが、私は軍師官兵衛の方が好きでした。

折角なので思い出して下さいね。

黒田官兵衛の考え方は、ドラマとともに終わりではなく、その考え方や戦略・戦術は、これからの多様化・複雑化した時代にはぴったりとの教えとなります。

中には、「黒田官兵衛って誰?」って方もいるでしょう。

過去2回ほど、黒田官兵衛のセミナーをやりましたが、知らない方も結構いました。

そんな初めての方やもっと知りたい方に勧めているのが拙筆黒田官兵衛ものです。

タイトルは、
軍師黒田官兵衛に学ぶサラリーマン処世術

タイトルどおり、黒田官兵衛の知略をわかりやすく説明しています。
また、その知略をサラリーマンとしての処世術に応用している点も、類書にはない特徴です。

この機会にぜひ、読んでもらえれば幸いです。

アマゾン掲載の説明文を転載します。

・・・・ここから・・・・

NHK大河ドラマでV6岡田准一さんが主役黒田官兵衛好演したことが、今でも思いだされます。
ドラマは終われど、黒田官兵衛の知略はまだまだ現代に通用するものです。

むしろ、混沌と複雑化した今の世の中だけに学ぶべきことが多いと感じます。


本書では、30年以上の営業を主体としたサラリーマンとしての経験を活かして、
サラリーマンが活用する観点から軍師官兵衛に学ぶべきことをまとめています。

今の複雑な社会情勢において、
強く逞しく生きていくためには・・
家族を養っていくためには・・・
自分の未来を開拓していくためには・・・
毎日変化する荒波を超えていくヒントが随所にちりばめられています。

人生の指南書として、官兵衛のエピソードを交えながら、今後のサラリーマンの生き方を示しています。

今は日本では戦争のない平和な社会ですが、隣国や国際情勢を考えると危険性は
秘められています。
また、今までには考えられない事件や事故、自然災害の発生など私達を取り巻く
環境は一段と悪化しています。

外的な問題だけはなく、内的なものにもいろんな多種多様な問題を抱えています。
精神を病んで苦しむ方も多く、賃金格差の発生も逆風となっています。

若者に未来はないのか?

いえ、そんなことは決してありません。

例え、どんなに今が苦難な状況にあろうとも、
あなた自身が、諦めないチャレンジする気持を持ち続ければ、活路は開けます。

将来に向かって力強く生き抜いていこう!
元気に明日に向かって走っていこう!!

あなたの輝かしい道を切り開くためにも、本書を是非ご活用ください。

【目次】
●第一章 何故今?黒田官兵衛なのか?
 目次1 日本を取り巻く環境
 目次2 私の黒田官兵衛との出会い
 目次3 癸欧箸靴討寮犬方
 目次4 知謀と野望、そして恩情
 目次5 NHK大河ドラマでの起用

●第二章 サラリーマンを取り巻く環境は厳しい
 目次1 大企業に所属しても安穏としていられない
 目次2 中小企業はまさに下剋上
 目次3 グローバルの荒波
 目次4 アベノミクスに浮かれているとバブルの二の舞
 目次5 消費税アップは敵か味方か?
 目次6 あなたの家族を誰がまもるのか?
●第三章 官兵衛に学ぶ逞しく幸せに生き抜く10の処世術
 目次1 処世術1(どんな環境からも希望を見出す)
 目次2 処世術2(知謀は知略なり、調絡は調整術なり)
 目次3 処世術3(不可能を可能にするアイディア術)
 目次4 処世術4(先見の明)
 目次5 処世術5(意にそぐわぬことへの反論上手)
 目次6 処世術6(反面教師、上から好かれる)
 目次7 処世術7(飛ぶ鳥を落とす勢いは最初が肝心)
 目次8 処世術8(争いを避ける技術)
 目次9 処世術9(生きた金を使う)
 目次10処世術10(嘘も方便)
・・・・ここまで・・・・



ブログ応援ありがとう、1クリックお願いします。
↓   ↓
人気ブログランキングへ


ダブルで応援クリックお願いします。
↓  ↓
にほんブログ村 資格ブログへ
にほんブログ村


このエントリーをはてなブックマークに追加

さて今回は、テレビ番組「テストの花道ニューベンゼミ」と「すイエんサー」を紹介します。

テストの花道ニューベンゼミ?
すイエんサー?

何、それ?という感じですよね。

実は、NHKEテレで放送されているものです・・・
といいたいのですが、「テストの花道ニューベンゼミ」は生まれ変わって放送が再開されましたが、約2年の放送で修了したことになります。
「すイエんサー」はMCも入れ替わり、継続しています。
(元歌のおにいさん・・横山だいすけさん)

私が見るきっかけになったのは、子供が教育テレビをみていた流れで途中「メジャー」というアニメが入り、ずるずるとこの「テストの花道」や「すイエんサー」までみていたのです。

見ていたといっても、実際は何かをしながらのながら見なので、内容を細かく覚えている訳ではありません。
がしかし、高校生を主な対象としており、またすイエんサーは大人も納得されられる科学番組です。

今回紹介するのは、以前のある放送の中で、ある成績の悪かった方が一発奮起挽回学習に取組、見事慶応大学に一発合格された例を紹介していました。

確か、クラス43人中38位だった方が3位となり、学年でも3百何十人中13位までなったと思います。

その最初に取り組まれた学習が、英単語の暗記。

何ゆえに英単語の暗記から取り組むの?

そんな疑問を感じましたが、答えはあとでわかりました。

英単語を覚えていく過程で、最初のころはせっかく覚えたものをすぐに忘れていたようです。

その中でわかったことが、繰り返しでの暗記が足りなかったこと。

繰り返しを増やしたことにより、英単語の知識が定着していったようです。

また、彼には、繰り返し法があっていたのかもしれません。

最後の彼からのコメントは、「英単語から取り組むことにより、自分の学習法をみつけてられると思います。」

なるほど、前述の答えはこれですね。

英単語の暗記というシンプルな学習をやることにより、自分にあった学習法をみつけ、実践していく。

短期に成果をあげるコツかもしれません。

宅建学習に置き換えた場合、英単語に直接置き換わるものは見当たりませんが、一番とっつきやすく、かつ出題数が多い宅建業法から学習を始めていく。

その中で、自分にあった学習スタイルを確立して、宅建試験までのロングランを乗り切っていく。

そういう形になるのではないかと考えます。

もちろん、人によっては法令上の制限かもしれませんし、今の時期であれば権利関係であってもいいと思います。

いろんな視聴者の疑問を解決してくれる番組です。
常識にとらわれない発想が参考になりますよ。
とかく私達は常識に縛られ過ぎているので、時にはその殻を破ることが大事です。

火曜 午後7時25分〜7時50分 
再放送 土曜 午前10時〜10時25分

ブログ応援ありがとう、1クリックお願いします。
↓   ↓
人気ブログランキングへ


ダブルで応援クリックお願いします。
↓  ↓
にほんブログ村 資格ブログへ
にほんブログ村


このエントリーをはてなブックマークに追加

ブログネタ
宅建試験 に参加中!
明日は、バレンタインですね。

バレンタインといえば、
女性から男性へあげるのが一般的ですが、
最近はいろんなパターンがありますね。

逆チョコ。
女性同士のチョコ。
自分自身へのご褒美としてのチョコ。
男性から女性へのチョコ?

多種多様です。
チョコレート会社の戦略にちゃっかりはまって、
楽しむのもいいことです。


昨年、見事宅建試験で合格されたあなたには、
自分自身へのプレゼント是非あげてくださいね。

残念ながら、昨年の合格は縁がなかった方でも、
今年合格にむけての先付けとして、
学習を頑張っているあなたに
はなむけのプレゼントとして・・・


基本的にはプラス指向に考えていく一環としてとらえてください。

宅建に合格することになるか、
そうならないかは自分自身が切り開いていくことです。

運命をどのように導いていくかは、
それは、自分の気持ちの持ち方一つで、
変わるものだと思います。

運命はとかく決まっているもので、
自分ではどうしようもないと思っている人がいるかもしれませんが、
それは違うと思います。

前向きに考える人には、
いろんなことがあなたの仲間につきます。

そんな前向きなあなたに変わるきっかけを、
このバレンタインデーの日を活用してみてください。


さて今回は、テレビ番組「テストの花道」とすイエんサーを紹介します。

テストの花道?
すイエんサー?

何、それ?
という感じですよね。

実は、NHK Eテレで放送されているものです。

私が見るきっかけになったのは、
子供が教育テレビをみていた流れで、
途中「メジャー」というアニメが入り、
ずるずるとこの「テストの花道」や「すイエんサー」までみていたのです。

見ていたといっても、
実際は何かをしながらのながら見なので、
内容を細かく覚えている訳ではありませんが、
高校生を主な対象としており、
また、すイエんサーは大人も納得されられる科学番組です。

今回紹介するのは、以前のある放送の中で、
ある成績の悪かった方が一発奮起挽回学習に取組、
見事、慶応大学に一発合格された例を紹介していました。

確か、クラス43人中38位だった方が3位となり、
学年でも3百何十人中13位までなったと思います。

その最初に取り組まれた学習が、英単語の暗記。

何ゆえに英単語の暗記から取り組むの?

そんな疑問を感じましたが、
答えはあとでわかりました。

英単語を覚えていく過程で、
最初のころはせっかく覚えたものをすぐに忘れていたようです。

その中でわかったことが、繰り返しでの暗記が足りなかったこと。

繰り返しを増やしたことにより、
英単語の知識が定着していったようです。

また、彼には、繰り返し法があっていたのかもしれません。

最後の彼からのコメントは、
「英単語から取り組むことにより、
 自分の学習法をみつけてられると思います。」

なるほど、前述の答えはこれですね。

英単語の暗記というシンプルな学習をやることにより、
自分にあった学習法をみつけ、実践していく。

短期に成果をあげるコツかもしれません。


宅建学習に置き換えた場合、
英単語に直接置き換わるものは見当たりませんが、
一番とっつきやすく、
かつ出題数が多い宅建業法から学習を始めていく。

その中で、自分にあった学習スタイルを確立して、
宅建試験までのロングランを乗り切っていく。

そういう形になるのではないかと考えます。

もちろん、人によっては法令上の制限かもしれませんし、
今の時期であれば権利関係であってもいいと思います。

興味がある方はテレビをみてください。
司会は、所ジョージさんとTOKIOの城島さんです。
息子さん、娘さんのために参考になる情報もありますよ。
(土曜日再放送 AM10時〜10時30分)

いろんな視聴者の疑問を解決してくれる番組です。
常識にとらわれない発想が参考になりますよ。
とかく私達は常識に縛られ過ぎているので、
時には、その殻を破ることが大事です。
(土曜日再放送 AM9時30分〜55分)

宅建を通じてのご縁に感謝、応援クリックよろしくお願いします!
↓   ↓
人気ブログランキングへ


資格ブログ村も併せて、応援よろしくです
↓  ↓
にほんブログ村 資格ブログへ
にほんブログ村


このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ